ゆで 卵 の きれいな 剥き 方。 ゆでる前にヒビを入れるだけ!1秒の手間でゆで卵が圧倒的にきれいにむける

ゆでる前にヒビを入れるだけ!1秒の手間でゆで卵が圧倒的にきれいにむける

ゆで 卵 の きれいな 剥き 方

スポンサーリンク ゆで卵の殻がむきにくい原因は? ゆで卵の殻がむきにくいのはどうしてなのか? その主な理由は卵が新鮮だからです。 卵が新鮮だと殻が剥きにくいだなんて、喜んでいいんだか悪いんだか・・・笑 卵が新しくて嬉しい反面、剥きにくいとは困った現象ですね。 ニワトリが産んでからまだ新しい卵の白身には、たくさんの二酸化炭素が含まれているんですがこれがクセモノ。 茹でて加熱するときにその二酸化炭素が膨張して白身が押しつけられてしまうため、殻がくっついて剥きにくくなってしまうんです。 茹で卵を火にかけている間に、ボールに氷を水を用意して引き上げる準備をしておくとよいです。 注意点はゆで卵を入れてしっかり冷やすこと。 氷水を用意しているのに、茹でた卵をすぐに引き上げてしまったのではだめ。 ゆで卵がまだ温かい状態だと殻も剥けにくくなってしまうので、必ずしっかりと冷やしてくださいね。 では茹でた卵を冷やさず常温で自然に冷ましてしまうとどうなるか?というと、殻がくっついてとても剥きにくいです。 「冷やす」という工程は、ゆで卵をキレイに剥くには必須なのです。 生卵なのに穴を開けるなんてちょっとコワイ気もしますが、卵のお尻のほう(とがっていない方)なら、気室という隙間があるのでそこに穴を開ければ生卵がダラダラ出てきちゃうということもないので大丈夫。 包丁の先っちょやスプーンで卵にヒビを入れるなど、人によってやり方は色々ですが慣れないうちは画びょうや安全ピンなどとがったものを刺す方法が簡単&確実です。 新鮮な卵ほどpHが低く殻を剥きにくいので、pHを高くする=アルカリ性にすれば殻が剥きやすくなります。 やり方はとっても簡単。 茹で水に重曹をちょこっと加えるだけでOKです。 スプーンの先っちょにちょこっと程度の量を入れてゆでると、新しい卵でも殻が剥きやすくなります。 デメリットはちょっと硫黄クサくなること。 タッパーのふたを閉めてゆで卵と水を入れカシャカシャ振ると、タッパーとぶつかって殻がスルンと剥けます。 この方法だと複数個一緒にできるので、一気に殻むきしたい場合にぴったりの方法です。 殻全体にヒビが入りぺろんと剥けやすくなります。 ポイントは力加減。 強すぎず弱くもなく~なちょうどいい圧力じゃないと、ゆで卵が崩壊する危険性もアリ。 コツさえわかってしまえば簡単なんですが、慣れないとかえって難しいかもです・・・ 柔らかい半熟卵だとつぶれやすく危険なので普通の固ゆで卵の方がいいです。 ニワトリが産んでから日にちが経ってくると、白身にたくさん含まれていた二酸化炭素が放出されると殻と卵白の間に空間ができるので茹でた後殻が剥きやすくなります。 採卵日から1週間程度たった卵だと剥きやすくなります。 でも1週間も経った古い卵を常時冷蔵庫にストックしておくわけにもいきませんよね。 個人的にはいつも新しい卵を食べたい派なので、古い卵が冷蔵庫に残ってることは皆無です。 そんなときはどうするか? 2~3日常温保存しておき、その卵を使って茹でれば剥きやすくなります^^ おわりに ゆで卵って好みのゆで加減にするのが難しいですよね。 お湯で茹でるだけというシンプルな調理法だけに、意外と奥が深いのかもしれません^^.

