痛風 発作 時。 [医師監修・作成]痛風の治療:発作時の対処法、薬物療法など

痛風 最善の対処法「こうして治療」

痛風 発作 時

痛風発作で痛みに耐えながらクリニックを受診される方がいます。 血中の尿酸値が高くなり、それが長く続くことで 尿酸の結晶が関節に沈着することで起こります。 尿酸値を下げる薬がありますが 急激に下げると、痛風発作を起こしてしまうことがあるということは 常識として知られています。 尿酸値をゆっくり下げるように、少ない量から飲み始めるなどの工夫をしながら 薬の処方にも注意しています。 薬剤の添付文書にも基本注意事項に、以下のように記されています。 l 急性痛風発作がおさまるまで、本剤の投与を開始しないこと。 l 投与初期に尿酸の移動により、痛風発作の一時的な増強をみることがある。 [血中尿酸値を測定しながら投与し、治療初期1 週間は1 日100mg投与が望ましい。 ] その常識とされていたことに、改めて疑問を投げかけた方々がいました。 本当に、痛風発作がおさまるまで アロプリノール(尿酸値を下げる代表的な薬です)を飲むことはいけないことなのかという疑問です。 Initiation of allopurinol at first medical contact for acute attacks of gout: a randomized clinical trial. Am J Med. 2012;125:1126-34. 7日以内に痛風の急性発作を起こした57人の男性に参加してもらいました。 つまり、痛風発作にも関わらず、わざとすぐにアロプリノールを飲んでもらうということをしてもらったわけです。 プラセボというのは、今までの注意事項、つまり「発作がおさまるまでアロプリノールを飲まないでください」を守ってもらう飲み方を再現したわけです。 ただし、すべての患者に インドメタシン(消炎鎮痛剤)を50 mg 1 日 3 回(10 日間) コルヒチン(痛風発作の緩解および予防の薬)0. 6 mg 1 日 2 回(90 日間) 内服をしてもらっています。 結果は 意外なことに、両グループ間で痛風の急性発作や再発の程度に差が出なかったということでした。 興味深い調査報告だと思います。 ただし、差が出なかったというだけで 尿酸値を急激に下げても、発作が出なかったということではないですね。 この調査報告の結果を臨床の現場で役立てるとすれば どこにあるのでしょうか。 人というのは、発作がおさまるまでの1週間後とか 待っている間に、もう痛風や高尿酸血症のことをすっかり忘れてしまって 処方されたアロプリノールまでも忘れてしまうことがあります。 (人間っていうのは痛みが過ぎたら、忘れてしまう動物ですから) そういう人には 「痛風発作に差がないようですから、アロプリノールをはじめから飲んでもいいですよ。 」 という根拠にはなるかも知れません。 , ,.

次の

痛風発作が起きた時の痛み止めの使用について!すぐ飲んでOK?

