広いダイニング。 LDKレイアウトの参考に【ファミリー用】ダイニング+リビングのソファレイアウト37選

【おしゃれなダイニング】インテリアの実例を24枚の写真で紹介

広いダイニング

壁のデザインがとにかく素敵なダイニング。 テーブルとチェアもオシャレですが、何より壁に目が行きますよね。 木のウォールステッカーなどで応用すると、まるで森の中で食事をしているような雰囲気のいい食卓にすることもできそうですね。 全体的に白で揃え、ブラインドやテーブルなどに濃いめのブラウン。 アクセントとしてガラスという素材感とオレンジ・黄色・緑といった食欲をそそる色が使われています。 「70:25:5」の黄金比率を意識した、お手本のような色使いが特徴的なダイニングです。 フローリングやダイニングテーブルなど大きい物に木が使われており、全体的にはナチュラルな雰囲気。 そこにレンジフードやペンダントライト・収納棚など金属をプラスし、すこしハードで男性的に仕上げています。 また、キッチンの壁はタイル調、右側はボード風、左側は木が使われており、素材を上手に融合したお部屋ですよね。 このお宅はシンプルさよりも飾りを使った可愛らしさが好みのようです。 飾り棚や置くものの色味も意識されており、細かい物が多いながらスッキリとまとまった印象になっています。 統一感はややもすると「単調」になってしまうのですが、飾りがアクセントの効果もはたしバランスがとれていますね。 シンプルに木の色味を揃えて、使いやすさや配膳のしやすさを考えられたレイアウト。 温かみのある間接照明がおしゃれで、木の素材感を活かしたダイニングです。 ダイニングチェアの座面に色味があるのでいいのですが、座面も同系色だとボケた感じになってしまうので要注意です。 清潔感があって、家族みんなが笑顔になれそうな、そんな雰囲気を持っていますよね。 「定番カラー = つまらない」ではなく、定番だからこそ落ち着く雰囲気になります。 多くの住まいに参考になる写真ではないでしょうか。 高級感のあるグレージュを基調とし、テーブルデザイン・チェアの柄・照明…など、上質な雰囲気満点ですね。 セレブなお宅のダイニングという感じで、リラックス感というよりは優越感が大きそうなテイストです。 ガラスやシルバーの光物がアクセントになっていますね。 木というより「木目」を意識して揃えていますね。 北欧デザインのスタイリッシュなテーブルと、脚付き収納棚のコーディネートが素敵です。 線の細い家具を多く使ってるので大きな家具が重く見えず、スタイリッシュな雰囲気を演出しています。 アイボリーと明るめのナチュラルカラーを基調としています。 画像ではチェアのライトグリーンが冴えますが、植物を置いても抜群のコーディネートになるはず。 フローリングとテーブル・チェアの色が統一されているので狭さを感じさせず、ダイニングセットが大きく感じない点も重要です。 色を揃えることで大きな家具を小さく見せ、家族みんなが集まっても窮屈感を感じさせません。 この画像は色どころか木目まで揃えてあり、まるで床とつながっているような錯覚を覚えるほど。 非常に統一感がありますが、欲を言えばもう少しアクセントが欲しいところ。 雰囲気を考えればグリーンの色味が定番ですね。 まるでダイニングバーのようなオシャレな雰囲気で、食事はもちろんお酒も楽しめる癒し空間になってくれそう。 薄い色のフローリングに濃いめのテーブルやチェアを置くとバランスが崩れやすいのですが、天井がダークブラウンなので違和感なく置くことができ、キッチンとの繋がり感も演出していますね。 ダイニングを食事だけではなくリラックス空間として捉えているので、チェアだけではなくソファダイニングでもいいかもしれませんね。 洗練されたモダンなダイニングを演出しつつ、無機質になりすぎない優しさもプラスしています。 キッチンと合わせてブラックガラスを使ったテーブルにすると、よりかっこよく決まったかもしれません。 モダンな雰囲気のテーブル&チェアですが、植物を多めにコーディネートすることで優しく仕上げています。 使いやすさや動線も良く、お手本にしたいダイニングですね。 この組み合わせは上品な雰囲気になり、高級感も演出します。 吹き抜けの階段にすることでダイニングの開放感が増し、明りもいっぱい取り入れることができる好例ですね。 ただ小さな子供がいる家庭は親の不安が増えてしまうかもしれません。 オープンなキッチンや雑誌入れなど、どことなくカフェ風な印象ですね。 チェアは1脚だけ色が違うことで動きが出ていますが、あえて4脚バラバラでも似合いそうな雰囲気です。 お父さん用・お母さん用・お兄ちゃん用・お姉ちゃん用・小さな子供用…。 色も形も素材も変えることで、ポップで楽しげなダイニングになります。 2色しかないんじゃないかというぐらいシンプルなインテリアです。 清潔感と落ち着いた雰囲気があり、木の香りがしてきそうですよね。 ただ、個人的にはアクセントが欲しいところ。 植物のグリーン系でナチュラルにするか、テーブル脇の小窓にオレンジのカーテンだと食欲が湧きそうな楽しい食卓になります。 こうすることでキッチンとの統一感が出やすいメリットがあります。 キッチンがオープンになっていると、ダイニングは木、キッチンはステンレス系になりやすいですが、それを上手に統一しています。 ただ、ガラスやスチール・ステンレスなどは人工的で温かみがないので、植物をコーディネートしたり、フルーツや野菜の飾りを置くだけでやさしさが出てバランスが良くなりますよ。 6人座れる大き目円形テーブルも、床の色と揃えることで大きさを感じさせません。 色味、特に原色に近い色味が多いのは子供も大好きなので、小さな子供のいる家庭に参考になる色使いではないでしょうか。 ダイニングとビタミンカラーの相性は抜群です。 シャビーシックなフレンチ風ダイニング 木とブラックスチールを組み合わせた、インダストリアル風ダイニング&キッチン。 スチール素材は全て黒にしているんじゃないかというくらい、徹底していますね。 全体的に暗くなりがちなテイストですが、武骨な雰囲気がオシャレな照明と、多用しているインテリアグリーンによっていい感じにまとまっています。 コンクリート打ちっぱなしの壁とも相性抜群ですよ。 収納棚や扉・カーテンレールなどと壁のダークブラウンを合わせるのは普通ですが、床はややオレンジ味がかったブラウン。 ダイニングセットを床と合わせることで窮屈さを感じさせず、この場所のメインはダイニングテーブルだということが分かります。 濃い目のグリーンやナスのような紺色、赤・オレンジなどがアクセントとして似合いそうですが、ダイニングということを考えれば緑・赤・オレンジ辺りがいいでしょうか。 赤・黄色・緑のパプリカや、カラフルなフルーツをバスケットに入れてテーブルに置くのも良さそうです。 和を演出するダイニング空間 木の素材感を活かしたダイニングテーブルと、丸くて和紙っぽいペンダントライトのコンビは、手軽に和風な雰囲気を出せる。 落ち着いた和の食卓が好きな人にはピッタリです。 ワインより日本酒や焼酎、スープより味噌汁、パスタより蕎麦が似合いますね。 和モダンにも活かせると思いますよ。 まとめ ダイニングのインテリアは、テーブルの色・形・大きさ・素材・配置などが最も大事なポイント。 「 統一感」と「 アクセント」を意識するとセンス良くまとめることができます。 全て揃えるのは統一感が出る反面、逆に退屈な空間になってしまうので、揃えつつ一部にアクセントを付けるようにしよう。 特にダ イニングにはビタミンカラーが良く似合います。 柑橘類に多く使われている色で、ビビットカラーなのでアクセントにはもってこいの色ですよ。

