サマナー ズ ウォー エギル。 【サマナーズウォー】2020年!星4ランキング

スキル修正感想

サマナー ズ ウォー エギル

目次 火属性 水属性 風属性 エギル 光属性 闇属性 どの属性がおすすめ? 適性一覧 対人、カイロスダンジョン、異界ダンジョンでの適正をランク付けして紹介しています。 対人の適性 単体攻撃のため、アリーナの適性はありません。 ギルバトでも限定的な使い方になるでしょう。 防衛での活躍は難しいです。 アリーナ 攻め - 防衛 - ギルバト 攻め A 防衛 - ワールド B カイロスダンジョンの適性 強化効果解除でドラゴンダンジョンに適性があります。 その他のダンジョンでは特に適性がありません。 巨人 安定 - 高速周回 - ドラゴン 安定 A 高速周回 A 死 安定 - 高速周回 - 試練のタワーの適性 行動阻害スキルがないため、適性はありません。 ノーマル 手動 - オート - ハード 手動 - オート - 異界ダンジョンの適性 烙印付与が再使用時間2ターンでおこなえるため、全体的に適性があります。 ただし最適とはいえず、より適性の高いモンスターを持っている場合は、そちらのモンスターを優先してください。 レイド5F 安定 - 高速周回 B 業火の魔獣 - A 酷寒の魔獣 - B 暴風の魔獣 - - 光輝の魔獣 - B 深淵の魔獣 - - ドラゴンダンジョンの評価 強化効果解除スキルが有効 「スキル3:没収」は、ボスに付与された免疫を解除できます。 スキルマ時は3ターンに一度使用できるため、スキルの回転率も悪くありません。 2回攻撃で解除の判定が2回あることも評価できます。 しかし現状ではの方が、パッシブで毎ターン強化効果解除ができるため、免疫を解除できるアタッカーとして人気があります。 クリーピーとの比較については下記で詳しく解説します。 高速周回時の評価 エギルの「スキル2:怒れる一撃」は、被ダメージを25%上昇させる 烙印を付与できる貴重なスキルです。 スキルマ時に2ターンに1回使用可能で、スキル回転率もかなり良好です。 すぐに弱化効果を解除し、免疫を付与してくるボス戦では、烙印はそれほど評価されません。 同じく烙印を付与できるがライバルとなりますが、上記の理由からスキル1で防御デバフを付与できるステラが人気となっています。 ステラとの比較については下記で詳しく解説します。 エギルは、スキルマ時に2ターンに1回使用可能な烙印付与スキルを持っているので、グロッキー状態時にダメージに貢献できます。 ただし、ここでも防御デバフを付与できる ステラの影に隠れてしまいます。 また、火の異界ダンジョンを安定クリアするためには、 全体攻撃スキルが重要です。 単体攻撃スキルしか持っていないエギルは、やはり物足りない印象です。 火の異界のパーティー構成例 エギル ギルバトの評価 ラカン対策 ギルバト防衛で使用率の高いへの対策として使いましょう。 「スキル3:没収」でラカンが自身に付与した免疫と攻撃バフを奪います。 ラカンの攻撃を受けられるモンスターと組み合わせて使いましょう。 ちなみに、ラカン対策としてすでに クリーピーを使っている人には育成は不要です。 強化効果を奪う役割において常にクリーピーが優位に立っています。 ギルバトのパーティー構成例 エギル おすすめルーン紹介 コンテンツごとにおすすめのルーンをご紹介します。 ドラゴンダンジョン向けルーン ドラゴンダンジョンではアタッカーに 速度が求められます。 攻撃系の中では 体力と防御力のステータスが高いため、耐久面よりも火力面を意識して上げましょう。 ただし、パーティー全体の火力が低く、倒すのに時間がかかる場合は耐久面を意識しなければなりません。 残りの2セットは、相手の弱化効果付与に対応できる意志ルーンがおすすめです。 ただし、意志ルーンは死のダンジョンでの入手となるので、入手が難しい方は刃で組みましょう。 ラカン以外のモンスターから、ある程度攻撃を受けることが予想されるため、耐久も意識して上げる必要があります。 