セレナ ハイウェイスター グレード。 セレナとセレナハイウェイスターの違いは?評判や燃費・値引きは?

新型セレナ(C27)ハイウェイスターにはどんな違いがあるのか?

セレナ ハイウェイスター グレード

価格差は結構あるんだね!! 走行性能や先進性、燃費の差とe-POWERが優れている点は多いです。 まあ色々な理由はありますが・・やっぱり・・• 新型セレナに乗るんだったら、e-POWERに乗りたいじゃないか!! これが一番のポイントでしょう!!だって電気で動くんですよ(笑)。 おすすめグレードはe-POWERから選んでいきたいと思います。 インテリジェントキーをバッグやポケットに入れたまま、スライドドアの下に足先を入れて引くだけで、ドアが自動でオープンまたはクローズします。 画像で分かるように、日常シーンでよくある場面って方も多いのでは!?価格差を考え得てもハンズフリーオートスライドドアは欲しいですね。 そして乗り心地を大幅に改善してくれるハイウェイスター専用サスペンション。 口コミでも評価が高いサスペンションなので。。 【ハイウェイスターG】VS【ハイウェイ スター V】の違いはプレミアムインテリアなど高級感 そして最後に残ったのが、最上級グレード【ハイウェイスターG】との比較です。 プレミアムインテリア• インテリジェントルームミラー• 16インチアルミホイール• プラズマクラスターエアコン ですね。 一言でまとめれば、高級感がぐんっとUPしているよって事。 価格を考慮して、おすすめグレードを決定していきましょう! 新型セレナの【本命】おすすめグレードはe-POWER【ハイウェイ スター V】で決定です!! 絶対に後悔しないおすすめグレードとして選んだのは・・• e-POWERハイウェイスター V• 3,435,480円 スポンサーリンク まとめ 人気グレードもやはりe-POWERハイウェイスター V 新型セレナのおすすめグレードを決定していきました。 まとめると・・• 本命はe-POWERハイウェイスター V• コスパ重視ならハイウェイスターV• セレナらしさが重要なポイント といった結果に。 絶対に後悔しないおすすめグレードを選べたと思っています。 せっかくセレナを選ぶなら、セレナらしさをしっかりと体感できるグレードを選びたいですね。 是非試乗いく際は、今回の記事を参考にしてくださいね!! VIVAミニバン!!• おすすめグレードはe-POWERハイウェイスターV!ガソリン車なら•

