秋田 県 高校 野球 結果。 秋田県高等学校野球連盟

【日程】夏の秋田大会 高校野球 組み合わせ日程 2020年7月9日(木)

秋田 県 高校 野球 結果

[1] 8分前 292件• [2] 11分前 478件• [3] 56分前 257件• [4] 1時間前 72件• [5] 3時間前 861件• [6] 4時間前 55件• [7] 4時間前 66件• [8] 6時間前 852件• [9] 9時間前 980件• [10] 9時間前 490件• [11] 18時間前 351件• [12] 24時間前 451件• [13] 24時間前 324件• [14] 30時間前 141件• [15] 41時間前 65件• [16] 42時間前 51件• [17] 42時間前 1000件• [18] 45時間前 157件•

次の

秋田高校野球掲示板|爆サイ.com東北版

秋田 県 高校 野球 結果

秋田県高野連は26日、夏の独自代替大会「2020秋田県高校野球大会」(7月9日開幕)の組み合わせを発表した。 長距離移動や宿泊によるコロナ禍感染リスク軽減のため、3回戦までは3地区による分散開催。 63年センバツで中央地区以外から初めて甲子園の土を踏んだ古豪・大曲農は、1回戦(9日午前10時開始、グリーンスタジアムよこて)で大曲と対戦することが決まった。 主軸は「大曲のドカベン」吉田凌雅捕手(3年)だ。 177センチ、89キロの体型で「遠くに飛ばす力はついてきたけれど好機で打てないと意味がない。 自分たちは(15年夏に)8強進出した先輩を超えて甲子園出場が目標だったが、この夏は古豪復活を目指す」。 昨年11月の修学旅行で「京都のすき焼きがおいしすぎて食べ過ぎた」と一時は100キロ目前の体重を、素振りや食事制限で絞り、今春以降の練習試合で打点量産中だ。 学校の授業では林業実習も選択し、大自然の中で行う木の伐採も筋力トレーニングの1つ。 その木を用いてイスや机を作って地域に寄贈するなど手先も器用だ。 昨秋は県2回戦で4強の由利に1-3と惜敗。 今夏は気は優しくて力持ちの「ダイノウ吉田」が旋風を巻き起こす。 【鎌田直秀】.

