ハーレー 中古 100 万 以下。 ハーレーダビッドソン 50万円~100万円の中古バイク・新車バイク

ハーレーダビッドソン 50万円~100万円の中古バイク・新車バイク

ハーレー 中古 100 万 以下

ヴィッツ・Fのスペック 全長 3,885mm 全幅 1,695mm 全高 1,530mm 室内長 1,920mm 室内幅 1,390mm 室内高 1,250mm ホイールベース 2,510mm 車両重量 1,080kg 最小回転半径 4. 5m 総排気量 1. 329L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 18. 最上位グレードの18Gは当時の新車価格で2,021,250円でしたが、2014年式の走行距離10,000kmで924,000円になっています。 下位グレードの15Mや15Sでは660,000円まで価格を下げることができるため、装備との兼ね合いで好みのグレードを見つけましょう。 中古車市場全体に言えることですが、現在人気のSUVの相場は高めで、需要が少なくなっているステーションワゴンは相場が低めの傾向です。 そのためボディタイプをステーションワゴンに絞り中古車を探すとお得に車を購入できます。 ウイングロード 18Gのスペック 全長 4,440mm 全幅 1,695mm 全高 1,505mm 室内長 2,055mm 室内幅 1,395mm 室内高 1,210mm ホイールベース 2,600mm 車両重量 1,250kg 最小回転半径 5. 2m 総排気量 1. 797L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 14. 人気モデルのため中古車数も多く、お住まいの地域のどこでも販売されているのが強みです。 2015年式、走行距離22,000kmのメダリストが950,000円からあり、長く乗れるコンパクトカーをお探しの方におすすめできる車種です。 2016年に販売されたノートe-POWERにこだわらなければ、2012年のフルモデルチェンジ後の車両でもお手頃な車両を探せます。 ノート・メダリストのスペック 全長 4,100mm 全幅 1,695mm 全高 1,525mm 室内長 2,065mm 室内幅 1,390mm 室内高 1,255mm ホイールベース 2,600mm 車両重量 1,090kg 最小回転半径 4. 7m 総排気量 1. 198L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 26. 売れ筋の人気ジャンルで登場したため中古車の数も多く、100万円の予算があれば好きなスタイルのbBを選ぶことができます。 最上位グレードZ Lパッケージの2014年式、走行距離21,000kmが866,000円で購入できます。 bBは走行距離が多い傾向で、50,000km、80,000kmを目途に価格が下げられています。 逆に言えば走行距離を妥協すると好きなグレードで、好きなカスタムカーを格安で購入できることになります。 デミオ 13Cのスペック 全長 4,060mm 全幅 1,695mm 全高 1,525mm 室内長 1,805mm 室内幅 1,445mm 室内高 1,210mm ホイールベース 2,570mm 車両重量 1,130kg 最小回転半径 4. 7m 総排気量 1. 298L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 20. 新車購入した方が最初に乗り換える2014年式でも車両数は多く、 上位グレードの13G Lパッケージの2014年式、走行距離50,000kmが930,000円で販売されています。 丈夫な造りと低燃費が特徴で、人気の理由が納得できる名車です。 フィット 13G・Lパッケージのスペック 全長 3,955mm 全幅 1,695mm 全高 1,550mm 室内長 1,935mm 室内幅 1,450mm 室内高 1,280mm ホイールベース 2,530mm 車両重量 1,110kg 最小回転半径 4. 9m 総排気量 1. 317L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 20. それまでの軽自動車は規格上、室内空間はどの自動車会社も横並びでしたが、ホンダの新たなレイアウトでは、燃料タンクを床下に配置することで軽自動車の空間をそれまで以上に活用することに成功しました。 2014年から軽自動車の年間販売台数1位を獲得している通り、絶大な人気を持っています。 軽自動車の中では高級車と言われるN-BOXですが、中古車では高年式の車が100万円以下で購入できます。 中古車では最上位グレードのG・Lパッケージの数が1番出回っていて、2012年式の走行距離15,000kmが982,000円で購入できます。 N-BOX G・Lパッケージのスペック 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,800mm 室内長 2,180mm 室内幅 1,350mm 室内高 1,400mm ホイールベース 2,520mm 車両重量 1,000kg 最小回転半径 4. 7m 総排気量 658L 乗車定員 4名 JC08モード燃費 23. 日産のコンパクトSUVジュークなら 上位グレードの15RX Vアーバンセレクションが2012年式、走行距離47,000kmで998,000円の価格になっています。 ジュークはコンパクトSUVの元祖として登場し、奇抜なデザインや軽快な乗り味などが高く評価されています。 2018年以降にフルモデルチェンジを控えているので、中古車価格は今後さらに下落する注目車種です。 トヨタ・スペイド・Xのスペック 全長 3,995mm 全幅 1,695mm 全高 1,720mm 室内長 2,160mm 室内幅 1,420mm 室内高 1,380mm ホイールベース 2,600mm 車両重量 1,230kg 最小回転半径 5. 0m 総排気量 1. 496L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 16. スポーツカーと言えば燃費が悪く、車両価格も高めなイメージですが、CR-Zはハイブリッドエンジンを搭載しているためJC08モード燃費21. 走行性能も高いため、100万円以下でスポーツカーを探している方には狙い目の車種です。 0m 総排気量 1. 496L 乗車定員 4名 JC08モード燃費 21. 2011年に販売されたアクアは、発売1ヶ月の受注台数が120,000台に達するなど、トヨタの歴史を変えた歴史的な車です。 アクアは2014年にマイナーチェンジを行っているため、その前の2013年式の中古価格が下落しています。 最上位グレードのGが2013年式、走行距離24,000kmで962,000円から販売されています。 車両数もかなりの数があり、2013年式モデルの相場も100万円前後になっているため、低年式・低走行車を探すなら最もおすすめの車種です。 トヨタ アクア Gのスペック 全長 3,995mm 全幅 1,695mm 全高 1,445mm 室内長 2,015mm 室内幅 1,395mm 室内高 1,175mm ホイールベース 2,550mm 車両重量 1,080kg 最小回転半径 4. 8m 総排気量 1. 496L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 37. その中でもトヨタのアクアはハイブリッド専用車で、新車価格も控えめなため中古車では最も狙い目の車種になります。 車検のタイミングで乗り換える方が多いため、2011年に販売開始されたアクアは2014年、2016年、2018年に最も多くの車両が中古車市場へ流れます。 アクアのグレードもボディカラーも中古車として出回る数が多く選び放題のため、お気に入りの車両も見つけやすいです。

