原油 株。 【石油】関連が株式テーマの銘柄一覧

原油高メリット関連銘柄 上がる株 一覧

原油 株

エネルギーセクターへの投資判断 エネルギーセクターは自身の利益成長が低いながらも高い投資リターンを叩き出してきた分野です。 エネルギーセクターは以下2点からリスクを過大視されやすいためですね。 政治的影響の大きさ• 代替エネルギーの台頭 結果として企業価値も過小評価され、実収益とのギャップが高リターンにつながった、と解釈するのが妥当でしょう。 石油ビジネスの3つの勢力• OPEC:4割くらい• 石油メジャー:1割くらい• シェールガス:不明 石油は戦争を引き起こしてきた元凶なので、各国の政治的影響を受けやすいです。 世界の石油の4割を生み出すOPEC構成国は政情不安の中東なので、しばしば実体経済を無視して問題が発生します。 最近の中東問題 もともと中東問題と言えば、パレスチナ問題とエネルギー(核兵器と石油)でした。 後者について根幹はずっと変わらず、そもそも中東情勢とはサウジアラビアとイランの覇権争いです。 (出典:NIKKEI STYLE) この根幹に最近の動向としては以下の3点が重要です。 IS国の建国も世界的な問題ですが、掃討作戦が進んでおり、ここからは除きます。 アラブの春:格差拡大や政権の腐敗を打倒する動きが中東各国で広まり、チュニジア、エジプト、リビアで現行体制が崩壊。 シリア内戦の継続(2011年~):アラブの春からはじまった内戦で、実態はサウジとイランの代理戦争。 カタールがサウジ派閥から断交(2017年):カタールはスンニ派ですがイランとも友好的な立場にありましたが、それを問題視したサウジ含む周辺国によって断交。 カタールは独裁者エルドアン大統領のトルコと急接近。 カタールは世界最大の液化天然ガス(LNG)生産国。

