ダイソン ピュア クール 電気 代。 ダイソン空気清浄機能付き扇風機ピュアクールリンク タワーファンを購入。電気代やフィルター代はこんなにかかる!

ダイソン扇風機の口コミ・評判は?購入前に知っておきたい特長

ダイソン ピュア クール 電気 代

ホットアンドクールの電気代は1時間あたり30円以上! ホットアンドクールってSF的な見た目で好きだな。 どうかな。 うちにも導入してみない? 見た目がいいかは別として、1年中使えるのは魅力的よねぇ。 ただ、ホットアンドクールって 電気代が高いのよ。 それがちょっと…ねぇ。 具体的には以下のような感じよ。 種類 消費電力 電気代 (1時間) ホットアンドクール 温風) 1200W 涼風) 5. 4~26W 温風) 約32. 4円 涼風) 約0. 15~0. 7円 ピュア ホットアンドクール 温風) 1200W 涼風) 5~39W 温風) 約32. 4円 涼風) 約0. 14~1. 05円 ピュア ホットアンド クールリンク 温風) 1200W 涼風) 5~44W 温風) 約32. 4円 涼風) 約0. 14~1. それが 1ヶ月なら約7,776円にもなるのか! だから電気代が高いって言ったでしょ? ところで、ピュアとかリンクって何? ピュアは空気清浄機能が付いたモデルで、リンクはスマホアプリに対応したモデルね。 【ホット】他の暖房器具と比較してみよう ところで、さっきは高い!なんて言ったけど、もしかしてエアコンとかより安かったりしない?電気代が。 機種によってはエアコンの方が高いかもしれないけど、基本はホットアンドクールの方が消費電力が大きいんじゃないかしら。 他の暖房器具と比較した場合は以下のようになるわ。 暖房器具 1時間 1日 (8時間) 1ヶ月 (30日) ホット アンドクール 32. 4円 259. 2円 7,776円 エアコン 12. 7円 101. 6円 3,048円 カーボン ヒーター 強21. 6円 弱10. 8円 強172. 8円 弱86. 4円 強5,184円 弱2,592円 こたつ 強5. 4円 弱2. 2円 強43. 2円 弱17. 他の暖房器具と比較してもホットアンドクールの電気代は高めだねぇ。 常にフルパワーで稼働するわけじゃないし、暖房効率も変わってくると思うから一概には言えないけど、エアコンに比べて電気代が高くつく可能性は低くないんじゃないかしら。 使いすぎには注意が必要ね。 【クール】扇風機やサーキュレーターと比較してみよう ところで、涼風モードで使った場合は扇風機より安い?それとも高い? それも気になるところよね。 以下で扇風機やサーキュレーターなどと比較してみたわ。 種類 1時間 1日 (8時間) 1ヶ月 (30日) ホット アンドクール 0. 7円 5. 6円 168円 扇風機 0. 5円 4円 120円 サーキュレーター 1円 8円 240円 エアコン送風モード 0. 3円 2. ただ、扇風機よりは少し高め? 扇風機の機種によっては逆転するかもしれないけどね。 ちなみに、ホットアンドクールの電気代は最大消費電力を参考にしてるから、使い方によってはさらに電気代が安くなるわよ。 なるほど。 ホットアンドクールも 涼風モードで使うなら電気代をそこまで気にしなくてよさそうだね! ホットアンドクールのメリットとは う~ん。 ホットアンドクールのホットモードは電気代が高かったなぁ。 これなら他の暖房器具の方がいいのかなぁ。 たしかに電気代は高かったけど、ホットアンドクールには以下のようなメリットがあるわよ。 ホットアンドクールのメリット• 1年を通して使える• 羽根や露出した発熱体が無く安全• カバーや羽根が無くお手入れが楽• ピュアなら空気清浄機能付き 扇風機やファンヒーターと違って1年中使えるのは大きなメリットよね。 それに、羽根が無いからお手入れが楽だし、 指を挟んじゃうような事故も起きないはずよ! 空気清浄機能付きがあるのもいいよね。 使いすぎに注意して節約しよう ダイソンのホットアンドクールは空気清浄機能が付いたモデルがあったり、羽根がない安全設計だったりとメリットも多いんだ。 ただ、温風モードだと電気代は高めだね。 だから電気代を節約するためにも使いすぎには注意してね。