次の

セレナ(日産)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

セレナ ハイウェイスター グレード

この記事の目次• 価格差は 約24万円もありますが、装備を見比べるとあまり大きな違いがなく、内外装の質感的な部分で差が出ているようです。 高級感を味わうならハイウェイスターGが持ってこいですが、実用性で割り切る方にはハイウェイスターVの方がコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。 セレナ ハイウェイスターVのエクステリア nissan. セレナ ハイウェイスターVの実燃費は? セレナ ハイウェイスターVの平均実燃費 10. 燃費は各々の走行状況によって大きく変わりますが、街中、一般道、高速道路の燃費を平均すると、セレナ ハイウェイスターVの平均実燃費は10. セレナ ハイウェイスターVを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に! セレナ ハイウェイスターV ステップワゴンスパーダ クールスピリットHonda SENSING ヴォクシー2. 例えばヴォクシーとの競合なら純粋に価格で負けているためにこの差額を埋めるよう求めればいいし、ステップワゴンとの競合であれば追従走行機能を重視してプロパイロットを装着すれば、価格で逆転するため、その差額を埋めて欲しいと要求します。 全体的に、セールスマンがアピールしてくるメリットはあまり重視せず、逆にデメリットとなっている部分を衝くのがポイントです。 最終的に「値引きしてくれないとセレナが買えない」or「値引きしてくれればセレナが買える」という形に持ち込めれば、セールスマンもあなたの熱意にこたえてくれるでしょう。 セレナ ハイウェイスターVのリセールバリューは? セレナハイウェイスターVを買うなら、売る時の価格(相場)も気になる所ではないでしょうか。 ここでは、セレナハイウェイスターVはじめ、業者オークションのデータを基に算出した各グレードの3年落ちリセールバリューをまとめました。 2万円 252. 9万円 70. 0% XV 181. 9万円 268. 7万円 67. 6% G 199. 5万円 300. 5万円 66. 3% ハイウェイスター 196. 6万円 270. 8万円 72. 5% ハイウェイスターV 200. 2万円 293. 2万円 68. 2% ハイウェイスターG 212. 7万円 316. 8万円 67. 1% e-POWER X --万円 294. 3万円 --% e-POWER XV --万円 316. 7万円 --% e-POWER G --万円 341. 0万円 --% e-POWER ハイウェイスター --万円 323. 3万円 --% e-POWER ハイウェイスターV --万円 343. 5万円 --% e-POWER ハイウェイスターG --万円 365. 全体的に、標準グレードよりもハイウェイスター系が高リセールとなる傾向がみられ、その中でも初期費用(新車価格)の安いベースグレードのハイウェイスターは、もっともコストパフォーマンスに優れています。 ちなみに、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値は50~55%なので、セレナは全体的に売却に有利なクルマと言えるでしょう。 セレナ ハイウェイスターVの値引き後の総支払額は? nissan. オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。 車両本体価格よりも安くなるので、お買い得感は高いでしょう。 しかし、オプションなしではさすがに不便なので、純正オプションより安く買える社外品で付属品をそろえた場合、いくらになるか出してみましょう。 オプション品名 社外品 純正オプション フロアマット 20,520円(14カラー) 63,504円 ドアバイザー 7,920円 27,216円 ナビゲーション 196,554円(アルパイン X 9型) 274,000円 シートカバー 15,700円~ 革調 44,064円 この中で一番お手軽なので、自分で取り付けられるフロアマットです。 純正なら6. 3万円ですが、社外品なら約4万円安く購入できます。 生地の柄やカラーは純正品より豊富に選べます。 また純正から型を取っているため、ズレ防止のピンやフックも付いて、純正同等の使用感です。 ドアバイザーやナビ、シートカバーも純正オプション品より安く買う事が出来ます。 ただ、取り付けの手間があるので、新車契約時に工賃サービスか割引を交渉して、「持ち込み」で取り付けてもらうと良いでしょう。 上記の社外品はで購入することが出来ます。 おすすめオプションを含んだセレナ ハイウェイスター値引き見積もり nissan. 値引きはオプション値引きを含めて、約37万円ですが今後増えていくでしょう。 もちろん全て純正オプションでそろえなくても、社外品を選ぶことでオプション代を節約して、トータルでセレナハイウェイスターを安く買うと良いでしょう。 セレナ ハイウェイスターの値引き実例は? 現行型セレナ ハイウェイスターは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。 購入時期 グレード名 値引き額 2019年8月 セレナ ハイウェイスターV 45. 0万円 2019年8月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 65. 6万円 2019年5月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 58. 4万円 2019年5月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 50. 0万円 2019年5月 セレナ ハイウェイスターG 50. 5万円 2019年2月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 50. 7万円 2019年2月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 48. 0万円 2019年1月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 50. 2万円 2018年12月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 43. 7万円 2018年10月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 27. 0万円 2018年9月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 70. 1万円 2018年9月 セレナe-POWER ハイウェイスターV 41. 0万円 2018年7月 セレナ ハイウェイスターVセレクション 4WD 40. 1万円 2018年5月 ハイウェイスターVセレクション 45. 6万円 2018年4月 e-POWERハイウェイスターV 25. 4万円 2018年4月 e-POWERハイウェイスターV 32. 3万円 2018年4月 e-POWERハイウェイスターV 28. 3万円 2018年3月 e-POWERハイウェイスターV 24. 8万円 2018年3月 ハイウェイスターVセレクション 53. 1万円 2018年2月 e-POWERハイウェイスターV 38. 4万円 2018年2月 e-POWERハイウェイスターV 15. 0万円 2018年2月 ハイウェイスターVセレクション 50. 1万円 2018年2月 ハイウェイスターVセレクション 47. 8万円 2017年11月 ハイウェイスターVセレクション 64. 3万円 2017年10月 ハイウェイスターVセレクション 48. 6万円 2017年10月 ハイウェイスターVセレクション 49. 5万円 2017年9月 ハイウェイスターVセレクション 54. 4万円 2017年9月 ハイウェイスターVセレクション 51. 6万円 2017年8月 ハイウェイスターVセレクション 81. 8万円 2017年6月 ハイウェイスターVセレクション 66. 9万円 2017年6月 ハイウェイスター 25thスペシャルセレクションA 67. 1万円 2017年3月 ハイウェイスター プロパイロットエディション 21. 8万円 2017年3月 セレナ ハイウェイスター 44. 1万円 2017年3月 セレナ ハイウェイスター 52. 6万円 2017年2月 セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション 49. 3万円 2017年2月 セレナ ハイウェイスター 25thスペシャルセレクションB 55. 6万円 2017年1月 セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション 27. 0万円 2017年1月 セレナ ハイウェイスター 25thスペシャルセレクションB 47. 6万円 2017年1月 セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション 26. 7万円 2017年1月 セレナ ハイウェイスター 25thスペシャルセレクションB 23. 7万円 2016年12月 セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション 41. 3万円 年月を追っていくと、2016年8月デビューから徐々に値引きガードが緩くなり、モデルチェンジ前後で締まり、また緩み……を繰り返しているのがよくわかります。 2018年の年明けから注目のe-POWERが登場、こちらも徐々に値引きが緩くなっていく様子が窺えます。 ちなみに、オプションを多くつけるほど値引き率が上がりやすく、また、地方より大都市部の方が値引きガードの緩い傾向が見られるため、時期的な相場変動要因も見極めながら、なるべくフットワーク軽く行動したいところです。 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。 セレナの値引き交渉のノウハウはこちら 当サイト(クルマを買う!)のセレナ値引き交渉マニュアルです。 これを見て多くの人がセレナを限界値引きで購入する事に成功しています。 今月のセレナの値引き動向を随時掲載しています。 ご参考ください。