次の

高校野球の県内ライバル校伝説【秋田・千葉・京都・徳島】|【SPAIA】スパイア

秋田 県 高校 野球 結果

使用球場 [ ]• (よこてグリーンスタジアム)• (山田久志サブマリンスタジアム) 大会結果(1県1代表後) [ ] 年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考 全国大会 1978年() 45 3 - 2 本荘 1回戦敗退 1979年() 46 10 - 0 大館商 2回戦敗退 1980年() 48 秋田商 2x - 1 能代 延長11回 3回戦敗退 1981年() 49 2 - 1 金足農 3回戦敗退 1982年() 49 秋田経大付 10 - 7 秋田商 2回戦敗退 1983年() 49 3 - 0 金足農 2回戦敗退 1984年() 49 6 - 5 能代 準決勝敗退 1985年() 51 6 - 0 秋田 1回戦敗退 1986年() 50 2 - 1 秋田南 3回戦敗退 1987年() 50 秋田経法大付 7 - 1 角館 2回戦敗退 1988年() 49 5 - 3 能代商 1回戦敗退 1989年() 49 秋田経法大付 10 - 4 秋田 準決勝敗退 1990年() 51 秋田経法大付 2 - 1 秋田中央 3回戦敗退 1991年() 51 秋田 7 - 3 秋田経法大付 3回戦敗退 1992年() 51 能代 6 - 5 金足農 2回戦敗退 1993年() 51 秋田経法大付 4 - 3 金足農 延長11回 1回戦敗退 1994年() 51 秋田 10 - 6 秋田商 2回戦敗退 1995年() 51 金足農 13 - 9 秋田 延長10回 2回戦敗退 1996年() 51 秋田経法大付 4 - 0 金足農 2回戦敗退 1997年() 51 秋田商 17 - 2 金足農 2回戦敗退 1998年() 51 金足農 17 - 16 秋田商 2回戦敗退 1999年() 51 秋田 3 - 1 鷹巣 1回戦敗退 2000年() 51 秋田商 13 - 2 秋田経法大付 1回戦敗退 2001年() 52 金足農 8 - 2 秋田経法大付 1回戦敗退 2002年() 52 秋田商 21 - 4 秋田南 2回戦敗退 2003年() 52 秋田 11 - 1 湯沢 2回戦敗退 2004年() 52 秋田商 3 - 1 本荘 2回戦敗退 2005年() 51 秋田商 9x - 8 金足農 1回戦敗退 2006年() 51 本荘 2x - 1 秋田中央 1回戦敗退 2007年() 52 金足農 6 - 0 秋田 1回戦敗退 2008年() 53 本荘 10 - 5 大館鳳鳴 1回戦敗退 2009年() 52 明桜 3 - 0 本荘 2回戦敗退 2010年() 52 能代商 5 - 4 秋田商 2回戦敗退 2011年() 50 能代商 6 - 3 秋田中央 3回戦敗退 2012年() 50 秋田商 4x - 3 能代商 3回戦敗退 2013年() 50 秋田商 4x - 3 角館 延長15回 2回戦敗退 2014年() 50 3 - 1 能代松陽 2回戦敗退 2015年() 49 秋田商 4 - 0 秋田南 準々決勝敗退 2016年() 47 8 - 7 角館 1回戦敗退 2017年() 47 明桜 5 - 1 金足農 2回戦敗退 2018年() 44 金足農 2 - 0 明桜 準優勝 2019年() 44 5x - 4 明桜 延長11回 1回戦敗退• 校数は複数校で構成される連合チームを1校とする 選手権大会成績 [ ] 秋田県勢の選手権大会成績については「」を参照 その他 [ ]• 秋田県勢の夏の甲子園初出場校は、1985年・第67回大会の能代商以降、2014年・第96回大会の角館まで29年間も出ていなかった。 これはトータルでは2番目の珍記録である(最長記録は、かつての1968年・第50回大会()から2012年・第94回大会まで初出場校が44年間も出なかったが、2013年・第95回大会でが春夏通じて甲子園初出場を果たした為、奈良代表の初出場校無しは45年ぶりにストップ)。 さらに秋田代表が一県一代表制になって以降、3年連続以上で出場した学校も存在しない。 秋田代表は夏の甲子園大会において、1997年・第79回大会1回戦の秋田商が4x-3で島根代表・に9回裏で逆転勝利を果たしたが(2回戦の秋田商は沖縄代表・に4-8で敗退)、それから翌1998年・第80回大会から2010年・第92回大会までの秋田勢は、「13年連続初戦敗退」という不名誉な記録が続いていた。 なお「初戦13連敗」は、・と同数のタイ記録である。 2011年・第93回大会1回戦で、能代商が5-3で鹿児島代表・に逆転勝利をおさめ、秋田代表の初戦連敗記録をストップ、夏の甲子園14年ぶりの初戦突破を果たしたと同時に初戦14連敗という全国ワースト記録更新を阻止した。 2018年にはが県勢103年ぶりの決勝進出を果たし準優勝()。 放送体制 [ ] テレビ [ ]• (AAB、1回戦から中継)• 開局前は、(ABS)と(AKT)が分担して中継した。 (決勝、2013年は決勝のみ、2018年は準決勝から中継) ラジオ [ ]• (ABS、2011年は放送無し)• NHK秋田放送局(準決勝・決勝、2016年まで3回戦から中継、2017年は準々決勝から中継)• (2019年、2・3回戦の4試合) 脚注 [ ]• FMはなび 2019年7月12日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 朝日新聞デジタル.

次の