大阪 コロナ ライブ 誰。 【コロナ】大阪京橋ライブハウスArcの出演者は誰?場所や感染者数は?

最新[大阪コロナライブハウスアーク(Arc)]場所とアーティストは誰?参加者や経路は!?

大阪 コロナ ライブ 誰

スポンサーリンク こんにちは、リエコです。 連日、拡大しつつある 新型コロナウイルス感染症のニュースが後を絶ちません。 先月15日~16日に開催された大阪・京橋にあるライブハウス「 Arc」においてのクラスター感染は全国各地に蔓延させてしまいました。 5日、栃木県では大型商業施設福田屋インターパーク店内の雑貨店「ロフト」の従業員が大阪のライブに参加し、感染が確認されています。 そこで今回は「 大阪ライブハウス「Arc」新型コロナ集団感染した出演バンド名は?アーティストも感染?」と題しまして、大阪ライブハウス「Arc」での新型コロナ集団感染時に出演していたバンド名や、参加アーティストの感染報告について追ってみました。 それではさっそく本題に入っていきましょう。 大阪ライブハウス「Arc」新型コロナ集団感染した出演バンド名は? 【発表】新型コロナ感染者3人、大阪市のライブに参加 2月15日に、都島区の「大阪京橋ライブハウスArc」に滞在していたことが判明。 当日は100人程度が参加していたという。 問題となったのは、「大阪京橋ライブハウスArc」で2月15、16日に開かれたライブに約220人が参加していたのです。 さて、全国各地からファンを寄せ集めたそのバンドとは一体誰なのでしょうか。 調べてみたところ、2月15日は「カツオコレクションVOl. 55」と称したイベントが開催されていました。 出演アーティストは以下の通りです。 ・ZILCONIA ・GRAND COLORSTONE ・KING ・プラチナリズム なお、Twitterには、それぞれのアーティストがコメントを発信し、ライブに参加した観客に体調管理などの注意喚起を。 また、このような事態を引き起こした4組のアーティストはしばらく活動を自粛することに決めたようです。 KINGは、3月1日に東京・吉祥寺で行う予定だったライブ出演を自粛しています。 ライブに参加したアーティストも感染? 声を大にして言います。 カツオコレクションは何も悪くない!! みんなわかってますよね。 — 野田賢輔 ミニマリストになれない kensukenoda そーいやあのライブハウス、当日何のライブやっていたんだろう?って気になって調べたら、内容がますます気になってくる。 競りでもやってたの? — タッツ tatsu619 なるほど、高知の看護師が「カツオコレクションvol. 55」に参加。 対バンライブのバンドだね。 4組のバンドはそれぞれSNSを発信し、自分たちは感染に至らなかったことをすでに報告しています。 まとめ 今回は「大阪ライブハウス「Arc」新型コロナ集団感染した出演バンド名は?アーティストも感染?」と題しまして、大阪ライブハウス「Arc」での新型コロナ集団感染時に出演していたバンド名や、参加アーティストの感染報告について追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。 全国に広まった新型コロナは猛威を奮う一方、政府が感染のヤマと定めた2週間まで間もなくとされています。 終息はまだまだ時間がかかりそうですね。 それではここまでにさせていただきます。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

【コロナ】大阪京橋ライブハウスArcの出演者は誰?場所や感染者数は?

大阪 コロナ ライブ 誰

大阪府は28日、ライブハウスなど新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した業種に限って続けていた休業要請の解除を決めた。 大阪と同様に21日まで緊急事態宣言が続いていた兵庫県や京都府も解除を決めており、近畿地方では6月1日午前0時から、すべての業種に対する休業要請が終わる。 大阪府の解除対象はカラオケ、スポーツクラブ、ライブハウス、接待を伴う飲食店など。 解除する日は兵庫や京都と足並みを合わせ、当初予定していた5月30日から6月1日にずらした。 この日の対策本部会議で決めた。 休業要請を解除する前提として、業種ごとに業界団体などがつくった感染防止のガイドラインを守ってもらうことを依頼する。 ライブハウスや接待を伴う飲食店にはガイドラインがないため、府が独自に策定した。 ライブハウスには原則着席してもらうことや、ステージと客席を2メートル以上離したり、アクリル板などで遮蔽(しゃへい)したりするなどの対策を求めた。 接待を伴う飲食店には、接客の際に身体的な接触を避けることや、お酌をするときは手指を消毒することの徹底を要請する。 いずれの業種にも、QRコードを使った府独自のコロナ追跡システムの導入も求める。 しかし、吉村洋文知事は28日、「2度、3度と波が来たときに同じ措置をすると、府民の生活がもたないんじゃないか」と慎重な姿勢を示した。 府が示したガイドラインに困惑するのがライブハウスだ。 4月6日から休業してきた「長….

