甲斐 バンド ブログ。 甲斐バンド『at NHKホール』: ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ

「甲斐バンド」元祖かれんのブログ | 元祖かれんのページ

甲斐 バンド ブログ

今日、寒かったですねえ。 真冬に着るセーターやコートは洗濯に出てるんで、応急的な恰好しか出来ない。 暖かいのか寒いのか分からなくって風邪ひいてるんじゃないかと思ったりでした。 それにしても電車も街も空いてますよ。 拍子抜けするくらい。 今日のスタジオは、平河町。 駅は永田町が一番近い。 僕は赤坂見附から歩いたんですが、人影がほとんどない。 肌寒い小降りの雨が余計に冷え冷えと感じました。 歩いている時に、ふっと国会議事堂が見えたんです。 あの石造りの三角形の屋根、というのかな。 道路越しに見えたんですが、不思議な感じだったんです。 車も人もいなかったせいかな。 妙に近く感じた。 存在感がありました。 大昔、50年前か。 デモに加わった時に、「あれが国会か」と思ったことがありましたけど、騒然とした中でしたからね。 あういう感じじゃなかったです。 何だか写真を見ているようでした。 今、あそこに日本の岐路が託されているんですもんねえ。 僕らにとってはあそこと新宿の都庁か。 都知事の方が総理大臣みたいに思えたりしますけど。 政治家の言葉がこんなに重要なのか、と思わされる日々でもあります。 そう、都庁ですよ。 話がつながりました(笑)。 1983年8月、今、都庁が経っている一角で甲斐バンドの野外コンサート「THE BIG GIG」が行われたんですよ。 彼らにとっては、箱根芦ノ湖畔、大阪花園ラグビー場につぐ三度目の野外でした。 まだ、京王プラザと住友ビルくらいしなかったんじゃないかな。 都有5号地。 都心のど真ん中の野外ライブ。 画期的でした。 「東京の一夜」は、76年に出た3枚目のアルバム「ガラスの動物園」に入ってる曲で、そのライブで歌われました。 「ガラスの動物園」は、良いアルバムでしたね。 「男と女のいる舗道」とか「新宿」という曲もありました。 「ガラスの動物園」というのは、有名なテネシー・ウイリアムスの戯曲。 でも、「東京」という街のことのように聞こえました。 時間の速さとその密度。 男性は上京して女性は「この街」に残る。 「僕は僕だけの道を歩こう」とした男性と「僕だけのために生きよう」とした女性の両方の歌でした。 甲斐バンドは福岡出身。 あの頃と今とは、東京も変わりましたけど、福岡もあの頃とは天と地ほどの違いがありますよ。 今、日本で一番元気な街が福岡だといつも思います。 今年の1月にみゆきさんのツアーで行った時もそう思いました。 それなのに、ですよ。 福岡も緊急事態宣言。 福岡から東京に出てくることも東京から福岡に帰ることもままらない。 そして、あの時「東京の一夜」が歌われた場所に立っている都庁は、対コロナの最前線で戦っている2020年です。 九州から上京した人、たくさんいますねえ。 福岡の隣、長崎から来た人、福山雅治さん。 「東京にもあったんだ」を。 好きな歌です。 明日は仕事場です。 出かけないで済むと思うと、何だかホッとします。 じゃ、おやすみなさい。

次の

甲斐バンドの有名ドラマー松藤英男とは?現在もライブは行っているの?

