武漢 バイオ ハザード。 次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

武漢 バイオ ハザード

武漢のバイオ研究所の特集を組んだ2017年2月22日の科学誌ネイチャーより ・ 2020年1月22日に武漢を調査した香港大学のSARS専門家グアン・イー教授の見解 感染拡大制御のタイミングは既に逸している。 武漢は既に制御不能だ。 これまでどんな感染症でも、食い止める方法があると思ってきたが、今回は無理だ。 () 過去に何度も SARS を施設から外部へ流出させている中国で 中国の武漢で発生した新型コロナウイルスは、その患者数が大変な勢いで増加していまして、1月24日午後の時点で、中国政府の公式発表で、 ・感染者数 830人 ・死亡者 25人 となっています。 1月18日時点の公式発表は 41人でしたので、 1週間で「 20倍ほど増えた」ということになるのでしょうか。 また、中国に 31ある省や自治区など地方自治体のうち、29で感染がされていまして、わりとあっという間に、ほぼ中国全土に感染が広まったことになります。 国土面積が広い中国での感染拡大の速度としては、ものすごいものだと思います。 また、香港の報道では、「 医療従事者たちがどんどん感染している」ということがいます。 実際、中国のソーシャルネットに投稿されている動画を見ますと「病院内部自体が混乱している」様子がわかります。 以下は、そのうちのいくつか動画をつないだものです。 医療関係者と思われる男性が病院内で倒れている様子などがわかります。 世界屈指の医学部を有する米ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院の教授は以下のように述べていたことがいました。 「爆発的流行において、医療従事者が感染するのはまれです。 医療従事者が感染したとしたら、それは常に警告信号となります。 医療従事者が感染しないよう防護している状況の中で感染したということは、ウイルスは容易に感染する可能性があることを意味しているからです。 」 現在の勢いで猛烈に感染が拡大していった場合、手に負えなくなる可能性もあるのかもしれません。 以下の記事で書きましたが、中国政府は、武漢を始めとする 7都市を隔離し、2300万人の住民たちの移動を制限しました(その後、隔離を 10都市に拡大)。 唯一幸いというか、この新型ウイルスの「毒性」つまり致死率や重症化率が「低いかもしれない」ということです。 2003年の SARS の致死率は 9. 6%でしたが、今の新型コロナウイルスの致死率は、1月23日時点で 2. 8%(618人が感染して 17名が死亡)ということになっていまして、また、重症化するのも基礎疾患を持った高齢者が圧倒的ですので、健康な人たちはあまり脅威に感じなくてもいいのかもしれません。 ただ、 「今後、毒性が変異したら?」という懸念はあります。 感染者数が増えていけばいくほど、ウイルスが変異する可能性も増えますので、今後については何ともいえません。 また、現在の 830人の患者のうち、170人以上が重症化しているという報道もありますので、今はまだ毒性云々を言うときではないのかもしれません。 そして、今、全世界で噂されているのが、 「このウイルスは兵器用に設計されたものではないか」 ということなのです。 それが、何らかの原因で流出してしまったのではないかと。 そういう話が出てきた理由は、 この中国の武漢には、現在、中国で唯一、最高危険度のバイオセーフティーレベル4(BSL-4)の病原体を研究するバイオ施設があることがわかったことからです。 バイオセーフティーレベルとは、危険な細菌やウイルスなどを取り扱う実験室・施設の格付けで、以下のように分類されています。 バイオセーフティーレベルとは 人に対する病原体の危険度をレベル1〜4段階(BSL:バイオセーフティレベル:1〜4)に分類し、レベル4を最高危険度の病原体として位置づけています。 このレベル4の病原体に感染した場合は重症で致死率が高く、しかも有効な予防法または治療法がないエボラ出血熱やラッサ出血熱など、国内には存在しないウイルス性の病原体であります。 () 冒頭の科学誌ネイチャーの 2017年の記事は、武漢の施設についてのもので、そこではこの施設の「可能性」と「危険性」に、共にふれています。 そのネイチャーの記事をご紹介します。 2017年当時から、アメリカなどの一部の科学者たちは、中国にこのようなバイオ施設が作られることに懸念を持っていたことが書かれています。 