メタ レーサー アシックス。 アシックス「メタレーサー」は4月下旬に発売予定!: サブ3.5ランナー駿介の駿足ラン日記

ミズノとアシックスが厚底シューズを発表!ナイキ追撃の新製品とは?

メタ レーサー アシックス

【アイテム紹介】 緻密に計算されたカーボンプレート搭載シューズ アシックスの「METARACER(メタレーサー)」 ランニングシューズの技術革新が進む中、アシックスがついにカーボンプレートを搭載したレーシングモデル「METARACER TOKYO(メタレーサートウキョウ)」を6月12日に発売した。 カーボンプレートを搭載したシューズはスパイクでは事例があるものの、アシックスのランニングシューズとしては初めてだ。 同社が満を持して投入した『渾身の一足』は長距離界でどのような存在になるだろうか。 大きく反り上がったソール構造が特徴的なアシックスの「METARACER TOKYO(メタレーサー トウキョウ)」。 日本代表カラーであるサンライズレッドが使われている アシックス初のカーボンプレート内蔵シューズ ガイドソールもトップ用モデルでは初採用 アシックスユーザーにとっては「ようやく出た」というのが本音だろう。 アシックスが6月12日に発売した「METARACER TOKYO(メタレーサー トウキョウ)」は、同社のランニングシューズとしては初めてミッドソールにカーボンプレートを内蔵した新コンセプトの長距離レーシングシューズだ。 2017年を皮切りに各社がこぞってカーボンプレート内蔵のレース用シューズを発売する中で、アシックスはしばらくその流れに乗らず、『薄底&カーボンなし』のトップモデルを継続してきた。 だが、2019年になるとアシックスも厚底のソールに傾斜をつけることで足首周りの負担を約20%軽減する「GUIDESOLE(ガイドソール)」というテクノロジーを搭載した「METARIDE(メタライド)」「GLIDERIDE(グライドライド)」を次々に発売。 ただ、これらはあくまでも『ラクに長く走る』をコンセプトとしたジョギング用モデルだった。 一方で、2020年になると一部のトップ選手がガイドソールを搭載したレーシングシューズ、すなわちメタレーサーのプロトタイプを履く姿が見られるようになった。 今年の箱根駅伝では、早大の2区(23. 1km)を任された太田智樹選手(現・トヨタ自動車)がメタレーサーを着用し、1時間7分05秒(区間6位)の好タイムをマークしている。 これは10000mの自己ベスト(28分56秒32)とほぼ同じペースで2倍以上の距離を走り切った計算で、かつて早大の絶対的エースだった渡辺康幸氏(現・住友電工監督)が出したタイム(1時間6分48秒=当時の区間記録)からも17秒しか遅れていない。 それでも、メタレーサーの詳細については長らく明かされず、その性能やテクノロジーについては謎のままだった。 しかも、一度は4月の発売が発表されたものの、東京五輪の1年延期が決まると発売も延期に。 それがこの6月からようやく発売され、そのベールを脱ぐことになったのだ。 とにかく脚が回しやすい 予想を超えてくるシューズ メタレーサーの大きな特徴はガイドソールとカーボンプレートの両方を搭載していることだ。 FLYTEFORM(フライトフォーム)という軽量素材を採用したミッドソールはレース用シューズにしては厚く、その中にカーボンプレートが内蔵されている。 ソールはつま先にかけて反り上がり、その構造によって走行時は楽に地面を蹴ることができる。 ソールの形状変化を抑えるためにカーボンプレートを搭載しているという。 もっとも、実際に足を入れて走ってみると、同じフライトフォームをミッドソールに採用している「ターサージール5」と比較してメタレーサーの反発力は明らかに高い。 カーボンプレートが推進力をもたらしているのは明白だ。 また、ガイドソールの傾斜はグライドライドと比べると緩やかで、履き心地はターサーシリーズに近い。 重量は27. 0cmで190gと、薄底のモデルに比べると重いが、そのぶん反発があるのでマイナスには感じないだろう。 アッパーやアウトソールにはアシックスの最新技術が投入されており、足当たりは抜群。 通気性を高めるためにつま先にもマジックベンチレーションという小さな穴が空いており、真夏でも快適に走れそうだ。 接地感はソフトで、アウトソールには雨にも強い「ウェット・グリップラバー・スポンジ」を採用しているせいか、グリップ力も高い。 そして、接地してから蹴り出すまで重心移動がとてもスムースで、ピッチを上げやすいのが印象的だ。 バネのような強烈な反発はなく、「ブニュッ」と沈み込むような極端なクッション性もない代わりに、とにかく脚が回しやすい。 従来型のシューズに比べると脚への疲労感が少ないため、どんどんスピードを上げていける。 アウトソールは雨にも強いWET GRIP RUBBER(ウェット・グリップラバー・スポンジ)を採用。 凸凹の少ない見た目とは裏腹にグリップ力は高い 厚底シューズにありがちな反発のタイムラグがほとんどないのも特徴だ。 3000mなど比較的短い距離からマラソンまで幅広く対応できるだろう。 実は、最初にメタレーサーを手にした時は「案外重いな」と感じたのが本音だ。 しかし、履いてみるとまったくそんなことはなく、フィット性の高さもあって見た目より軽く感じる。 さらに、以前は物足りなく感じたフライトフォームの反発力も、このメタレーサーではカーボンプレートとの相乗効果もあって十分納得できる水準に達していた。 いい意味で予想を上回ってくるシューズだ。 すべての要素が緻密に計算されており、アシックスの〝本気度〟が伝わってくる。 フライトフォームよりも新しい軽量高反発素材「FLYTEFOAMBlast(フライトフォームブラスト)」がメタレーサーに使われなかったのは、シューズ全体のバランスを考慮したのかもしれない。 結果としてメタレーサーは「脚が回しやすく、クッション性もある高反発のターサー」と言えるような完成度の高いレーシングシューズに仕上がっている。 つま先のマジックベンチレーションで通気性も確保。 細かいところまで行き届く気遣いにアシックスらしさを感じられる 注意点はサイズ感がやや大きいこと。 通常よりは0. 5cm小さいサイズを選ぶほうがフィットしそうだ。 税込み22,000円という価格はアシックスのランニングシューズとしては最高水準だが、それに見合うだけの価値は十分にあるだろう。

