ゆうちょ投資信託速報。 スマート・ファイブ(毎月決算型)ってどう?投資して大丈夫?

基準価額速報|日興アセットマネジメント

ゆうちょ投資信託速報

何かと話題の投資信託。 やってみたい気はするけれど、どういうものなのか不安に思う事もあるでしょう。 今回はゆうちょで積み立てをする際のサービスや、口座の開設の仕方、口座の解約の仕方まで紹介します。 投資と聞いて敷居の高さを感じているのであれば、ぜひ目を通してください。 投資信託ってやったほうがいい? 投資信託のメリットは、複数の企業に分散して投資ができる点です。 複数の企業に投資する事で、例え一か所の業績が落ち込んでも他の会社の利益でリスクヘッジをすることができます。 比較的少額の10,000円から始められ、運用は専門家に任せる事ができますので、気軽に始められます。 お試しで投資を始めるのであれば、投資信託が適していると言えるでしょう。 投資信託とは 投資信託でやり取りするのは株式や債券です。 他の投資と違うのは小額から始められ、尚且つ専門家による運用ができるという点です。 実際にどのようにやり取りしているかと言うと、まずゆうちょ銀行に依頼した金額を支払い、その金額分の依頼を専門の委託会社に出します。 委託会社はそこから買う株式や債券を見繕い、信託銀行に注文をします。 信託銀行は注文通り株式や債券を買い付けます。 収益や損失は依頼者に帰属します。 投資信託一口あたりの価格は委託会社が毎営業日計算して、公表します。 これを基準価額といいます。 計算方法は投資信託内の株式や債券のその時の価格とその配当や利子を足したものから、運用における経費を引き、それを依頼者が保有する口数で割ったものです。 また、普通の投資では売り買いが何度も出来ますが、NISAにおいて、売却は一回きりです。 NISAの非課税枠は投資での大きなメリットと言えるため、全ての金融機関を通じて、一つの口座でしか取引ができませんので、注意してください。 また、同様の理由で、損失が出た場合でも、確定申告での損益として計上ができません。 投資信託では確定申告をすることによって税金を安くする事ができます。 投資信託テレホンサービス 投資信託テレホンサービスでは、投資信託の購入・解約から、預かり残高・申し込み状況の照会もできます。 平成25年5月6日に分配金再投資型で購入した商品、平成25年5月7日以降に購入される商品であれば、収益分配金の受け取り方法の変更もできるサービスです。 ゆうちょで投資信託口座を開いた人向けのサービスで、事前に申し込みが必要です。 投資信託に関わる通常貯金通帳と、その届け印を用意し、ゆうちょ銀行の郵便局窓口にて申し込みができます。 投資信託口座の開設方法 投資信託を始めると決めたら、まずは口座を開設しましょう。 必要なのは、決済口座になる口座の通帳とそのお届け印、マイナンバーが記載された書類、後は本人確認の書類です。 口座は通常貯金の総合口座のみ取り扱いが可能です。 本人確認の書類は写真付きであれば1種類、写真無しであれば2種類必要です。 これらの必要書類をゆうちょ銀行、投資信託取り扱い郵便局に持っていくと、開設をしてくれます。 ゆうちょ銀行のwebサイトから必要書類をダウンロードし、郵送で開設することもできますが、この方法には制限があります。 70歳以上の方、無職の方、法人の方は郵送での開設ができません。 また、原則未成年の方は口座を開設できませんのでご注意ください。 投資信託の分配金と税金 分配金とは、決算の結果の利益を投資者に還元したものです。 分配金は企業の業績によって左右され、運用の結果によっては無いこともあります。 分配金は投資信託ごとに決められた方針によって決まりますが、その元となるのは債券についた利息等の利子と売り買いした際の利益です。 分配金は決算日から5日目以降に支店を通じて受け取る事ができます。 NISAの分配金再投資は注意が必要 分配金の再投資は購入扱いになり、非課税の口座に入れる場合は、非課税の枠を消費します。 非課税枠が亡くなった場合は、特定口座、一般口座への受け入れになります。 翌年に新たに非課税枠が追加されれば、それ以降の分配金は再び非課税枠に加算されていきます。 その前に特定口座、一般口座へ振替になった分に関しては、振替の対象にはなりませんのでご注意ください。 投資信託は配当所得20. 315% 投資信託で得た利益は、収入になりますので、所得税が課されます。 315%の税金が年間の利益分にかかります。 税金を納め忘れるとペナルティが課せられることもありますので、確定申告は忘れないようにしましょう。 