スマブラ キャラ 診断。 スイッチ版スマブラSP 強キャラ・キャラランクまとめ。弱キャラも。大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル ニンテンドースイッチ

【スマブラSP】キャラ対策の基本

スマブラ キャラ 診断

下必殺のカウンター技「反逆ガード」で任意に反逆ゲージを溜められるため、いかにペルソナを召喚して戦えるかが重要なキャラです。 ・小技の隙が少なく使い勝手が良い• ・コンボが多彩で選択肢が多い• ・機動力が高い• ・上方向への復帰が強い• ・アルセーヌ召喚時のバースト性能が高い 弱い点• ・通常時がバースト難で飛ばしづらい• ・ガードキャンセル行動が弱い• ジョーカー側の反撃が届かないよう間合い管理ができれば、一方的な有利状況を作れます。 ジョーカー側に攻めさせる行動を意識 ジョーカーは高い機動力と後隙が少ない技を持ち、立ち回りが強力なキャラなので、下手に攻め込むと差し返しなどで一方的にダメージを受けてしまいます。 リーチが長い技や飛び道具で牽制して、ジョーカー側が攻めなければいけない状況を作り、読み合いを有利に進めましょう。 ペルソナ召喚時は守りに徹する ジョーカーがペルソナを召喚している時は、安易に攻めずに時間経過を待つか、飛び道具やリーチが長い技での牽制で、守り中心の立ち回りを意識しましょう。 攻撃を当てれば召喚時間が短縮されますが、ジョーカー側の一撃が非常に重いため、攻めるのはリスクに対してリターンが少ない行動です。 飛び道具はガードで対応 ペルソナ召喚時のジョーカーの横Bは飛距離が長く、蓄積ダメージも高めですが、ガードすれば爆風が発生しません。 極力ガードで対応して、ダメージを抑えましょう。 同様にダッシュ攻撃も優秀なので、初めはダッシュ攻撃を多く使用し、シールドを相手に意識させてから掴みを通しましょう。 下投げからは空中上と空中前を狙い、空中上がヒットしたら上必殺を振ると追撃に繋げられます。 横必殺は躱されると大きなスキができるため、多用は禁物です。 復帰阻止を狙って崖で待ち構えている相手には、一度横必殺を当てることで安全に復帰ができます。 下必殺は相手のコンボに差し込むように使う ジョーカーの下必殺は成功すれば反逆ゲージを溜められる上、ボタンを離すタイミングで近距離の相手を振り払えます。 相手のコンボに捕まった時の脱出手段として有効です。 対遠距離攻撃も反逆ゲージを溜めるチャンスですが、後スキが多いので相手との距離を確認してから使いましょう。 中でもダッシュ攻撃や空中攻撃は威力が高いため、相手を崖外に飛ばしたいときは有用です。 各種スマッシュも優秀ですが、ペルソナ召喚した途端に多用すると相手に見切られやすいため、ここぞというタイミングで使用しましょう。 復帰阻止を意識する ジョーカーの通常必殺は下方向に打てるため、下から復帰してくる相手に有効です。 クラウドやガノンドロフのように垂直に復帰する相手は、崖外に追いだしたら通常必殺で復帰阻止を狙いましょう。 横から復帰する相手に対しては、撃墜範囲でなければ横必殺でダメージを稼ぎ、充分撃墜が可能ならば空中前や空中後で復帰阻止をしましょう。 カウンターを使う場面を絞る ペルソナ召喚のジョーカーは下必殺がカウンターに変化します。 ふっとばしや連続使用もしやすい優秀なカウンター技ですが、カウンター持ちのキャラは総じて警戒されやすいので、多用してしまうとあっさり対応されてしまいます。 カウンターの使用を1試合に1~2回程度に抑えておくことで、ここぞという場面でカウンターをヒットさせやすいです。 