次の

ゆで卵の殻が剥きやすい作り方

ゆで 卵 の きれいな 剥き 方

卵に穴をあけるやり方と効果 卵をゆでる前に、必須ではないですが下ごしらえが一つ。 それは 卵の底に穴をあけることです。 100円ショップなどでも売られている卵の穴あけ器を使ってもいいですし、安全ピンや押ピンのようなものを使って開けてもOKです。 卵のどこに穴を開けるかですが、 卵を横から見た時、尖っている側とふくらみのある側があるので、そのふくらみのある側(お尻側)に穴を開けます。 こうすることでどうなるかというと 開けない時に比べると、多少ですが殻がむきやすかったり、ゆで卵の表面が荒れることを防ぐことができると思います。 同じ卵で何度か比べたことがあるのですが、比較すると穴を開けたほうがそうなりづらかったです。 時間に余裕があったり、こだわりがある場合に穴を開ける程度でいいように思います。 ゆでたまごのゆで方 上に書いた通り、 卵は冷蔵庫から出したてで、沸騰した湯にその卵を入れます。 その時に気を付けたいのが卵の入れ方。 この作り方では卵の温度が急に変わるため、湯に卵をぽちゃんと落とすと、卵にヒビが入りやすいです。 そのため、下の写真のように 穴じゃくしやお玉に卵をのせ、一つずつそっと湯に入れるようにします。 一つずつ、卵を沸いた湯の中にそっと入れれば、卵にヒビが入ることもないと思います。 あとは好みのゆで時間ゆでればOKです。 ゆで上がった卵は、すぐに湯を捨てて、流水で水を入れ替えるなどしながら冷まします(温かい状態で食べる場合も触れる温度になるまで)。 狙った黄身の状態にゆで上げても、余熱で火が通ってしまっては意味がないため、 半熟のゆで卵の場合などは特に、すぐに冷ますことが大切です。 半熟から固ゆでのゆで時間は?? ゆで卵のゆで時間による黄身の状態は、他サイトでも紹介されていますが、ほとんどが2分刻みでの紹介なので、せっかくならと 白ごはん. comでは1分刻みで紹介したいと思います。 6分… 超半熟。 黄身はとろとろ、白身もやわらか。 7分… 半熟。 黄身の外側だけ少し固まって、中心部分はとろとろの状態。 8分… 黄身の固まった部分とやわらかい部分が半々くらいの状態。 黄身は切っても流れてはこないくらい。 9分… 黄身の中央も固まっているけど色鮮やかで、火が通りすぎていない状態。 10分… 黄身の外側はしっかり火が通り、固ゆでの白っぽい黄色に。 11分… 黄身の中央だけ少し鮮やかさが残る。 12分… 固ゆで。 黄身が全体的に白っぽく火が通っている。 お弁当などに入れやすいのは8分以降だと思うので、少し状態のわかりづらい『8分』と『9分』を下に大きくしてみました。 8分は卵を押すとやわらかい半熟の黄身が少し出てくるくらいで、それに比べて 9分は押しても半熟の黄身は出てこず、ゆるく固まった黄身がパカッと割れるくらいになります。 ゆで上がった卵を急冷て冷めたら、卵の殻をむきます。 この時、殻にヒビを入れ(少し多めにヒビを入れるくらいの気持ちで)、 流水に当てながらか、水の中で殻をむくときれいにむきやすいです。 それから、卵を切るときは包丁でもいいですし、卵専用のスライサーなどを使ってもいいのですが、 きれいに切り口を見せたい時や、半熟の卵を切るときは糸を使うのがおすすめです。 卵の切りたい場所に糸を巻き付けて、糸を引っ張るようにしてカットします。

次の

ゆで卵の簡単なむき方にコツ!3秒で綺麗にむく裏技動画など紹介

ゆで 卵 の きれいな 剥き 方

それは 「ゆでた後、すぐに氷水につけて急冷する」ということ。 実際に、どれくらい差がでるか、試してみました。 卵を1パック用意し、すべて同じ条件でゆでてききます。 今回は、卵を室温に戻した状態で熱湯に入れ、8分ゆでます。 加熱後、半量はゆでた後ざるにあげて、自然に冷めるまで放置します。 残り半量は、ざるで水気を切ったあと、すぐに氷水につけて急冷します。 冷めたゆで卵をむいた結果が、こちら 左 自然に冷ましたもの、 右 氷水で急冷したもの 氷水で急冷したもの 写真右 は、5個中5個がきれいにツルリとむけました。 一方、ざるにあげて自然に冷ましたもの 写真左 は、1つはきれいにむけましたが、残り4個は殻に白身がくっついて、一緒にはがれてしまいました。 殻と卵の収縮の差が、きれいにむける秘訣だった! 氷水で急冷すると、ツルリと殻がむけるしくみについて、宮城大学の石川先生にうかがいました。 ーすぐに冷水につけると、きれいに殻がむけるのはどうしてでしょうか? 「ゆであがった卵を冷水につけると、殻も、中身の卵も冷えて縮みます。 この隙間のおかげで、卵の殻がはがれやすくなるのです。 また、冷水につけて卵の殻の外側が冷えると、まだ熱い卵の中身から出た蒸気が冷えて水となり、殻と中身の間に水がたまった状態にになります。 その水が、殻と白身の密着を防ぐので、殻がむきやすくなるとも考えられています。 」 ー冷水につける以外にも、殻がむきやすくなるポイントはありますか? 「卵の鮮度は、殻のむきやすさに大きく影響し、 新鮮な卵ほどむきにくく、時間がたった卵ほどむきやすいことが明確に分かっています。 卵は産まれてから時間が経つにつれて、卵白に溶けていた二酸化炭素が外に放出されます。 これが卵殻膜の間にたまって、 気室という空気の層ができます。 気室があることで、殻と卵白との間に隙間ができるので、ゆでたときに殻がむきやすくなります。 産みたてのたまごよりも、 一週間くらいたった卵のほうが、むきやすくなっているでしょう。 また、卵のpHも、殻のむきやすさに大きく関係します。 新鮮な卵ほど卵白のpHが比較的低く、時間がたつにつれて高くなっていきます。 pHが低いほど、卵白と殻の内側が強く結合するので、殻はむきにくくなります。 新鮮な卵をむきやすくするには、pHを高くし、アルカリ性にすることです。 卵をゆでるお湯に重曹を加えれば、簡単にアルカリ性にできます。 ただし、重曹を入れると、卵の硫黄臭が強くなるので、注意が必要です。 」 きれいにむけないイライラも、ポイントさえわかれば、これで解消!毎日の食卓に登場する卵だからこそ、きれいにむけたゆで卵で、見栄えよく食卓を飾りたいですね。 取材協力 石川 伸一(いしかわ しんいち) 福島県生まれ、博士(農学)。 宮城大学食産業学部准教授、「クックパッド食みらい研究所」特任研究員。 専門は分子食品学、分子調理学、分子栄養学。 主な研究テーマは、鶏卵の機能性に関する研究。 『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える』(化学同人)、『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社)ほか著書多数。 執筆:料理研究家 関岡弘美 出版社にて食育雑誌の編集に携わった後、渡仏。 料理、製菓等を学び、レストラン、パティスリーで研修後、帰国。 雑誌、広告等を中心に活動するほか、都内でおもてなし料理とワインの教室を主宰。 近著に、『10・15・20分でできる毎日かわいい園児べんとう』がある。 ブログは.

次の