源氏物語 車争ひ ものも見で。 源氏物語『車争ひ』現代語訳(3)(4)

源氏物語「車争ひ」(物も見で帰らむとしたまへど、通り出でむ隙もなきに〜)のわかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

源氏物語 車争ひ ものも見で

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 【人物紹介】 本文における斎宮=六条の御息所の娘。 梅壺女御。 秋好(あきこのむ)中宮。 御息所の死後、光源氏が後ろ盾となり冷泉帝のもとに入内し、梅壺女御となった後、正式に中宮となる。 冷泉帝=表向きは桐壷帝と藤壺の息子だが、実は光源氏と藤壺の子。 斎宮の御母御息所、もの思し乱るる慰めにもやと、忍びて出で給へるなりけり。 斎宮の御母の御息所(六条の御息所のこと)が、あれこれと思い乱れてお気持ちの慰めにでもしようかと、人目を避けてお出かけになっているのであったのだ。 つれなしづくれど、おのづから見知りぬ。 何気ないふりを装っているが、(葵の上は乗り主が御息所だと)自然と気づいた。 「さばかりにては、さな言はせそ。 」 「それくらい(の身分)では、そのよう口はたたかせるな。 「大将殿をぞ、豪家には思ひ聞こゆらむ。 」など言ふを、 「大将殿(光源氏)を権威として頼みに思い申し上げてるのだろう。 」などと(葵の上方の供人が)言うのを その御方の人も混じれれば、いとほしと見ながら、 (葵の上方の供人の中には)その御方(光源氏)に普段仕えている者も交じっているので、(葵の上は六条の御息所の事を)気の毒にと思いながらも、 用意せむもわづらはしければ、知らず顔をつくる。 気を遣うのも面倒なので、知らない顔をしている。 つひに、御車ども立て続けつれば、副車(そえぐるま)の奥におしやられて、物も見えず。 とうとう(葵の上の車が六条の御息所の車を押しのけて)御車の列を立て並べてしまったので、(葵の上の)お供の者が乗る車の後ろに押しやられて、(六条の御息所は)何も見えない。 心やましきをばさるものにて、かかるやつれをそれと知られ ぬるが、いみじうねたきこと、限りなし。 腹立たしいのは当然として、このような人目を忍ぶ姿をはっきりと知られてしまったことが、ひどく腹立たしいこと、この上ない。 榻(かぢ)などもみな押し折られて、すずろなる車の筒にうちかけたれば、 榻などもみな押し折られて、本来ある場所とは全く違う車の轂(こしき)に掛けているので、 またなう人わろく、くやしう、何に来つらむと思ふにかひなし。 またとなく体裁が悪く、悔しく、何のために来てしまったのだろうと思うが、どうしようもない。 (4) 物も見で帰らむとし給へど、通り出でむ隙もなきに、 (六条の御息所は)見物もやめて帰ろうとなさるけれど、通り抜け出る隙間もないうちに、 「事なりぬ。 」と言へば、さすがにつらき人の御前渡りの待たるるも心弱しや。 「行列が来た。 」と言うので、さすがに、薄情な人のお通りが自然に待たれるのも(我ながら)意志の弱いことだよ。 馬に水を飲ませているその少しの間だけでも、私はあなたの姿だけでも見ていたいと思いますので つれなく過ぎ給ふにつけても、なかなか御心づくしなり。 (光源氏が)そっけなく通り過ぎなさるのにつけても、(そんな源氏のお姿を見てしまっただけに)かえって物思いを尽くしてしまうことである。 げに、常よりも好みととのへたる車どもの、我も我もと乗りこぼれたる下簾(しもすだれ)の隙間どもも、 なるほど、いつもより趣向を凝らして用意した何台もの車の、我も我もとこぼれそうに乗っている下簾の隙間に対しても、 さらぬ顔なれど、ほほ笑みつつ後目(しりめ)にとどめ給ふもあり。 (光源氏は)気にもとめない顔であるが、ほほ笑みながら流し目でご覧になる人物もいる。 大殿のは、しるければ、まめだちて渡り給ふ。 大殿(の姫君である葵の上)の車は、はっきりと分かるので、(光源氏は葵の上の車の近くになると)真面目な顔つきでお通りになる。 御供の人びとうちかしこまり、心ばへありつつ渡るを、おし消たれたるありさま、こよなう思さる。 お供の人々も(葵の上の車の前は)敬意を払いつつで通るので、(六条の御息所は自身が葵の上に)圧倒されているありさまを、この上なく(みじめに)思いなさる。 影をのみ 御手洗川(みたらしがは)の つれなきに 身のうきほどぞ いとど知らるる 今日の御禊の日に、わずかばかり影を映して流れ去る御手洗川のように、少しだけあなたのことを私の目に映しましたが、あなたのそっけなさに我が身の不幸がどれほどか、いよいよ認識せずにはいられません。 と、涙のこぼるるを、人の見るもはしたなけれど、 と(六条の御息所は)詠み、涙がこぼれるのを、人が見るのも体裁が悪いけれど、 目もあやなる御さま、容貌のいとどしう出でばえを見ざらましかばと思さる。 (普段でも)まぶしいほど立派な(光源氏の)ご様子や容貌がいっそう晴れの場で引き立つのを見なかったら(どんなに心残りであっただろう)とお思いにならずにはいられない。 lscholar.