次の

【ダイソンヒーター】ホットアンドクールの1時間あたりの電気代

ダイソン ピュア クール 電気 代

最近の日本の夏は、汗だくでうだるような猛暑が当たり前で、超酷暑とか爆弾級暑とか色んな名前が今後出てきそうです。 (勝手な予想.. ) とにかく暑い!太陽さん、もっと離れてよ! 暑いからエアコンをガンガンつけて涼しくしたいけれど、 夏の電気代はエアコンがNo. 1にかかるからこそ、なんとか工夫して使いたいものです。 我が家のリビングにもエアコン1台しかなく、扇風機を買って少しでも体感と室内温度を下げようと思い、色々と検討してみることにしました。 色々と検討した結果、「Dyson(ダイソン)」の空気清浄機能付き扇風機「Dyson Pure Cool Link(ダイソンピュアクールリンク)」の「タワーファン」を購入しました。 扇風機と空気清浄機がダブルで付いている扇風機を使ってみた感想、そして電気代やフィルター代は一体どれぐらいかかるのでしょうか? もくじ• ただ箱がやたらに大きいのは家電製品の特徴でして、間に段ボールが入っているためにデカく感じたのですね。 中から取り出してみましょう。 箱の中に入っている部品は4つだけと、 とってもシンプルです!• 円形パーツ• フィルターユニット• リモコン• 取扱説明書 早速組み立ててみましょう。 家電製品の組み立てってすごい難しそうですが、ダイソンの取扱説明書のトップページに組み立て型がシンプルに載っているだけです。 円形パーツをフィルターユニットにカチッ!とはめるだけで、なんと空気清浄機能付き扇風機が完成です。 組立時間は 10秒もかからず完成しました。 取扱説明書に重量の表記がなかったのですが、我が家にあるタニタの体重計で測ってみたところ、 3. 7kgありました。 昔ながらの扇風機と比べると、かなりの重さがあります。 家電量販店に実際に見に行った時に1番気になったのが、こちらのシンプルなリモコンです。 だって、何も機能名が書いてないんですよ・・。 リモコンボタンの機能は、箱を見ればひと目でわかります。 でも箱から取り出したらわからないので、何となく覚えておきましょう。 ただリモコン置き場はとっても優秀で、頭の上にピタッと磁石でくっつきます。 ここに置いておけば、小さいリモコンも失くす心配はありませんね。 ダイソンの扇風機の特徴!年間を通して使うことができる 早速電源を入れてみましょう。 リモコンで電源をオンすることもできますが、本体下のボタンを押してもオンにすることができます。 リモコンは、本体下部の正面に向けると、運転をはじめることができます。 室内の空気の状態をモニターで反応して、風量を自動で調整してくれる「オートモード」があることで、 自分で調節する必要がない点が楽チンです。 ダイソンの扇風機の最大の特徴は、 羽根がないことです。 風が柔らかくて気持ちいい〜! 肌寒くならずに柔らかな風が送れるのは、羽根を使わずに送風する「エアマルチプライアー」ならではです。 羽根ってホコリでベトベトになりますし、子供がおもしろがって近づいて手を入れてケガをしてしまう心配もありません。 背が高いので持ち運びが大変かと思ってしまいますが、羽根がないので手を中に入れて結構ラクに持つことができます。 ダイソンと言えば吸引力! PM0. 1レベルの粒子を 99. 5まで除去してくれます。 1平方メートルのマイクログラスファイバーを254回折った高密度のフィルターで、360度から空気を吸い込むことができる筒状になっています。 開口部背後からの空気を巻き込むことで大風量を実現この穴から空気をグングンと吸い込んで、扇風機が使えるような仕組みになっています。 季節を問わず、空気清浄機やサーキュレーターとしても使うことができます。 