ジョーカーのキャラ相性 有利キャラ キャラ名 理由• ・飛び道具での牽制が有効• ・復帰が直線的で狩りやすい• ・空中での暴れがなくお手玉できる• ・機動力が低く有利状況を作りやすい• ・空中での暴れがなくお手玉できる• ・復帰阻止を狙いやすい• ・機動力が低く有利状況を作りやすい• ・空中での暴れがなくお手玉できる• ・復帰阻止を狙いやすい ジョーカーはコンボ火力・機動力が高く優秀な飛び道具を持つので、機動力が低いキャラや飛び道具耐性が低いキャラには、有利に立ち回れます。 ファルコ・ドクターマリオのように機動力の低いキャラ相手には、機動力の高さで有利な間合いからの差し込みを狙えます。 クロムのように飛び道具耐性が低いキャラには、エイハやガンの牽制でダメージを積み重ねる戦法が有効です。 不利キャラ キャラ名 理由• ・体が小さく始動技を当てづらい• ・上必殺での復帰阻止が強力• ・メテオで早期撃墜の可能性がある• ・体が小さく始動技を当てづらい• ・メテオで早期撃墜の可能性がある• ・複数の飛び道具で動きを制限される• ・メテオで早期撃墜の可能性がある• ジョーカー側の撃墜力がアルセーヌに依存しているのも欠点の一つです。 ロックマンやインクリングのように時間経過を狙えるキャラは、アルセーヌ退場まで粘られる可能性があります。 ピチューのように火力が高いキャラは、アルセーヌを活かせないと一方的に撃墜されやすいです。 4 三回相手を斬りつける。 ダッシュ攻撃 ダッシュA 10 2回相手を蹴り飛ばす。 発生が早い。 5 スライディングして攻撃。 1 上方向に相手を斬りつける。 6 相手をナイフで斬りつける。 発生が早い。 1 前後に斬りつける。 8 回転しながら相手を斬りつける。 空中前攻撃 空中前A 2. 3 二段の前蹴り。 空中後ろ攻撃 空中後ろA 11. 3 後ろ方向に相手を斬りつける。 5 シークのような技。 上投げや上強からのコンボに使用。 アルセーヌ召喚時メテオ効果あり。 3 距離が開くとダメージ減少 ボタン長押しや連打で連続射撃になる。 回避しながらの射撃も可能。 7 持続ダメージ9. 6 ヒット時に爆発し、追加ダメージを与える。 8 斜め上にワイヤーをのばして相手を引きつける。 崖つかみも可能。 反逆ゲージがたまるとアルセーヌを召喚。 6 1度の射撃で3発撃ち込む。 3 持続ダメージ14. 4 大きな爆風で、連続ヒット。 追加ダメージの効果時間が長くなる。 攻撃判定はないが、一定時間無敵。 マカラカーン:飛び道具を反射。 後ろ投げ 掴み後後 12. 6 掴んだ相手を後ろに蹴り飛ばす。 8 掴んだ相手を地面に叩きつける。 8 掴んだ相手を上に放り投げる。 最後の切り札「総攻撃」 総合評価 S 大乱闘評価 S タイマン評価 S ジョーカーの最後の切り札「総攻撃」は怪盗団のメンバーと総攻撃をしかけます。 背中側に入力しておくと1度だけ切り返せます。 アルセーヌの有無は切り札には影響しません。 ジョーカーの特徴 反逆ゲージが貯まると技性能が強化 ジョーカーは時間経過と相手から攻撃を受けることで、反逆ゲージが溜まっていきます。 反逆ゲージが最大まで貯まるとアルセーヌを召喚し、一時的に技の性能が強化されます。 ダメージが上がるだけではなく、空中下攻撃にメテオが付くなどの特殊効果もあるため、反逆ゲージを素早く溜められるかどうかが重要なキャラです。 通常必殺の間で回避が可能 ジョーカーの通常必殺を長押し中にスティックを左右に入れることで、空中回避のような挙動で動けます。 加えて上下入力とジャンプ入力で、銃の打ち方が変化するので、通常技後に5通りの行動を自由に選択できます。 ジョーカー自体が素早く動けるため、相手との距離を開けたり、一気に接近するなど間合い管理に便利な技です。 関連記事 人気記事.