次の

源氏物語『葵』解説・品詞分解(1)

源氏物語 車争ひ ものも見で

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 【主な登場人物】 大将殿=光源氏。 亡き母(桐壷の更衣)によく似た藤壺の女御に恋心を寄せ続ける青年。 元服の際に、左大臣家を光源氏の後ろ盾にと考えた桐壷帝の意向により左大臣家の娘である葵の上と結婚させられるが、年の差などが原因で関係はよくなく、他の女性(空蝉・花散里・六条の御息所・夕顔など)に気持ちを向けていた。 いろいろあった後、葵の上の懐妊を機に心を通わせていく。 大殿=葵の上。 左大臣家の姫君。 本章の「車争ひ」にて六条の御息所に恨まれることとなり、夕霧を出産した後に死亡する。 御息所=六条の御息所。 身分・プライドが高く嫉妬心が強いため、生霊をつくってしまい、光源氏と良い関係にある女性(夕顔・葵の上・紫の上)を苦しめる。 大殿(おほとの)には、かやうの御歩きもをさをさしたまはぬに、 大殿(葵の上)は、このようなお出かけもめったになさらない上に、 御心地さへ悩ましければ、思しかけざりけるを、 (妊娠中で)ご気分まで悪いので、(光源氏も参列する御禊(ごけい)の見物のことは)全くお考えもしていなかったが、 若き人びと、「いでや。 おのがどちひき忍びて見侍らむこそ、はえなかるべけれ。 若い女房たちが、「いやもう、私どもだけでひっそりと見物しますとしても、そのようなことは見栄えがしないでしょう。 おほよそ人だに、今日の物見には、 (光源氏と)ご縁のない人たちでさえ、今日の物見には、 大将殿をこそは、あやしき 山がつさへ見奉らむとすなれ。 (まず)大将殿(光源氏)を、卑しい田舎者までが拝見しようとしているそうです。 遠き国々より、妻子を引き具しつつも参で来なるを。 遠い国々から、妻子を引き連れてまでも上京して参って来るそうですのに。 御覧ぜぬは、いとあまりも侍るかな。 」と言ふを、大宮聞こし召して、 (それなのに)御覧にならないのは、まったくあんまりでございますよ。 」と言うのを、大宮(葵の上の母)がお聞きになって 「御心地もよろしき隙(ひま)なり。 候(さぶら)ふ人びともさうざうしげなめり。 」とて、 「(見たところ、あなたの)ご気分もまあまあよろしい折です。 お仕えしている女房達も物足りなさそうです。 (なので、見物なさってはいかがですか。 )」と言って、 にはかにめぐらし仰せ給ひて、見給ふ。 急に(見物の準備をするよう大宮が)お触れを回しなさって、(葵の上は御禊の行列を)ご見物に(お出かけに)なる。 (2) 日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまにて出で給へり。 日が高くなって、お支度も特に改まったふうでない様子で(葵の上は)お出かけになった。 隙もなう立ちわたりたるに、よそほしう引き続きて立ちわづらふ。 物見の車が隙間もなく立ち並んでいる所に、(葵の上たちは)立派に整って列をなしたまま車を止めるのに困っている。 よき女房車多くて、雑々の人なき隙を思ひ定めて、皆さし退けさするなかに、 身分の高い女性の車が多いので、(その中に)身分の低い者がいない場所を見つけて、(その辺の車を)みな立ち退かせる中に、 網代(あじろ)のすこしなれたるが、下簾(しもすだれ)のさまなどよしばめるに、いたう引き入りて、 網代車で少し使いならした車が、下簾の様子などが由緒ありげなうえに、(乗車している女性が)奥の方に乗っていて、 ほのかなる袖口、裳(も)の裾、汗衫(かざみ)など、ものの色、いときよらにて、ことさらにやつれたるけはひしるく見ゆる車、二つあり。 わずかに見える袖口、裳の裾、汗衫など、衣服の色合いがたいそう美しくて、わざと地味で目立たないようにしている様子がはっきりと分かる車が二両ある。 「これは、さらにさやうにさし退けなどすべき御車にもあらず。 」と、口強くて、手触れさせず。 「この車は、決してそのように押しのけなどしてよい御車でもない。 」と、(六条の御息所の車を引く供人は)強く言い張って、(車に)手を触れさせない。 いづかたにも、若き者ども酔ひ過ぎ、立ち騒ぎたるほどのことは、えしたためあへず。 どちらの側でも、若い連中が酔い過ぎてわいわい騒いでいる時のことは、とても抑止することはできない。 おとなおとなしき御前の人びとは、「かくな。 」など言へど、えとどめあへず。 年配で分別のある御前駆の人々は、「そのようなことはするな」などと言うけれど、とても抑えられるものではない。 続きはこちら lscholar.