8畳のスペースを清浄するのにかかる時間は約25分、10畳は約30分、26畳で約60分ほどもかかります。 高性能な空気清浄機と比べてしまうと、明らかに遅いです! あくまでも扇風機がメインであり、もし花粉などを取り除きたいというのであれば、ピュアクールリンクではなく 空気清浄機を選んだ方がいいでしょう。 風量も無風にすることができないため、寒い冬場に空気清浄機として使う時は、風量を1番弱くしてできる限り人に風が当たらないように使うようにしましょう。 首振り機能もついていて、 約70〜80度の角度で動きます。 今の扇風機は上下首振り20度、左右首振りは90度まで「立体首振り」ができる機種が多いため、首振り機能に関しては何となく物足りないです。 夜も寝苦しいですからね・・。 寝ている間に使いたい時は「ナイトモード」と「オートモード」を併用することでLEDディスプレイも減光し、静かで涼しい中で寝ることができます。 ダイソンの扇風機の音は、どれぐらいのレベルなのか? 風量は1〜10まであるのですが、日中リビングで使ってみると「4」まではほとんど無音に近いです。 こちらは「5」の風量ですが、風もほとんど感じず何となくモーター音が聞こえる感じです。 最強の「10」は、ブオーーーッて結構な音がします。 まさにT. Revolution! ただ掃除機みたいなブイーンッ!というけたたましい音ではありません。 扇風機にしてはかなり静かな音ですし、「10」の時に顔や手を当ててみても、イヤな当たり方ではなく優しい風当たりで心地よいです。 扇風機は人に風を当てることを前提に作られているだけあって、この風の心地よさは安らぎさえ感じることができました。 Dyson Link アプリは超便利!部屋の空気状態がわかる 「Dyson Link アプリ」をつなげることで、スマホで操作をすることができます。 電波マークが緑入りに点滅すれば、アプリに接続する準備が完了です。 ダイソンのアプリに接続中となって接続が完了すれば、スマホをリモコン代わりに使うことができます。 外と室内の空気の状態を知ることができたり、好きなようにスケジュール予約ができたりと、外出先からでも扇風機の操作が可能になります。 「暑いよ〜!扇風機さんスイッチオン!」って、帰りがけに運転をはじめておけば、家のドアを開けた時のイヤなムンムンする熱気からは逃げることができるでしょう。 お手入れ方法は超簡単。 ブラシや布で拭くだけ! ダイソンの扇風機は、お手入れ方法がとっても簡単です。 フィルター部分のお手入れは、電源プラグを抜いて、やわらかいブラシなどでホコリを取るだけです。 円形パーツ、フィルターユニットについたホコリは、固く水を絞ったやわらかい布で拭き取るだけで完了です。 通常の扇風機のお手入れって、外の網を外して羽根を洗って拭いて取り付けて、またあの網を2つ合わせるのに手こずることってないですか? パーツを取り外すことなく、拭くだけでOKなのでお手入れは超楽チン! 羽根がない扇風機は危険がないだけではなく、お手入れまで簡単にしていることがよくわかりました。 フィルターの交換は簡単だけれど、フィルター代は激高! 空気清浄機部分のフィルターですが、交換が必要になってきます。 取扱説明書によると、 1日12時間使用した場合、 約1年後にフィルター交換するのが目安となっています。 もし夏だけしか使わないとなると、約2年は保つことができます。 それでも1年に1度はフィルターを交換した方がいいでしょう。 そこで疑問に思うのが「フィルター代って、いくらなの?」ですが、ダイソンに問い合わせて聞いてみたところ、 定価6,480円(税込)で買えるそうです。 た、高い・・。 家電量販店だと数日かかりますが、オンラインかまたは電話で注文すれば、翌営業日には発送が完了できますとのことです。 