次の

【スマブラSP】キャラ対策の基本

スマブラ キャラ 診断

もくじ• 大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル。 調整はされているようなので、発売からこの順番は入れ代わりそうです。 ベヨネッタ、シーク、ゼロスーツサムス、ソニックなどスピード重視のキャラが目立ちますね。 上記情報と国内攻略サイトの情報をもとに筆者が いくつかピックアップしてキャラを紹介。 キャラランクについて修正しました。 横Bのローラーがとにかく凶悪で相手を身動きできない状態にできる。 インクの管理をしないといけないため、インク切れを起こすと補充しないといけないがそれを補うくらい技が揃っていて非常に強力なキャラになっています。 ピカチュウ(ピチュー) 個人的に私が昔から愛しているキャラクター。 今作でもメインで使用予定です。 なんと今作はピチューのが強いとまで言われています。 高い復帰力。 また、小さいため技が当たりにくいという特性も。 電撃による牽制技も強いです。 空中攻撃が強化されバースト力も高いです。 今回はかなり強化され恩恵を受けていそうです。 マルス(ルキナ) 強い点 剣を使った攻撃のリーチが長く、くせもなくてとにかく使いやすい。 初心者から上級者まで使えるキャラとなっています。 飛び道具がないのが弱点ではあるもののバランスのいいキャラです。 マルスは剣の先端を当てるとダメージアップ、ロイは根元でダメージアップ。 ルキナはどの距離でも同じという違いがあります。 ロイ(クロム) 強い点 剣の根本判定が強いので近距離で当てれば火力もでるしバーストしやすい点。 また足も早く近づやすく攻めやすくマルスやルキナより積極的に攻めたい人向き。 ダッシュキャラのクロムは上必殺技が違うため復帰は弱いが根本でなくてもいいため安定感がある。 分厚いスーツの中身のが見た目もキレイでしかも強いという皮肉。 空中のコンボが強力でかつ技の発生が早い。 横に対しての復帰性能が高い。 また飛び道具などリーチが長めの技もある。 今作では下投げからのコンボが繋がらなくなるなどの変更を受けているそうです。 スマブラSPのSランクキャラ キングクルール 強い点 とにかく火力が凄まじく、バーストしやすい。 アーマー付きの攻撃もあるため対処されない限り非常に強い。 また、遠距離での飛び道具もあり割と優秀。 さらには足もそこまで遅くないので機動力もあり、さらには飛びにくいという新キャラでも好待遇を受けています。 現在一番嫌がられているキャラかも。 海外ではメガマンとも呼ばれています。 ロックバスターを使用した、飛び道具、牽制が全キャラトップクラスです。 横スマッシュのリーチが非常に長いのも魅力。 そして攻撃力とバースト(撃墜)力。 空中戦も強く。 リミットブレイクによる各必殺技の強化ができる。 新作では約15秒でリミットが消滅するようになるようで、リミットブレイクに頼った戦い方はできない。 ダッシュが早く機動力と火力を両立していたり、牽制技もあり。 技の発生が早く攻撃性能に隙が無く使いやすい。 強すぎて一部ユーザから非難が殺到したともいわれています。 コンボが非常に強力。 コンボからの撃墜可能。 空中戦が強い。 復帰も強いと扱えれば最強の性能を誇る。 空中前の弱体化、ウィッチタイムの弱体化がされたものの今作でも猛威を振るいそうです。 今作では全体的にバランスのいい技。 発生のバランスや使い勝手のいい技が揃っている。 今作ではライバルで親友のケンも出ますね。 リーチは全体的に短いものの、近距離でのコンボや高火力が魅力。 技の一部が原作意識のコマンド入力なので慣れは必要かも。 スピードを生かした高機動力とコンボの高火力、隙の少ない飛び道具や高い復帰力と昔から隙の無いキャラになっている。 スピードを生かした機動力。 更には豆鉄砲を使った牽制技も優秀。 バナナと合わせた空中技のコンボ火力が非常に強化になるようです。 おまけ。 弱キャラ(弱いとされているキャラ) カービィ 見た目もかわいい人気キャラですが、とにかく吹っ飛ばされやすい。 全キャラ唯一のコピー能力持ちですが、相手のキャラにもよるし、まず吸わないといけないとこからですし、解除されたら終わり。 今作でも弱いとされていますので、キャラ愛がある人は努力が必要かも。 頑張れ友人。。 プリン 初代スマブラから公式に弱いキャラです。 とされている可哀そうなキャラ。 あえてこのキャラを使用している人もいますよね。 たいていそういう人は強かったりします。 「 軽い、リーチが短い、移動スピードが遅い 」の三重苦である模様。 スマブラSPのキャラランクまとめ ・前作スマブラforWiiU 3DSの強キャラとされていたキャラたちは相変わらず強そう。 ・スピードを生かしたキャラは裏切らない。 それでも自分の使いたいキャラを使おう!キャラ愛こそ強さの源である.