メインオプションは2番体力、4番クリダメ、6番攻撃がおすすめです。 ドラゴンダンジョンの比較 ドラゴンダンジョンでの適性比較ですが、高速周回ではステラ、安定周回ではエギルに軍配があがります。 最初に高速周回ですが、ボス戦でいかにはやく防御デバフを付与できるかが重要ですので、スキル1に防御デバフ付与を持つステラが優秀です。 また、スキル3のゲージダウンも攻撃回数を減らせるため、事故防止にも繋がります。 次に安定周回ですが、スキル3に強化効果を奪う効果を持つエギルの方が優秀です。 ドラゴンダンジョンで苦戦するのは、弱化効果を解除し免疫を付与する点ですので、免疫を奪えるという点はとても優れています。 結論的に、免疫を無視して倒しきってしまう高速周回パーティーにはステラ、事故なし安定周回にはエギルがおすすめといえるでしょう。 火の異界ダンジョンの比較 火の異界ダンジョンとの比較ですが、グロッキー状態でのデバフ貢献度でステラに軍配があがります。 烙印付与だけで判断するとステラが再使用時間3ターンに対し、エギルは2ターンということで、エギルの方が優れています。 ただし、エギルはスキル1が持続ダメージ付与のため、効果がありません。 ステラのスキル1は防御デバフ付与のためとても優秀です。 結論的に防御デバフを優先し、ステラをおすすめします。 クリーピーとの比較 強化効果を奪うスキルで役割の被るクリーピーとの比較です。 ドラゴンダンジョンでの比較 ともにボスの免疫を解除する役割となります。 単純に強化効果を解除する性能を比較すると圧倒的にクリーピーが優れています。 エギルがスキルマ時に再使用時間が3ターンに対し、クリーピーはパッシブで発動するため、スキル2使用時をのぞき毎ターン解除が可能です。 解除性能では劣っているエギルですが、スキル2に烙印付与があるため、高速周回では優位に立ちます。 ただし、免疫解除が3ターンに1回しかおこなえないことを考えると、安定して周回できるかというと疑問が残ります。 ギルバトでの比較 おもにラカン対策として使用することになりますが、免疫と攻撃バフを奪う役割においては、やはりクリーピーが上です。 ラカンは自身に免疫と攻撃バフを付与後、即時ターンを獲得するので、解除が間に合わない恐れがあります。 くわえて、ラカンの反撃で挑発が付与された場合でも、クリーピーはスキル1での攻撃で強化効果を奪えるため、問題ありません。 シナリオダンジョンの引率周回向きで、巨人ダンジョンの適性も高いです。 また、攻撃速度バフと、烙印付与は水の異界ダンジョンでの適性が高く、上級者が使っても有用です。 おもにギルバトで使われるモンスターですが、苦手属性のない光属性のアタッカーということで、さまざまなコンテンツで使えます。 ただし、最適というわけにはいかず、ほかに候補がいなければといった位置づけです。 ただし、どれも最適ではないため、 器用貧乏の印象が強いモンスターと言えるでしょう。 おすすめ属性は風と光 バーバリアンキングは飛び抜けて評価が高い属性がありません。 あえて選ぶなら、 フレースヴェルグ(風)と ミーミル(光)がおすすめですので、スキル上げの餌として使うのも良いです。 ステータス一覧 基本情報 属性 水属性 タイプ 攻撃系 入手時のレア 星4 ステータス - 最大 体力 10215 攻撃力 725 防御力 571 攻撃速度 103 クリ率 15 抵抗 15 的中 25 この数値は、ルーン非装備時のものです。 スキル一覧 スキル1 断罪 斧で対象を2回攻撃し、それぞれ50%の確率で1ターンの間2つの持続ダメージを与える。 スキルレベル• (スキル再使用可能まで3ターン) スキルレベル• 5 スキル再使用時間-1ターン スキル3 没収 対象を2回攻撃し、それぞれ75%の確率で対象の強化効果を1つずつ奪い取る。 (スキル再使用可能まで4ターン) スキルレベル•

次の

【サマナーズウォー攻略】バーバリアンキングは当たり!?バーバリアンキングの評価とおすすめルーンを紹介!