甲斐 バンド ブログ

今日も、実家に行って、 弟の部屋の、本の片付けをしました。 今日はpapaも手伝ってくれ、 何百冊かを、処分しました。 で、昨日、 たくさんの本の中から、お宝発見! 大好きだった甲斐さんの、著書。 荒馬のように(1979年11月発行) 稲妻日記(1987年11月発行) 彼が甲斐さんの本を持っているなんて、思ってもみなかったので、 びっくりしました。 たまたま目についた2冊なので、 もしかしたらもっとあって、知らずに処分してしまったかも。 「荒馬のように」は、37年も前に発行されたもので、 彼が、いつ購入したのかは、 今となっては、聞く事も出来ない。 でも、実は・・・ 私、この本持っているのです。 数年前、どこで購入したかは忘れてしまったけれど、 手に入れる事が出来ました。 内容にはとても満足したのですが、 やはり経年の使用感があり・・・ でも、弟が保管していたものは別です。 多分新品で購入し、ずっと本棚に入れてあったと思われ、 劣化も激しいのですが、 弟の本、 それだけで、感傷に浸ってしまいます。 「稲妻日記」は、読んだことがないので、 後日、ゆっくりと読みたいと思います。 そうそう、これを見て驚きました。 Sくんが一緒に出掛けるのは、珍しい事なのです~。 出掛けていたお二人さんには早く帰って来てもらって、 中華を食べに行きました。 Sくん、家族と一緒の所を知り合いに見られるのが嫌なのか、 近所の中華屋さんで、さっと食べて帰って来るならOKなの。 その事は、また後日。 TVドラマ の主題歌が、 甲斐バンドの新曲「Blood in the Street」という事を、つい先日知り、 このドラマを見て、どんな曲か確かめようと思ってたの。 でも、すっかり忘れてた~~~。 運のいい事に、ドラマが始まる20時頃TVの前にいて、 その上、偶然そのチャンネルになってた~。 もう1つ偶然に、 今日の第2話には、甲斐さんがゲスト出演。 甲斐さんは昔俳優のオファーが殺到したけど、すべて断ってきたのだって。 で、61歳で俳優デビュー。 主演の船越英一郎さんの友人と言う事で、一度きりの様だけど・・・ 見た。 ・・・あの場面は、なくてもよかったのでは? 甲斐さんのために無理に作った、としか思えない。 (見たい・見たくないでいつも葛藤) 武井竜二役 うううぅぅぅ・・・ でも! 「Blood in the Street」は、よかった。 この頃、歌の方もね~・・・ だから、昔の歌しか聞いてないのだけど、 (毎日車に乗っている時は、甲斐バンドの曲だよ~) この曲は、もう一度しっかりと聞いてみなければ。 今日は会社がお休みだったけど、 papaは出勤したし、 Sくんはお休みではなかったので、一人で家にいました。 私は3連休だったので、何か普段出来ない事をやろうと思うのだけど、 結局、特別な事は何も出来ず・・・ いつも通りの家事をして、ゆっくりとTVを見てPCやって。 まぁ、これが私にとって一番幸せな事かもしれない。 で、夕方お買い物に行く時、 普段は車を運転中、TVを付けてるのだけど、 今日は、甲斐バンドの歌をかけてみた。 「氷のくちびる」 作詞作曲:甲斐よしひろ 悲しき恋の結末に 抜け殻のように僕は傷ついた 火遊びの果てのあれは本気の恋 指輪ひとつ残し君は部屋を出て行った 抱かれてもひとつになりはしない心で 君は僕の腕の中に嘘の涙流してた あの時君が投げ捨てた愛のかけら 冷めたベットに拾い集め一人抱けば 今夜も氷のくちびるが僕を奪い ふたつの身体の岸辺に 氷のくちびるが僕を奪い 波のように砕けては散る 悲しき歌の始まりは 追憶の中の夕暮れのカフェ 白い指が灯すキャンドルライト 炎はとけ心変わりに流れていく 鏡に残したルージュの別れ言葉の影に 男にもたれたあの夜の君の姿があった 一輪ざしのこぼれたバラのように 夢のさめぎわの仕打ちはむごく 今夜も氷のくちびるが僕を奪い ふたつの身体の岸辺に 氷のくちびるが僕を奪い 波のように砕けては散る 氷のくちびるが僕を奪い ふたつの身体の岸辺に 氷のくちびるが僕を奪い 波のように砕けては散る な~んか、心が痛いね。 