痛風 発作 時

治療 痛風の治療 高尿酸血症・痛風の治療 痛風の治療は痛風関節炎の治療と、その背景にある高尿酸血症の治療の2つに大別されます。 前者は急性あるいは慢性の炎症を消退させることが目的であり、後者に対しては、生活習慣改善や尿酸降下薬による薬物治療が行われます。 高尿酸血症の治療により痛風関節炎の頻発・慢性化、あるいは高尿酸血症に伴う臓器障害(尿路結石、痛風腎)を予防することができます。 1 痛風関節炎の治療 痛風関節炎には原則的に非ステロイド抗炎症薬(nonsteroidal anti-inflammatory drugs、NSAIDs)を用い、関節炎が消失したら投与を中止します。 痛風発作の極期には比較的多量にNSAIDを投与するNSAIDsパルス療法が推奨されます。 例えば、ナイキサン1回300mgを1日に限り3時間毎に3回まで投与し、残存する疼痛に対して翌日から400〜600mg/日を投与します。 腎機能障害や胃潰瘍などの消化管障害がありNSAIDsが使用できない場合、あるいは効果が乏しい場合にはステロイド剤(商品名:プレドニン、デカドロンなど)を用います。 コルヒチンは、痛風発作の予兆期に1錠を服用し発作を頓挫させるために用います。 2 高尿酸血症の治療方針 痛風発作は高尿酸血症を由来とする尿酸塩の臓器沈着の目安でもあり、痛風発作の既往があれば原則として継続的に血清尿酸値を低下させる必要があります。 日本痛風・核酸代謝学会ガイドラインに高尿酸血症の治療方針が提示されています。 ポイント• 痛風発作の既往があれば薬物治療を考慮• 痛風発作の既往がない場合• 血清尿酸値が8. 血清尿酸値が8. 血清尿酸値が9. 尿酸排泄促進薬にはベンズブロマロン(商品名:ユリノーム)、プロベネシド(商品名:ベネシッド)などがある。 尿酸生成抑制薬としてはアロプリノール(商品名:ザイロリック、アロプリノーム)に加え、2011年よりフェブキソスタット(商品名:フェブリク)が使用可能となりました。 尿酸排泄低下型高尿酸血症には尿酸排泄促進薬を、尿酸産生過剰型高尿酸血症には尿酸生成抑制薬を使用しますが、尿路結石、腎障害合併時には尿酸生成抑制薬が第1選択となります。 治療目標は血清尿酸値6. 尿酸降下薬は長期間の内服が必要となります。 血清尿酸値のコントロール状況と副作用のチェックのためにも定期的に血液・尿検査を行う必要があります。 B: 痛風発作中の尿酸降下薬の開始や増量による関節炎の悪化 痛風発作中に尿酸降下薬を開始すると関節炎が悪化、長期化することが良く有ります。 尿酸降下薬投与中に痛風発作が起きた場合に尿酸降下薬を増量すると、やはり関節炎が悪化します。 急激に血清尿酸値が下がることにより、関節内の尿酸塩結晶が関節腔内に剥脱しやすくなることが、その機序と考えられています。 発作中に血清尿酸値を変動させる尿酸降下薬の開始や増量をしないことが原則です。 尿酸降下薬を開始するときには、痛風発作が消失した2週間後くらいから少量を開始し、血清尿酸値を見ながら徐々に増量していきます。 C: 尿路管理 痛風患者は酸性尿を呈することが多く、酸性尿(尿pH6. 0未満)は尿中での尿酸の結晶化を促進され、尿路結石や腎機能障害発症のリスクがあります。 尿酸排泄促進薬を内服する場合は、尿をアルカリ化する薬剤であるウラリットを併用します。 D: 生活習慣の改善 尿酸降下薬による薬物治療とともに重要であるのが生活習慣の改善であり、肥満の防止・改善のため適正なエネルギー量を摂取することに加え、アルコール類・果糖・プリン体の取り過ぎに注意します。 乳製品、コーヒーやビタミンCの摂取は痛風発症抑制作用があり、高プリン体含有野菜や高タンパク食は痛風発症には影響しないという報告があります。 尿酸は腎臓から尿中へ排泄されるので、水分を多量に摂取し一日尿量を2リットル以上にすることが勧められますが、心疾患、腎疾患等を有する場合は医師に相談が必要です。 過度の運動(無酸素運動)は血清尿酸値を上昇させます。 個人の運動能力を上回る運動、過度の筋肉強化運動や瞬発力を要する運動は高尿酸血症の予防という観点からは好ましくありません。 3 予後 痛風関節炎における高尿酸血症の管理は、関節炎の重症化を防ぎ、腎障害などの内臓合併症を予防するためにも重要です。 かつては痛風患者の死因の主なものは腎不全でしたが、尿酸降下薬の導入により腎不全は減少した一方、動脈硬化性疾患の比率が高まっています。 血清尿酸値が動脈硬化性疾患の単なる予測因子であるのか、あるいは危険因子であるかについては結論が出ていませんが、痛風患者の予後には動脈硬化性疾患の合併が大きく影響します。 したがって、血清尿酸値のコントロールだけでなく、合併症の有無にも注意を払い、生活習慣の改善を行うことが重要です。 文責 浦野和子.

次の

痛風の症状の時、食事でアルコールを飲んでも大丈夫な方法

痛風 発作 時

寝る時までは何もなかったのに、寝ている間に 経験したことのない激しい痛みに襲われるのです。 発作を経験した事のある人は、その痛みを十分にわかっている事と思います。 幸いにもまだ発作を経験したことがない方には、その痛みのすごさを知ってもらい、痛風予防に努めていただきたいと思います。 患者さんが証言するによる痛みには、以下のような表現があります。 骨の中から何かでえぐり出されるような痛さ 足の指をペンチではさんで締め上げられるような痛さ 傷口にキリを差し込まれ、キリキリもみたてられるような痛さ 溶けた鉛を注ぎ込まれるような痛さ 激痛・局所熱感・発赤・腫脹が特徴 痛風発作の痛みにはさまざまな表現方法がありますが、痛みの中では最強で我慢のできないような痛さであることがよくわかります。 初めての発作では片方の足の関節部に発生する単関節炎がもっとも一般的で、両方の足が同時に襲われたり、あちこちに多発する事はまずありません。 足の親指の付け根がもっともよく発生し、 全体の7割を占めています。 痛風発作の最大の特徴は激痛ですが、それ以外にもその部分が熱を持ち(局所熱感)、てかてかと光って赤くなり(発赤)、腫れあがる(腫脹)という特徴があります。 これらは炎症の4徴候といわれており、これら全部がそろっていて、なおかつ膿が出ていなければ、典型的な痛風発作といえます。 ただし、なかにはこれらの徴候がすべてそろっていないものもあります。 例えば痛みのほかの徴候が1つか2つしか見られないものもあるほか、炎症徴候が足のせまい部分に留まるものから、足の広い部分に広がるものまで、程度や範囲はさまざまといえます。

次の