次の

メタレーサー|前田穂南が履かない理由は?アシックス厚底ランニングシューズの価格・販売日・東京五輪(オリンピック)では許可?

メタ レーサー アシックス

「カーボンプレート入り」シューズが席巻するランニングの世界だが、ついに国内ブランドのアシックスが初めてカーボンプレート入りのシューズ「メタレーサー」をリリースした。 ランナーにとってもはや必須のアイテムとなった「カーボンプレート」入りのシューズをアシックスはどう味付けしたのか? じっくり走ってテストしてみた。 「皮膚」ような激薄のアッパー素材 日本人に最も馴染みの深い、信頼のおけるシューズブランドといえば「アシックス」ではないだろうか。 当然シェアも多く、以前はフルマラソンのゴール地点でシューズ調査をしたところ、完走者の約半数がアシックスを履いていたという話もある。 しかしここ最近は、海外ブランドのランニングシューズを見かけることも多く、このメタレーサーはまさに満を持しての一足と言えるのである。 まずは、そのスペック、27㎝で約190g(実測値)。 手に持った時の印象は非常に軽い。 少し硬めの作りのアッパー素材は、光が透けるほど薄く通気性はバツグン。 まるで皮膚のような薄さと軽さだが足を通してみると、しっかりと足を包んでホールドしてくれる。 これだけでも通気性は十分のように感じたが、通気口をつま先に設置したことで内部の熱気を積極的に排出。 シューズ内の温度を最適に保ち、マメなど脚のトラブルの原因を防止してくれる。 同じくかっちりとフィットを生み出すために重要なのが、シューレース。 これも硬く、伸びない。 かっちり固定ができる紐だ。 全体的な軽さとアッパーの薄さはトップアスリート向けのレーシングシューズという印象だ。 ただし窮屈な感じはなく、普段27㎝のシューズを履いている自分の足にもフィット。 このあたりの作りは日本ブランドらしいところと言えるのかもしれない。 「機能全部乗せ」のパフォーマンスシューズ 極薄のアッパー素材、つま先の通気口も十分に機能的ではあるのだが、このシューズの大きな特長はやはりソールにある。 ここに搭載されている機能はラーメンで言えばトッピングの「全部乗せ」状態といえる。 アシックスが持ちうる技術が全て盛り込まれていると言った感じだ。 ソールには軽量かつソフトな着地感のあるアシックスの独自素材「フライトフォーム」を使用。 これに併せて使用されているのが軽量かつ高剛性の「カーボンプレート」だ。 着地の際にはフライトフォームが衝撃を吸収し、カーボンプレートがしなって着地の衝撃を反発力に変えることで、足の疲労を防ぎながら走ることができるようになった。 これらに加えてつま先が反りあがった形状のガイドソールテクノロジーも搭載。 着地した瞬間に前方に転がるようにスムーズに体重移動していくので着地時の足首まわりの負担を約20%軽減。 ランニング効率を向上させているという。 三位一体の走行性能を体感 これらカーボンプレート、フライトフォーム、ガイドソールテクノロジーという三位一体の機能が盛りだくさんのソールを搭載したシューズだが、機能のバランスがいいためかトガりのない走り心地という印象。 分かりやすい機能をトガらせることをしないのがすごくアシックスらしい感じがした。 トップ選手が履くレース用シューズという見た目だったが、自分のような市民ランナーも使いこなせそうだ。 ミッドソールは3㎝くらいで厚底というほど厚くはないが、グミのような弾力がありしっかりとクッションを感じることができる。 カーボンでばねのようにグングン反発する感じはあまりないが、それが自分のようなランナーには逆に使いやすい。 足に優しくすごく走りやすい。 カーボンプレート入りのシューズを履きこなすためには走り方を変えなければ、と思っている方もいるかもしれないが、普段通りのフォームで問題なく使用できた。 ただしカカト部分にアウトソールがないので、カカト着地ではなく、中足部やつま先付近での着地を意識した方がいいかもしれない。 このオレンジ色のアウトソールはすごく滑らかで、グリップに不安もあったが全く問題なし。 あえてウエットなところも走ってみたがしっかりとグリップしてくれた。 着地から蹴り出し、つま先が離れていくまでがとてもスムーズだった。 走っていてストライドが自然と大きくなる感じだった。 カーボン未体験のランナーにも面白いシューズ アシックスが満を持してリリースした最新のレーシングシューズ「メタレーサー」。 今回、一番感じたのはいろいろなランナーが履きやすいだろうな、ということだ。 ソールが中程度の厚さでクッションと反発のバランスが良く、しかも軽量。 これまで薄底のシューズを履いてきた人でも、地面をとらえる感覚もあるので違和感なく履けるだろう。 さらに厚み少ないものの、薄底のシューズに比べればクッション性は十分。 脚をしっかりと保護してくれる安心感も高い。 マラソン後半の脚のダメージは大きく変わるはずだ。 前述したようにとても履きやすいシューズであるため、「新しいシューズにチャレンジしてみたい」「あまり記録が伸びない」そんな方が履いてトライするにはもってこい。 ヘンに走り方を変えなくても使いこなせるだろう。 多くのランナーにとってパフォーマンス向上が期待できる。 価格は20,000円(税別)。 ここ最近のハイパフォーマンスシューズとしてもは価格が抑えめでうれしい! 日本を代表するシューズブランド「アシックス」最高のイノベーションの結晶「メタレーサー」。 新たなスタンダード、ニューノーマルの一歩目かもしれない。 アシックス「メタレーサー」 価格:2万円(税別) カラー:1色のみ 今 雄飛 こんゆうひ :ミラソル デポルテ代表。 スポーツブランドのPR業務を行うかたわら、自転車、トライアスロン、アウトドア関連のライターとしても活動中。 趣味はロングディスタンスのトライアスロン。