期間限定ポイント、11月15日までなんだ~。 (10月31日までのもあるけど) 15日なんて、中途半端で忘れちゃいそうなので、 今のうちに使っておこうかな~。 でも、「楽天日本一セール」があるみたいだし。 負けたら、「楽天応援ありがとうセール」なんだってさっ。 どっちにしても、セールはあるんだ。 いつも、楽天のポイントは食品に使ってるの。 自分では買わないような物。 フリーズドライのお味噌汁とか、冷凍のカレーとか。 冷凍のお総菜・・・ お金を出して買うと、な~んか後ろめたくて。 頂くのならいいかなって。 でも! 今回は、買おう(ポイントで頂くんだけど)と思ってるものがあるの。 甲斐バンド以外の人は、ほとんど知らないけど、 収録曲がね、好きな曲ばかりなの。 新宿 黒い夏 裏切りの街角 8日目の朝 東京の冷たい壁にもたれて 最後の夜汽車 三つ数えろ 風の中の火のように 漂泊者(アウトロー) 地下室のメロディー 冷たい愛情 バス通り 「KAI 35th Anniversary甲斐バンド Live at the 照和」ライブより12曲ノーカット収録 昔の歌を歌う甲斐さんってどうなんだろ? って事で、自分で買わずにポイントで。 リリースされた頃の声や歌い方とはきっと違ってるよね。 それが嫌なので、今彼のライブとかに行こうとは思わないんだ。 でも、このDVD見たら行きたくなっちゃうかもね。 求む! 一緒にライブに行ってくれる人・・・な~んてね。 私はこのニュースを見て経緯を知ったのだけど(番組はしっかり見なかったから)、 それにしても・・・ さんまさんの歌はひどすぎる。 ニュースを読むと、 笑いなしのマジ熱唱に、スタジオの共演者も聞き入っていた って書いてあるけど・・・ これ、マジ? どうひいき目にみても、聞き入れるような歌い方では・・・ 歌の方は、まさしく甲斐さんの作った歌だったわ。 1986年に作ったらしいけど、この時の甲斐さんが歌ったのならよかったかも。 さんまさんには合わない曲だわ。 あの・・・ 私、さんまさんを批判しているのではありません。 絶対に。 私は、甲斐よしひろの大ファンなのです。 若い頃の甲斐さんの。 だから、現在の甲斐さんには・・・会いたくないの。 昔の、私の好きだった曲を歌っている甲斐さんが甲斐よしひろなのよ。 HERO ヒーローになる時、それは今 、安奈・・・違う違う。 この2曲は有名だけど、好きな曲じゃない。 私の中の甲斐よしひろには合わないわ~。 東京の冷たい壁にもたれて 黒い夏 悪いうわさ ダニーボーイに耳をふさいで 東京の一夜 氷のくちびる メモリー・グラス きんぽうげ LADY 漂泊者 アウトロー 地下室のメロディー 冷たい愛情 まだまだ好きな曲がありすぎる~。 久しぶりに、 車を運転しながら、甲斐バンドの曲に浸りました。 ほんとに、ほんとに、大好き! なぜなぜ? 甲斐さんが、「行列のできる法律相談所」に出てるよ~。 ほんとに偶然にTVを見たら、 甲斐さんが~~~~。 普段「法律相談所」は見ないのよ。 それがたまたまついてたの。 チャンネルをかえようとしたら・・・甲斐さん甲斐さんが。 うっそ~~~。 今日は、ゲストの会いたい人が登場。 (この頃この番組、法律相談より他の内容が中心。 変なの!) 甲斐さんの会いたい人は、 「 野茂 英雄」さん。 「野茂さんは出て来てくれるでしょか!」なんて、 司会者がわざとらしい事をいってたけど、そりゃあ出てくるわよね。 甲斐さんは彼の事が大好きで、 彼が大リーグに行った時、彼の試合を見たいために、 ロスでレコーディングと言う用事を作ってまで見に行った・・と言ってました。 (ほんとかな?) ここで、Golfから家族が帰って来てTV中断 次にTVを見た時、 甲斐さんが野茂さんからサインボールをもらってました。 甲斐さんは、自分は基本的にあがらない人だけど、 野茂さんの近くまでいけるかと思った(くらいあがった)と言ってましたよ。 (ほんと?) その後も色々とやっててTVしっかり見れなかった (こんな時に帰って来るなんて~ ) 甲斐さん、何のためにTVに出てきたんだろう?と考えていたら、 安奈-2012- 甲斐バンド(Single CD)の宣伝だった。 (2012年11月21日発売予定の甲斐バンドの39枚目のSingle・・・Wikiより) 何かね・・・私の頭の中にいる甲斐さんのイメージが。 だから、私はほんとのところ、今TVとかで甲斐さんを見たくないんだ。 Liveも行く気がしない。 私が好きなのは「HERO(ヒーローになる時それは今)」以前の甲斐バンドの歌。 「安奈」が代表作の1つとか言われるけど、私には違うわ。 あまりすきじゃない。 「安奈-2012-」が出ると言われても・・・ そしてそのためにTVに出てきても・・・ 私はいつまでも、私の好きな頃の甲斐バンドの曲にひたる事にします。 「行列のできる法律相談所」を見ながら日記を書き始めて、今頃書き終えました。 わわわわわーーーーー! もしかして、もしかして・・・ 最後の方に写ってるのは、甲斐さんのご家族では? コンサート後の楽屋でしょうか。 抱擁してるのは・・・もちろん奥様、竹田かほりさんですよね。 そして、二人のお嬢様。 小さい方が、今はシンガーソングライターになってる、甲斐名都ちゃんでしょう。 パパにKissされて嬉しそうなのがお姉ちゃま? 説明によると、甲斐バンド解散コンサートのフィルムライブでのワンシーンで、 (ええっ、解散コンサートのフィルムライブ? そんなのあるの?見たい!) 「サンキュー、じゃあね」の言葉を残して楽屋へもどった所らしいです。 これで甲斐バンド解散ということで、奥様は「お疲れ様!」ということでしょうね。 感動です。 甲斐さんの表情がなんとも・・・ その後の映像は、お二人の結婚式だそうです。 うそうそぉ~、結婚式の事今まで色々と探したけど見つからなかった。 竹田かほりさんは結構有名だったようなので、どこかにないかとずっと探してたの。 あまりに突然見つけられて、感激です。 お願いですから、youtubeさんコレ削除しないでね。 ツーショット会見だったようです。 でも、その会見を飛び越えて結婚式の画像なんて・・・ まさか見れるとは思ってなかった~。 実は私、甲斐さんの若い頃のお顔はっきりと知らなかったんです。 ごく最近まで。 当時はTVにほとんど出てなかったようだし、 熱狂的なファンではなかったので、TV出演をチェックすることもなく、 「ザ・ベストテン」という歌番組に出たことも知らなかった。 だから、今youtubeで若い頃のお顔を見ると・・・ 少しはずかしい。 ふふふ・・・ そう言えば、 甲斐さんの事調べていくうちに、 甲斐バンドのメンバー、田中一郎さんのことを知るようになりました。 彼の「あり、か」って曲も大好きだし、 というブログのファンです。 特に「食べ物」のカテゴリーがいいです。 まだまだ読み途中ですが・・・ 毎日、車に乗るたびに甲斐さんの歌が聞けて幸せ。 あまりボリュームを大きくしないようにしてるけど・・・ね。 この車で、 それもこんな私が(何が? )甲斐バンドの曲かけてるなんて・・・ みんなわからないでしょ~~~。 少しずつ揃えてきたCD、好きな曲がどんどん増えます。 その中で、「ポップコーンをほおばって」。 甲斐さんがまだバンドを組む前、 1974年3月「第3回ハッピー・フォーク・コンテスト」全国大会で優勝したのがこの曲だそうです。 その後デビューすることになるんだけど、なぜかこの曲がデビュー曲じゃない。 どうしてだろう? デビューシングルは「バス通り」(1974. 04)。 「ポップコーンをほおばって」は、3枚目のシングル(1975. 20)「かりそめのスウィング」のB面。 何か理由があるのかな?なんて思ってたけど、 youtubeで、「甲斐よしひろ ポップコーンをほおばって 原曲ver. 」なんてのがありまして、まぁ聞いてください。