中国武漢にある研究室が、世界で最も危険な病原体の研究に協力することを許可された。 この動きは、2025年までに中国本土に 5つから 7つのバイオセーフティレベル4(BSL-4)の研究施設を建設する計画の一部であり、その成果が大変に期待されていると同時に、懸念も生み出している。。 中国以外の一部の科学者たちは、これらの BSL-4 研究施設から病原体が外部へと広がることを不安視しており、あるいは、中国と他の国々との間の地政学的な緊張に生物学的側面が加わることも懸念している。 しかし、中国の微生物学者たちは、世界最大の生物学的脅威に取り組むことのできる微生物研究者としてのエリートの立場を与えられたことを喜んでいる。 北京にある中国科学アカデミーの病原微生物学および免疫学研究所の代表であるジョージ・ガオ(George Gao)氏は、以下のように述べる。 「中国の研究者たちに、より多くの機会を提供することにより生じるバイオセーフティレベル 4 の病原体に対する私たちの貢献は、世界に利益をもたらすことになると思われます」 台湾にはすでに 2つの BSL-4 施設があるが、中国本土では、この武漢の国立生物安全研究所が最初の BSL-4 施設となる。 この実験室は、2017年 1月に中国国家認証機関(CNAS)によって BSL-4 の安全基準を満たしていると認定された。 国家認証機関は、研究所の設備、機器、および管理状態を調査した。 評価がスムーズに進んだ場合、2017年 6月末までに検査施設を承認する可能性がある。 BSL-4 実験室は最高レベルの物理的封じ込めとなり、その基準には、実験室を出る前に空気をろ過し、水と廃棄物を処理し、研究者たちが実験施設を使用する前後に衣服とシャワーを着替えることが規定されている。 このような BSL-4 の研究施設は、しばしば議論される。 たとえば、日本で最初に作られた BSL-4 ラボは 1981年に建設されたが、安全性の懸念が最終的に克服された 2015年までは、リスクの低い病原体だけを研究していた。 過去 15年間にわたり、米国およびヨーロッパでの BSL-4 ラボネットワークは拡大しており、各地域で現在 12を超える BSL-4 施設が運用または建設中だが、各地域で、施設の必要性に関する質問を含む非常に多くの住民などの抵抗に直面した。 この武漢の研究室の建設費用は 3億元(約 48億円)で、安全上の懸念を和らげるために、洪水が発生した場合の想定水面よりはるかに高い場所に位置し、また、マグニチュード 7の地震にも耐えられる設計が施されている。 しかし、この地域には歴史的に大きな地震の発生が記録されたことはない。 この施設は、新しく出現した疾患の病原体の制御に焦点を当てており、精製されたウイルスを保存し、世界中の同様の研究所にリンクされた世界保健機関の「参照研究所」として機能する。 施設の所長であるユアン・ジミン(Yuan Zhiming)氏は、「ここは、グローバルなバイオセーフティ研究ネットワークの重要な拠点となるでしょう」と述べた。 中国科学院は 2003年に BSL-4 研究所の建設を承認し、SARS( 重症急性呼吸器症候群)の流行の際には、このプロジェクトの実現を加速させた。 この施設は、新しい感染症の予防と制御に関する 2004年の協同協定の一環として、フランスの支援により設計および建設された。 しかし、プロジェクトの複雑さや、中国側の経験不足、または、資金維持の難しさ、そして中国政府の承認手続きに長い期間が必要だったため、2014年末まで建設は完了しなかった。 実験室の最初のプロジェクトは、クリミア・コンゴ出血熱を引き起こす BSL-3 病原体を研究することだ。 これは、中国北西部を含む世界中の家畜に影響を及ぼし、人に感染する可能性のある致命的なダニ媒介性ウイルスだ。 そして、今後の計画には、SARS の原因となったコロナウイルス病原体の研究も含まれる。 コロナウイルスの実験は、最高のバイオセキュリティレベル(BSL-4)を必要としないが、エボラウイルスと西アフリカ・ラッサウイルスの研究の前に、コロナウイルスの研究を行う。 エボラウイルスと西アフリカ・ラッサウイルスの研究については、約 100万人の中国人がアフリカで働いていることから、不測の事態に備える必要があるとユアン氏は言う。 「ウイルスに国境はないのです」 ガオ氏は、最近のエボラ出血熱の流行の際にアフリカのシエラレオネを訪れ、ウイルスが新しい株に変異した速度をチームが報告できるようにした。 武漢の研究室では、このようなウイルスがどのように病気を引き起こすかを研究し、抗体と小分子に基づいた治療法を開発する機会を与えるとガオ氏は言う。 