次の

【おしゃれなダイニング】インテリアの実例を24枚の写真で紹介

広いダイニング

設備・特徴• 選択クリア 人気条件• 2階以上• 南向き• ガスコンロ• バス・トイレ別• 追い焚き• 独立洗面台• クローゼット・押入れ• オートロック• エアコン付き• 室内洗濯機置場• ベランダ・バルコニー• 家具・家電付き 位置• 角部屋• 1階の物件• 2階以上• 最上階• 南向き キッチン• システムキッチン• ガスコンロ• IHコンロ バス・トイレ• 温水洗浄便座• バス・トイレ別• 追い焚き• 浴室乾燥機• 独立洗面台 収納• クローゼット・押入れ• ウォークインクローゼット• 床下収納• トランクルーム• シューズボックス セキュリティ• TVモニタ付インターホン• 宅配ボックス• オートロック• 防犯カメラ• セキュリティ会社加入済• 防犯キー 放送・通信• ケーブルテレビ• BSアンテナ• CSアンテナ• インターネット接続可 冷暖房• エアコン付き• 床暖房• 灯油暖房• ガス暖房 室内設備• ロフト付き• 室内洗濯機置場• バリアフリー• 専用庭• ベランダ・バルコニー• オール電化• 家具・家電付き 建物設備• 敷地内ゴミ置き場• エレベーター• 都市ガス• 駐車場付き• 駐車場1台無料• 駐車場2台以上• 自転車置き場あり• バイク置き場あり 入居条件• 即入居可• ピアノ相談可• 楽器相談可• 事務所可• 女性限定• シニア相談可• 家賃保証会社利用可• ペット相談可• 留学生可• 定期借家を含まない• 2人入居可 ルームシェア含む.