次の

ハーレーやBMWの新車が100万円以下で買える…だと!? 安価でもオススメの輸入二輪車4選!!(モーサイ)

ハーレー 中古 100 万 以下

ヴィッツ・Fのスペック 全長 3,885mm 全幅 1,695mm 全高 1,530mm 室内長 1,920mm 室内幅 1,390mm 室内高 1,250mm ホイールベース 2,510mm 車両重量 1,080kg 最小回転半径 4. 5m 総排気量 1. 329L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 18. 最上位グレードの18Gは当時の新車価格で2,021,250円でしたが、2014年式の走行距離10,000kmで924,000円になっています。 下位グレードの15Mや15Sでは660,000円まで価格を下げることができるため、装備との兼ね合いで好みのグレードを見つけましょう。 中古車市場全体に言えることですが、現在人気のSUVの相場は高めで、需要が少なくなっているステーションワゴンは相場が低めの傾向です。 そのためボディタイプをステーションワゴンに絞り中古車を探すとお得に車を購入できます。 ウイングロード 18Gのスペック 全長 4,440mm 全幅 1,695mm 全高 1,505mm 室内長 2,055mm 室内幅 1,395mm 室内高 1,210mm ホイールベース 2,600mm 車両重量 1,250kg 最小回転半径 5. 2m 総排気量 1. 797L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 14. 人気モデルのため中古車数も多く、お住まいの地域のどこでも販売されているのが強みです。 2015年式、走行距離22,000kmのメダリストが950,000円からあり、長く乗れるコンパクトカーをお探しの方におすすめできる車種です。 2016年に販売されたノートe-POWERにこだわらなければ、2012年のフルモデルチェンジ後の車両でもお手頃な車両を探せます。 ノート・メダリストのスペック 全長 4,100mm 全幅 1,695mm 全高 1,525mm 室内長 2,065mm 室内幅 1,390mm 室内高 1,255mm ホイールベース 2,600mm 車両重量 1,090kg 最小回転半径 4. 7m 総排気量 1. 198L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 26. 売れ筋の人気ジャンルで登場したため中古車の数も多く、100万円の予算があれば好きなスタイルのbBを選ぶことができます。 最上位グレードZ Lパッケージの2014年式、走行距離21,000kmが866,000円で購入できます。 bBは走行距離が多い傾向で、50,000km、80,000kmを目途に価格が下げられています。 逆に言えば走行距離を妥協すると好きなグレードで、好きなカスタムカーを格安で購入できることになります。 デミオ 13Cのスペック 全長 4,060mm 全幅 1,695mm 全高 1,525mm 室内長 1,805mm 室内幅 1,445mm 室内高 1,210mm ホイールベース 2,570mm 車両重量 1,130kg 最小回転半径 4. 7m 総排気量 1. 298L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 20. 新車購入した方が最初に乗り換える2014年式でも車両数は多く、 上位グレードの13G Lパッケージの2014年式、走行距離50,000kmが930,000円で販売されています。 丈夫な造りと低燃費が特徴で、人気の理由が納得できる名車です。 フィット 13G・Lパッケージのスペック 全長 3,955mm 全幅 1,695mm 全高 1,550mm 室内長 1,935mm 室内幅 1,450mm 室内高 1,280mm ホイールベース 2,530mm 車両重量 1,110kg 最小回転半径 4. 