一方、国際協力の機会としては、緊急疾患の遺伝分析と疫学を支援する。 「世界はより多くの新しいウイルスに直面しているため、中国からのさらなる貢献が必要なのです」とガオ氏は言う。 特に、人獣共通感染ウイルスの出現。 それは SARS やエボラなど他の動物からヒトに感染が拡大するものが懸念されると、フランスのリヨンにあるバーパス・ウイルス研究室の代表であるブルーノ・リナ(Bruno Lina)氏は言う。 武漢研究所の多くのスタッフは、リヨンの BSL-4 研究室でトレーニングを行っている。 しかし、中国のこの研究室に懸念を持つ科学者たちも多い。 米ニュージャージー州にあるラトガース大学の分子生物学者であるリチャード・エブライト(Richard Ebright)氏は、 SARS ウイルスが、何度も北京の高レベルの保管施設から外部へと流出したことを指摘する。 米メリーランド州のバイオセーフティ施設の代表であるティム・トレバン(Tim Trevan)氏は、BSL-4 施設を安全に保つには、フラットでオープンな文化が重要であり、階層を重視している社会である中国で、BSL-4 施設を安全に保つことができるかどうかを疑問視している。 「高いレベルのバイオセーフティ施設を安全に保つには、視点の多様性、誰もが自由に発言できる平等な構造、そして情報の公開性が重要です」と氏は言う。 中国の最高バイオセーフティーレベル施設の全国への拡張計画は進行している。 ハルビンにある BSL-4 実験室の 1つは、すでに認定を待っている。 他の BSL-4 実験室は、北京と昆明にあり、昆明の施設では、サルのモデルを使って病原体を研究することに焦点を当てている。 リヨンのブルーノ氏は、霊長類の研究に関して、BSL-4と数多くのサルの研究を組み合わせる機会は、研究に強力に寄与する可能性があると述べる。 「ワクチンまたは抗ウイルス薬をテストしたい場合、ヒトではない霊長類モデルが必要なのです」とブルーノ氏は言う。 しかし、ラトガース大学のエブライト氏は、中国本土に複数の BSL-4 研究施設が必要であるとは思えないという。 中国の BSL-4 施設の全国への拡大は、アメリカとヨーロッパのネットワークに対応した行動なのではないかと疑っている。 エブライト氏は、中国政府がこのような過剰な研究能力を拡張しているのは、生物兵器の潜在的な開発のためであると仮定していると言う。 トレバン氏は、BSL-4 施設への中国政府の投資は、何より、中国が競争力を持っていることを世界に証明する方法であると述べている。 「それは生物学上の大きなステータス・シンボルであることは事実です。 しかし、果たして、このような大規模な施設の拡張が実際に必要であるのかどうかは疑問です」 ここまでです。 まあ、今回の新型ウイルスが、この研究所と関係している証拠があるわけではないですし、そもそも、発生源がヘビやコウモリだろうと、武漢研究所から流出したものである可能性があろうと、「すでにアウトブレイクは起きてしまっていて、対応の方法がない」という状況となっているわけで、それはどちらでも同じことなのかもしれません。 それにしても、施設の所長であるユアン・ジミン氏の言う、 「ウイルスに国境はないのです」 という言葉は、多くの中国人の人たちが海外に飛び立つ春節の今を思うと、何と皮肉な響きに聞こえることか。 冒頭にも載せましたが、は、武漢で今回の新型コロナウイルスの調査をおこなった SARS 専門家である香港大学のグアン・イー教授の見解を掲載していますが、その中で、グアン教授は以下のように述べていました。 「保守的に見積もっても、今回の感染規模は SARS の 10倍以上になる。 武漢は既に制御不能だ。 これまでどんな感染症でも、食い止める方法があると思ってきたが、今回は無理だ。 恐ろしい」 グアン教授は、1月26日頃から発症者がさらに増えるだろうとしています。 いずれにしましても、現在の状況が急激に好転する可能性は今のところはなさそうで、出来得るなら、変異により毒性に変化が出ないことを祈るばかりです。 なお、現時点で予防法は「ない」と考えていたほうがいいと思います。 厳戒態勢の医療従事者の方々が次々と感染している状況で、市販のマスクをしたりしたところで、ほとんど何の効用も示さないように思われます。 いずれにしましても、「最も多くの中国の人たちが渡航する日本」には、春節に時期に通常よりたくさんの訪問者があることは、ある程度は確実ですので、進んで人混みに行くようなことはしない方がいい時期なのかもしれません。