次の

小学生がいてダイニングテーブル無しってアリ?LDが狭いです。

広いダイニング

ソファダイニングとは? ソファダイニングとは、カフェにあるテーブルのようにソファに座っても食事ができるよう、低めのテーブルとソファを合わせたダイニングセットのことをいいます。 低めのソファは「ダイニングソファ」と呼ばれ、背もたれまでクッション材が入っているものが多く、長く座っても疲れにくいようになっています。 引用元: ソファダイニングは狭い部屋を有効活用できる優秀アイテム リビングダイニングが狭い部屋は、ダイニングテーブルとソファ、限られたスペースに両方を置くのが難しいこともありますよね。 例えば、下の9畳リビングダイニングに4人分のダイニングテーブル、2人掛けのソファをレイアウトしてみると、テーブルとソファの間が狭くて人が通れなくなります。 そのような場合に、ソファダイニングにすると、4人で食事もとれ、くつろげます。 部屋のスペースにも余裕があり、リビングダイニングが広く見えますね。 下の図は9畳リビングダイニングにソファダイニングをレイアウトした例です。 狭いLDKを広く見せるコツ 広くてもOK!実はどんなLDKにもおすすめ 狭い部屋におすすめと言いつつも、本当はどんなLDKにもおすすめのソファダイニング。 引っ越しして部屋が広くなってもおすすめです。 L字型ならダイニングテーブルよりも省スペースで配置できるので、リビングスペースを広くとれるなど、部屋を有効的に使えますよ。 ソファダイニングのレイアウトパターン ソファダイニングの魅力は省スペースで家具を配置できることです。 特にL字で組み合わせができるアイテムが多いので、部屋の角にぴったりと収まります。 そこで、おすすめのレイアウトパターンを3つご紹介いたします。 ダイニングソファをL字でレイアウト ソファをL字に配置したパターンは、1番部屋が広く見えるレイアウトです。 キッチンに背を向けて配置すると、キッチンのごちゃごちゃしたものが目に入らず、くつろぎ度が増しますよ。 4人以上で使う場合はスツールやベンチを足しましょう。 ダイニングソファを対面でレイアウト 対面での配置は、ひとりひとり、それぞれが立ったり、座ったりしやすいレイアウトです。 ダイニングソファも1人かけで揃えれば、L字のように真ん中に座った人が出づらくなりません。 それそれのくつろぎ重視の方におすすめです。 人が集まる場合のソファダイニングのレイアウト 来客など、人がたくさん集まる場合は、L字の配置にソファをプラスしたレイアウトにしましょう。 1人がけのダイニングソファは必要ない時に動かせるので便利です。 畳数別、ソファダイニングのレイアウト例 ソファダイニングの魅力は省スペースで家具を配置できることです。 特にL字で組み合わせができるアイテムが多いので、部屋の角にぴったりと収まります。 そこで、おすすめのレイアウトパターンを3つご紹介いたします。 8畳リビングダイニング 8畳LDの場合、4人掛けのダイニングテーブルと2人掛け以上のソファを両方レイアウトすると手狭になります。 ソファダイニングだけでレイアウトすると、収納家具などを余裕をもって配置でき、すっきりとしたリビングダイニングにできますよ。 9畳~10畳リビングダイニング 9畳~10畳のLDにソファダイニングをレイアウトすると、ダイニングスペースが省スペースで収まり、リビングスペースに余裕をもたせられます。 L字型の配置なら、どこに座ってもリビングの中心に顔が向き、コミュニケーションの取りやすいレイアウトになります。 11畳~12畳リビングダイニング 11畳~12畳のLDでも、あえてソファダイニングを配置すれば、広々としたLDKに。 リビングスペースが広くなり、小さなお子様がいる家庭などにおすすめです。 コーディネートに使用したソファダイニング ナチュラル シンプル&モダン ソファダイニングはサイズとテーブルの形状に気を付けよう ソファダイニングも様々な種類があって、選ぶのに迷いますよね。 そこで使いやすさのポイントをご紹介します。 テーブルの高さとソファの座面高をチェック! 一般的なダイニングテーブルの高さは72㎝が多く、それに合わせてダイニングチェアの座面高も45㎝のものが多く販売されています。 ですが、食事もくつろぎもできるソファダイニングは、カフェなどのように低めのサイズに作られていることがほとんどです。 そこで気を付けなければいけないのが、テーブルとダイニングソファのバランスです。 例えば、ダイニングソファは低いのに、テーブルの高さが高いと使いづらくなってしまいます。 手持ちのソファやダイニングチェアに合わせて揃えようと考えると失敗しかねないので気をつけるようにしましょう。 下の図は、使いやすいテーブルとチェア ダイニングソファ のサイズのバランスです。 「差尺」と呼ばれるテーブルの高さと座面高の差が25~30㎝がよいと言われています。 一般的なダイニングテーブルと合わせるなら高めのダイニングソファがおすすめ 一般的なダイニングテーブルとコーディネートしやすいダイニングソファも販売されています。

次の