流山 保育園 コロナ。 新型コロナウイルス感染症関連情報|流山市

千葉県流山市立流山小学校

流山 保育園 コロナ

小金井市が保護者に向けて出した通知「登園の自粛のお願いについて」 「自治体の要請」による場合、日割りで減額 Q 登園自粛をした場合、保育料は返金されたり、減額されたりするのですか? A 内閣府は、市区町村の要請によって保育園が休園した場合に加え、市区町村からの登園回避の要請によって保育園を欠席した場合、「利用者負担額など」(保育料など)を 日割り計算で減額するよう自治体に通知しています。 通知は、各都道府県と政令指定都市、中核市に向けて、2月27日、3月4、6、12日に出されています。 在宅の保護者に自宅での養育を要請した場合も Q 減額されるのは、具体的にはどのようなケースですか? A 通知では4つ挙げられています。 自治体ごとに減額する・しないの判断が割れる可能性はありますか? A 今回の新型コロナウイルス感染症対策における利用者負担額の日割りについては、法令(子ども・子育て支援法施行令第24条第2項)にもとづくものであるため、 自治体の裁量で拒否する(日割り減額をしない)ことはできません。 Q 市区町村の要請ではなく、保育園の自主判断による「登園自粛」要請の場合はどうなりますか? A 内閣府の子ども・子育て本部は「あくまでも保育の義務は市区町村にあるので、保育園を休園するかどうか、自主登園を要請するかどうかの判断は市区町村が行うもの。 保育の委託義務も市区町村にあるので、 現場(各保育園)の判断で保護者に『登園自粛』をお願いするということがあってはならない」としています。 ただ、園の判断で保護者に要請したケースでも、市区町村が事後に同意する場合は、日割り対象として認められます。 同本部は東京すくすくの取材に対し「実際に保育園の判断による登園自粛の要請が起きてしまっているのであれば、 利用者に不利益が生じないように、市区町村が協議し、対応すべきだ」と答えています。 Q 保護者の自主判断による登園自粛の場合は、どうなりますか? A 市区町村の要請がない場合には、日割り負担の対象にならない可能性があります。 保護者側の手続きは? 基本的には必要なし Q 実際に日割り計算での減額を求める場合、保護者はどのような手続きをすることになるのでしょうか。 A 保護者側の手続きは基本的には必要ありません。 その月に何日欠席したかという情報は、園が把握しています。 自治体が園へ聞き取り調査をし、返金、もしくは翌月の利用料から差し引いて請求するなどの形を取ることになります。 ただ、自治体によっては、園を通して申請書を提出するように求めている場合もあるので、利用している園などに確認するとよいでしょう。 Q 保育料の減額について参考になる資料はありますか? A 内閣府ホームページに掲載されている下の2つの資料が参考になります。 ただし対象にならず、保育料を払っている人もいます。 >と太字部分の文言を追加・修正しました。 2歳児クラスには2種類あり、3号時認定を受けたクラスと、園独自で作ったクラス 誰でも入れる があります。 私が仕事をしておらず、子どもが入園後に仕事を探す予定だったので、うちは園独自の2歳児クラスに在籍しています。 園からは全体メールで、東京都からの自粛要請の通達が送られてきました。 保育料については一向に知らせがこないので、管轄の市に問い合わせたところ、3号児クラスについては保育料の日割り返金を通知しているが、園独自のクラスについては、行政からは何も言えないとのことでした。 園に問い合わせると、園は開けているので返金しないとのことでした。 因みに、月3万の保育料の他に、施設充実費や給食費等の諸費用も払っています。 今後、自粛がどれくらい続くか分かりませんが、、認定こども園の園独自のクラスのついては、どうにもならないのでしょうか。 こちらの記事に対して、東京都が管轄する認証保育園については、当てはまりますか。 児童福祉法に当たらず、当てはまりそうませんか。 今だに、品川区、保育園からも、返還の措置なく、、日々申し立て。 本当にストレスです。 こちらも、二人品川区の認証に通わせています。 3月の頭から、区から自粛要請が出て、さらに園から自粛要請され、自粛に従ったものの、保育料は満額。 不利益を被っています。 品川区の認証担当窓口は、到底納得のいかない理由をあげる慇懃無礼な回答の連続。 この記事に関して。 内閣府の案内書がどこまでの保育園が対象になるのか明確に記載すべき。 認可保育園以外に、認証保育園、認可外保育園、その他、色々な保育園に通わせている保護者がいると思います。 認可保育園は、記事に記載のあるとおり、内閣府からのお達しがあり、返還がきちんとあるはず。 しかし、問題はこれが全ての保育園に当てはまらないということ。 私は内閣府へ電話をして、認証は東京都独自の管轄におけるので、これに当てはまらないと聞きました。 今返還について問題があるのは、そこに当てはまらない認証保育園や認可外保育園です。 返還がされたりされなかったり、自治体によりバラバラ。 おかしな状況がおきています。 その保護者たちが今この記事を読んでいると思います。 産休中で身体的にも精神的にきついので、現在も保育園に通わせています。 コロナの感染拡大を理由に仕事以外での保育を自粛と言うのは意味がわかりません。 正直、仕事をしてる家庭の保育はやむをえないと言う考え方の前に、職場に出てる時点で感染する可能性があるのに、そのお子様は保育可能?