パラレル ワールド 実話。 パラレルワールドは実在する!行き方や実際に行った人の体験談・写真まとめ

パラレルワールドの実話が日本にもある

パラレル ワールド 実話

昭和65年の1万円硬貨が、コンビニで使用された事件を覚えているでしょうか? ご存知の通り、昭和は64年までしかないので、昭和65年の1万円硬貨があろうはずもありません。 しかし、その実在しないはずの1万円硬貨がコンビニで堂々と使用された事件が、現在までに2件も発生しています。 しかも、硬貨はオモチャのような偽造品ではななく、 精巧な鋳造技術で造られているそうです。 謎の多い偽造硬貨事件なのですが、一説には パラレル・ワールドの住人が、昭和65年の1万円硬貨を持ち込んだとも言われています。 昭和天皇は昭和64年に崩御されましたが、実は、 昭和65年まで存命していたパラレル・ワールドが、この世界とは別に存在しているというのです。 2017年1月に北海道函館市のコンビニで、昭和65年の1万円硬貨が使用され、男性が詐欺容疑で逮捕されています。 また、その5年前の2012年5月にも、 茨城県つくば市で同様の事件が起きています。 現実には実在しない昭和65年の偽造1万円硬貨なのですが、どちらも一旦はレジで会計されて、釣り銭を渡しているところが不思議ではあります。 「すぐに気付かなかったのか?」と思いますが、この2件の事件は、以下のように報道されています。 2012年、つくば市で偽の1万円硬貨が使用された事件 「昭和65年製」の硬貨使う 模造1万円で男逮捕 茨城県警つくば中央署は23日までに、コンビニで一万円記念硬貨の模造品を使ったとして、同県つくば市高野、建築作業員、長谷川三郎容疑者(47)を詐欺の疑いで逮捕した。 「昭和六十五年」と記されていたことから、売上金を確認した男性店長(60)が不審に思い、発覚した。 逮捕容疑は21日午前11時40分ごろ、つくば市内のコンビニで、一万円記念硬貨の模造品を使って清涼飲料(147円)を購入し、お釣りをだまし取った疑い。 同署によると、長谷川容疑者は「(硬貨を)使えると思った」と容疑を否認している。 硬貨には年号のほかに、上部に穴が開いているなど不自然な点が多くあった。 防犯ビデオの映像から長谷川容疑者が浮上した。 造幣局(大阪市)によると、記念硬貨は1964年の東京五輪から製造され、額面は最高10万円。 (2012年5月23日付 より) 報道された模造1万円硬貨の表面 硬貨の表面には、「 日本国」の文字が確認できます。 また、 二重橋と皇居がデザインされています。 ちなみに、表面のデザインは、 昭和51年発行の百円記念硬貨(下写真を参照)に酷似しています。 繰り返しますが、昭和65年は存在しません。 昭和天皇は、昭和64年1月7日に崩御されているので、昭和64年も7日間しかありません。 裏面のデザインは、類似の硬貨がなく、なぜか オリジナルのデザインになっています。 偽造するならば、実際にある硬貨のデザインを模写するほうが手っ取り早いはずなのですが、この点も不思議です。 2017年、函館で偽の1万円硬貨が使用された事件 次は、つくば市で起きた事件から5年後の2017年、今度は 函館市で偽の1万円硬貨が使用された事件の報道です。 偽の記念硬貨で詐欺疑い 函館、コンビニで使用 北海道警函館西署は14日、記念硬貨に見せかけたメダルを使い、コンビニから商品などをだまし取ったとして、詐欺の疑いで、派遣社員の容疑者(31)を逮捕した。 逮捕容疑は1月16日午前4時ごろ、函館市大川町のコンビニで、「壱万円」と記された金属製メダルを店員に渡し、食品5点(約1500円相当)と釣り銭として約8500円をだまし取った疑い。 店員は、本物の硬貨と勘違いしたという。 メダルは直径約3センチで「昭和六十五年」「10000」とも記されている。 レジを点検した店長がメダルを見つけ、110番した。 (2017年3月14日付 より) 北海道警が公表した「壱万円」と記された金属製メダルの写真です。 2012年に使用されたメダルと同じものですね。 こちらは細かな傷や汚れが見られます。 まるで 実際に流通していたかのようです。 なぜ5年後の2017年に、またひょっこりと出現したのでしょうか? 次ページでは、 存在しない1万円硬貨の正体について考察してみます。

次の

実在しない昭和65年の1万円硬貨が使われた事件。パラレル・ワールドのコインか?

