視聴者維持率。 Youtube視聴者の視聴者維持率と再生時間を伸ばすには?

YouTubeの視聴者維持率を飛躍的に上げた方法

視聴者維持率

平均再生率とは 平均再生率とは動画全体の何割再生されているかを表す数字です。 ユーザーが動画を最後まで見てくる人が多ければ 平均再生率が高くなりますし、 逆に動画がつまらないからすぐに閉じる人が多ければ 平均再生率は低くなります。 言い換えると、 平均再生率は その 動画の面白さととらえる事もできます。 平均再生率を上げるためには より面白い動画を作ればよいのです。 平均再生時間とは 再生時間とはその名のとおり、 動画が平均してどれだけの時間再生されているかを表す数字です。 これも本質は平均再生率と同じで、 動画が面白ければ再生時間は伸びますし、 つまらなければ再生時間は短くなります。 再生時間を伸ばすためには 維持率と同様に 面白い動画をつくればよいのです。 視聴者維持率と再生時間の関連性 ここで 重要なポイントがあります。 視聴者維持率と再生時間は 動画の長さによっても変わってきます。 平均して3分見られる動画があったとして、 長さが5分の動画だったら 維持率は 70%前後で再生時間は3分です。 動画の長さが10分の動画だったとしたら、 維持率は 30%前後で再生時間は3分になります。 つまり維持率は再生時間を短くすると 上がりやすいです。 このように動画の長さも影響してきます。 再生数を上げたいから動画を長くしよう! ってやると維持率は落ちるし・・・ 維持率を上げたいから動画を短くよう ってやると再生時間が落ちるし・・・ 2つのバランスが大切なのです。 相対的な視聴者維持率とは 相対的な視聴者維持率は Youtubeにアップされている同じような長さの動画と比べて 自分の動画はいいのか悪いのかを見ることが出来ます。 相対的にみたときに 他よりも低い部分は 改善すべきポイントとなりますので、 ここをしっかり把握して相対的にも良い動画を 目指して下さい! 具体的な目標値 理想的な数字を言いますと、 視聴者維持率 50%以上 再生時間が 5分以上 これがひとつの基準となります。 これを上回っていれば失敗することは ほとんど無いと思います。 意識すべきポイントは 面白さと 動画の長さです。 この2つを意識して、 維持率と再生時間の両方を伸ばしていってください。 そうすれば結果は必然的にでてくるはずです。 今回は視聴者維持率と再生時間を伸ばすために 必要な要素について解説しました。 他にもYoutubeで稼ぐために有益な情報を 公開しておりますので参考にしてみてください。 2014年にネットを使ったマーケティングに出会い、ブログ・サイト運営、Twitter集客、YouTube、Facebook広告、リスティング広告、メルマガ、DRM、セールスライティングを学び、現在はYoutubeをメインにビジネスに取り組んでいます。 2018年頃から顔出ししないYouTuberとしても活動している。 2016年にサラリーマンを辞め、念願の誰にも拘束されない自由なライフスタイルを手に入れ、好きな事をやりながら暮らしています。 会社に依存しない自由な生き方が出来る人を増やすために、日々努力を重ねております。 【実績】 【Youtubeアドセンス】 2015年5月にスタート 2015年9月に月収10万円達成 2015年12月に月収20万円達成 2016年8月に月収93万達成 2019年も相変わらず継続中 【メルマガ】 月収200万円達成 【情報発信】 2017年3月 76万円達成 2017年9月 150万達成 月収132万、アドセンス年収1600万 1名 月収30万以上 多数 月収10万以上 多数.

