部 意味。 合成樹脂の配合 「部」について

「枚」「通」「部」「式」の意味と違い

部 意味

A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが… 「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。 ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。 だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。 (市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です) 「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。 江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名のことも、「字名」や「町名」ということが多いようです。 ちなみに、「緑ヶ丘一丁目」という地名であれば、「~~丁目」まで含んでひとつの町名ということになります。 「大字」についてですが、 明治時代になり、廃藩置県に市町村制と、新しい国づくりをするときに、いくつかの町村が合体して、もう一回り規模の大きい町村になるということが全国的に起こりました。 そのときに、もともとの村(町)名が消えてしまうのを防ぐためでしょうか。 もともとの村名は「大字名」になりました。 たとえば、「いろは村」と「ほへと村」が合体して、「ちりぬる町」になったときに、「ちりぬる町大字いろは~~」や「ちりぬる町大字ほへと~~」が生まれたわけです。 これは、明治政府が出した命令文書が残っているので来歴がはっきりしています。 つまり、もともと「字」という言葉があって、明治時代になって、それより大きな範囲の「大字」というものが作られたということです。 ちなみに、「大字いろは」の場合は、「大字~~」の部分まで含んでひとつの地名ということになります。 実際上の表記として、「大字」の部分を省いて表記することが広く行われていますが、登記簿謄本など地名を正式に書いてある文書を確認すると、「大字」がついていることが多いと思います。 「字」もついていることがありますが、これは、明治からの長い歴史の中で市町村合併や区画整理、住居表示などいろいろな理由で、地名変更が起こり消えてしまっている可能性が大きいです。 「大字」についても、同様の理由で、まったく違う地名になっていることが増えています。 新しく地名を作ったときには、「字」やら「大字」やらをつけるという決まりはないので、普通はつけません。 質問とは関係ありませんが、「~~丁目」というのも、非常によく使われる地名ですが、「丁目」というのも何ら定義づけのあるものではなく、単に全国的によく使われている表現ということになります。 ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。 だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。 (市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です) 「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。 江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名...

次の

部・課・室・係など組織図の種類と違い

部 意味

部・課・室・係の違いと組織図の種類 会社には営業部や総務部・人事部と言った部署があったり、秘書課や営業推進課、社長室や企画室など様々な単位で分けられています。 しかし部と課でどちらが大きな括りになるのか?勤め先の会社には課がないけど大丈夫なのか?など疑問に思っている方も多いと思います。 ここでは部・課・室・係など組織図の種類と違いについて紹介していきます。 一般的な会社の部・課・室・係といった種類 「」と同様に会社の組織図にある部・課・室・係といった種類は法によって定められた単位ではありません。 そのため部の上に課があっても間違いではありませんし、課の上に部があっても間違いではありません。 しかし一般的には「」に記載してあるように社長の上に部長がいることはなく、部長の下に課長、係長と続くのが一般的で部・課・室・係と言った順に続くのが一般的な組織図です。 つまり、室よりも課、課よりも部と言ったように上位にあるほど大きな括りとなります。 ただし、必ずしも部>課>室>係とつながる訳ではなく、総務部の下に社長室がある会社もあれば、上記の図のように部が存在せず社長の直下に社長室がある会社もあります。 さらに必ずしも課や室と言った名前でなく、チームや営業所、グループなどの名前でがついている会社もあります。 官公庁の組織図 上記で記載したように一般的な会社の組織図に記載されている種類の組織名は会社によって違いがあります。 しかし、官公庁が管理する組織ではある程度統一されていることが多く「部>課、室>室、署>班>係」と言った順位なることがほとんどです。 組織図とは? そもそも組織図とは「分業関係」や「権限関係」を明確にする目的などのために作成されます。 分業関係 会社経営には様々な業務が存在します。 例えば商品を販売する「営業」はもちろん、人材を採用する「人事」、システムを開発する会社であれば「開発」、新しい技術を開発する必要があれば「研究」など様々な業務が存在しています。 仮に上記の業務を分業化しなければ、外部から見た時に誰が何の仕事をしているのか分かりづらいだけでなく、内部の人間も自分が何を求めているのか分かりにくくなってしまいます。 そのため部・課・室と言った組織図を作ることでその人が何をしている人なのか分かりやすくするだけでなく、 営業であれば、商品やサービスを販売する、開発であればシステム開発するといった自分の役割を明確に理解することができます。 権限関係 上記以外にも組織図を作ることで権限関係をはっきりとさせることができます。 会社の規模が小さい内は代表である社長が全ての案件に対して意思決定を行うことも可能ですが、社員数や抱える案件数などが増え、大きくなればそうはいきません。 そのため部・課・室と言った組織図を基に権限委譲を行い、意識決定をさせることで業務の効率化や時間短縮にも繋がります。