ダイソンの扇風機は、 買った後にも メンテナンス料金もかかることは知っておいた方がいいでしょう。 本体も1日の電気代も結構高い。 通常のDC扇風機の方が安い ここまで高性能の扇風機ですから、電気代も気になりますよね。 電気代も同時にダイソンに聞いてみたところ、 1日8時間使うとした場合の1カ月辺りの電気代は 約362円だそうです。 32円となります。 1カ月辺り 30日 は、 約130円です。 1年間使うとなるとダイソンが約4,344円、20WDC扇風機が1,560円ですから 1年間で約2,700円も電気代が変わってきます。 環境によっても違ってきますが、 数年使うとなると結構な差が出てきます。 本体も 約5〜6万円もする超高級すぎる扇風機です。 高級扇風機は確かに流行っていますが、それでも約2〜3万円が相場でしょう。 本体もフィルター代も電気代も高いという点で、ダイソンの扇風機に節約を求めてはいけないですね・・。 もしDCモーターで本体代も電気代も節約したいというあなたには、 の扇風機がおすすめです。 普通のシンプルな扇風機ですが、本体代は4,000〜5,000円とメチャクチャ安いのに、AC扇風機より電気代は半分で済みます。 デザインなんてどうでもいい!涼しくなればいいや!という人におすすめです。 リンク 本体代はとっても高いけれど、場所代がかからない点はすばらしい ダイソンの空気清浄機能付き扇風機でスリムタワー型のタワーファンは、本体代は他のダイソンの扇風機と比べると メチャクチャ高いです。 電気代が他のDC扇風機と比べて数千円しか違わないにしても、やはり ダイソンの扇風機は初期投資でかなりの出費を覚悟した方が良さそうです。 フィルター代もかかりますからね・・。 ダイソンの扇風機はたくさんの種類がありますが、タワーファンはその細さを活かして、キッチンや洗面台などの狭い場所にも置くことができます。 背はのっぽですが、設置スペースわずか 20cmでOKで、狭い部屋にはちょうどいい大きさです。 夏場に使う扇風機で1番売れているのは、 です。 扇風機の形をしていて幅は取りますが、羽根もないですし、タワーファンより 数万円は安く買うことができます。 冬場も暖房と共に一緒に使いたい場合は温風と冷風がでる がおすすめです。 我が家では子供部屋で1年中大活躍しています。 ダイソンの中でも、リビングがゴチャゴチャしていてなかなかモノを置けない環境である我が家では、 タワーファンを買って大正解でした。 本体代は高いですが、モノへの場所代はかかりません。 色んな家電が必要な時代だからこそ、1つでも「モノ」の場所は減らして「人」に使いたいですよね。 空気清浄機と扇風機をどちらも買おうかと思っているあなたは、ぜひダイソンの扇風機を検討してみてくださいね。 羽なしの心地よい風当たりに、きっと心の底から癒やされてしまいますよ。 リンク 国内正規品を買いたいあなたは、ダイソン公式オンラインストアへ 「ダイソン空気清浄機能付き扇風機を買いたいんだけれど、きちんとした保証とか欲しい。 」 ダイソン空気清浄機能付き扇風機などの家電って、スーパーで食料品を買うのと違って値段が違いますし、買うと決めたらきちんとしたお店で買いたいですよね。 なんとダイソンには があり、国内正規品を購入することができます! 公式オンラインストアでは、 人気のサイクロン式掃除機や羽根のない扇風機&ファンヒーターなど、 オンライン限定モデルを含む豊富なラインナップから選んでご購入いただけます。 直営ショップでの正規品販売ですし、1万円以上(税込)で 全国どこでも送料無料で3営業日以内に発送され、 2年間のメーカー保証がついています。 国内正規品という 「安心感」を買いたいあなたは、ぜひ「ダイソン公式オンラインストア」でゲットしてみてくださいね。