サマナー ズ ウォー エギル

バレバレ パーティ• バーレイグ• ローレンorシャイナ• フランorカリン• 闇ヴァイキング• …文字で書くとわかりにくいかもしれませんが、動画を見ても、早すぎて何がなんだかわからなかったので、何度もリピートしてました(笑) バーレイグ バーレイグの必要ステータスなど• ルーン:激怒、意志• クリ率58%以上• 合計体力+17,000~• 攻撃1750以上、クリダメ260以上• スキルマ必須• アリーナ施設MAX(火・クリダメ・攻撃)• 速度+27以上かつローレン未満 「バレバレ」で一番きついのはバーレイグのステータスを確保することです!(というか他があまりきつくない。 きついのはここだけ!!) バレバレ火力早見表• 死のダンジョンを周回しまくるしかないですね! 火力足りないです… ローレンorシャイナ 水ウォーベア(ダゴラ)必要ステータスなど• ルーン:意志・闘志・闘志• 育成不要• 覚醒必須• ルーンも強化不要 どうやら、水ウォーベアorダゴラとなっているようです。 なるべく動きを合わせたほうがいいので、両方準備しておきましょう。 まとめ 「バレバレ」は、今までの 「バレカタ」と比較するとバーレイグのルーンのハードルは高くなっています。 しかしそれ以外のモンスターやルーンの難易度は格段に低くなっています! さらに、各モンスターが確定行動をとるため、事故率もかなり少なく、バレカタよりも安定してレイドを周回できるとのこと。 揃えるべきモンスターも、手に入れやすいものばかりなので、死のダンジョン周回やルーンクラフトを活用し、バーレイグ用の意志・激怒ルーンを厳選しましょう。 では、皆様もステキなサマナライフを!!.

次の

ワリーナテンプレ20選

サマナー ズ ウォー エギル

神ランク 存在するだけで相手にプレッシャーがかかります。 組み合わせるモンスターを選ばずにパフォーマンスを発揮できる点、攻撃ゲージという最重要要素でアドを取れる点が高評価です。 看板モンスターに相応しい性能を持つモンスターです。 ワリーナだけでなくアリーナなどの各種対人コンテンツでも活躍できる性能であることからこの評価となりました。 剥がし+速度比例攻撃、活気高揚によるサポート性能が強力なモンスターです。 1役でこなせる役割の多さが圧倒的で、回りのモンスターが充実すればするほど真価を発揮します。 全体剥がし+スタンに加え、爆弾による固定ダメージがあり、行動阻害+アタッカーを高次元でこなすモンスターです。 速度、攻撃、耐久、的中を確保する必要があるためルーン難易度は高いです。 貴重な速度24%リーダーに加え、抵抗値無視と相性の良い全体デバフスキルが魅力です。 剥がしモンスターと組み合わせた速度PTを比較的簡単に構築できます。 免疫、抵抗無視で攻撃ゲージと体力比率の入れ替えという唯一無二のスキルを保有しています。 置くだけでアリーナ防衛が強くなるモンスターです。 ワリーナにおいてもゲージ操作に対するメタ枠としてピックされています。 受身前提の能力であるため活躍の場は限られますが、アリーナ防衛やワリーナの速パメタ、後攻めなどで無類の強さを誇ります。 単体防御無視攻撃と喚起によるサポートの両立を可能とした攻め特化のモンスターです。 耐久力はありませんがバステトを代表するゲージ上げキャラと組み合わせることで常にワンパンを狙えます。 自身の行動不能状態を解除しつつ、味方に弱化解除免疫を付与することができ、なおかつ体力比例の単体攻撃をすることもできます。 スタンや挑発などの行動阻害も可能で免疫モンスターとしては最高峰の性能です。 パッシブによる耐久力と火力が凶悪なモンスターです。 