次の

動画はどのくらい視聴されている?視聴者維持率を確認してみよう | YouTubeのことならYouTube総研

視聴者維持率

視聴者維持率は、動画がどれぐらい視聴されているかを測る目安になります。 より引用 簡単に説明しますと、 ユーザーが動画にどれだけの時間滞在し視聴を続けてくれたのかを表した数値です。 動画再生回数だけアップさせようとして動画視聴をすぐにやめてしまうとこの視聴者維持率は当然下がります。 なぜ「視聴者維持率」が大切なのか YouTubeではその動画が長い時間視聴されることはとても大切です。 視聴者維持率をアップさせることで、関連動画に表示されやすくなり、結果的に再生回数を伸ばすことができるからです。 YouTubeは最後まで視聴される動画=良い動画とYouTubeは判断します。 視聴者にとって面白く楽しい、視聴者にとって便利で有益な動画をYouTubeはユーザーに届けたいのです。 YouTubeは最後まで視聴される動画=良い動画 それではYouTubeが考える良い動画とはどのようなものかお伝えします。 YouTubeが考えていること YouTube側から考えると、 できるだけ多くの視聴者(ユーザー)にできるだけ多くの時間をYouTubeで過ごしてほしいと考えています。 それによって、YouTubeというメディアの価値が上がり、企業からの広告出稿が増え結果としてYouTubeが儲かるからです。 いくらサムネイルやタイトル良く再生回数やチャンネル数を稼いでも、 すぐに離脱(動画の視聴をやめてしまうこと)される動画はYouTubeには「低品質」だと判断されてしまします。 YouTubeにとってのいい動画になるために 動画の効果を知るための指標には以下のようなものです。 でも、再生回数やチャンネル数でしか人気度がわからないし判断のではないでしょうか…? 最終的にはその数字が重視されるのかもしれません。 しかし 視聴者維持率をアップさせることはメリットが大きいのです。 そのメリットとは 「関連動画やトップページのおすすめに表示されやすくなる」ということです! 関連動画やトップページのおすすめに表示されやすくなる 動画のジャンル問わず共通で、全てのアクセスのうち7割~8割は関連動画からの経由での再生がとなっているデータがあります。 しかもこの関連動画はチャンネルのコンセプトが似ている動画は関連動画に表示されやすいというYouTubeの特徴があります。 YouTubeは「ユーザーがより使いやすいように」という発想で関連動画に似たコンテンツの動画を表示しているのです。 なので、アイドルの動画だったらアイドル動画をよくみるユーザーに露出させることができます。 自軍のグループの動画を様々なユーザーにアプローチできる機会が増えるということです! 逆に言えば、 関連動画に表示されないと再生回数は伸びません。 関連動画に表示されないと永遠にファン以外からの流入はないと考えて良いです。 YouTubeの特性上、チャンネル登録者がたくさんいても最後まで見られていない視聴者維持率が悪い動画はタイムライン上にも表示されにくくなります。 視聴者維持率がアップすることで、より多くの人に自軍グループ動画に視聴してもらい結果的に動画の再生回数のアップ、さらにはチャンネル登録者の増加につながります! 視聴者維持数はどこで確認できる? 残念ながら、ユーザー(視聴者)側では確認することができません。 動画の投稿アカウントのみ確認することができます。 再生回数だけアップさせるとどうなる? 動画を最後まで視聴せず、 再生回数だけ増加させるとYouTubeでは「質の悪い動画コンテンツ」と判断されるでしょう。 特に何かペナルティがつくわけではありませんが、再生回数だけ増加させたいがために動画からすぐに離脱してしまう行為はかなり 効率の悪い再生回数の伸ばし方と言えるでしょう。 まとめ YouTubeではメディアならではの特性があります。 その性格を知ることで、より効率の良い自軍動画の応援ができます。 動画視聴回数・チャンネル登録数を増やす応援をするため、視聴者維持率を気にして動画をみるようにしていきたいですね!.

次の

【最新版】YouTube動画平均視聴時間と視聴維持率の確認方法

視聴者維持率

あなたの動画は面白いのか? あなたの動画がどのくらい見られているのか?単なる再生回数ではなく、一つ一つの動画が最後まで見てもらえているのか?YouTubeには、動画がどの時点で見られなくなったのかを調べる「視聴者維持率」という機能があります。 これはテレビの視聴率の調査のような機能です。 つまらないテレビ番組が途中でチャンネルを変えられてしまうように、あなたのコンテンツも途中で多くの人が立ち去ってしまっている場合があります。 あなたのコンテンツがどれだけ見られているのか?を調べてみましょう。 良いコンテンツの例 このコンテンツは46秒という短いコンテンツですが、多くの人が最後まで見てくれています。 最後にがくんと下がるのは エンディングの部分です。 YouTubeの場合、平均的に1分から2分で離脱するといわれています。 この動画は短く、大事な部分が最後にあるので、最後まで見てくれている視聴者が多いようです。 途中で再生率が上がるのは、「一時停止」されていることが理由です。 反対に早送りされると再生率が途中で下がる場合があります。 動画はこれです。 ノウハウ系の動画として役立っているといえるコンテンツですね。 期待した動画でない場合 最初の10秒で半分以上の視聴者が離脱しています(泣) この動画はタイトルで「日本酒 通販」というキーワードでYouTubeからの検索で1位ですが、内容は日本酒通販を動画で作るには?といった内容です。 検索結果から再生したところ、思ったような動画ではない!という人が多くいたのが原因です。 動画マニュアルの再生時間は? 当社のYouTube の1か月のデータです。 動画数は2459本 1本当たりの動画の長さは平均1分40秒ほどです。 視聴者維持率の調べ方 YouTubeにログインし、クリエイターツールから「アナリティクス」をクリック。 「視聴者維持率」をクリックしてみてください。 個々のコンテンツについてどこで離脱されているのか、最後まで見てくれているのか?ということがわかります。 イントロが長い。 もしくは、タイトルと動画があっていないということが言えます。 イントロが長い場合=動画の初めにこの動画について「何を説明しているのか?」という要約を話しましょう。 だらだらと関係ないイントロ、挨拶コメントは視聴者に嫌われます。 タイトルと動画があっていない場合 タイトルを変更してみましょう、動画の内容とあったタイトルにすると視聴者の離脱率を抑えることができるはずです。 ユーザーが最後まで見てくれる=面白い魅力あるコンテンツといえます。 ブログと違い、動画は配信後の修正はできません。 次回の動画作成時に生かして視聴者が最後までみる動画をつくるよう心がけましょう。 ウェブデモの集客サービス 単発相談から6か月の顧問契約まで、4つの基本メニューを用意しています。 ウェブデモ ソーシャルメディア もやってます。 フォロー大歓迎.

次の