次の

【ダイソン 】扇風機 価格は?電気代は?夏の必需品!空気清浄機能付ファン ピュア クール Dyson Pu…

ダイソン ピュア クール 電気 代

Dyson(ダイソン)は掃除機が有名であるが、他にも様々な商品を販売している。 掃除機の次に思いつくのは「羽根のない扇風機」ではないだろうか。 その羽根がないということで話題になった扇風機が発売して数年経つが、現在では空気清浄機能+ファンヒーター+扇風機の3つの機能を組み合わせたPure Hot+Cool(ピュアホットアンドクール)という商品が発売されている。 さらにスマホ等からの遠隔操作が可能なPure Hot+Cool Link(ピュアホットアンドクールリンク)というのも発売されている。 このPure Hot+Cool Link(ピュアホットアンドクールリンク)の紹介と、実際の電気代はどれぐらいかかるのかをレビューしたいと思う。 Dyson Pure Hot+Cool Link 購入したのは現在最も多機能なDyson Pure Hot+Cool Link(ピュアホットアンドクールリンク)である。 空気清浄機、ファンヒーター、扇風機の機能があるため、一年中使用できる製品である(片づける必要がない)。 使用頻度が高いため満足度は高い商品と考えられる。 春は花粉などの空気清浄機として、夏は扇風機・エアコンのサーキュレーターとして、秋は寒い日にファンヒーターとして、冬はファンヒーターとして使用可能だ。 また、Linkとついているものは、スマホやタブレットをリモコン替わりにして本体を操作できる(Wi-Fiを使用) 開封しながら機能を紹介していこうと思う。 まずは外箱から。 実寸大の本体の写真が印刷されていてどれぐらいのスケール感か、わかりやすいし、シンプルなパッケージだ。 ファンヒーターと扇風機と考えると高めな価格ではあるが、空気清浄機と考えると一気に妥当な価格になるし、機能を考えると逆に安く感じるかもしれない。 パッケージの裏側にはダイソンさんの写真とコメントが載っている。 モノづくりに対する熱意が伝わってくるようなコメントだ。 全く新しい方法を発明して特許も取得しているから、堂々と仕組みなどを公表できるわけだ。 ホームページなどを見ても分かるが、ここまで内部構造を説明しているような家電はないのではないだろうか。 日本の家電メーカーも見習うところが多々あるのではないだろうか。 価格は家電としては高い部類に入るが、開発費の回収を考えると、それぐらいかかるのかもしれない。 サイクロン掃除機を発売したときもダイソンの価格は高かったが、日本のサイクロン掃除機が惨敗しているように、価格ではなく物として良いものか、技術的に優れているかどうかが重要なのではないだろうか。 (日本の家電は安売り路線だったが、ダイソンをきっかけに価格の高めな掃除機が増えたような気がする) 箱を開けると、取扱説明書、リモコン、本体が入っていることがわかるだろう。 一部、黒塗りしてあるところはWi-Fiで接続する際のSSIDやパスワード、MACアドレスが書かれたシールが貼ってある。 本体ごとに違うもので、セキュリティの観点から扱いには注意したほうがよいだろう。 取扱説明書とリモコンを取り出すと、梱包された本体が出てくる。 本体にもシールでWi-Fiの情報が書かれているので、実際に使用する場合は剝がしておいたほうがよいだろう。 本体はこのまま箱から取り出すだけである。 つまり何も組み立てる必要がなく、コンセントにさえ繋げば、使えるようになるということだ。 外箱と、中から取り出した本体を並べている。 設置面積としてはA4サイズの紙の上に収まる大きさなので、結構狭いところや、低い棚の上などにも置くことが出来るだろう。 デザインも初めてみる人にしては「空気清浄機、ファンヒーター、扇風機」であることがわからないであろうダイソン独自のもので、どこに設置していても気になりにくいだろう(珍しさ的には気になりやすいが) 本体の操作するボタンは1つだけである。 ON,OFFだけのスイッチなので誰でもわかるだろう。 細かな設定はリモコンで操作する。 設定は最後に使った設定が本体に記憶されていて、次からは本体をONするだけでよい。 写真上の方のパンチング穴のようなところから空気を吸い込む。 本体に空気を吸い込むときに空気清浄(HEPAフィルターを通過)するため、扇風機、ファンヒーターと使用しているときは自動的に空気清浄も行われる。 PM0. 1までの粒子を取り除いてくれるということで、ほこりや花粉だけではなく、においや煙、ウイルスまで除去可能ということだ。 ただ、何もしないよりは綺麗になるだろう。 フィルターの寿命は4300時間となっている。 目安としては1日12時間動かして約1年ということらしいが、ずっと部屋にいない限り12時間連続使用ということはないだろう。 