とはいえ、確定申告をするのは書類を集めたり、作成したりと手間が多く面倒に感じる方も多いでしょう。 その場合は初めの口座を開設する段階で、特定口座に源泉徴収のオプションが付いたものをえらびましょう。 ゆうちょの投資信託ラインナップ 一口にゆうちょで投資信託と言っても、商品の種類は豊富です。 インターネットのみで取り扱いの商品もあります。 投資信託自体が株や債券の詰め合わせです。 どういう方針で売り買いをするのか、手数料がどのくらいかかるのかなどは各商品のページに書いてありますので、それを参考に選ぶといいでしょう。 ファンドラインアップ 70件ほどの商品があり、内39件は、インターネットサービスである「ゆうちょ投信Webプレミア」「ゆうちょダイレクト」でのみの取り扱いです。 ただし、「ゆうちょ投信Webプレミア」は2018年5月2日をもって終了します。 それまで使用していた商品の内33件は「ゆうちょダイレクト」でも使用ができるように取り扱いを始めました。 積み立て日本株式(TOPIX)、積み立て先進国株式などは窓口でも取り扱いがありますが、eMAXIS イーマクシス 先進国証券インデックスなどはインターネットのみでの取り扱いです。 特にeMAXISシリーズは販売手数料がかからず、信託運営の費用が抑えられているので費用を少なく済ませたい方にはおすすめです。 ゆうちょ投資信託基準価格速報 ゆうちょでの投資信託の取扱いには窓口取り扱いファンド、投信ダイレクト取扱ファンド、ゆうちょ投信WEBプレミア取扱ファンドの3種類があります。 速報に出ている基準価額は前日の夕方時点の価額です。 グラフを見る限りでは下がっているように見えることもありますが、定期的に分配金を支払った分の下がり幅があることに注意しましょう。 口座開設と運用、解約の注意点は? 投資信託の解説から運用、終わり方まで、しっかりとおさえておきましょう。 本章では簡単にそれらの注意点についてまとめました。 今の内に終わり方を知っておけばその時に必要なものをすぐに揃えられます。 投資信託キャンペーンがあるか確認 2018年3月30日まで、期間中に投資信託口座を新たに開設し、なおかつ商品の購入があった方の中から抽選1000人に5000円をプレゼントする「はじめての投資信託キャンペーン」がありました。 投資信託を始めるときは、事前にキャンペーンなどの特典があるかどうかを確認しましょう。 ゆうちょの商品ランキング 口座を開設しても、何を買えばいいのか迷うかもしれません。 ゆうちょの投資信託のホームページでは、過去1か月、3か月、6か月の販売金額のランキングの確認が可能です。 気になった商品はクリックすると詳細を見る事ができますので、方針や決算日などをよく読んで選ぶといいでしょう。 郵便局&ゆうちょ銀行で取扱い ゆうちょの投資信託販売は、ゆうちょ銀行はもちろん、一部郵便局での取り扱いとなります。 近くの郵便局で取り扱いがあるかどうかにつきましては、にて調べることができます。 自分の行きたい店舗を選択すると、基本情報の下に「郵便局」「郵便 ゆうゆう窓口 」「貯金・ATM」「保険」という4つのタブが出てきます。 ここから、「貯金・ATM」を選択します。 郵便局に向かう前に確認をしましょう。 もし近隣に取り扱いのある郵便局や、ゆうちょ銀行が無い場合は、インターネットでも取引ができますので、そちらを利用するのもいいでしょう。 解約方法 解約をするには、投資信託の残高と、自動積立の契約の両方が無い状態にしなければなりません。 もしまだ残高が残っている場合は、販売会社に買い取ってもらうか、運用会社に解約を依頼しましょう。 その場合も税金がかかりますので注意してください。 「投資信託振替決済口座利用」の記載のある通常預金通帳と、その届け印を持って取扱のある店舗に行けば手続きをしてくれます。 自動積立の解約は、「投資信託振替決済口座利用」または「投資信託保護預り口座利用」と記載された通常貯金通帳とその届け印を持っていきましょう。 ゆうちょダイレクト、もしくは先にご紹介したテレホンサービスでも、自動積立の解約ができます。 投資信託の口座解約は取扱のある郵便局、ゆうちょ銀行の窓口、もしくは郵送で解約できます。 「ゆうちょ投信WEBプレミア」を解約する際は、会員ログイン後の諸届ページ記載の書類をダウンロードして郵送しなければなりません。 まとめ 今回はゆうちょの投資信託の概要、始め方から終わり方までまとめました。 生活圏にある郵便局で資産運用ができるのは利便性が高いと言えます。 商品を買う際はその手数料や期間、過去の実績にも注意して選びましょう。