だったら、一律して保育園を学校と同じで登園禁止にしてほしいです。 どこの家庭も生活が大変なのは一緒だと思います。 貯金もなく、支払いを先延ばしにしてもらっても結局仕事をしなくてはお金がないのだから、延ばされても払えないものは払えない。 貯金もあり、数ヶ月生活出来る余力のある家庭からしたら、問題のない話でも、そうでない家庭もあるんです。 書面上でしか各家庭を把握してないのに中途半端な制限と支援では何も変わらないし、コロナの感染拡大も止められないと思います。 判断を誤っておいて、今更国民に自粛自粛と言うのであればそれなりの補償と厳戒態勢を取るべきだと思います。 何名かコメントされている方と同様の状況で、上の子2歳、下の子0歳で復職前提の育休にて上の子を保育園に預けています。 保育園からは手紙でも園長の口頭でも「登園自粛、ご協力を」「当面の間家庭での保育を」と要請が。 行政に問い合わせると「行政としての自粛依頼ではなく、通わせる権利がある」という回答のみ。 現場で子供を見てくださってる先生方の仕事量が激増していることは容易に想像出来、幼い子供たちに三密を避けろなんてどだい無理な話。 直接声をかけられてしまうと通わせる事自体に罪悪感を感じてしまう。 復職を考えれば退園の選択肢はなく、感染リスクを考えれば登園させることも恐ろしく、行政としては『親が勝手に休ませているだけ』の認識なので高額な保育料だけが支出として家計に重くのしかかる。 自粛しろ、でもお金は払え。 全く納得出来ない。 さいたま市の認可保育園に未満児を通わせています。 現在、下の子の育休中です。 園から登園自粛の協力依頼があり、家庭保育をしています。 保育料はどうなるのか問い合わせたところ、自治体からの要請ではないので返金はないと言われました。 この記事を踏まえて園から協力依頼があったことを話しても、強制はしないように指導しているので、それを受けて登園自粛してもそれは自主的な欠席と同じ扱いとのことでした。 実際、どうせ満額払うならばと、育休中や上の子の休校で仕事を休んでいても登園させる家庭もあるようです。 いっそ休園になってしまえば仕事も休めるし返金もされるのでありがたいという声すら聞きます。 自治体は、働く親のために保育園は開園が原則だと言っています。 医療や物流関係で働かれているご家庭などのことを考えると、それはもっともだと思います。 そしてだからこそ、行政には感染者が出て休園にならないための努力を最大限してほしいと思います。 現在は物資の供給以外の対策は基本現場任せです。 もし保育料返金の要件が緩和され登園自粛をする家庭が増えれば、保育士はぐっと楽になるでしょう。 そして、園児が減れば自動的に感染拡大の可能性が下がります。 個々人ではどうにもならないレベルのことをするのが自治体や国の役割です。 マスクの配布もいいですが、どうせ税金を使うならば、そういう形で使ってほしいと思います。 メディアがこうした声をどんどん集め、国を動かしてくれることを期待します。 川崎市の保育園に通わせています。 現在産休 生後1ヶ月 のため在宅環境にあり上の子 2歳 の登園を3月から自粛しております。 区役所に保育料の返金を問い合わせたところ、個人の勝手な都合によるお休み扱いとなるため返金できませんとの返答でした。 コロナ感染防止による自粛は個人の勝手な都合扱いになるのでしょうか?なぜ学校はお休み要請が出ているのに保育園、幼稚園等の幼児、乳児環境はそのまま放置されているのでしょうか?各自治体により返金されたりされなかったりするのは非常に不公平だと思います。 通っていないのに高い保育料を払い続けないといけないことに納得いきません。 この状況がまだ数ヶ月続くようであれば、退園も考慮にいれることになりますが、そうなれば会社に復帰できなくなるので、悩んでおります。 同じ悩みをもっている方多いのではないでしょうか。 保育園に預けている方は働いているのではないですか?保育士よりも高いお給料を貰っている方が殆ど。 こんな時は子ども第一で、お金より幼い命にして頂きたい。 300万以上の大きな車を買うなら一年働かなくてもいいでしょう。 この時期、旅行に外食に出掛けている方のお子さんを、なぜ消毒…検温とあらゆることから神経を使い、1日を終え、持ち帰りの仕事をし、早番でまた仕事。 自分自身情けなくなります。 疲れて家庭にあたりまた反省。 なんなんでしょう。 保育事情…声がうるさいと窓が開けられません。 換気出来ません。 学校ばかりが休みになりなぜ幼い命は保育士はどうでもいいのですか?いつ感染してもおかしくない状況。 感染すると大きくニュースにされ保育士感染がまず出ます。 おかしくないですか?乳児突然死が多い4月、毎日が恐ろしいです。 4月から入園予定でしたが、0歳の子。 保育園内は、濃厚接触どころか、玩具を舐めたり、同じ物を色々な人が触る場所。 保育士、園児、保護者の誰かがウイルス感染すれば、全員が超濃厚接触者になります。 家族と話し合い、入園を遅らせることにしました。 ただ、1か月後?2か月後? 日々、状況が変わる中、近い将来、収束する見通しもないので、諦めて登園させるか私が退職するか… 経済のことなどもあるとは思いますが、政府が非常事態宣言を出し、感染拡大を早めに一度くいとめる必要もあると思います。 子どもの命を守るために学校は休校になるのに、免疫力がさらに低い小さな命は、働く親のために致し方ないのでしょうか?