手作り マスク フィルター ポケット 作り方。 手作りマスクにフィルターシートを入れたい!どこで買える?種類や販売場所は?

西村大臣の折り返し付きの立体マスク作り方!動画・型紙まとめ!

手作り マスク フィルター ポケット 作り方

再生回数がもうすぐ300万回を達成する、人気の動画となっています。 プリーツマスクは、長方形に生地をカットするだけなので、特別な型紙は必要ありません。 こちらでも、動画内に型紙のサイズが掲載されていますが、市販のマスクから寸法をとっているそうです。 プリーツマスクは、プリーツのつけ方がやや難しいと感じる方が多いですが、動画内で丁寧に説明がされており、裁縫の初心者でも安心して作ることができます。 なお、動画の最後には大人の男性の着用イメージも載せてあります。 1つは一般的によく見かけるものですが、もう1つはピラミッド型(作家さんの命名です)と言って、マスクの真ん中部分が一番高く、そこから上下に均等にプリーツを入れています。 ピラミッド型プリーツの入れ方は、内布を表にし、片端を3㎝のところで折ってアイロンをかけます。 そして、反対側の端を先ほどの折り目に合わせてアイロンをかけ、さらに、今の折り目に端を合わせてアイロンをかけます。 最後に反対側の端を逆サイドに合わせてアイロンをかけると、4本の折り目がつきます。 表布を表にし、どちらの端でもいいので5㎝のところを折り、アイロンをかけ、反対側の端を逆サイドに合わせて折りアイロンをかけます。 一度開いて、後は折り目に合わせて折るとピラミッド型プリーツになります。 動画では丁寧に手順を教えてくれているので、読むよりもわかりやすいと思います。

次の

新バージョン【横ポケット付き】プリーツマスク&フィルター折り方ご紹介

手作り マスク フィルター ポケット 作り方

ネットには立体マスクの作り方や型紙が、たくさんアップされていて、どれを使用するか迷います。 今回は、ユザワヤさんが公開されている型紙を利用しました。 普段からユザワヤさんでは、毛糸やソーイングで必要なものを購入しているので親近感があります。 実際に作ってみると、私の顔にぴったり密着するし、それでいて息苦しくないし、この型紙を使用してよかったです。 型紙だけでなく、作り方の動画もアップされているので作るのもらくでした。 ユザワヤさんの立体マスクの型紙も、この動画サイトにリンクがあります。 使い捨てのマスクのときは、私は立体マスクは苦しくて苦手でした。 ダブルガーゼで作る立体マスクは、表布とフィルターポケットを重ねてダブルガーゼが2重(ガーゼが合計4枚)になります。 息苦しくなるかな?と心配しましたが、ダブルガーゼで作った立体マスクは、息をしても鼻に張り付くこともなく息苦しさも感じません。 用尺も、プリーツマスクほど用尺を使わないし、製作時間も立体マスクのほうが時間がかからないように思います。 どちらのほうが効果的かは、素人なのでわかりませんが。。。。 フィルターポケットは両端をあけたほうが入れやすい 中に入れるフィルターは、ネットで買ったもの。 医療用のものは売り切れていたので、手芸店が 「マスクのフィルターとしても使用できる」 とうたっている不織布を購入しました。 このフィルターについてはこちらに書きました。 私がネットで購入した、マスクのフィルターにも使えるという不織布は、とにかく薄い! ユザワヤさんの立体マスクだと、フィルターポケットの入り口が片方だけなのですが、最初ここからこの薄いフィルターを入れようとしても、中で折れ曲がってしまって入れるのが一苦労でした。 なのでフィルターのポケットの両側をあけました。 こうすると両方から手を入れてフィルターを引き出せるので、フィルターを出し入れしやすいです。 マスクをはめている間にフィルターがふき出してくることもありませんでした。 フィルターを入れるなら、フィルターポケットは両端をあけておいたほうが便利です。