防御無視や爆弾には弱いですが、相手の構成によってはレオナ1体で全て倒すことが可能なスペックになっています。 全体剥がしと強化阻害、護衛によるサポート、体力比例の攻撃をこなす万能なモンスターです。 飛び抜けた強さはありませんが各種対人コンテンツで活躍します。 SSランク 速度リーダーと爆弾による固定ダメージであらゆるコンテンツで活躍することができる超万能アタッカーです。 説明不要の剥がしスキルで各種対人コンテンツで猛威を奮っています。 ワリーナでは単純な速パだけでなくコントロールPTの剥がし兼アタッカーもこなします。 ゲージ上げ最高峰の性能を持つモンスターです。 アリーナ攻めやワリーナ速パにおける必須モンスターです。 ワリーナにおける最高峰速度リーダーです。 アリーナ防衛でもプサマテの代役として活躍しています。 アリーナ攻守最強モンスターです。 ワリーナにおいても速度勝負をしたいときのパーツになります。 味方の体力を奪いながら戦い続ける不死のモンスターです。 ワリーナが主な戦場になりますが、ギルバトや占領戦の攻めでも活躍します。 基礎速度の早さ、3ターン免疫+回復の安定感、体力比例の単体攻撃を兼ね備えた万能なサポートモンスターです。 迅速型、暴走型と自分のPTに合わせた使い方ができます。 3ターン免疫+解除+ゲージ上げ、防御比例の攻撃が強力です。 ワリーナにおける免疫解除枠、アリーナチマ攻めや、防御PTのお供として活躍するモンスターです。 蘇生だけでなく、防御バフによるサポートや防御依存の単体高火力など1役でやれることが非常に多いモンスターです。 ワリーナはダフニスが流行っているため活躍の機会が多いモンスターです。 エギル、斉天大聖の台頭でワリーナではピックしづらくなりましたが、あらゆるコンテンツで幅広く使える火属性最強アタッカーです。 ワリーナにおける反撃アタッカー型、防衛モンスターとしての耐久果報型と用途に合わせてルーンを組み替える手間はかかりますが、それに見合ったパフォーマンスを発揮します。 最速剥がしモンスターとしてアリーナに蔓延しています。 ワリーナにおいても速パメタに使われます。 アリーナ攻めにおける圧倒的殲滅力、ワリーナにおける速度PTのパーツとして評価が高いモンスターです。 また、タワーやヒーローなどの高速化にも使われます。 アリーナの攻めに特化したモンスターです。 ワリーナではピックの判断が難しいですが速パや後攻めの形で出していけます。 トリトンと同様、最速剥がしモンスターとして使います。 ワリーナではジェミニと組み合わせた速パに使ったり、速パメタとして使いますが、相手に意志がないと機能しない点がたまにキズです。 Sランク 剥がし挑発と全体攻撃で徹底的に行動阻害します。 33%速度リーダーと最速ゲージ上げモンスターと組み合わせたアリーナ防衛は完成度が高いモンスターです。 剥がし睡眠による行動阻害が強力です。 期待値低いですが基礎速度も速いことからアリーナ防衛にも採用できます。 ワリーナでは見かける機会が減りましたが、ありとあらゆる対人コンテンツで使うことのできる貴重な固定ダメモンスターです。 喚起と魔封で一方的なゲーム展開を実現するモンスターです。 ハトホルと違いアリーナの攻めパーツとしても使えます。 ワリーナで誰もが一度は経験している暴走変幻ループが強力なモンスターです。 天敵アンタレスに邪魔されがちですが、その性能は健在です。 水アタッカー最高峰モンスターです。 基礎速度の速さを生かした上から剥がし、セルフ無敵免疫による生存力の高さ、全体スタンとゲージ回収による回転力で場をかき乱します。 ワリーナで猛威を奮っているワンパンアタッカーです。 上からワンパンの迅速型、業火のクールタイムの短さを生かした暴走型と存在していますがどちらも脅威です。 