どんな 色 が 好き 歌詞。 ペープサート「どんな色が好き?」

ペープサート「どんな色が好き?」

どんな 色 が 好き 歌詞

今日はさらっと投稿。 みなさん 『どんな色がすき』という曲はご存じですか?坂田修さんが作詞作曲した童謡です。 NHKの子ども教育番組「おかあさんといっしょ」でもたびたび歌われる大人気の歌です! 歌詞の一節はこちらです。 どんないろがすき(あか) あかい いろがすき いちばんさきに なくなるよ あかいクレヨン 一番好きな色が赤だからたくさん使っちゃた結果、一番最初に赤いクレヨンがなくなっちゃうよ。 という曲です。 子どもの様子を描いたとても可愛らしい歌ですね! 僕も赤は大好きです!しかし 僕の場合は赤は無くならなかったのです。 いちばんさきになくならない 赤いクレヨン なぜ僕の場合は赤いクレヨンは一番先になくならないのか。 それは 僕が子どもの頃とても繊細であったため、 赤が減ってしまうのがとても心苦しくて、なかなか使うことができなかった からです。 その結果、赤は最後の方まで残ってしまうのです。 そんなことある!?と思う方もいるかもしれませんが、折り紙を例にして考えてみてください! 小さいときなら金色や銀色を好きな人はとても多いと思います。 しかし、 小さいころ金色や銀色の折り紙を一番先に使いましたか?使うよという方もいると思いますが、僕はもったいなくて使えませんでした。 その結果 金や銀がいつまでたっても残っていました。 ある日雑貨屋に行くと 金と銀だけの折り紙が売られているのを見かけて、今まで使わずに取っておいたものは何だったんだと がっかりした時がありました。 (笑) その日からは、 「使えるものは使えるときに使っちゃおう」と思うようになりました。 使わなかった時と比べると、 使いまくるようになってからの方が充実していたような感じがします。 おわりに これからも好きなことやものにはどんどん挑戦していこうと思います! けど、 お金の場合だけは慎重に!(笑) 今日はさらっと投稿でした! ではまた!.

次の

神崎ゆう子・坂田おさむ どんな色がすき 歌詞&動画視聴

どんな 色 が 好き 歌詞

ライナーノーツ Artist 槇原敬之 Lyricist 槇原敬之 Composer 槇原敬之 Original Release Year 1991年(平成3年) Album 『君は誰と幸せなあくびをしますか。 歌が生まれた瞬間 会社帰りの電車の窓から、オフィス街のビルの谷間に沈みゆく夕陽を眺めて、仕事で疲れっ切った心がだんだんとオレンジ色に染まるにつれて、あきらめかけていた音楽への夢を、もう一度目指すことを心新たに誓った瞬間、『どんなときも。 』は生まれた。 30秒でわかる歌詞の意味 自分に自信がもてないネガティブな状態から、やがて自分の本当の気持ちに気づき、静かな自信へと変わっていくV字型ストーリーになっています。 今の自分に自信がもてない 会社で仕事している自分の背中を、もう一人の自分が見つめて言うーお前の本当にやりたいことは、これなのかい?ってね。 確かに学生時代からの音楽の夢をほったらかしにしているのは確かだけどー。 疲れてるし、時間もないし、なかなかキビシイよねー言い訳なのかな? 夕陽が教えてくれた自分の道 上司から仕事のことで散々小言を言われた金曜日の会社帰り、電車の窓から見える、ビルの谷間にゆっくりと沈んでいく夕陽を、凹んだ気持ちで眺めているうちにイライラしてた気持ちが不思議に落ち着いて来て、作曲をもう一度やってみよういう気持ちが湧いて来た。 自分には「歌」しかないんだって、はっきり言える気がして来た。 たぶん、それが人生の「答え」になると思うから。 そして、いつか人を愛する力になると思うからー。 風呂上りの鏡に映った自分に、ニヤリと笑いかけた。 歌詞を深く知る仮想ストーリー 今回の歌の主人公は、昼間は会社員として働きながら、アーティストデビューを目指している22歳の若きラッパー。 自分の目指す音楽のカタチが見つからなくて、毎日悶々としています…。 ある日、偶然耳にした槇原敬之の『どんなときも。 』を聴いた瞬間、感激して『(私家版)どんなときにも。 』を作ってしまったというお話しです。 著作権ギリギリまで肉薄してしまったらしいのですが、主人公の音楽への切実な気持ちがにじみ出ていて、私はこれはこれでアリかなと思っています。 それでは、ラッパー調のノリでどうぞ! 平成ラッパー版「どんなときにも」の歌詞を大公開 歩き続けることだけさ (平成ラッパー「どんなときでも」より) いかがでしたでしょうか。 槇原敬之さんの歌詞には遠く及ぶべくもないですが、いつの世も夢を目指して懸命に生きている人の気持ちって、やっぱり共通するものがありますね。 自分らしさを大切にして、最後まであきらめずに、自分の「好き」を続けることの大切さー槇原敬之の『どんなときも。 』は、この普遍的なテーマを卓越したメロディラインに乗せて歌い切った稀有な歌です。 おすすめな人• 絶対叶えたい夢をもっている人• 夢や目標がなかなか実現できない人• 生きづらさを感じながら生きている人 メッセージ ハングリーであれ。 Stay hungry. バカであれ。 Stay foolish. (スティーブ・ジョブズ) アップル社の設立者の一人であるスティーブ・ジョブズも、こんな言葉を残しています。 夢を実現するためには、なりふり構わず、目標に向かって突き進む強さ、そして、周囲から無視されても、やり続けるひたむきさーどうしてもこの2つが必要です。 2つの坂道を登り切ることは、完全な成功への絶対条件ですが、人間そんなに強くありません。 槇原敬之の『どんなときも。 』を聴くと、本当にどんなときも、あきらめずに前に進もうという気持ちが心の底から湧いてきませんか? 私も何度も救われて、胸が熱くなったものです。 シンプルでありながら力強く示唆に富んだ歌詞は、ステキなメロディとともに、夢を目指して進むあなたの熱いハートを何度でも励まし続けることでしょう! まさに100年後のニッポンに残したい直球の歌です。