9m 総排気量 1. 317L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 20. それまでの軽自動車は規格上、室内空間はどの自動車会社も横並びでしたが、ホンダの新たなレイアウトでは、燃料タンクを床下に配置することで軽自動車の空間をそれまで以上に活用することに成功しました。 2014年から軽自動車の年間販売台数1位を獲得している通り、絶大な人気を持っています。 軽自動車の中では高級車と言われるN-BOXですが、中古車では高年式の車が100万円以下で購入できます。 中古車では最上位グレードのG・Lパッケージの数が1番出回っていて、2012年式の走行距離15,000kmが982,000円で購入できます。 N-BOX G・Lパッケージのスペック 全長 3,395mm 全幅 1,475mm 全高 1,800mm 室内長 2,180mm 室内幅 1,350mm 室内高 1,400mm ホイールベース 2,520mm 車両重量 1,000kg 最小回転半径 4. 7m 総排気量 658L 乗車定員 4名 JC08モード燃費 23. 日産のコンパクトSUVジュークなら 上位グレードの15RX Vアーバンセレクションが2012年式、走行距離47,000kmで998,000円の価格になっています。 ジュークはコンパクトSUVの元祖として登場し、奇抜なデザインや軽快な乗り味などが高く評価されています。 2018年以降にフルモデルチェンジを控えているので、中古車価格は今後さらに下落する注目車種です。 トヨタ・スペイド・Xのスペック 全長 3,995mm 全幅 1,695mm 全高 1,720mm 室内長 2,160mm 室内幅 1,420mm 室内高 1,380mm ホイールベース 2,600mm 車両重量 1,230kg 最小回転半径 5. 0m 総排気量 1. 496L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 16. スポーツカーと言えば燃費が悪く、車両価格も高めなイメージですが、CR-Zはハイブリッドエンジンを搭載しているためJC08モード燃費21. 走行性能も高いため、100万円以下でスポーツカーを探している方には狙い目の車種です。 0m 総排気量 1. 496L 乗車定員 4名 JC08モード燃費 21. 2011年に販売されたアクアは、発売1ヶ月の受注台数が120,000台に達するなど、トヨタの歴史を変えた歴史的な車です。 アクアは2014年にマイナーチェンジを行っているため、その前の2013年式の中古価格が下落しています。 最上位グレードのGが2013年式、走行距離24,000kmで962,000円から販売されています。 車両数もかなりの数があり、2013年式モデルの相場も100万円前後になっているため、低年式・低走行車を探すなら最もおすすめの車種です。 トヨタ アクア Gのスペック 全長 3,995mm 全幅 1,695mm 全高 1,445mm 室内長 2,015mm 室内幅 1,395mm 室内高 1,175mm ホイールベース 2,550mm 車両重量 1,080kg 最小回転半径 4. 8m 総排気量 1. 496L 乗車定員 5名 JC08モード燃費 37. その中でもトヨタのアクアはハイブリッド専用車で、新車価格も控えめなため中古車では最も狙い目の車種になります。 車検のタイミングで乗り換える方が多いため、2011年に販売開始されたアクアは2014年、2016年、2018年に最も多くの車両が中古車市場へ流れます。 アクアのグレードもボディカラーも中古車として出回る数が多く選び放題のため、お気に入りの車両も見つけやすいです。

次の

知っててよかった!ハーレー中古車の購入時の注意点とは?