全体睡眠と剥がし睡眠による圧倒的コントロール性能が売りのモンスターです。 ワリーナで凄まじいピック率ですが、他のコンテンツでは活躍する機会が限られます。 ワリーナにおけるコントロールメタとして作られたといっても過言ではないモンスターです。 一方で他の対人コンテンツでの需要はありません。 最速での剥がし延長と全体スタンによる行動阻害を使いこなすモンスタ-です。 メインはワリーナですがアリーナ防衛のパーツにも採用できます。 ワリーナにおける免疫メタや固定ダメPTに採用します。 ギルバトや占領戦攻めの安定化に貢献できる点、暴走や迅速以外のあまりもののルーンでも十分活躍できる点も魅力です。 全体攻撃がとにかく強力なモンスターで、全体攻撃が刺さるケースであれば相手PTを一体で殲滅可能な破壊力を有します。 強力な単体攻撃である疾風に加え、味方のゲージ上げも可能な速パ向けモンスターです。 基礎速度が低いのが難点です。 免疫を維持しつつ単体突破できる強力なアタッカーです。 ワリーナがメインになりますが他の対人コンテンツでも主に攻め側で活躍します。 アリーナ攻めにおいてはプサマテを超えるパフォーマンスを発揮しますが、パッシブによる復活がないため防衛には採用できません。 ワリーナにおいて猛威を奮っているエギルや斉天大聖を、基礎速度の早さ、剥がしスタンと全体縦割りの回転力で抑え込みます。 アリーナにおけるルシェンのパートナーです。 ワリーナにおいてもパッシブが光る場面があり活躍する場面が多いモンスターです。 免疫がないケースでしか使えませんが全体凍結による行動阻害で場を支配します。 アリーナ攻めにおいても風伯、ティアナと組みあわせることで強力な攻めを実現できます。 ワリーナにおいて真価を発揮する脅威スキルの持ち主です。 セアラ、ヴェルデ、フランといった相性の良いモンスターと組み合わせると上位でも通用するPTとなります。 タラニスの台頭に伴い蘇生不可が刺さる場面でピックされます。 また攻撃44%リーダがあるためルシェンのお供に使えます。 Aランク 孤軍奮闘できる耐久モンスターです。 ワリーナでの活躍は減りましたが、アリーナチマ攻めなどでも使われます。 全体蘇生が強力なモンスターです。 アリーナ防衛がメインとなりますがワリーナでも速パやダフニス対策としてのメタピックが狙えます。 ワリーナ、アリーナ防衛と剥がし役として出していけますが、光純5にしては無敵・持続回復が物足りない性能です。 純5とは思えない紙装甲が欠点ですが、剥がし盾割りが凄まじい破壊力を生みます。 調合モンスターですがワリーナやアリーナ防衛など幅広く活躍する優秀なモンスターです。 スキル3によるターン回しが強力なモンスターです。 ガニメデと組ませることで延々とスキルを使い続ける攻めが可能となります。 行動保証と単体高火力を生かして、ワリーナやアリーナチマ攻めで運用します。 ワリーナ後攻めで主に使用されます。 全体盾割、回復阻害がアリーナ攻めでも刺さる場面があります。 ワリーナでの速度パ、アリーナでの単体突破攻めで活躍するモンスターです。 基礎速度の速さと二つの速度比例攻撃が魅力です。 免疫がない相手に対してデバフをバラ撒きます。 アリーナ防衛でも剥がしモンスターと組み合わせることで強力な防衛を構築できます。 全体回復と防御アタッカーをこなします。 割り込み回復能力を生かしてアリーナ防衛のパーツも担えます。 アリーナ防衛の定番モンスターです。 ワリーナにおける火に寄った速パに対するメタピックとして使われます。 ワリーナにおける防御無視アタッカーが主な役割です。 アリーナでは防御無視のお膳立てをするほどPT構成に余裕がありません。 ワリーナにおける防御無視アタッカーが主な役割です。 