次の

部(とも)の意味や使い方 Weblio辞書

部 意味

A ベストアンサー MKSとcgs系の記号の区別が紛らわしいのでご注意下さい。 A ベストアンサー 粘着テープを非着物に貼り付けて、所定時間後に所定の剥離速度で引き剥がしながら、そのときの抵抗力を測定する試験が剥離試験ですよね。 どれだけの力で貼り付けて、何分後に剥がすかはJISで決められていますが、唯一、1種類の条件に限定されているわけではなかったと思います。 まず、試験目的によって方法が変わります。 粘着物の品質管理のために測定するのならば、過去のデーターとつきあわすことが出来る方法にしなければなりません。 つまり、構成材料全体の影響を受けます。 しかし、治具が複雑になります。 なお、接合物用の粘着物選びを目的とした場合は、剥離試験だけで粘着物の評価を決めるのは危険です。 剥離試験にて求めた数値の荷重がその剥離方向にかかれば、剥離試験と同じ速さで剥がれてしまうことを意味しますが、実際はそんな速さで剥がれることはありません。 リサイクルなどで、そのくらいの速さで人が剥がしたいときに、強いと作業が行いにくいから、その強度を測るというのでしたら、大切な数値になるでしょうね。 粘着テープを非着物に貼り付けて、所定時間後に所定の剥離速度で引き剥がしながら、そのときの抵抗力を測定する試験が剥離試験ですよね。 どれだけの力で貼り付けて、何分後に剥がすかはJISで決められていますが、唯一、1種類の条件に限定されているわけではなかったと思います。 まず、試験目的によって方法が変わります。 粘着物の品質管理のために測定するのならば、過去のデーターとつきあわすことが出来る方法にしなければなりません。 ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。 ・よって、『2. 43E-19』とは? 2. 0000000000000000001だから、 0. 000000000000000000243という数値を意味します。 ・E-数値は 0. 1、0. 01、0. 001 という小さい数を表します。 ・数学では『2. wikipedia. wikipedia. ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた... A ベストアンサー ラジカル重合では、生長反応速度はラジカルとモノマーが反応するのですから、モノマー濃度とラジカル濃度の積に比例します。 停止反応はラジカル同士が反応する2分子停止を考えると、ラジカル濃度の2乗に比例します。 分子量を高くしたい場合は、生長速度を速くして、停止速度を遅くしなければなりません。 生長反応が100回起こる間に1回の停止反応が起こってしまうよりも1回の停止反応が起こるまでに生長反応が1000回起こる方が、高分子量のポリマーが生じるはずです。 ラジカル濃度を高くすると、停止反応には2乗で効いてしまうので、生長反応も速くなりますが、停止反応の方がより速くなり、分子量は低下します。 よって、高分子量にするためにはモノマー濃度を高くして、ラジカル濃度が低い状態で重合することです。 また、ラジカル重合では、溶媒、モノマー、ポリマーへの連鎖移動反応も生じます。 連鎖移動が起こると、そこで生長が止まってしまうので、分子量は低下します。 意識的に連鎖移動剤は使っていないときには、連鎖移動反応は、生長反応や停止反応に比べ、活性化エネルギーが高いので、低い温度で重合を行うほど、生長反応が優先し、分子量は高くなります。 一方、停止反応は、一般的にポリマーラジカル同士の反応だとすると、系の粘度を高くしてやれば、運動性が低下し衝突頻度が低下します。 モノマーは一般に低分子なので、ポリマーラジカルほど運動性の低下が起こりません。 このような場合、生長反応に比べ、停止反応が阻害されるので、分子量は高くなります。 これをゲル効果といいます。 また、反応形態をエマルション重合にすれば、簡単に高分子量物を得ることができます。 エマルション重合は、水層でラジカルを発生させモノマーミセルの中にラジカルが飛び込んだときに重合が開始します。 次のラジカルが水層から飛び込んでこない限り、停止反応は起こりません。 界面活性剤などの不純物が混入する。 生じるポリマーが球状などの制約はありますが、高分子量物を得るのには最も簡単な方法です。 リビングラジカル重合というだけで、必ずしも高分子量物が得られるとは限りません。 むしろ比較的分子量の低いものを作るのに適していると思います。 分子量分布の制御にはよいと思います。 ラジカル重合では、生長反応速度はラジカルとモノマーが反応するのですから、モノマー濃度とラジカル濃度の積に比例します。 停止反応はラジカル同士が反応する2分子停止を考えると、ラジカル濃度の2乗に比例します。 分子量を高くしたい場合は、生長速度を速くして、停止速度を遅くしなければなりません。 生長反応が100回起こる間に1回の停止反応が起こってしまうよりも1回の停止反応が起こるまでに生長反応が1000回起こる方が、高分子量のポリマーが生じるはずです。 ラジカル濃度を高くすると、停止反応には2...

次の