次の

若者よ 甲斐バンドを聴け

甲斐 バンド ブログ

学生時代に聴き込んだ音源の中で、FM放送のエアチェックでカセットに録音した音源がある。 社会人になっても、暫くは大事に持って、時たま聴いていたんだが、さすがに20年ほど経って、カセットのテープ自体が劣化し始めて、聴けなくなるカセットが出始めた。 その時、全部捨ててしまったんですよね〜。 その時は、そのうち、CDとなってリイシューされるかな、なんて思っていたのですが、そんなこと殆ど無い(笑)。 FM放送のエアチェックの音源は、その番組特別のライブ音源であったり、スタジオ録音だったりする訳で、まず音源のマスターテープが残っていないことが殆どである。 マスターテープが残っていなければ、リイシューされることは無い。 そんな「FM放送のエアチェックでカセットに録音した音源」の中で、どうしてももう一度聴いてみたい音源が幾つかある。 そして聴き直した訳だが、どうもしっくりこない。 そう言えば、同時期のライブ音源を「FM放送のエアチェックでカセットに録音した音源」として愛聴していたことを思い出した。 02 甲斐バンド ライブ at NHKホール』が聴きたかったのだ。 「FM放送のエアチェックでカセットに録音した音源」として、大事に大事に聴き返していたのだが、いつの頃か捨ててしまった。 甲斐バンドの1979年9月2日、NHKホールでのライブ公演。 当時、ロックバンドがNHKホールでライブを行うのは史上初。 古い感覚の評論家を中心に物議を醸したしていたなあ。 そのライブ公演の様子を9月15日にNHK-FMにてオンエア。 バッチリ録音したが、頼りないナレーションが入っている。 このナレーションを排除するべく、1980年1月15日の再放送にて、再度エアチェックした。 この音源が聴き直したいのだが、ネットでググっても無い。 ただ、思い出す度にググってはいた。 そして、先日、この音源をYouTubeで遂に発見した。 最初は半信半疑だった。 音が悪かったり、途中で終わっていたり、コンプリートな形でアップされてはいないだろうとあまり期待せずに聴き始めたのですが、これが「コンプリート」。 頼りないナレーションから始まるあの時の放送である。 ライブの内容もあの時のライブの内容である。 何度も聴き直したライブ音源である。 その内容はしっかりと記憶にある。 とにかく、ライブ演奏としてのノリが抜群。 ちょうど「HERO 〜ヒーローになる時、それは今」が大ヒットした後のライブなので、とにかくバンドとしての勢いが違う。 しかも、このNHKホールでのライブは、演奏の精度も抜群なのだ。 甲斐さんのボーカルも良い出来で、選曲、曲の並びも含めて、つまりは何から何まで良く出来たライブ音源なのだ。 セットリストは以下の通り。 冒頭の「きんぽうげ〜テレフォン・ノイローゼ〜シネマ・クラブ〜裏切りの街角」の流れとノリが凄い。 タイトで隙の無いライブ演奏。 4曲目に「シネマ・クラブ」の存在が素晴らしい。 このロック・バラードが良い。 「裏切りの街角」が入っているのも良い。 きんぽうげ 2. 感触 タッチ 3. テレフォン・ノイローゼ 4. シネマ・クラブ 5. 裏切りの街角 6. らせん階段 7. 港からやってきた女 8. 三つ数えろ 9. 安奈 10. 噂 11. 嵐の季節 12. カーテン 13. 氷のくちびる 14. ポップコーンをほおばって 15. LADY 16. HERO ヒーローになる時それは今 17. 翼あるもの 18. 最後の夜汽車 19. 感触 タッチ いや〜豪気な人がいたもんだ。 YouTubeにアップしてくれた方に感謝したい。 まさか、この2014年の暮れになって、この『1979. 02 甲斐バンドライブ at NHKホール』の音源にコンプリートな形で再会できるとは思わなかった。 音もまずまず、十分に鑑賞に耐える。 これで、やっと長年の懸案の一つが解決した。 震災から3年9ヶ月。 決して忘れない。 まだ3年9ヶ月。 常に関与し続ける。 がんばろう東北、がんばろう関東。 自分の出来ることから復興に協力し続ける。 名称「松和のマスター」でつぶやいております。 この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。 これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。 この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。 これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。 AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。 一言でいうと「大人向けのロック」。 ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。 これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。

次の