パラレル ワールド 実話

パラレルワールド パラレルワールドとは? パラレルワールドとは、私たちの現行世界と並行して存在すると考えられている「もうひとつの世界」です。 よく勘違いされがちですが、パラレルワールドはいわゆる四次元空間や異世界とは異なり、現行世界と同じ次元に存在する「並行世界」になります。 しかし、その時空は私たちが暮らす世界とは異なっているといわれています。 画像: パラレルワールドは物理学的にはその存在の可能性はあるとされながらも現時点では肯定も否定もできない理論であるとされています。 現行世界に対してもうひとつの可能性を示唆する存在であるため、映画や小説などのSF作品では古くから題材として取り上げられてきました。 しかし、その中には先述した四次元や異世界と混同したものも多く存在しています。 パラレルワールドに行った人の体験談 世界には何らかの理由によりパラレルワールドに入り込んだとものとみられる事例がいくつか報告されています。 ここではパラレルワールドに行った人の体験談をご紹介します。 避難していた被災者の団体が行方不明者の捜索に向かっていたときのことです。 荒れた小道を走っていた車が突然濃い霧のようなものの中に侵入しました。 その中で車に乗っていた全員が揺らめくように光る霧の合間から不思議な光景を目にしたというのです。 画像: それはビクトリア王朝時代のイギリスと江戸時代の日本が混ざり合ったような奇妙な街並みでした。 その街並みは人々で溢れて活気に満ち、まるで車が走っているはずの被災地から突然別世界に迷い込んでしまったように感じたといいます。 数秒の後に霧を抜けるとそこには元通りの被災した地元の光景が広がっていたそうです。 他にも被災地では同様の報告が複数存在しているといいます。 ある夫婦も他の報告者と同じように不思議なパラレルワールドを目撃しました。 しかし、この目撃報告が他と大きく違っていたのは夫が妻の前でパラレルワールドに引き込まれてしまったことです。 妻の話によると男性はほんの一瞬だけ垣間見えたパラレルワールドに引き込まれ、そのまま姿を消してしまったといいます。 画像: この男性の行方に関して非常に興味深い証言が存在します。 東京警視庁に勤務するある刑事が1981年に消えた夫と同姓同名の男が警察署に駆け込んできた記憶があるというのです。 その男は一度は1960年の世界に移動していたが再度パラレルワールドに引き込まれ、気が付くと今度は1981年に移動していたと説明しました。 当時の警察は男性の話をまともに取り合わなかったため、男性のその後の行方はわからないといいます。 ある男性が恋人との待ち合わせをしていましたが、時間を過ぎてもその場に彼女は現れません。 心配していると彼女から電話がかかってきて今どこにいるのかと聞くのです。 男性が待ち合わせしたベンチにいると答えると彼女も同じベンチに座っているといいます。 電話の向こうで彼女が不機嫌になるのがわかりました。 男性が嘘を付いていると思ったからです。 しかし、彼女こそ嘘を付いているのではないかと感じた男性も納得ができず、険悪な雰囲気になってしまいました。 画像: すると彼女がベンチの前を自転車で横切った人の恰好と性別がわかるかと質問しました。 しかし、男性は彼女が見た人物の特徴をピタリと言い当てました。 どうやらお互いに嘘を付いていないと感じた二人は自分たちが見ている光景を写真に撮ってメールで交換しました。 するとそこには時計の針や雲の形までそのままの同じ風景が写っていたのです。 彼らは場所を変えて何とか会おうと試みましたが結局うまくいきませんでした。 一旦お互いの家に帰り、次の日になってやっと二人は顔を合わせることができたといいます。 ある男性が食事を終えて駅に向かっていたときのことです。 飲酒などはしていないにも関わらず、突然激しい吐き気に襲われました。 トイレに駆け込むこともできなかった男性はビルの陰に隠れてそのまま嘔吐してしまいます。 ようやく気分が楽になった男性が周囲を見ると、何やら様子がおかしいことに気が付きました。 画像: 先ほどまで夜だったはずなのにいつの間にか昼になっていたのです。 さらに街の看板は日本語で書かれてはいましたが、字体があきらかに不自然でとても奇妙な街並みだったといいます。 その後、男性は再度吐き気に襲われて嘔吐してしまいます。 するといつの間にか夜に戻っており、街並みもいつもどおりになっていたといいます。 また、時間も最初に吐いてから数分程度しか経過していなかったそうです。 その女性は現行世界よりも3年進んだ世界からやってきたといいます。 ある日、女性は帰宅した夫の様子がおかしいことに気が付きます。 夫は女性が見えていないかのように振る舞い、妻の問いかけにも答えないのです。 さらに夫は女性の実家に電話かけ始め、女性が帰っていないかと尋ね始めました。 うなだれた夫の様子はまるで行方不明になった妻を探しているようだったといいます。 女性は泣きながら夫に抱き付きますが、信じられないことに彼女の体は幽霊のようにすり抜けてしまいました。 画像: 気が付くと女性は知らない家にひとりで倒れていました。 