次の

源氏物語「車争ひ」(物も見で帰らむとしたまへど、通り出でむ隙もなきに〜)の品詞分解 / 古文 by 走るメロス

源氏物語 車争ひ ものも見で

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 【主な登場人物】 大将殿=光源氏。 亡き母(桐壷の更衣)によく似た藤壺の女御に恋心を寄せ続ける青年。 元服の際に、左大臣家を光源氏の後ろ盾にと考えた桐壷帝の意向により左大臣家の娘である葵の上と結婚させられるが、年の差などが原因で関係はよくなく、他の女性(空蝉・花散里・六条の御息所・夕顔など)に気持ちを向けていた。 いろいろあった後、葵の上の懐妊を機に心を通わせていく。 大殿=葵の上。 左大臣家の姫君。 本章の「車争ひ」にて六条の御息所に恨まれることとなり、夕霧を出産した後に死亡する。 御息所=六条の御息所。 身分・プライドが高く嫉妬心が強いため、生霊をつくってしまい、光源氏と良い関係にある女性(夕顔・葵の上・紫の上)を苦しめる。 大殿(おほとの)には、かやうの御歩きもをさをさしたまはぬに、 大殿(葵の上)は、このようなお出かけもめったになさらない上に、 御心地さへ悩ましければ、思しかけざりけるを、 (妊娠中で)ご気分まで悪いので、(光源氏も参列する御禊(ごけい)の見物のことは)全くお考えもしていなかったが、 若き人びと、「いでや。 おのがどちひき忍びて見侍らむこそ、はえなかるべけれ。 若い女房たちが、「いやもう、私どもだけでひっそりと見物しますとしても、そのようなことは見栄えがしないでしょう。 おほよそ人だに、今日の物見には、 (光源氏と)ご縁のない人たちでさえ、今日の物見には、 大将殿をこそは、あやしき 山がつさへ見奉らむとすなれ。 (まず)大将殿(光源氏)を、卑しい田舎者までが拝見しようとしているそうです。 遠き国々より、妻子を引き具しつつも参で来なるを。 遠い国々から、妻子を引き連れてまでも上京して参って来るそうですのに。 御覧ぜぬは、いとあまりも侍るかな。 」と言ふを、大宮聞こし召して、 (それなのに)御覧にならないのは、まったくあんまりでございますよ。 」と言うのを、大宮(葵の上の母)がお聞きになって 「御心地もよろしき隙(ひま)なり。 候(さぶら)ふ人びともさうざうしげなめり。 」とて、 「(見たところ、あなたの)ご気分もまあまあよろしい折です。 お仕えしている女房達も物足りなさそうです。 (なので、見物なさってはいかがですか。 )」と言って、 にはかにめぐらし仰せ給ひて、見給ふ。 急に(見物の準備をするよう大宮が)お触れを回しなさって、(葵の上は御禊の行列を)ご見物に(お出かけに)なる。 (2) 日たけゆきて、儀式もわざとならぬさまにて出で給へり。 日が高くなって、お支度も特に改まったふうでない様子で(葵の上は)お出かけになった。 隙もなう立ちわたりたるに、よそほしう引き続きて立ちわづらふ。 物見の車が隙間もなく立ち並んでいる所に、(葵の上たちは)立派に整って列をなしたまま車を止めるのに困っている。 よき女房車多くて、雑々の人なき隙を思ひ定めて、皆さし退けさするなかに、 身分の高い女性の車が多いので、(その中に)身分の低い者がいない場所を見つけて、(その辺の車を)みな立ち退かせる中に、 網代(あじろ)のすこしなれたるが、下簾(しもすだれ)のさまなどよしばめるに、いたう引き入りて、 網代車で少し使いならした車が、下簾の様子などが由緒ありげなうえに、(乗車している女性が)奥の方に乗っていて、 ほのかなる袖口、裳(も)の裾、汗衫(かざみ)など、ものの色、いときよらにて、ことさらにやつれたるけはひしるく見ゆる車、二つあり。 わずかに見える袖口、裳の裾、汗衫など、衣服の色合いがたいそう美しくて、わざと地味で目立たないようにしている様子がはっきりと分かる車が二両ある。 「これは、さらにさやうにさし退けなどすべき御車にもあらず。 」と、口強くて、手触れさせず。 「この車は、決してそのように押しのけなどしてよい御車でもない。 」と、(六条の御息所の車を引く供人は)強く言い張って、(車に)手を触れさせない。 いづかたにも、若き者ども酔ひ過ぎ、立ち騒ぎたるほどのことは、えしたためあへず。 どちらの側でも、若い連中が酔い過ぎてわいわい騒いでいる時のことは、とても抑止することはできない。 おとなおとなしき御前の人びとは、「かくな。 」など言へど、えとどめあへず。 年配で分別のある御前駆の人々は、「そのようなことはするな」などと言うけれど、とても抑えられるものではない。 続きはこちら lscholar.

次の