アリーナでは防御無視のお膳立てをするほどPT構成に余裕がありません。 バステトと組み合わせてのごり押しが強力なモンスターです。 アリーナでも相手PT次第ではチマ攻めに採用できます。 常時免疫を生かしてワリーナにおける行動阻害モンスターに強くでられます。 火属性高耐久であることからアリーナ防衛の選択肢にもなります。 各種コンテンツにおける防衛のメインパーツになりますが、モンスターが充実してきたためリテッシュが必須という状況ではなくなりました。 性能は地味ですが立派な耐久アタッカーです。 アリーナ防衛も耐久PTしか組めない状況では選択肢になります。 全体忘却で相手のパッシブモンスターを封じ込めるます。 パッシブが強力なモンスターが台頭している状況で、相対的に評価があがっています。 防御特化の高火力と挑発が強力なアタッカーですが、単体での強さはなく、免疫や防御バフによるサポートが必要です。 ワリーナにおけるカウンターピックで相手の壊滅を狙います。 ベレヌス、リカと役割が被ります。 ワリーナではタブロとの組み合わせてスキルを回す構成が強力です。 アリーナ攻めにおいても解除リセットを生かした後攻めが可能です。 Bランク 古代コインで誰でも入手できる光アタッカーです。 二次覚醒ラオークやヴェルデハイルとの組み合わせで真価を発揮します。 体力リーダーに弱化効果免疫とクリティカル被弾減少という受けに特化したモンスターですが、相手を処理する能力に乏しく怖さがありません。 自己回復を生かした耐久アタッカーとして使用できますが、アリーナ、ワリーナともに主力で使うほどの性能ではありません。 主にラキュニとセットでコントロールPT対策に使いますが、水アタッカーとの組みあわせで突破されがちです。 ラグマロンと用途は同じですが、基礎速度の低さと速度比例攻撃が一つしかない点が残念です。 主にティアナとの組み合わせがメインになるゲージ下げ全体アタッカーですが、ポセイドンでないとこなせない役割が見当たりません。 攻撃バフを乗せつつ全体攻撃を打てることから、ワリーナにおける速パの選択肢になりますが、バステトを差し置いて使う性能ではありません。 アリーナ防衛がメインでしたがトリトンの台頭で出番が減りました。 ワリーナにおいてはオケアノスがいるため使用頻度が少ないモンスターです。 蘇生能力に特化したモンスターです。 ワリーナにおけるダフニス対策として見かけるようになりましたが、戦闘力はないため使いどころが難しいです。 アリーナ防衛のパーツになりえますが、全体盾割りをもつリテッシュと比較すると採用しにくいモンスターです。 速度リーダー兼剥がしをこなすため、対人コンテンツで活躍が見込めるのですが、自身の戦闘能力が低く使いこなすのが難しいモンスターです。 全体盾割りスタンが強力なモンスターですが、それ以外が平凡な能力になっています。 能力吸収は強力なスキルですが長期戦前提というのが難点です。 アリーナでは使う場面がありません。 天然暴走と睡眠、スタンでの足止め、持続削りでじわじわと追いつめるモンスターです。 ベレヌスの登場で評価が下がりました。 貴重な風の免疫モンスターですが、免疫付与が条件付きであること、他にこなせる役割が少ないため低めの評価になっています。 パッシブありきのモンスターに対しての対抗馬になりますが、1体忘却を入れるだけではどうにもならない場面が多く使いづらい状況です。 回復とサポートをこなす器用なモンスターですが、器用貧乏な印象です。 回復量が攻撃比例であるためステータス確保も難しいモンスターです。 回復性能に特化したモンスターです。 アリーナ防衛に採用できますが上位にいけばいくほど通用しなくなります。 