ハーレー 中古 100 万 以下

ひと昔前であれば、100万円以下で購入できるバイクは一部のスクーターなどを除けばほぼ国産車のみだった。 しかし、欧州のバイクメーカーも東南アジアなどに向けた小排気量モデルをラインアップし、さらに日本の普通二輪免許に当たる欧州A2免許に対応する最高出力35kW(約47. 5馬力)以下のモデルを用意するようになったことから、日本でも100万円以下で買える輸入バイクが少しずつ増えてきた。 そこで、国産車と同レベルの価格設定を特徴とする、個性的な輸入4モデルを紹介しよう。 トライアンフ・ストリートトリプルS 価格:99万9000円 今年1月に発売されたトライアンフのストリートトリプルSは、100万円を僅かに下回る、戦略的な価格設定がなされたことで話題となったシリーズのエントリーモデル。 同車は欧州のA2ライセンスモデルのベース車で、上位モデルのストリートトリプルRSやR Lowの765ccではなく、660cc並列3気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。 現地では35kW仕様もラインアップするが、日本に輸入されるのは最高出力95. 2馬力、最大トルク6. 7kgmのフルパワーモデルだ。 スペックと価格はホンダCB650R(97万9000円)に近いが、重量は188kgとCBよりも10kg以上軽量なので走りの楽しさでは負けていないはず。 ライド・バイ・ワイヤを採用し、スロットルレスポンスとトラクションコントロールの設定を変更できるロードとレインの2つのライディングモードを備えるなど充実した装備も特徴で、個性的なスタイリングやLED式2眼ヘッドライトは上位モデルと共通だ。 ハーレーダビッドソン・ストリート750 価格:88万3300円~ 2013年のミラノショーで発表され、15年に日本に上陸したのがハーレーダビッドソンのストリート750。 エンジンは6. 0kgmを発揮する749cc水冷Vツインで、ハーレーらしいゆったり感とハーレーらしくないクセのなさが特徴。 初めてのハーレーとしてだけでなく、初めての輸入車、初めてのアメリカンバイクとしても適した1台だ。 国産車では、最大トルク6. 4kgmの649cc並列2気筒エンジンを積むカワサキ バルカンS(85万8000円)が近い。 重量は233kgと軽くはないが、750mmのシート高とコンパクトなサイズは小柄な女性でも安心して運転でき、手ごろな価格なのでカスタムのベースモデルとして購入するのもいいだろう。 同シリーズには、価格は100万円を少し超えるがよりハイスペックなエンジンを搭載し、ドラッグスタイルのハンドルバーやバーエンドミラー、倒立フォークなどを標準装備するカフェレーサーテイストのストリートロッド(103万5100円)もラインアップする。 BMW・G310R 価格:62万300円~ / G310GS 価格:69万5000円~ 34馬力/2. 9kgmの313cc水冷4ストローク単気筒DOHCエンジンを積んだネイキッドがG310R、それをアドベンチャーに仕立てたのがG310GS。 新興国やA2ライセンス、そして最高出力が25kW以下に制限されるAライセンス取得後2年以内のライダー向けに開発された車両で、普通二輪免許で運転できるBMWのエントリーモデルだ。 重量はRが159kg、GSは170kgだが、これは320cc並列2気筒ネイキッドのヤマハMT-03 ABS(65万4500円)の169kg、248cc並列2気筒アドベンチャー、スズキ Vストローム250 ABS(61万3800円)の189kg、同じくカワサキ ヴェルシス-X 250ツアラー(70万4000円)の183kgと比較すると非常に軽量と言え、250cc車とは明らかに違う低速トルクの太さと相まって走りが楽しい。 特にRは車体がコンパクトなため街なかでも非常に扱いやすいので、国産250ccクラスを考えている人なら是非とも候補に入れてほしいモデルだ。 ドゥカティ・スクランブラーSixty2 価格:92万円 ドゥカティのサブブランド、スクランブラーのエントリーモデルで現行ドゥカティの最小排気量車がスクランブラー シックスティ2。 エンジンはドゥカティ伝統のLツインで、排気量は普通二輪免許で運転できる399cc。 最高出力は40馬力、最大トルク3. 5kgmは国産車、例えばホンダのCB400スーパーフォア(56馬力/4. 0kgm)や400X(46馬力/3. 9kgm)と比較するとやや非力だが、重量が183kgと比較的軽量なこともありドゥカティらしい走りの楽しさはしっかりと味わえる。 ブレンボ製前後キャリパーを採用し、リヤにはプリロード調整可能なショックアブソーバーを装備。 スクランブラーの名のとおり、ポジションはアップライトでサスストロークも長めなのも特徴だ。 上位モデルとのデザイン差が少なくボディサイズは800と同等なので、あえてシックスティ2を選ぶというのもありだろう。 本来は国産車か輸入車かではなく、全てのメーカーを同じ目線で比較・検討してもいいわけだが、高価だった輸入車はそもそも「想定外」となってしまうことが多かったのも事実だ。 しかし近年は、車両価格100万円の予算があれば輸入車にも手が届く時代になった。 国産車なら600~750ccクラスの大型バイクが選べるが、排気量はバイクを選ぶ要素の1つでしかない。 自分のバイクライフに合う1台を見付けるためにも、海外ブランドの走りもぜひ味わってみてほしい。

次の