次の

【バイオハザード】中国の武漢のアウトブレイク、これは他人事ではない!なんと東京の早稲田に同じものがあった! : Kazumoto Iguchi's blog 3

武漢 バイオ ハザード

中華人民共和国に指定されている。 12月現在、研究所には合計266人の研究員がおり、内訳は科学研究職189名、大学院生253名(課程124名と課程129名)などが在籍する。 所長は ()。 委員会は ()。 沿革 [ ] 、「中国科学院武漢微生物研究室」として設立。 同年、がとと協力してに研究所を設立することを決定。 研究室の設立は、武漢大学学部長で微生物学の主任教員を務めていた ()を筆頭として行われた。 研究室は、各分野の研究のために次の4つのグループに分かれていた。 研究分野 研究内容 指導者 および、ウイルス 学部長兼微生物教育研究主任 () 土壌微生物の生命活動と植物および土壌との関係 土壤農学研究主任 () 微生物を利用した植物病の抑制 華中農学院植物保護研究主任 () 、および 細菌(放線菌を含む)およびそれらのファージ変異、遺伝学および 武漢大学微生物教育研究副主任 () 11月、「中国科学院中南微生物研究所」 、さらに10月には「武漢微生物研究所」に改名され、にの地方分院が廃止されるとともに科学技術委員会の所管となり、「湖北微生物研究所」となった。 の ()の前に中国科学院の管轄に戻され、「中国科学院武漢病毒所」として改編された。 付属施設 [ ] 中国科学院武漢国家生物安全実験室( 中国科学院武汉国家生物安全实验室、 National Biosafety Laboratory NBL , Wuhan )は、武漢P4ラボまたは地元では単にP4ラボとも呼ばれる、と共同で建設されたP4(4:BSL-4)研究所である。 に完成し、に正式な運営が開始された。 の感染拡大が顕在化する以前は、実験施設を対外的にアピールしており、には当時の首相、が視察を行っている。 研究機器 [ ]• H-7000FA• Amray 1000B• ギルソン GIAPD多機能分析システム• GC-9Aシステム• UV-300• Super NOVA 極薄 歴代所長 [ ] 姓名 任期 備考 1 () 1956年6月-1984年3月 2 () 1985年9月-1987年9月 3 () 1994年4月-2000年10月 4 () 2000年10月-2008年8月 5 () 2008年8月-2018年10月 6 () 2018年10月- 歴代党委員会書記 [ ] 姓名 任期 備考 1 許 力 1958年3月-1959年2月 2 劉 然 1961年3月-1979年12月 3 曹 健 1980年1月-1984年7月 4 湯吉梅 1987年9月-1992年4月 5 何添福 1992年4月-1996年6月 6 李興革 1996年6月-2004年8月 7 袁志明 2004年8月-2013年8月 8 肖庚富 2018年12月- 疑惑 [ ] 「」、「」、「」、および「」も参照 2015年には研究の委託として370万ドルの資金援助を行うなど同研究所はを積極的に研究している。 2017年頃から、施設管理の面からの可能性が指摘されており、現在、とともにの感染源であるとの疑惑が上がっている。 のやではにアメリカの外交官が同研究所を視察した際に「危険性」があると、研究所の安全面の不備についてに公電にて伝達していたとする報道があり 、これについて米政府も調査中である。 これに対し、武漢ウイルス研究所の幹部は「ありえない」話だとして全否定 、日本のに当たるも同研究所からウイルスが流出したとの説を否定した。 さらに、(WHO)もは動物由来で、人工のものではないとしたうえで、「研究所から流出した可能性はないとみている」とした。 アメリカのを統括する(ODNI)もウイルスは人工のものではないと発表し 、英語圏5カ国の諜報当局が運営する(ファイブアイズ)も「研究所から流出した可能性は極めて低いとみている」と報じられた。 2020年に形式で開かれたWHOの総会では、中国での新型コロナウイルスの発生源について国際的な独立調査を行うことで同意した。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• , , 2010年02月18日 , 2020年2月18日閲覧。 中国科学院武汉病毒研究所. 2020年1月31日閲覧。 : p. 第3版. 1956年6月7日• 武汉地方志编纂委员会, ed 1993年2月. 《武汉市志:科学志》. 武汉大学出版社. 第564页• 中国科学院武汉文献情报中心. 2018年1月17日時点のよりアーカイブ。 2020年1月31日閲覧。 中国国立武漢生物安全研究所。 AFP 2020年4月18日. 2020年4月17日閲覧。 2020年4月11日. 2020年5月11日閲覧。 2020年4月22日. 2020年5月11日閲覧。 2020年2月9日. 2020年2月16日閲覧。 2020年2月10日. 2020年2月16日閲覧。 (NHK). 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 2020年4月16日. 2020年4月16日閲覧。 (BBC). 2020年4月18日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月19日. 2020年4月20日閲覧。 2020年4月19日. 2020年4月20日閲覧。 (NHK). 2020年4月19日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月21日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月20日. 2020年4月22日閲覧。 2020年4月21日. 2020年4月22日閲覧。 2020年5月1日. 2020年5月11日閲覧。 2020年5月5日. 2020年5月11日閲覧。 2020年5月18日. 2020年5月18日閲覧。 2020年5月19日. 2020年5月19日閲覧。 (BBC). 2020年5月20日. 2020年5月20日閲覧。 関連項目 [ ]• 2019新型コロナウイルスに関する項目• - 疾患の原因となる• - 上記項目のウイルスによって引き起こされる疾患• - 当疾患の流行状況• (コロナ禍) 外部リンク [ ]• - (2017年7月21日アーカイブ分).