次の

【コロナ】 高知の感染者、「大阪京橋ライブハウスArc」の2/15ライブ「カツオコレクション」に参加

大阪 コロナ ライブ 誰

新型コロナクラスター発生:店名公開されたお店 昨日、動画で話をした大阪市都島区のライブハウス、Arcの件ですが、 密室でのクラスター感染が発生してるかもしれないとは…。 90人に連絡がつかないってのはシャレにならないな。 — Freeman freeobligation <ライブハウス「Arc」> 始まりは、大阪府都島区にあるライブハウス「Arc」といわれています。 ここArcでは、2月15~16日の間に複数のバンドが出演していたこともあり、多くの来場者で店内が埋め尽くされていたといいます。 それから約2週間後の3月4日。 この日の記者会見にて大阪府が新たな感染者を発表。 それによると、その日の新たな感染者9人のうち3人がArcを訪問していたことが判明します。 <ライブハウス「Soap opera classics Umeda」> 次のクラスター発生は、北区にあるライブハウス「Soap opera classics Umeda」でした。 ここでは、2月19日に1回、23日に2回と、イベントを開催。 しかも、驚くことにその4人のうちの1人に関しては、ここ「Soap opera classics Umeda」と共に「Arc」にも来訪していたことが判明します。 このように、感染者が両店舗に来訪していたという事実は当時としては驚愕するところで、さらなる感染者が危惧される案件となりました。 ちなみに、この「Arc」と「Soap~」の両店舗に来訪していたという感染者の足取りは、このようになっています。 この感染者は、大阪府内に住むという30代の男性。 男性は、両ライヴハウスの関係者であるらしく「Arc:2月16日」「Soap~:2月19日・23日」と、複数回足を運んでいました。 肝心の症状ですが、2月16日のArc訪問の時点では無症状。 19日のSoap~でも無症状だったとのこと。 しかし、その後の20日に鼻水が出始めることになったといいます。 つまり、この男性は16日のArcのイベントにて感染した…という見方が濃厚。 このことから、16~19日までの間に接触したであろう「ライブハウス関係者(スタッフ、客など)・家族や知人・職場」などといった、その男性の接触者たちへの影響が懸念されたということでした。 しかし、懸念されたとはいっても、家族や知人など近しい人物であればまだしも…。 Arcに訪れていたのは少なくとも90人以上といわれ、Soap~に関しては3回のイベントで計170人以上の人々が参加していたといわれています。 これだけの人数の中から1人ひとりを把握するのは不可能。 しかも、その1人ひとりの連絡先を調べて連絡を取るのは非常に難しいことです。 当然ながら、感染経路の解明を進めるも難航したといいます。 このようなケースは、きっとこの件ばかりではなかったことでしょう。 何件、何十件…いやいや何百件とあったのではないかと思われます。 やはり、完璧に追跡することはできないのでしょうか。 新型コロナクラスター発生:店名が非公開となったお店 7人の感染者が出ていて、その感染者らから店名と営業形態は確認できていないと。 それならなぜ「バー」と表現するのか。 新たに4人感染確認 うち3人は集団感染発生のミナミのバーを訪れる 大阪府(ABCニュース) — 山内 憲之 kyrino ライブハウス「Arc」・ライブハウス「Soap opera classics Umeda」に引き続き、クラスター発生の現場となったのは、北区にあるショーパブやクラブ・ミナミのバーでした。 しかしながら、こちらのお店は店名が非公開。 当時、店名公表に向けてお店へ協力を求めたそうなのですが、ここでは拒否をされたといいます。 感染が判明したのは4月1日のことで、この日の感染者は18名。 その感染者のほとんどは従業員や客などといったお店の関係者でした。 しかしながら、そうはいっても行動証明などが不確かであったり、嘘を言っているという可能性もあったため、聞き取りは難航したのだそう。 そのため、全容を明かして追跡したいものの…、結局のところ、全容は判明しないまま終わってしまったとのことでした。 新型コロナなぜ、店名公開しないのか 「クラスター発生した店舗は、店名を公表すべき」 当時、そんな声もあったといいます。 確かに、店名を公表してそこに行かないようにする…そうすることで、ウィルス感染予防にもなりますよね。 しかし、店名公表というのは、行政側が勝手に公表することはできないそうです。 公表にはお店側の協力が必要で、承諾を得て初めて店名が公表できるのだそう。 ただ、風評被害を恐れて拒否するお店が多いということで、店名公表はなかなか進まないといいます。 ただ、そればかりが店名公表できない理由ではなく、「追い切れない」というのも現実としてあるのだとか。 大規模なクラスター発生であればまだ追い切れるのだそうですが…。 小規模なクラスター発生となると、全てを追うことは不可能近いことなのだそうですよ。 そのため、クラスターが発生していても判明していないお店は数多くあるのではないかといわれています。 当時、吉村知事はクラスター発生への危機感から、店名公表のことばかりではなく、お店・そのお店への客に対して「利用自粛・営業自粛」を訴えました。 しかしながら、それもまた強制はできないことから難航。 さらなるクラスター発生が危惧されることとなりました。 お店側にはお店側の苦しみが、行政側には行政側の苦しみがありますよね。 何をどうすれば、誰もが幸せとなれる最善の道となるのでしょうか。 現在のところ、とりあえずは新型コロナウィルスの脅威はひと段落しました。 ただ、それはあくまでも季節性のものであるだけのことかもしれませんよね。 夏が終わり、またくる秋・冬。 気温が下がる季節にまたやってくるかもしれない新型コロナウィルスの感染拡大に、これまでの教訓を生かせるよう、今から1人ひとりが何か対策を考えておきたいものです。

次の