働かなければいけないから、保育園にいかなければならないと思います。 子どもを持っている保育士の方々もいらっしゃるでしょうし。 つまりは、政府は補償をしたくないから?と思えてしまいます。 学校を休みにしても補償は関係ないですからね。 非常事態宣言を出さないのも同じですよね。 こんな楽観的な考えで対応していて、この先大丈夫でしょうか? 非常事態宣言を出さないことで、さらに長期化すると思います。 Q 市区町村の要請ではなく、保育園の自主判断による「登園自粛」要請の場合はどうなりますか? A 内閣府の子ども・子育て本部は「あくまでも保育の義務は市区町村にあるので、保育園を休園するかどうか、自主登園を要請するかどうかの判断は市区町村が行うもの。 保育の委託義務も市区町村にあるので、現場(各保育園)の判断で保護者に『登園自粛』をお願いするということがあってはならない」としています。 ただ、園の判断で保護者に要請したケースでも、市区町村が事後に同意する場合は、日割り対象として認められます。 同本部は「実際に保育園の判断による登園自粛の要請が起きてしまっているのであれば、利用者に不利益が生じないように、市区町村が協議し、対応すべきだ」としています。 上記のソースはどちらでしょう? ページから内閣府のリンクに飛びましたが、FAQ等で確認できません。 世田谷区在住ですが、区に問い合わせたところ以下の回答であり、日割り計算に応じてもらえません。 (前段で区から自粛要請がでている時点で、日割り減額が適用される条件は満たしているはず。 ) 当QAによると「今回の新型コロナウイルス感染症対策における利用者負担額の日割りについては、法令(子ども・子育て支援法施行令第24条第2項)にもとづくものであるため、自治体の裁量で拒否する(日割り減額をしない)ことはできません。 」との記載がありますが、実際には上述のとおり自治体に拒否されている状態です。 いったいどこに相談すれば日割り減額に応じて頂けるのでしょうか?• Q 自治体に返金・減額について保護者が問い合わせたところ「返金(減額)はしません」と回答されたケースがありました。 自治体ごとに減額する・しないの判断が割れる可能性はありますか? A 今回の新型コロナウイルス感染症対策における利用者負担額の日割りについては、法令(子ども・子育て支援法施行令第24条第2項)にもとづくものであるため、自治体の裁量で拒否する(日割り減額をしない)ことはできません。 この部分ですが、内閣府に確認をしたところ、この質問は必ず減額しなさいではなく、日割り計算を行わず、「額だけ返すね」とか、かってな基準を設けずにちゃんと日割りの計算をしなさい、という意味と言われてます。 かえす、返さないは、地方自治の考えから強制はできないというのが、内閣府の考えとおききしました。 この部分は再度確認された方が良いかと思います。 また Q 実際に日割り計算での減額を求める場合、保護者はどのような手続きをすることになるのでしょうか。 A 保護者側の手続きは基本的には必要ありません。 その月に何日欠席したかという情報は、園が把握しています。 自治体が園へ聞き取り調査をし、返金、もしくは翌月の利用料から差し引いて請求するなどの形を取ることになります。 この部分も、自治体によっては園にある申請書を提出するよう求めている自治体がありました。 自治体ごとに対応が変わるので、一律なにもしないでよいと、言い切るのは、申請が必要な家庭がこの記事を信じてなにもしないで、返還されない、という事象を生み出す可能性があるので、再度ご確認をお願いします• 東京都日野市在住、市立保育園に2歳の子どもが通っている保護者です。 わが家では、コロナウイルス予防として登園を1ヵ月ほど自粛しておりますが、そのことによる保育料の取り扱いについて、市はどのようにお考えなのか、保育課に相談いたしました。 すると、先日、ご担当者から以下のお返事をいただきました。 ——- 登園をされていない場合の保育料についてですが、日野市においては国の方針どおり、保育施設の利用者に対して、現時点では登園自粛要請を行っておりませんので、保育料の扱いはこれまでと同様となっております。 各園に対しては再度徹底の周知をしております。 ご理解のほどよろしくお願いします。 ——— 本文中で「各園に対しては再度徹底の周知をしております」とあるのは、わが家は、下の子(新生児)の育休中もあってか、園から登園を自粛するよう口頭で「お願い」されたからです。 しかし、この返答からは「園が勝手にやっていることだから、市は責任をとらない」と捉えられます。 市内発生者が出ている、中国での小児発生者の状況等をふまえると、むしろ園は子どもや保護者のために言ってくれているのだと思いますし、保護者としても自粛に協力している感覚です。 保育料もけっして安い金額ではなく、今後もこのような状況が続く見通しのなかで、受益していないサービス料を支払い続けなかればならないのは厳しいなあと思いました(退園は職場復帰ができないので選択肢にありません)。 できれば、返還の動きになってほしいですが、そうでなくとも、逃げ口上ではなく誠意ある回答をしてほしいというのが願いです。 ほかに同様の悩みを抱えている保護者も、いるのではないでしょうか。 駄目なら駄目で、わざわざ個別対応にならないように、市のホームページで方針を周知してもらえばればありがたいと思います。