ふと鏡が目に入ると何故かひどく痩せており、少し若返っているような気がします。 女性は外に出て警察署に助けを求め、気が付いたら知らない家に倒れていたと話しました。 しかし、警察の調べでその家は女性が一人暮らしをしている家だということがわかったのです。 また、夫とは結婚しておらず、数年前に恋人として別れていることもわかりました。 現在、女性は実家の母とふたり暮らしをしながら精神科に通っているそうですが、以前の世界では生きていた父はすでに他界しており、妹は生まれてすらないことになっているといいます。 パラレルワールドに行く方法 世間ではパラレルワールドに行く方法として有名なものがいくつか存在しています。 これらは都市伝説として扱われており、オカルトの一部となっています。 しかし、中には実際にパラレルワールドに行ったと証言する人もいるようです。 ここではパラレルワールドに行く方法をご紹介します。 くれぐれも実践は自己責任で。 まずはひとりでエレベーターに乗ります。 そして4階、2階、6階、2階、10階の順番で移動していきます。 10階に着いたら今度は5階に移動します。 すると女性が乗って来ますが、彼女には決して話しかけてはいけません。 画像: 女性がエレベーターに乗り込んだら1階のボタンを押します。 しかし、エレベーターは1階には向かわず10階に向かって上がっていきます。 そして10階でエレベーターを降りるとパラレルワールドに行けるといわれています。 この方法は5階の女性以外に人が乗ってくると成功しないといわれています。 まず5センチメートル四方の紙に大きく六芒星を描きます。 そして六芒星の中に赤い文字で「飽きた」と記入します。 この紙を手に持ったまま眠り、次の日目覚めたときに手の中の紙が無くなっていれば成功です。 画像: 無くなった紙は自身の身代わりとして現行世界に残されており、代わりに自分がパラレルワールドに飛ばされているのだそうです。 また、この方法は現行世界に飽きた人でなければパラレルワールドに行けないとされています。 深夜の2時24分にお風呂場の鏡の前に向かって立ちます。 そして手鏡をお風呂場の鏡に向けて持ち、鏡越しに手鏡の中を覗きます。 するとそこにこの世の者でない何かが写るというのです。 画像: その何者かと目を合わせるとパラレルワールドに行くことができるといわれています。 しかし、この方法はパラレルワールド意外にも何も存在しない「無の世界」に行く可能性があるとされています。 用意するものは戻りたい当時に使用していた物と蜂蜜10cc、牛乳10cc、水30ccを混ぜたドリンクです。 まずはドリンクを枕元に用意して、過去に使用していた物を抱きながら眠ります。 画像: そして、午前3時30分に自然に目を覚まし、枕元のドリンクを飲み干して再度眠りにつきます。 このときに時計や携帯電話のアラームを使って起きてはいけません。 あくまでも自然に目が覚めないといけないといわれています。 そして朝になって目覚めると過去の世界にタイムスリップしているのだそうです。 パラレルワールドとタイムスリップの類似性は昔から指摘されています。 タイムスリップに関しては関連記事にまとめています。 関連記事: パラレルワールドの実在の可能性 パラレルワールドは本当に実在しているのでしょうか?ここではパラレルワールドが存在する可能性を示唆する説をご紹介します。 しかし、最近の研究でビッグバンの前にもうひとつの宇宙が存在していた可能性があることがわかってきました。 また、ビッグバンの起こるための条件がブラックホールの中であれば整うため、私たちの宇宙は他の宇宙のブラックホールの中に存在するのではないかとする説も存在します。 ブラックホールについては関連記事にまとめています。 関連記事: 画像: これが事実であるとすれば私たちの宇宙にあるブラックホールの中にも別の宇宙が存在している可能性があり、この世に無数の宇宙があったとして不思議ではないのです。 これらは量子レベルで干渉しあっているため、何かしらの影響でその境目が不安定になることもあり得るといいます。 世界各地では昔から地球空洞説というものが存在しており、地球の内部にはもうひとつの世界が存在すると考えられてきました。 画像: 南極を撮影した衛星写真には穴のようなものが写ることもあり、これらが地下世界への侵入口なのではないかともいわれています。 同じ地球にパラレルワールドが存在するならば、それらに干渉を受ける人が多いことにも頷けるかも知れません。 現行世界は生きている人間の価値観によって定義付けられているに過ぎず、生きている生命には認識できない次の段階の世界が存在してもおかしくないというのです。 画像: 幽霊や精霊など私たちと住む世界が違うとされる存在は古くから目撃情報があり、科学がこれだけ進歩した現在においても完全に否定されるには至っていません。 死後の世界が何かしらの影響で現行世界に干渉してきたとするのなら、幽霊はパラレルワールドの住人だということになるのです。 出典: 画像: いかがでしたか?私たちが暮らすのとは別のもう一つの世界、パラレルワールドについてご紹介しました。 世界にはまだまだ不思議が溢れています。