次の

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

武漢 バイオ ハザード

呼称 [ ] 例えば「レベル4」の実験室はよく BSL-4 と呼ばれる。 かつては 物理的封じ込め Physical containment と呼ばれ、 P4 ともいわれていたが、 P が "Pathogen"(病原体)や "Protection level"(防御レベル)の略などとされることもあって混乱が生じたため、現在では バイオセーフティーレベルもしくは BSL の名称を用いるようになった。 WHO が制定した Laboratory biosafety manual (訳:実験室生物安全指針 )に基づき、各国で病原体の危険性に応じて4段階の リスクグループが定められており、それに応じた取り扱いレベル(バイオセーフティーレベル)が定められている。 リスクグループ [ ] ・などはその危険性に応じ、各国により次の4段階のリスクグループに分類される。 病原体などの危険性は地域の環境に左右されるため、病原体などのリスク分類は、地域ごとに定めることになっている p. 日本では、所管のが、国立感染症研究所病原体等安全管理規定(第三版) の別表2・別表3 p. 19-36 において日本国独自のリストを作成した。 特に別表3はの定める特定病原体などをリスク分類したものである。 グループ1 あるいはに病気を起こす可能性の低い。 グループ2 ヒトあるいは動物に病気を起こすが、実験者およびその属する集団や・に対して重大な災害を起こす可能性はほとんどない。 実験室感染で重篤を起こしても、有効な治療法・予防法があり、感染の拡大も限られている。 グループ3 ヒトあるいは動物に生死に関わる程度の重篤な病気を起こすが、有効な治療法・予防法がある。 ・など。 グループ4 ヒトあるいは動物に生死に関わる程度の重篤な病気を起こし、容易にヒトからヒトへ直接・間接の感染を起こす。 有効な治療法・予防法は確立されていない。 多数存在する病原体の中でも毒性や感染性が最強クラスである。 ・ ・ など。 リスクグループと対応する病原体 [ ] リスクグループと対応する病原体 リスクグループ 、、 細菌 1 リスクグループ2または3に属さない細菌 リスクグループ2または3に属さないもの 2• O157などの• (志賀毒素)• のワクチン株 など• (ワクチン株を除く)• バイオセーフティーレベル [ ] 「バイオセーフティーレベル」は「リスクグループ」に対応している。 例えばリスクグループ3の病原体は、バイオセーフティーレベル3以上の実験室で扱うとしている。 ただしこれはあくまで原則である。 例えばリスクグループ2の病原体でも、高濃度のが発生するような作業などでは、バイオセーフティーレベル3の実験室で行なわないと危険である p. 2-3。 各国が別々に定めるリスクグループとは異なり、バイオセーフティーレベルの要件は世界共通で次の通りである。 この節のが望まれています。 レベル1 [ ]• 通常の微生物実験室で、特別に隔離されている必要はない。 一般外来者の立ち入りを禁止する必要はないが、16歳未満の者の入室を禁ずる。 実験室での飲食・を禁ずる。 微生物を取り扱う人物は、病原体取り扱い訓練を受けた人物でなければならない。 レベル2 [ ] (レベル1に加えて)• 実験室の扉には、の警告が表示されなければならない。 許可された人物のみが入室できる。 