次の

ゆうちょの投資信託ってどう?投資信託や積立NISA、解約の方まで解説

ゆうちょ投資信託速報

当コンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。 当コンテンツに掲載されている情報によって、何らかの損害を被った場合でも、株式会社ゆうちょ銀行は一切責任を負うものではありません。 投資対象、投資機会の選択などの投資に係る最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 当コンテンツに掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、株式会社ゆうちょ銀行はその内容および情報の正確性、完全性または適時性について保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。 当コンテンツに掲載されている内容は、予告なく変更することがあります。 このページの情報はモーニングスター株式会社から提供されています。 モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びに Morningstar,inc. に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 投資信託に関するリスク• 一般的に投資信託は、国内外の債券や株式等を投資対象にしますので、組み入れた債券・株式の価格変動、発行会社の倒産や為替の変動等により、損失が生じるおそれがあります。 投資信託に関する手数料等• 投資信託のご購入、換金等にあたっては各種手数料等(購入時手数料(申込手数料)、運用管理費(信託報酬)、信託財産留保額等)が必要となります。 また、その他費用として監査報酬、有価証券売買手数料、組入れ資産の保管費用等がかかります。 お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。 これらの手数料等は各投資信託およびその購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を表示することはできません。 投資信託に関する留意事項• 投資信託は預金・貯金ではありません。 日本郵便株式会社は、株式会社ゆうちょ銀行から委託を受けて、投資信託の申し込みの媒介(金融商品仲介行為)を行います。 日本郵便株式会社は金融商品仲介行為に関して、株式会社ゆうちょ銀行の代理権を有していないとともに、お客さまから金銭もしくは有価証券をお預かりしません。 当資料は金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。 投資信託取得の申し込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)をお渡ししますので必ず内容をご確認のうえご自身でご判断ください。 投資信託説明書(交付目論見書)はゆうちょ銀行各店または投資信託取扱郵便局の投資信託窓口にて用意しております。 ただし、インターネット専用ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)はインターネットによる電子交付となります。 商号等 株式会社ゆうちょ銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第611号 加入協会 日本証券業協会 日本郵便株式会社 金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第325号.

次の

スマート・ファイブ(毎月決算型)ってどう?投資して大丈夫?