次の

総額はいくら?セレナ ハイウェイスターVの値引きと支払価格をシミュレーション

セレナ ハイウェイスター グレード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円の下取りが、 買取業者では 80 万円になることも 実は多いんです! 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を 下取り会社が競ってくれるので、 結果として 買取価格の値段が吊り上がります。 下取り会社が自宅に来てくれて、 外で査定をしている間は 家の中で待機していればいいだけ。 大人気Mサイズミニバンである日産 セレナ。 数多くのグレードがありますが、その中で特別仕様車に当たる「ハイウェイスターVセレクション」というものがあります。 大人気車種の特別仕様車だけに、その口コミでの評価・評判、そして良い点や改善点が気になるところ。 もし良さそうであれば、積極的に選びたいですよね。 今回は、セレナハイウェイスターVセレクションの口コミ評価・評判から、良い点と改善点を考察します! スポンサードリンク セレナハイウェイスターVセレクションの口コミ評価・評判はどう? それでは、早速セレナハイウェイスターVセレクションの口コミ評価・評判を見ていきましょう。 サイズがちょうどよいので運転しやすい• 窓が大きいので光も入りやすく、室内が明るくなる• ほぼ最上位グレードのGに迫る装備で、価格がお得• 大人数で乗るなら必須の快適パックが標準なのがありがたい 基本設計的には、通常グレードのセレナと大きな違いはないため、セレナで言われるような評価・評判がそのまま反映されています。 その中で、セレナハイウェイスターVセレクションならではの違いとしては、「 装備面」の部分です。 特別仕様車ということで、セレナハイウェイスターVセレクションは、通常グレードよりも充実した装備を誇っています。 その一つが口コミでも言及されている「快適パック」というものなのですが、この詳しい内容については後程ご説明させていただきます。 スポンサードリンク セレナハイウェイスターVセレクションに実際乗っている人の声は? では、実際にセレナハイウェイスターVセレクションに乗っている人の声としてはどうでしょうか。 通常ならオプションである快適パックが標準装備なおかげで、カップホルダーやテーブルなど、室内で過ごすのに必須アイテムが揃っている• 純正ナビをつける予定だったので、ステアリングにもスイッチがつきより操作感が良くなった• 通常グレードを選んでいても絶対必要なオプションがすでについているのが良い 実際にセレナハイウェイスターVセレクションに乗っている方は、やはり本来オプションのものが標準装備になっているという部分、しかもそれが割と必須なものである点に強い魅力と満足度を感じている傾向があります。 特に、セレナのようなミニバンは大人数で乗るケースや長時間乗るケースも多くなりますので、室内の快適性、ユーティリティーの高さは重要ポイントです。 そのポイントをしっかり抑えてきているハイウェイスターVセレクションは、その意味で支持を集めていますね。 スポンサードリンク セレナハイウェイスターVセレクションの特徴 それでは、セレナハイウェイスターVセレクションの特徴を見ていきましょう。 セレナのグレードの見方 基本として、セレナには、エクステリアデザインによって大きく分けて2つの展開があります。 ノーマル• ハイウェイスター ハイウェイスターの方がよりスポーティで洗練されたデザインになっています。 そして、その中でグレードが細かく分かれ、• G となっています。 「V」というのが中級グレードにあたり、売れ筋です。 ということから、「ハイウェイスターV」というグレードをベースに、「ハイウェイスターVセレクション」という特別仕様車グレードは作られています。 セレナハイウェイスターVセレクションの特徴 特別仕様車ということで、装備面で通常グレードより充実しており、主な装備は以下ものが追加されます。 快適パック• 日産オリジナルナビ取付パッケージ• LEDヘッドランプ• 両側ハンズフリーオートスライドドア• 16インチタイヤ&アルミホイール この中で、特にお得なのが 「快適パック」と「日産オリジナルナビ取り付けパッケージ」です。 「快適パック」の内容は、次の通りです。 