次の

アシックス初のカーボン内蔵レースシューズ「メタレーサー」を72kmランでテスト!

メタ レーサー アシックス

Contents• ミズノの厚底シューズはWAVE SKY3シリーズの延長か? 箱根駅伝の最終10区で区間賞を獲得したのが、ミズノの厚底シューズのプロトタイプだったのですね。 まだテストタイプであり、ロゴのない白いシューズであり、 創価大の嶋津雄大選手が使っていて話題になりました。 画像をよく見ると、白地に白でミズノのロゴが見えますね! 現在市場に出回っているミズノ製は WAVE SKY3シリーズとなります。 価格帯は1万5千円水準であり、一般ランナーでもちょっと頑張れば手が届く水準となっています。 クッション性と安定性は両立が難しく、片方を立てると片方が経たず、という開発者泣かせの部分でもあります。 ミズノはソール部分に硬度の異なる素材を配して、両者の『良いとこ取り』を目指した形ですね。 ジャカルタのアジア大会で金メダルを獲得し、暑い東京オリンピックの会場なら実力が発揮される!と期待が大きかった選手になります。 今後、ナイキのヴェイパーフライシリーズが禁止となると、井上大仁選手にはかなりの追い風となる可能性が高いですね。 アシックスの採用するメタレーサーシリーズはもともとは初心者ランナー向けに採用されています。 『ウルトラマラソン向き』という市場の評判は、着地を良くして負担を軽くする方向性が評価されているものと見えます。 メタレーサーの特徴は、つま先が大きくせり上がり、曲がりにくい構造をとり、重心が前に移動しやすい工夫がなされています。 ここが、軽量の反発プレートを挿入してあるナイキのヴェイパーフライシリーズとの大きな違いですね。 足首をあまり動かさず、転がるような感覚で前進が可能ということです。 3%から84. 3%と大幅にアップ! 何しろ2020年の箱根駅伝の区間賞のうち9人がナイキ製品を使用していた経緯もあります。 ニューヨークタイムズによると、ヴェイパーフライモデルは平均的に4~5%のパフォーマンス向上をもたらしているとのことです。 そして、 初心者や遅いランナーは平均6%と成績向上率が高く、エリートランナーより一般ランナーへの成績向上が多いようです。 2020年1月16日に、世界陸上競技連盟がこのシューズを禁止するうわさが報道された影響はライバル各社にも及んでいるようです。 例えば、一部のライバル会社の株価が上昇する現象が起きる(1月16日にアシックスとミズノの東証株価が一時的に上昇!)現象が観測されました。 ドイツのフランクフルト証券取引所ではプーマやアディダスの株価が急伸したりもしています。 厚底シューズの覇権争いは、社会現象化している感じもあります。

次の