サラブレッド クラブ ラフィアン。 バーチャルサラブレッド・リュウタロウの企業案件情報

クラブ所有馬収得賞金トップ100

サラブレッド クラブ ラフィアン

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年6月) 株式会社サラブレッドクラブラフィアン Thoroughbred Club Ruffian Ltd. 株式会社 本社所在地 104-0031 東京都中央区京橋2丁目11-6 設立 業 代表者 資本金 1000万円 主要株主 岡田紘和、岡田繁幸、岡田美佐子 外部リンク 特記事項:登録番号:関東財務局長(金商)第1593号(クラブ法人) 株式会社サラブレッドクラブラフィアン Thoroughbred Club Ruffian とは、に登録をしているである。 愛馬会法人「株式会社ラフィアンターフマンクラブ」より契約に基づくのを受けて、などのに出走させている。 おもな所有馬 [ ] 現役馬 [ ]• 引退馬 [ ]• - 朝日杯3歳ステークス• - 2004年• ラフィアンターフマンクラブ(愛馬会法人) [ ] 2012年2月現在の代表は岡田ゆりか。 前代表は岡田美佐子(代表)。 募集馬はビッグレッドファーム・や日高の中小牧場の生産馬が中心。 脚注 [ ].

次の

株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアンの馬主情報

サラブレッド クラブ ラフィアン

2020. 28 2020. 26 2020. 26 2020. 5 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 27 2020. 26 2020. 16 2020. 26 2020. 28 2020. 26 2020. 31 2020. 28 2020. 28 2020. 26 2020. 28 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 28 2020. 23 2020. 9 2020. 27 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 21 2020. 26 2020. 26 2020. 9 2020. 26 2020. 26 2020. 28 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 23 2020. 2 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 25 2020. 26 2020. 16 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 28 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020. 26 2020.

次の

ラヴィンツァラ Ravintsara 牝 3歳 ※中央競馬 登録抹消

サラブレッド クラブ ラフィアン

生涯 [ ] 誕生 [ ] ラフィアンは、母のシェナニガンズが預託されていたので生まれた。 シェナニガンズの所有者はジャニー夫妻で、ローカストヒル牧場の名義でを所有していた。 競走生活 [ ] ラフィアンは、でデビューした。 ラフィアンはスタートから他馬を引き離し、2着馬に15馬身のをつけ、1100のコースレコードと同タイムの走破時計を記録して優勝した。 2戦目の G3 ファッションステークスも同じタイムで優勝、3戦目のG3アストリアステークスではが持つダート1100mのコースレコードと0. 2秒差の走破時計を記録して優勝するなど優れたスピードを発揮した。 その後にソロリティステークス、にスピナウェイステークスとG1を連勝したが右後脚のの骨折が判明し、この年のシーズンの残りは休養に充てられた。 骨折するまでの3か月間の活躍が評価され、この年のの最優秀2歳牝馬に選出された。 ニューヨーク牝馬三冠を達成 [ ] 骨折が完治したラフィアンは翌にアローワンスレース で復帰した。 ラフィアンには他の馬よりも4重いが課されたが2着馬に4馬身半の着差をつけて優勝した。 ラフィアンの体調に自信を持った陣営は当時のニューヨーク牝馬三冠(、、)への出走を決めた。 それまで1400m以下のレースにしか出走していなかったラフィアンにとって三冠レースの距離はすべて未経験であったが、1600mのエイコーンステークスは8馬身、1800mのマザーグースステークスは13馬身の着差をつけ優勝。 フーリッシュプレジャーとのマッチレースで骨折し、安楽死処分される [ ] この年のはそれぞれ異なる馬が優勝した。 ニューヨーク競馬協会は優勝馬3頭が対戦する招待競走を企画したが、優勝馬アヴァター陣営が話を受け入れず、代わりにラフィアンを招待した。 この案には優勝馬マスターダービー陣営が同意せず、優勝馬とのがにベルモントパーク競馬場のダート2000mのコースで行われることになった。 レース当日、ベルモントパーク競馬場競馬場には5万人余りの観客が訪れた。 はラフィアンの方が高く、はラフィアンが1. 4倍、が1. 9倍であった。 レースはラフィアンが半馬身先行する形で推移したが、ゴールまで残り約800mの地点で競走を中止した。 その時騎手のヴァスケスはラフィアンに歩様の乱れを感じ、直後に「木の枝を折るような音」を聞いたという。 診察の結果右前脚の種子骨を粉砕骨折していることが判明した。 骨折の程度は触診した獣医師の手が血で真っ赤に染まるほど重度のものであった。 麻酔をかけ骨折した箇所を固定する処置が施されたが麻酔が切れたラフィアンは苦痛に悶えてギプスが壊れるほど暴れたため、治療は断念され安楽死処分がとられた。 ラフィアンの遺体はの敷地内に埋葬された。 なおこのレース以後、アメリカではマッチレースは開催されていない。 死亡の翌年、はラフィアンの殿堂入りを発表した。 また、1999年に競馬雑誌が選定したにおいては、選定の中では最も上位の35位にランキングされている。 主な勝ち鞍 [ ]• ソロリティステークス G1• スピナウェイステークス G1 受賞 [ ]• エクリプス賞最優秀2歳牝馬(1974年)• エクリプス賞最優秀3歳牝馬(1975年) エピソード [ ] ラフィアンの悲劇 [ ] ラフィアンの父、母も2年後に同じような悲劇に遭っている。 母シェナニガンズは、にの手術の後暴れた際に骨折、安楽死処分に、父レビュワーもその数日後に放牧中に骨折、手術そのものは成功したが、やはり同じようにその後暴れて骨折、同年に安楽死処分となった。 また、血統的には直接関係はないが、その強さに ラフィアンの再来と言われたもので故障、予後不良となっている。 奇しくもこの年のはラフィアン最後の競走となったベルモントパーク競馬場で開催されていた。 ラフィアンターフマンクラブ(サラブレッドクラブ・ラフィアン) [ ] 「マイネル軍団」を率いるが設立したクラブ「ラフィアン・ターフマンクラブ」「」のラフィアンはこの馬が由来である。 ラフィアンは岡田繁幸がかつてで修行をしていた時に出会った馬で、周りが見向きもしないような馬を、一目で名馬になると予感した、というエピソードがあるとされている。

次の