次の

槇原敬之『どんなときも。』の歌詞の意味は夢を実現したいすべての人に贈る不滅の応援歌だ

どんな 色 が 好き 歌詞

ライナーノーツ Artist 槇原敬之 Lyricist 槇原敬之 Composer 槇原敬之 Original Release Year 1991年(平成3年) Album 『君は誰と幸せなあくびをしますか。 歌が生まれた瞬間 会社帰りの電車の窓から、オフィス街のビルの谷間に沈みゆく夕陽を眺めて、仕事で疲れっ切った心がだんだんとオレンジ色に染まるにつれて、あきらめかけていた音楽への夢を、もう一度目指すことを心新たに誓った瞬間、『どんなときも。 』は生まれた。 30秒でわかる歌詞の意味 自分に自信がもてないネガティブな状態から、やがて自分の本当の気持ちに気づき、静かな自信へと変わっていくV字型ストーリーになっています。 今の自分に自信がもてない 会社で仕事している自分の背中を、もう一人の自分が見つめて言うーお前の本当にやりたいことは、これなのかい?ってね。 確かに学生時代からの音楽の夢をほったらかしにしているのは確かだけどー。 疲れてるし、時間もないし、なかなかキビシイよねー言い訳なのかな? 夕陽が教えてくれた自分の道 上司から仕事のことで散々小言を言われた金曜日の会社帰り、電車の窓から見える、ビルの谷間にゆっくりと沈んでいく夕陽を、凹んだ気持ちで眺めているうちにイライラしてた気持ちが不思議に落ち着いて来て、作曲をもう一度やってみよういう気持ちが湧いて来た。 自分には「歌」しかないんだって、はっきり言える気がして来た。 たぶん、それが人生の「答え」になると思うから。 そして、いつか人を愛する力になると思うからー。 風呂上りの鏡に映った自分に、ニヤリと笑いかけた。 歌詞を深く知る仮想ストーリー 今回の歌の主人公は、昼間は会社員として働きながら、アーティストデビューを目指している22歳の若きラッパー。 自分の目指す音楽のカタチが見つからなくて、毎日悶々としています…。 ある日、偶然耳にした槇原敬之の『どんなときも。 』を聴いた瞬間、感激して『(私家版)どんなときにも。 』を作ってしまったというお話しです。 著作権ギリギリまで肉薄してしまったらしいのですが、主人公の音楽への切実な気持ちがにじみ出ていて、私はこれはこれでアリかなと思っています。 それでは、ラッパー調のノリでどうぞ! 平成ラッパー版「どんなときにも」の歌詞を大公開 歩き続けることだけさ (平成ラッパー「どんなときでも」より) いかがでしたでしょうか。 槇原敬之さんの歌詞には遠く及ぶべくもないですが、いつの世も夢を目指して懸命に生きている人の気持ちって、やっぱり共通するものがありますね。 自分らしさを大切にして、最後まであきらめずに、自分の「好き」を続けることの大切さー槇原敬之の『どんなときも。 』は、この普遍的なテーマを卓越したメロディラインに乗せて歌い切った稀有な歌です。 おすすめな人• 絶対叶えたい夢をもっている人• 夢や目標がなかなか実現できない人• 生きづらさを感じながら生きている人 メッセージ ハングリーであれ。 Stay hungry. バカであれ。 Stay foolish. (スティーブ・ジョブズ) アップル社の設立者の一人であるスティーブ・ジョブズも、こんな言葉を残しています。 夢を実現するためには、なりふり構わず、目標に向かって突き進む強さ、そして、周囲から無視されても、やり続けるひたむきさーどうしてもこの2つが必要です。 2つの坂道を登り切ることは、完全な成功への絶対条件ですが、人間そんなに強くありません。 槇原敬之の『どんなときも。 』を聴くと、本当にどんなときも、あきらめずに前に進もうという気持ちが心の底から湧いてきませんか? 私も何度も救われて、胸が熱くなったものです。 シンプルでありながら力強く示唆に富んだ歌詞は、ステキなメロディとともに、夢を目指して進むあなたの熱いハートを何度でも励まし続けることでしょう! まさに100年後のニッポンに残したい直球の歌です。

次の