スーパーUVカット断熱グリーンガラス(フロントドア)• パーソナルテーブル(セカンドシート:折りたたみ格納式カップホルダー左右各2個)(サードシート:折りたたみ格納式カップホルダー左右各1個)• カップホルダー(フロントシート:2個、セカンドシート:4個、サードシート:6個の計12個〉• USB電源ソケット(セカンドシート・サードシートに各2個)• セカンドシートに超ロングスライド+横スライド機構• サードシートにスライド機構• 運転席&助手席にシートバックポケット(スマートフォン・タブレット収納付) カップホルダーがそもそもオプションなので、この快適パックは本当に貴重で、むしろ必須オプションだったといえます。 それが標準装備なのはいいですね。 また、「日産オリジナルナビ取り付けパッケージ」は、 ステアリングスイッチやGPSアンテナ等がセットになったもので、これがあることで純正ナビの操作がステアリングでできるようになったりします。 このように、通常よりも標準装備で利便性の高い装備がついているのがセレナハイウェイスターVセレクションの特徴と言えます。 ハイビームアシスト• エマージェンシーブレーキ• 踏み間違い防止アシスト という安全装備が追加されます。 セレナハイウェイスターVセレクションの良い点 ここまで、セレナハイウェイスターVセレクションの口コミ評価や特徴を見てきました。 総合的に見て、この良い点とは何と言えるでしょうか。 それはズバリ、 装備の充実です。 これまでもたびたび触れてきた通り、セレナハイウェイスターVセレクションは特別仕様車ということもあって、通常グレードではオプションになるようなものが標準装備となっています。 しかも、セレナの場合は普通に考えて必須で欲しいものがオプション扱いになっていたりするので、その価値がより高いんです。 実際に乗っている人も、その点を高く評価していますし、この部分は外せないですね。 セレナハイウェイスターVセレクションの改善点 一方、セレナハイウェイスターVセレクションの改善点はどこにあるでしょうか。 それは、 パワートレインの選択肢がない点です。 Vセレクションには、ハイブリッドしかありません。 日産の先進技術であるe-Powerの設定がないんです。 日産は割とe-Powerを推していて、正直ハイブリッドのクオリティはトヨタやホンダに比べて良いとは言えません。 開発にそこまで力も入れていないので、ひと昔前のハイブリッドシステムと言えます。 せっかく充実した装備でも、走りの面では課題があり、改善して欲しい部分ですね。 セレナハイウェイスターVセレクションの口コミ評価・評判は?良い点や改善点!まとめ 今回は、セレナハイウェイスターVセレクションの口コミ評価・評判をご紹介し、その良い点や改善点についてお伝えしました。 主なポイントとしては、• 標準装備が充実していて、室内の快適性が格段にアップする• 結果、ほぼ最上位グレードに近い装備になる• パワートレインの設定はハイブリッドのみで、e-Powerがないのが残念 ということでした。 現行セレナは6代目で、割とモデルとしては息の長い車となっていて、成熟も進んできています。 その中で、一つの選択肢としてハイウェイスターVセレクションは非常におすすめできるので、ぜひ探してみるといいですね! ミニバンが値引き金額から更に50万円安くなる方法! 「このミニバンがいいな、でも予算オーバー…」 「安く購入したいけど、値引き交渉は苦手・・・」 「ディーラーをいくつも回るのも面倒・・・」 「新車を一番お得に最安値で手に入れたい…」 「最安値で購入して、オプション付けたい・・・」 「ディーラーに売り込みされるのはイヤ…」 など、ミニバンの購入を検討しているけど 悩みが尽きない・・・ このように悩んでいる方は 実は、非常に多いんです! 家族会議を開いたところで 車が安くなる訳でもなく… 友人に話を聞いてもらっても 欲しい車に手が届かない。 そんなあなたにオススメの裏ワザを ご紹介します! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円の下取りが、 買取業者では 80 万円になることも 多くあるんです! 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を 下取り会社が競ってくれるので、 結果として 買取価格の値段が吊り上るんです。 私も車の買取り査定を利用して その価格差にかなり驚きました。 幼い子供がいて家から出られない… そんな心配は一切必要ありません! 下取り会社が自宅に来てくれて、 外で査定をしている間は 家の中で待機していればいいだけ。 買取査定はつかわないと本当に損ですよ~!!! スポンサードリンク.

次の