ゆうちょ投資信託速報

お好きなものからどうぞ• ゆうちょ銀行(郵便局)ってそんなに人気? 数字からゆうちょ銀行とほかの金融機関のことを見ていきたいと思います。 国内最大の顧客基盤を有するようになったと言われる 三菱UFJ銀行では、個人口座数は4千万口座です。 日本の世帯数が 5300万世帯なので、その多さは歴然ですね。 ちなみに、 三井住友銀行で世帯数の7割、みずは銀行では6割ほどです。 ではゆうちょ銀行はどうでしょうか? 口座を保有している人数は約1億2000万人 なんと、日本の人口 1億2600万人なので、ほぼ全員がゆうちょ銀行の口座を持っていることとなります。 子どもが生まれて入った学資保険 これが、口座を持つ人が多い理由の一つと言われています。 そして意外なことに、ATMの設置台数も驚くほど多いのです! 三菱UFJ銀行をはじめとするメガバンク3行と比べても 約2万7000台という数なのです。 ゆうちょ銀行は一つの支店に1~3台と少ないのですね、逆にメガバンクなどは一つの支店に5台~10台と、ずらーっと並んでいると設置台数が多いように思います。 でも、なんと三菱UFJ銀行で 約8,000台みずほ銀行でもわずか 5,654台だけなのです。 この 2万7000台という数字がどれほどかというと、国内のセブンイレブンの店舗数が2万店舗ないぐらいなので、想像はつくと思います。 そして、郊外など都心から少し離れたところにはメガバンクがなくても、ゆうちょ銀行は必ずといってほどありますね。 町内にも、必ず一つはゆうちょ銀行はありますね。 営業時間も他の金融機関は3時に閉まりますが、ゆうちょ銀行は4時まで行っています。 (郵便業務は5時まで) このようになじみのあるゆうちょ銀行なので、始めておこなう投資信託にチャレンジする際、安心感があるのでしょうね。 そして、ゆうちょ銀行は年配の人の利用が多いのです。 歩いていけるところにあって、窓口の人とも顔なじみ。 年金の受け取りに行った際に保険や投資の事を教えてくれる。 よく足を運ぶゆうちょ銀行で、担当者から投資について薦められたらどうしますか? では、ゆうちょ銀行で取り扱っている投資信託について見ていきたいと思います。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行の投資信託ランキング まずは、投資信託とは何か?についておさらいしておきましょう。 投資信託とは、ファンドマネージャーと呼ばれる専門家が様々な株や債券の中から選んで運用するのです。 そして、この株や債券を集めるためのお金を投資家から集めて、運用して得た利益を分配するのです。 このようにできる投資信託の種類は、国ごと・業種ごとなど、幅広くその組み合わせは数知れないほどです。 その中で、運用履歴を見ながらどの投資信託に投資をするのかを決めます。 ゆうちょ銀行が取り扱っている投資信託はわずか120本ほどです。 取扱商品がとても少ないのに、オリジナル商品が多いのです。 ゆうちょ銀行が取り扱っている投資信託のうち毎月分配型の商品を見てみましょう。 こちらのひょうは、上位5位までを3トータルリターンの高い順で表示させています。 これらの投資信託から、どれぐらいの利益を見込めるのかが気になるところですね。 大和-ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし) まずは、表の中で上位1位の投資信託を見てみましょう。 最近の基準価格は、 3020円~3030円台をウロウロしています。 この基準価格とは、 一般的に1万口の価格となります。 投資信託の取引には次の3通りの買い方があります。 「金額買付」 「口数買付」 「積立買付」 そして、分配金に表示される金額は1万口からというのがほとんどです。 この投資信託の分配金は 毎月分配型で40円です。 2018年7月までは60円だったのですが、下がってしまいました。 3020円程を預けると、毎月40円の分配金が振り込まれるのです。 (税引前) 利率1. 3% この配当金の利率はすごくないですか!!! リターンの高い上位5位の中には、ゆうちょ銀行オリジナルの商品は入っていませんね。 では、次に販売金額ランキングを見てみましょう。 販売高ランキングの中には、ゆうちょ銀行オリジナル物が3商品も入っています。 では、ゆうちょ銀行での販売高ランキング1位の商品を見てみましょう。 東京海上-東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(愛称:円奏会) この商品は、前回も販売高で1位だったこのですが、先程の「 大和-ダイワ・US-REIT・オープン」と比べて 基準価格が11,435円とだいぶんと高くなっています。 単価が高い分、自然と販売高ランキングの上位に入りやすいのです。 では、分配金を見てみると、こちらは 毎月分配型で30円 えっ??? 最近下がったのではないです。 数年ずっと毎月30円の分配金です。 そして、基準価格も12,000円~11,400円の間です。 どうですか?あなたならどちらを選びますか? 基準価格は3020円~3030円台で分配金が毎月40円の商品 基準価格は12,000円~11,400円で分配金が毎月30円の商品 もちろん、前者ですよね。 それぞれ1位の商品だけを比べても、ゆうちょ銀行がおすすめしているであろう商品と、取り扱い商品のなかでリターンが大きい商品とを比べてみるとこれほどの差があるのです。 ひとつひとつ調べていけば、より利回りの高い商品を見つけることができますが大変ですよね。 そこで、安心できる商品としては、ゆうちょ銀行の取り扱っている商品の中にも「つみたてNISA対応商品」が有ります。 もしも、ゆうちょ銀行で投資信託を行うなら、積立NISAの商品しかおすすめはできないでしょう。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行の投資信託を購入する必要性を感じられない ゆうちょ銀行が取り扱っている投資信託はわずか120本でしたね、 ネット証券のSBI証券や楽天証券では2,400本以上 これだけ取り扱っているので、ゆうちょ銀行は20分の1ほどとかなり少ないです。 その中でも、ゆうちょ銀行では 買付手数料が無料(ノーロード)のファンドはわずか10本だけです。 積立投資を行う場合の金額が、 SBI証券なら五百円から 楽天証券なら千円から ゆうちょ銀行は五千円から となっています。 ここまで見ただけでも、ゆうちょ銀行の投資信託にメリットがあるようには見えないですね・・・ ゆうちょ銀行以外でも、あなたが初めて投資信託を行うなら「つみたてNISA対応商品」がおすすめです。 金融庁が「本当に消費者にとって良い低コストな商品しか販売してはいけない」という厳格なルールを策定したものです。 これから資産運用を始めたいと考えている人は、無理にゆうちょ銀行の投信の中から選ぼうとせず、常時2,000本以上の取扱がある証券会社で良いものを選ぶことをおすすめします。 私も、色んな投資信託を少しづつ買い足して行くうちに、いつの間にか貯金も増えていきました。 昔から投資をする際に言われることは 「卵は一つのカゴに盛るな」 これは、一つのカゴだと、落とした時にすべての卵がダメになりますが、複数のかごに分けていると、他のカゴの卵は無事ですね。 リスク分散の為です。 投資信託も必ずしも元本保障があるわけではありません。 複数の商品に投資をしてリスク分散させるほうがよいという考えです。 リスク分散は、投資だけでなく、自分の資産運用にも当てはめてみるといいですね。 銀行も複数の銀行を使い分ける。 資産も 株や投資信託、不動産、現金、保険と複数持つことでより安定して資産運用ができると思います。

次の