次の

【石油】関連が株式テーマの銘柄一覧

原油 株

原油の下落が止まらない 原油価格の下落が、なかなか止まりません。 OPECにおいては、原油を減産するような動きが一向に見られない為、ますます原油大量供給圧力がかかっている状況です。 既存産油国のアメリカのシェールガスに対する対抗策だという事も考えられますが、今年に入り、産油国同士の国交断絶ニュースが出るなどして原油市場が荒れております。 こういう問題は、OPEC加盟国が自分たちの首を絞めることに繋がるため、産油国の苦しい状況は、今後もしばらく続くのではないでしょうか。 2016年も、原油価格は低位で推移するという意見と、そろそろ底打ち反転するとの意見の両方が出ており、こればかりは展開を注視していく必要があるのではないかと思います。 原油安の日本への影響 ただ、日本にとっては企業・消費者ともに原油が安いという事は悪いことではありません。 巷では、長く原油安が続くことで世界経済の懸念が強まると言うようなことが囁かれていますが、経済にプラスの効果が出るまで、およそ1年半程度かかると言われています。 先に述べたように、2014年7月から下落が始まっておりますので、そろそろ、その効果が日本経済にジワリと表れてくるのではないかと思っています。 また、この原油や資源価格の下落によって、新興国経済(資源頼りのブラジル・ロシア・インドネシア・マレーシアなど)の状況は、更に厳しいことになるでしょう。 また、世界経済の基本は、量的緩和によるインフレ政策ですので、原油安が株式にマイナスに働くのは仕方のないところです。 原油高のメリット・デメリット 原油高・安のメリット、デメリットを紹介します。 燃料が安くなることで、航空会社や陸運会社、海運会社の業績押し上げ要因にもなります。 発電燃料に使われる、重油の下落にも繋がりますので、電力会社の業績にも追い風が吹くことになるでしょう。 また、上にも上げました通り、企業だけではなく株式市場まで広げますと、株式市場にとってはインフレ策が有効となる原油高は、株高につながります。 逆に、原油安=株安につながることが、今年の株式市場を見ても鮮明だというのはよくわかると思います。 そこで、原油高・原油安によって影響度が大きいと思われる関連銘柄を、それぞれ3銘柄ずつ紹介したいと思います。 【原油安の影響3銘柄】 ・ANAホールディングス(9202) 言わずと知れた、日本の代表的な航空会社で、現在、国内線においては首位、国際線2位となっています。 昨今の訪日外国人観光客の増加に伴い、国際線は絶好調です。 また、国内線においても、高単価の客の取り込みが成功し、一人あたりの単価も上昇しております。 そして、これらの好材料に【原料安】の恩恵を受けているので、今後、更なる増益が見込まれます。 また、配当金を連続増配中でもあります。 航空チケットの優待券も人気です。 ・ブリヂストン(5108) ここは、タイヤ世界首位の会社です。 アメリカのファイアストン社、バンダグ社を買収し、アジアなどの新興国や特殊タイヤを強化中です。 国内事業においては、鉱山用のタイヤの回復が遅れていますが、北米事業は景気回復基調であり、自動車販売が好調で、それに伴いタイヤも売れるという流れから、業績好調となっています。 更に、原油安と円安が効いて、営業利益・最高益を更新中です。 ・ヤマトホールディングス(9064) 宅配便首位の会社で、国内シェアの4割をここが占めています。 既存の宅配便事業は、Eコマース市場の拡大により増加していますが、規制緩和の影響でメール便が廃止となり、その代わりに始めた『ネコポス』の寄与が下期にずれ込んだため、2017年3月期はメール便の落ち込みが一服する予定となっています。 ただ、なんだかんだ言っても宅配便の分野は、Eコマース市場のさらなる拡大から簡単に崩れるようなものではなく、メール便の落ち込みも一巡してこれば戻していくことでしょう。 代表的な陸運業の企業ですので、もちろん原油安の影響寄与度は大きいです。 【原油高の影響3銘柄】 ・日揮(1963) この会社は、総合エンジニアリング首位の企業で、海外各地で石油・化学・天然ガス関連のプラント建設を手掛けております。 海外超大型案件が順調に進捗していることもあり、営業益が回復し最高益を更新中です。 最近の大きな受注としては、中央アジアのガス案件があります。 原油高になると、産油国である中東地域においてプラント建設などの恩恵が受けられるなどが考えられます。 ・JXホールディングス(5020) 新日石と新日鉱HDの経営統合で誕生した会社で、石油精製販売では国内でダントツの首位となっています。 最近の大きなニュースとして、東燃ゼネラル石油(5012)との経営統合のニュースがありました。 これにより、国内シェアのおよそ半分をここが占めることになります。 他にも、電力小売り事業や、Tポイントなどの新規の事業や提携も次々に進めています。 石油元売り大手の事業再編が進んでいるため、今後の展開に注目が集まる会社です。 このように、原油安の時に積極的に事業改革を進めているので、原油価格が戻ってこれば、収益に大きく貢献してくることは間違いないかと思います。 ・三菱商事(8058) 知名度抜群の総合商社の最大手です。 ですが、今期は原油安と資源価格の下落により、業績に悪影響が大きく響き、長らく続いた総合商社No1の地位を伊藤忠商事に明け渡すことになりそうです。 商社では「資源」と「非資源」と大きくセクターが分かれていますが、ここは代表的な「資源」への傾倒が強い会社です。 ですので、エネルギー部門・金属部門で赤字となり、全体を通じて下方修正し、配当も減配となっています。 ただ、裏を返せば、原油高に動いていけば、おのずと業績が回復していくものと考えられます。 まとめ 以上のように、原油安と原油高でそれぞれ影響を受ける度合いの強い銘柄を紹介しましたが、ここ最近の原油安については、中国経済懸念と地政学リスクの台頭もありまして、しばらくは下落基調または、下値で停滞しそうな気配がします。 原油がまた、戻りを試していくには、「産油国同士が落ち着きを取り戻す」ことや、「アメリカのシェールガスに対抗する措置を控える」等のことが起きれば、戻りの可能性はありますが、すぐに解決しそうな雰囲気は、今のところ感じられません。 ひとまずは、【原油安】による影響が大きい銘柄に着目していくのが、良いかもしれません。 また、原油高銘柄は、散々下げたところでの底値拾いに期待したいところです。

次の

原油価格が下落!今後はどうなる?

原油 株

エネルギーセクターへの投資判断 エネルギーセクターは自身の利益成長が低いながらも高い投資リターンを叩き出してきた分野です。 エネルギーセクターは以下2点からリスクを過大視されやすいためですね。 政治的影響の大きさ• 代替エネルギーの台頭 結果として企業価値も過小評価され、実収益とのギャップが高リターンにつながった、と解釈するのが妥当でしょう。 石油ビジネスの3つの勢力• OPEC:4割くらい• 石油メジャー:1割くらい• シェールガス:不明 石油は戦争を引き起こしてきた元凶なので、各国の政治的影響を受けやすいです。 世界の石油の4割を生み出すOPEC構成国は政情不安の中東なので、しばしば実体経済を無視して問題が発生します。 最近の中東問題 もともと中東問題と言えば、パレスチナ問題とエネルギー(核兵器と石油)でした。 後者について根幹はずっと変わらず、そもそも中東情勢とはサウジアラビアとイランの覇権争いです。 (出典:NIKKEI STYLE) この根幹に最近の動向としては以下の3点が重要です。 IS国の建国も世界的な問題ですが、掃討作戦が進んでおり、ここからは除きます。 アラブの春:格差拡大や政権の腐敗を打倒する動きが中東各国で広まり、チュニジア、エジプト、リビアで現行体制が崩壊。 シリア内戦の継続(2011年~):アラブの春からはじまった内戦で、実態はサウジとイランの代理戦争。 カタールがサウジ派閥から断交(2017年):カタールはスンニ派ですがイランとも友好的な立場にありましたが、それを問題視したサウジ含む周辺国によって断交。 カタールは独裁者エルドアン大統領のトルコと急接近。 カタールは世界最大の液化天然ガス(LNG)生産国。

次の