次の

簡単フィルターポケット付きの立体マスクの作り方

手作り マスク フィルター ポケット 作り方

フィルター等を入れられるように、立体布マスクの内側にポケットを付ける方法を解説します。 これは、のアレンジです。 型紙は、のページからダウンロードしてください。 完成写真 と 解説 まずは完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。 外側から見ると普通の立体布マスクです。 内側にフィルターなどを入れられるポケットが付いています。 マスクの形にフィルターなどをカットして、 入れることができます。 左右どちら側からも入れられます。 鼻やアゴの部分までカバーしたい場合は、真ん中を11cmぐらいにしてみてください。 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター を入れることも出来ます。 ノーズフィッターを入れても、ポケットにフィルターが入ります。 フィルターポケット付きのマスクは、「表地」「裏地」「ポケット布」「ポケットに入れたフィルター」の4枚重なります。 なので、使用する生地はダブルガーゼなど 通気性のいい生地がおすすめです。 通気性のよくない生地ですとかなり息苦しくなります。 私が使った材料の詳細 表地は、です。 裏地は生成りのダブルガーゼ、ポケットは、薄紫色のダブルガーゼです。 マスクゴムも薄紫色です。 作り方 アレンジの仕方 大人用のマスクで説明しますが、子供用も同じです。 マスクを使う人によって顔の大きさ・形・好みがかなり違うため、まずは 試作品を1つ作ってサイズを確認し、小さすぎたら型紙の周囲をプラス0. 5cm~プラス1. 5cmしてみてください。 サイズを確認せずにたくさんのマスクを作ると布がムダになることがあります。 表地と裏地を作る 《1》まずは、の工程【1】~【5】まで作ってください。 (では工程【1】~【44】です)すると、表地と裏地が出来上がります。 ポケット布を切る 《2》表地と裏地を作るときに使った型紙の端を2. 5cmカットした型紙 型紙の左側の縦点線の位置でカット で、ポケット用の布を左右対称に1枚ずつ切ります。 「鼻側」の位置にしるしを付けておくと後々布を合わせるときにわかりやすいです。 5cmカット 型紙の左側の縦点線の位置でカット です。 型紙を拡大した場合も2. 5cmカット 型紙の左側の縦点線より少し右です してください。 ポケット布を縫い合わせる このポケット布も、表地と裏地と同じように縫い合わせます。 詳しくは、の工程【2】~【5】をご覧ください。 (では工程【11】~【44】です) 《3》簡単に説明しますと、中表に合わせて赤線を縫い代1cmで縫って、縫い代を5mm残して切り落とし、ミシン線に垂直に切り込み 緑線 を入れます。 (ミシン線を切らないように注意してください。 ) 《4》縫い代を片側に倒します。 どちら側に倒してもOKです。 《5》【省略OK】縫い代の上を縫います。 これで、ポケット布を、の工程【2】~【5】まで作り終えました。 (では工程【11】~【44】です) 《6》すると、このように表地・裏地・ポケット布の3つが出来上がったことになります。 ポケット布の両端を縫う 《7》ポケット布の端を5mm裏側に折り、 《8》そのままさらに1cm折ります。 これで、三つ折りになりました。 《9》反対側も同じように折ります。 すると両端が三つ折りになります。 《10》この三つ折り部分を、赤線を縫ってとめます。 布を重ねる 《11》裏地の表が見えるように置いた上に、ポケット布の表が見えるように置きます。 つまり、裏地の表とポケット布の裏がくっつくように置くということです。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 《12》その上にさらに表地の裏が見えるように置きます。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 最後まで作る ここからは、の工程【7】~【14】と同じですので、詳しくはそちらをご覧ください。 (では工程【48】~【76】です) 《13》簡単に説明しますと、赤線を縫い代1cmで縫ってから、縫い代を5mm残して切り落とします。 そして、ミシン線に垂直に切り込みを入れます 緑線。 《14》表に返します。 この時、表地の表とポケット布の表が見えるようになっているか確認してください。 《15》アイロンなどをかけて形を整えます。 表地側に折ると見た目はあまりよくありませんが、肌当たりも良く、密閉度も上がります。 《17》さらに、1. 5cm折ってください。 《18》赤線を縫います。 この時、ポケット布を一緒に縫ってしまわないように注意してください。 《19》反対側も同じように縫って、マスクゴムを入れます。 簡単に説明してしまいましたが、詳しくは、の工程【7】~【14】を見てください。 (では工程【48】~【76】です) ノーズフィッターの入れ方 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター については、でも解説していますので、まずはそちらをご覧ください。 このポケット付きマスクの場合は、出来上がってからもノーズフィッターを入れられるので、ここではその方法を簡単に解説します。 《20》使い捨てマスクなどから取ったワイヤーを用意します。 《21》ポケットと裏地の間の鼻部分にワイヤーを入れます。 写真では見えませんが、赤線部分にワイヤーが入っています。 《22》ワイヤーを囲むように縫います。 これで出来上がりです。 お疲れさまでした。

次の