次の

流山の子育て世代が「テイクアウトマップ」アプリ コロナでピンチの飲食店のため 昼食に悩むテレワーク家庭も重宝

流山 保育園 コロナ

ページ番号1024556 更新日 令和2年6月18日 市長メッセージ• 新型コロナウイルス感染症に関する情報• 公共施設・イベントなどに関する情報• 生活支援に関する情報• 新型コロナウイルス感染症予防事業などの支援について• 税に関する情報• 教育・保育に関する情報• 妊娠・子育て中の方向けの情報• 高齢者・介護者などの方向けの情報• 消費生活に関する情報• 医療・保険・年金に関する情報• 検診・健診に関する情報• 事業者・労働者の方向け情報• 自治会向け情報• 防災に関する情報• 市役所窓口の対応などの情報•

次の

千葉県流山市立流山小学校

流山 保育園 コロナ

流山市は2005年のTX開業を契機に新住民が増えた。 人口が20万人に迫り、増加率は7年連続で千葉県内トップ。 白沢美幸さん(38)も、よりよい子育て環境を求め、10年に東京都内から移り住んだ。 しかし、現在は新型コロナの影響が直撃している。 3月下旬に入ると、市内の飲食店では宴会などの予約キャンセルが相次ぎ「店を開けても客が来ない」と、店主らの嘆きは大きかった。 白沢さんも知人たちとの食事会を見送った。 営業をやめる店もちらほら現れた。 シャッターが下りたままの店が増え、「子どもたちが歩くまちがなくなってしまう」と心配した。 店の苦境と、「昼食は…」テレワークの悩みと 「始めよう」。 地域の課題に向き合っている子育て中のお母さんらに呼び掛け、7人でプロジェクトをスタートさせた。 これまで、空き状況や通園ルートを知らせる保育園マップ、昨年の台風15、19号の襲来時には避難所の開設情報を落とし込んだハザードマップなどを手掛けてきた。 子どもの休校や夫のテレワークで「誰かご飯を作って!」という共働きの悩みも背中を押した。 アプリケーションソフトを手直しして使いやすくし、メニューや店舗の地図、営業時間などに店からのひと言を加えて、まずは顔見知りの3軒でスタートした。 スマホで見やすい「流山テイクアウトマップ」 自薦他薦で掲載130店超「店側にも思いが届く」 4月初めに公開すると、掲載希望の飲食店や行きつけの店を推薦する市民らが続々投稿、そんな市民の取り組みに市や商工会議所も乗った。 テークアウトを始めた老舗料亭や居酒屋など掲載店舗数は130を超した。 ダイニングバーを営む山崎和希さん(44)は「効果は間違いない。 市民の思いは店側にもしっかり伝わっている」と感謝する。 従来のランチの売り上げをテークアウトが上回ったという。 転入した30~40代の子育て世代と、旧市街地に暮らす住民との交流が進む副産物もあった。 「みんなが一丸となって協力してくれる」と白沢さん。 「アクションを起こせば自分がハッピーになって、地域もちょっとだけ良くなる。 そんな新しい流れが起こるきっかけに」と願う。

次の