次の

パラレルワールドの存在を示す体験談5選! その正体とは?

パラレル ワールド 実話

SF映画や小説等のような主題によく使用される 「パラレルワールド」。 人類が今日存在しているこの現実の世界と同時に存在している別の世界と言われています。 物理学の世界がこの世界の神羅万象を解き明かそうとする研究の中において、その存在はむしろ「ある方が自然」とされているのだそうです。 パラレルワールドがどのような形で存在しているのかはまだ仮説の域を超えてないのですが、「選択」のたびに世界は「分岐点」として無数に増加し続けるといった解釈や、一つの対になる世界が存在し、相互に影響し合っているという解釈等、学者によっても説は広範囲にわたります。 とは言っても全て、ある事が前提になってしまっているところが現実味を持ってくるのです。 当サイトでは何かしらの方法で 「パラレルワールド」に潜り込んだと思われる実例を紹介させた頂きます。 被災地に出現した特異な空間 2011年の東日本大震災はいまだに記憶に新しいと思うのですが、この当時ミステリアスな体験や目撃をしたといった報告が結構ありました。 その中でも避難していた人達の団体が「遭難者」を捜索していた最中に、 「パラレルワールド」に迷い込んだのではないだろうか?といった事例がありました。 車で荒れた道を運転していると、突然、霧のようなもやに包まれ、その合間からまるで和洋入り交じったといった感じの街並みが見えたのだそうです。 同乗者も同じ景色を見ておりどうやら単なる見間違いではない様子。 似たような報告はその当時、東北地方では複数あったとの事です。 地震の地殻変動が元となる電磁波等の干渉なのだろうか、あるいは事故による原子力の影響なのだろうか。 この辺に何か、この世界と 「パラレルワールド」をつなぎ合わせるヒントが存在しているように感じます! 【実話】待ち合わせても会えなかった恋人 恋人との待ち合わせしている間に 「パラレルワールド」に迷い込んだとされる実例があります。 両者ともに約束通りの時間に待合せ場所に来たというのにお互いの存在が認識できませんでした。 男性が不安に思っていると女性から電話があって、今何処にいるのか聞いてきたのです。 「待合せ場所のベンチ」にいると男性が応えると、女性も 「同じベンチ」で待っているというのです。 「からかわれている」のではと思った女性は 「ベンチ」の前を横切った自転車の人物の特徴を聞きました。 すると男性はその人物の特徴をピッタリと当て、両者ともに嘘ではないと感じ、目の前にある風景を写真に写して携帯使用して交換しました。 そうするとそこには雲の形まで寸分違わぬ同じ風景があったのです。 想像を超える状態を察した2人は場所を変え何回も会おうと努めましたが上手く行かず、諦めて家に帰ると、次の日何ごともなかったように会えたのです。 パラレルワールドと、この世界の接点が何処であったのかが気がかりな実例だと言えますね。 【実話】嘔吐で「パラレルワールド」に行った男性 体調不良によって 「パラレルワールド」を体験したとされる実例もあります。 ある男性が食事をした後、駅へ向かおうと通りを歩いていると突然激しい吐き気に襲われて、急いでビルの陰に入って、そのまま嘔吐してしまった。 回復した男性が周辺を見るとなぜかつい先ほどまで夜であったにも関わらず昼になっていたのです。 そして街並みに異質な違和感を感じられます。 店の看板には何やら日本語みたいで日本語ではないといったような変な字体で文字が書かれてあって、すごく異様な街並みであったそうです。 