実験中は窓・扉を閉め、施錠されなければならない。 施設にはが設置されていることが望ましい(実験室内にある必要はない)。 (クラスIIA以上)の設置。 基本はその中で作業する(エアロゾルが発生しない作業はキャビネット外でも可)。 実験者は、作業着または白衣を着用しなければならない。 種名がわからない検体など「適切なリスク評価を実施するために必要な情報が(中略)不足している場合(中略)には、基本的な封じ込め策-バイオセーフティレベル2」を適用する( p. 8;原文 p. レベル3 [ ] レベル2までと異なり、封じ込め実験室である。 要件は次の通り。 (レベル2に加えて)• 廊下の立ち入り制限。 白衣などに着替えるための前室(など)を設置しなければならない。 そのとき前後のドアを同時に開いてはならない。 壁・床・天井・作業台などの表面は・洗浄可能なようにする。 排気系を調節し、常に外部から実験室内に空気を流入させる。 実験室からの排気は、高性能を通しした上で大気に放出する。 実験は生物学用安全キャビネットの中で行う。 は実験室内に設置されることが望ましく、実験室壁内に固定の両面オートクレーブも推奨される。 動物実験は生物学用安全キャビネットの中もしくは陰圧アイソレーターの中で行う。 作業員名簿に記載された者以外の立ち入りを禁ずる。 レベル4 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。 2014年11月10日 最高度安全実験施設である。 レベル3に加えて、レベル4の実験室は他の施設から完全に隔離され、詳細な実験室の運用マニュアルが装備される。 (レベル3に加えて)• クラスIIIを使用しなければならない。 通り抜け式を設置する。 シャワー室を設置する。 実験室からの排気は高性能フィルターで2段浄化する。 未着用での入室を禁ずる。 レベル4の実験室を保有しているは限られており、日本ではとにのみ、レベル4実験室が設置されている。 上記のような事態が現実に日本で起こった例として、1987年(62年)に渡航者がに感染して日本に帰国し、帰国後に発病した事例がある。 稼動中のBSL-4施設がなかったために、日本での確定診断・治癒確認が不可能で、検体をに発送して確認を仰ぐ事態となった。 なお遺伝子・血清学的診断などのウイルス学的検査は、国立感染症研究所村山庁舎のウイルス第一部第一室において対応可能である。 (27年)、は、国立感染症研究所村山庁舎を国内初のBSL-4に指定した。 2019年現在、においてBSL-4施設建設が進んでいる。 一覧 [ ] 世界におけるレベル4・3に対応する施設は以下の通り。 (感染症法)• (感染制御)• - ラボラトリにおけるバイオリスク管理のためのCEN()合意文書 CWA• 出典 [ ]• 杉山和良 2002-01-19 , , 東京: , 2008年9月28日閲覧。 , Geneva: , pp. 186, , 2008年9月28日閲覧。 , 東京: , pp. 185 , 2008年9月28日閲覧。 2007-06-29 , 第三版 ed. , 東京: , pp. 67 , 2008年9月28日閲覧。 ただしのワクチン株はリスクグループ3。 はリスクグループ3。 、、はリスクグループ3。 とはリスクグループ3。 国立感染症研究所 2012年3月. 2014年8月10日閲覧。 長崎大学• 東京都健康安全研究センター• 大阪府公衆衛生研究所 平成12年4月• 大阪市 外部リンク [ ]•

次の