次の

【スマブラSP】このキャラ自分に合ってるのかな…?メインキャラ選びの葛藤と最適解

スマブラ キャラ 診断

この記事の目次• どういうプレイに憧れますか? 合う、合わないというと難しいですが、自分にとってどういうプレイが理想かというと、大雑把にわかると思います。 気持ちいい瞬間を見つけよう! 以前メインキャラに関する記事を挙げた際には、許せない短所がないキャラをオススメしました。 これは、自分のメインキャラに文句を持ったまま使い続けるのは難しいだろうという考え方に起因していると同時に、自分が理想とする戦い方や、やりたい動きを想像することは難しいだろうという考え方に基づいています。 しかし、スマブラSPでは配信などで参考になるプレイヤーや、憧れとなるプレイヤーが存在しやすい環境であるということで、今回は自分が理想とするプレイスタイルを優先するという考え方準拠で話を進めていきたいと思います。 ガン攻めでスピーディーに試合を終わらせる、耐えて逆転する、飛び道具で安全に処理する、コンボでおしゃれにダメージを取る… あなたが好きな配信者には、必ず何かしらの魅力があると思います。 その魅力を紐解いていくことで、自分のやりたいプレイスタイルがわかっていくのではないでしょうか。 プレイスタイルと言うと具体化するのが難しいですが、例えば一つのコンボがかっこよくて好きとか、特定の技の性能がお気に入りとか、最初はそういう小さな理由でも良いと思います。 今作は派手なエフェクトの技が多くて、特に技に魅了されがちですよね。 短所は気にしなくていいの? 前回の記事で主としていた短所について。 もちろん、短所は気にしなくていいわけではありません。 安定した性能が好きな人間が、復帰阻止でぽろっと負けやすいキャラを使うと、かなりのストレスを抱えることでしょう。 しかし、今作ははっきりとした長所を与えられたキャラが多い上に、強い部分の参考にできる教材が多めということで、短所を許せるほど好みの長所を持ったキャラを探す方がシンプルであるということです。 配信や動画などの教材が多いと、短所の補い方を学びやすくなると同時に、短所をプレイヤースキルで凌ぐ姿に憧れを抱くパターンもあるのではないでしょうか。 そういう意味で、長所を優先的に軸にして考えてもいいんじゃないかなと思います。 勝率を気にしすぎてはいけない! 使い始めの頃には、やはり勝ちやすいかどうかという勝率が気になるのではないかと思います。 しかしファイターには初心者にも使いやすいようにデザインされたファイターから、難易度が高めに設定された通向けのファイターまで多くのファイターがいます。 例えばピチューやメタナイトのようなコンボでダメージを稼ぐファイターは、コンボが安定しない時期は火力が落ちて妥当ですし、シュルクやリンクのような復帰にテクニックが求められるファイターは、それができるかどうかが寿命に影響して当たり前ですよね。 なので、以前の記事でも述べましたが、使い始めの頃の勝率によって、自分に向いているかどうかの判断をするのはオススメしません。 かく言う自分もピカチュウを使い始めた頃は、キャラパワーでピカチュウより明らかに劣っているファイターの方が勝ちやすいという時期が長く続きました。 先ほど述べたような憧れや理想のキャラであるのならば、仮に全く勝てなかったとしても辛抱強く使い続けることが重要でしょう。 逆に、本来難しいと言われているファイターであるにも関わらず、自分は問題なく動かせる、勝率が安定しているというような場合には、自身のプレイスタイルとそのファイターが合っていると言っていいかもしれません。 例えば、プレイヤーの中には有利な読み合いよりも不利な読み合いが上手いプレイヤーというのも存在しますから、そういう部分は自分のスキルとの噛み合いがわかりやすくてお得ですね。 やり込みを支えるのはモチベーションです。 そしてそのモチベーションを支えるのは使いたい、使っていて楽しいという感情でしょう。 1キャラをメインキャラに選んで添い遂げようというのはなかなか迷うことですし、慎重になったり、最適解を気にしてしまったりするのは当たり前ですが、結局のところこのファイターを使いたい、という感情に勝るものはありません。 なるべく強いファイターを使うと勝ちやすくなることは間違いありませんが、現状のスマブラSPはアップデートによる調整を考えると強弱の概念も変わる可能性がありますし、とにかく性能が好みで使いたいと思えるファイターを使うことをオススメしたいです。

次の