耐久PTが多かった時代におけるアリーナ攻め主力モンスターでしたが、トリトンが増えたため厳しい状況です。 特徴である速度リーダーがギルバト占領戦にしか効きません。 パッシブも強力ですが自身の戦闘力が高くないためワリーナでの活躍も難しいモンスターです。 非常に強力に見えるパッシブですが、攻撃と耐久の両立をしようとすると中途半端な性能になってしまいます。 速度リーダーと攻撃バフを兼ね備えているのですが、剥がしやゲージ上げなどもう一声欲しいモンスターです。 スキル1が盾割りの神獣僧というと脅威に感じますが、スキル3が貧弱であるため使いづらいモンスターです。 説明不要のモンスターですが、現在の環境では優先してデビモンを与えるほどのモンスターではありません。 Cランク 回転率の良いアタッカーですが、紙装甲であるためすぐに倒されてしまいます。 速度リーダーも闇限定である点が惜しい印象です。 貴重な反射性能を持っているものの性能が低く扱いにくいモンスターです。 全体攻撃かつ復活阻止による殲滅力が魅力なモンスターですが、刺さる場面が限られてしまっています。 ワリーナでまれに見かけるモンスターです。 パッシブに癖があるため使いづらいモンスターです。 アリーナでの出番はありません。 全体盾割りと単体蘇生持ちと一見高スペックに見えますが、現状、どっちつかずな性能で活躍の機会がありません。 アリーナ攻めにおけるティアナからのゲージ下げが主な用途ですが、ヴェラードなどの上位互換がいるため必須ではありません。 速度リーダーと解除免疫、無敵を1役でこなすためアリーナ防衛でのパーツとして優秀ですが、現状33速度リーダーでないと上位では通用しにくい状況です。 常時烙印と蘇生不可のパッシブ、単体高火力を持つものの、紙装甲すぎるのが辛いモンスターです。 受身前提の能力かつ、カウンターで押しかえすことができないため使いづらいモンスターです。 全体睡眠と全体スタンがまったく噛み合っていません。 ハトホルがいるため使いどころがありません。 闇純5ではありますが強力なスキルを保有していません。 とにかく平凡なモンスターであえて使う場面がありません。 スキルによる破壊性能が特徴のモンスターですが、対人で活躍させることが難しいモンスターです。 消費した体力に比例した全体攻撃で大ダメージを狙う想定ですが、思いのほかダメージが伸びません。 現状、アメリアが完全に上位互換といっても過言ではない状況であり使う場面がありません。 スキル2が少女の祈りであればサポーターとして活躍できますが、現状アタッカーともサポーターともいえない中途半端な性能になっています。 果報プラハで防衛できる時代ではないため、活躍する場面がほぼありません。 対人コンテンツに有用なスキルを保有していないため活躍が見込めません。 単体火力は目を見張るものがありますが、それ以外に特徴がなく使いづらいモンスターです。 常時烙印を付与できるため通常レイドでは活躍していましたが、カタリーナを使った高速周回になりお役御免となりました。 スキル構成が中途半端なため、対人コンテンツで輝く場面があまりありません。 ダンジョンタイムアタックモンスターです。 対人コンテンツでの活躍は難しいモンスターです。 レイド用に調合しましょう。 対人コンテンツでの活躍は難しいモンスターです。 レイド用に調合しましょう。 対人コンテンツでの活躍は難しいモンスターです。 調合で作成可能ですが、苦労して作っても活躍させる場面がありません。 調合で作成可能ですが、初中級者が通常レイドで使う以外に活躍させる場面はありません。 水純5かつ調合で作成できるためワールドボスを極めるために使いましょう。 全体攻撃が強力なモンスターですが、風の全体攻撃はルシェンの独壇場であり活躍の機会がありません。

次の