6時間ぐらいであれば約2年持つということになる。 使う頻度や汚れ具合によると思うので、あくまでも目安ということで理解しておこう。 リモコンはパッケージに機能が紹介されており、すぐに使い方がわかるだろう。 アイコンを見るだけでも大体想像できるはずだ。 リモコンは本体上部にマグネットがついているため、そこにくっつけておくことが出来る。 いつも定位置に置いておけば無くす可能性も低くなるだろう。 設定を完了させるとどこからでも操作が可能となる。 自宅内だけではなく、外出先でも操作が可能となる。 今流行りのIoT Internet of Things 対応と言えるだろう。 帰宅前に部屋の汚れ具合、温度を確認して外出先から電源を付けるということも可能であるし、消し忘れた場合も外から電源をOFFにできる。 消費電力と電気代は? 定格消費電力や口コミで電気代が高いと言われているが、本当かどうかを確かめてみたいと思う。 確かめる方法としてはの記事で紹介しているワットモニターを使用する。 ファンヒーター機能を使用したときが一番消費電力が高くなると考えられるので、その状態の消費電力を見てみる。 01kW であった。 この状態で1時間動かすと 1. 26円 となる。 設定温度になるまではヒーターがついた状態になるので、上記の消費電力になる。 設定温度になると、ヒーターが切れるので一気に消費電力は下がり、5. 7W(0. 部屋の状態にもよるが、外気温で冷える方が強い場合、ある程度のところで室温上昇は止まる。 その場合、設定温度に達しないため、ずっとヒーターがついたままになり、高い消費電力のままになる。 そのため、なるべく低い温度設定にしておくことをお勧めしたい。 エアコンのように天井部分で温度を測定している場合、暖かい空気は上昇するため、足元が寒くなり、高めの温度設定をする方がいると思う。 動いている時間が長かったとしてもヒーターがOFFになっていれば非常に低い消費電力になるので、部屋の熱を逃がさない工夫をすれば最小限の消費電力で温度を維持できるだろう。 風量と消費電力の関係は大体上記の通りになる。 ファンヒーター時と扇風機時では大きく消費電力が違うのがわかると思う。 出来るだけヒーターをつけないようにして使用すると省エネになることがわかると思う(設定温度に早く到達するような低い温度設定にするとよい)また、Hotの場合、風量によって最大と最小で200Wぐらい差がある。 制御はよくわからないが、風量が少ない方が省エネ効果がより高い。 体感的ではあるが、Hotの場合はあまり風量を上げないほうがより暖まりやすいと考えられる。 (風速が上がると空気が冷めやすく暖まりにくい)そのため1~3ぐらいで使用するのが現実的と考えられる。 最大風量にしてしまうと、仕様の1200W超えになることもあるようなので、タコ足配線や、細い延長ケーブルを使用する場合も注意が必要だろう。 一方、Coolの扇風機としてはそんなに大きな消費電力ではない。 最大と最小でも38Wぐらいの差である。 風量を変えるだけであればこれぐらいの消費電力の差なのにHotの場合は他に何か変わっている可能性があるとも考えられるだろう。 扇風機、空気清浄として使用するには問題ない消費電力であると思う。 首振り機能の有無はあまり影響していないくらい小さな消費電力である。 cool時に測定してわかるくらいの小ささで約1. 5Wぐらいである。 ナイトモードはさらに表示などの電力0. 3W減っている。 次に電気代に換算してみる。 1時間使った場合の金額だ。 設定によってかかってくる金額にどれだけ影響があるのか何となくわかるだろう。 あと、待機電力としては1. 9W 約0. 常にWi-Fi接続しているので多少の消費電力はある。 また、スマホから設定できる常時モニター(温度、湿度)をONにすると、3W(0. これは製品内に空気を微量入れながら測定しているようで、オフの状態でも多少の動作音と空気の流れがある。 別に部屋の温度、湿度をモニタリング(外出先から見るなど)することがなければOFFにしておいてよいだろう。 まとめ 1日に6時間程度使用したとすると、158円になる。 1か月使い続けると4,884円である。 電気ファンヒーターとしてはこの程度が普通かもしれないが、エアコンと比べるとやはり割高である。 部屋が広ければ広いほど電気ファンヒーターのほうが不利になるので、常時使うのであればエアコンのほうが良いだろう。 脱衣所などの狭い部屋でエアコンは付けれないが、時間限定(風呂に入る時間)で暖めたいときなどには良いかもしれない。 寒い部屋で着替えるのが苦痛とか、ヒートショックを防ぎたいとかであれば使えると思う。 電気代を気にするのであれば、ファンヒーターの使用状況が限られると思うが、扇風機、空気清浄としては消費電力が低く、常時つけていても問題ないだろう。

次の