しばらくすると、再び吐き気に襲われた男性は嘔吐してしまって、再び顔を上げるとまた元の夜に戻っていたのです。 そのくせ最初に吐いた時間から数分しか経過していなかったそうです。 この変な字体の例は他にも似通った話がたくさん有りますよね。 漢字の様だけど見たことの無い文字で読むこともできないといいます。 この例では体調不良が 「パラレルワールド」を引き寄せたのか、 「パラレルワールド」に伴う干渉で体調不良が起きたのか、意識だけが時空をまたいだ様に思われる興味深い実例です。 【実話】パラレルワールドから来た女性 こっちの世界から 「パラレルワールド」に向かうのとは違い、 「パラレルワールド」からこっちの世界に来たというような女性の実例があります。 その女性は3年先の未来の世界からやって来たと証言しています。 ある日彼女は帰ってきた夫の様子が奇妙な事に気づいたのです。 まるで「私」が見えてないのかのように振る舞う夫に声を掛けたのですが全く反応がありません。 その内夫は彼女の実家に電話を掛けて彼女が「里帰り」していないかを聞いています。 あたかも妻が行方不明になったかのごとく振舞う夫に彼女は泣きながら抱きつきますが、驚くことに夫の身体を通り抜けてしまうのです。 気付いた時には女性は見覚えのない家の部屋に倒れていて、容姿(スタイル)もすごくガリガリに痩せていました。 警察署に助けを求めて事情を説明させてもらいましたが、警察に確認してもらうと、その場所は彼女が「独り暮しで借りている家」で、夫とは結婚もしておらず、何年か前に離婚していました。 現在の状況としては、実家で母と一緒に暮らしながら精神科へ通院するという生活をしているそうですが、生きていたはずの「父」はこちらの世界ではすでに亡くなっており、「妹」は生まれてさえもいませんでした。 この実例ではおのおのの経歴にも大幅なギャップが生じているようですね。 ビックリするくらい悲劇な方向に世界がシフトされていることがどうにも切ない実例ですね。 【実話】タイムスリップした男性 これまた東日本大震災の際の報告ですが、ある夫婦が 「パラレルワールド」のようなものを見ました。 この夫婦の体験がこれ以外の実例と異なることはほんの一瞬、出現した 「パラレルワールド」に夫が引き込まれて帰ってこなかった、という部分です。 そのまま男性は消息不明になってしまったのですが、この男性に関し極めて興味深い証言をした警視庁の刑事がいました。 1981年に男性と同姓同名の男が警察署に助けを求めてきたといった記憶があるとのことでした。 男は1度1960年に行き、その箇所から1981年にやってきたと答えたとの事ですが、その当時はまともに取り合わなかったことからその後、男性がどのようになったかははっきりしていないのです。 もし、同一人物だったならば、 「パラレルワールド」は時間をも超越しているという事なのでしょうか! それ以降の男性気になりますね。 それらの他にも 「パラレルワールド」を垣間見たという実例は多数報告されているとのことです。 物理的に身体が時空を超越したのか、あるいは意識が異なる時空に移動したのでしょうか解釈は難しいところですが、今日の時点での研究においては 「パラレルワールド」は別の次元じゃなくこの次元に同時並行的に存在するとも言われています。 それから時間の概念も過去から未来へ一方通行に経過しているのではなく、過去も未来も現在も 「パラレルワールド」も私達の世界と一緒の時空に同時並行的に存在すると言われています。 この時空の認識は私達三次元人においては想定外ですし、体感もできるわけがないのだろうと考えられます。

次の