旅立ちの日に 歌詞。 不屈の歌姫、山口百恵の色褪せることのない魅力に迫る

旅立ちの日にの歌詞教えてください全部ひらがなでお願いします

旅立ちの日に 歌詞

いい日旅立ち 国内旅行キャンペーンソング/スポンサー社名が曲名に? 『いい日旅立ち』は、作詞・作曲:谷村新司、山口百恵の歌唱により1978年11月にリリースされた日本の歌謡曲。 旧国鉄の国内旅行キャンペーン「DISCOVER JAPAN」(ディスカバー・ジャパン)向けに書き下ろされた。 キャンペーンでは、国鉄の指定券発券システムを使用していた「日本旅行」と、国鉄の車両を製造していた日立製作所が、それぞれスポンサーとなった。 『いい日旅立ち』の曲名には、スポンサーである「日本旅行」の社名から「日」と「旅」が、「日立製作所」からは「日」と「立」が、それぞれ曲名の漢字に組み込まれているという。 ウソのような本当の話だ。 JR西日本が2003年にリメイク 『いい日旅立ち』は2003年、JR西日本の旅行誘致キャンペーン「DISCOVER WEST」(ディスカバー・ウェスト)テーマソング『いい日旅立ち・西へ』としてリメイクされた(下ジャケット写真)。 原曲では歌詞で「北の空へ向かい」などと北への旅路が描写されていたが、JR西日本によるキャンペーンということで、谷村新司自身の作詞により西日本や瀬戸内海をイメージした内容に歌詞が全面的に差し替えられた。 山口百恵も「彼女の歌声はいい」と太鼓判を押したという。 山口百恵が歌った原曲の『いい日旅立ち』は変ロ短調だが、リメイク版『いい日旅立ち・西へ』ではキーが一つ下げられイ短調になっている。 このリメイク版は、JR西日本の東海道・山陽新幹線や山陽・九州新幹線の車内チャイムに使われている。 歌詞の違いは? 山口百恵版と鬼束ちひろ版の歌詞の違いについては、「サビ以外はほぼ完全に差し替え」という一言に尽きる。 オリジナルが残されているのは、サビの歌詞「ああ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる」と「歌を道連れに」という部分のみ。 鬼束ちひろ版の歌詞の特徴を一つ上げるとすれば、瀬戸内海をイメージしたキーワードが織り込まれているという点。 遥かなしまなみ 錆色(さびいろ)の凪(なぎ)の海 セピアの雲は流れて どこへ行く <引用:『いい日旅立ち・西へ』一番の歌詞冒頭より> この「しまなみ」とは、広島県尾道市から愛媛県今治市まで、向島や因島などの島々を通る「しまなみ海道」を念頭に置いた歌詞と推測される。 正式名は「西瀬戸自動車道」。 「しまなみ海道」はサイクリングロードとして人気が高く、瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会やスタンプラリーなどのイベントも行われている。 関連ページ 自動車、電車、汽車、バス、馬車、自転車など、乗り物に関する世界のうた こんな小春日和の 穏やかな日は あなたの優しさが しみてくる.

次の

松山千春 旅立ち 歌詞

旅立ちの日に 歌詞

シングルの概要 [ ] 当時山口は・のコンビによる楽曲が多かった中で、本作は既にアルバムでは曲を書いていたをシングル初起用し作られた。 累計売上は100万枚 を記録し、累計では山口にとって最大のヒット曲となった(ただしの集計では53. 6万枚でに次ぐ2番目となっている)。 にが実施した「」では紅組10位にランクインされたほか、にはに選ばれている。 レコードジャケットと裏の歌詞部分の「スキャンダル(愛の日々)」については、TBS系TVドラマ『スキャンダル』テーマと表記されている(これは当初、『』が『スキャンダル』という題が予定されていたため)。 楽曲のタイトルから等の祝いの席や、等の旅立ちの席で歌われることも多いが、谷村自身「歌詞をよく見て下さい。 この唄は決してそんな祝いの席に歌うような、いい意味の曲ではありません」と言っている。 収録曲 [ ] 全編曲:。 タイトル 作詞 作曲 時間 1. 「いい日旅立ち」 谷村新司 4:16 2. 「スキャンダル(愛の日々)」 系ドラマ『』主題歌 川口真 4:05 合計時間: 8:21 国鉄の旅行誘致キャンペーン [ ] に(大阪万博)が終了した後、同年から、国鉄は万博に備え製造されたの有効活用を考え「(美しい日本と私)」と称した旅行誘致キャンペーンを開始した。 それに対応したを各駅に設置し、ミニ周遊券を新設するなどして、おおむね成功したとみなされている。 そのあとを受けてに始まった「一枚のキップから」が不調であったため、国鉄は心機一転を図ってから「 いい日旅立ち」キャンペーンを開始した。 企画したのは、当時に所属し「DISCOVER JAPAN」も手掛けた。 キャンペーンソングを山口百恵が歌ったこともあって成功し、に「エキゾチック ジャパン」キャンペーンが開始されるまで5年3カ月続いた。 このキャンペーンのには「DISCOVER JAPAN 2」と併記された。 山口百恵が「いい日旅立ち」(国鉄のキャンペーンソングともなる)をリリースする際、(国鉄の指定券発券システムを使用)と(国鉄の車両を製造)がスポンサーになった。 タイトルに「いい 日旅立ち」「いい 日旅 立ち」とそれぞれの会社の名前が入っている。 楽曲に関するエピソード [ ]• には谷村自身によるがシングル「祇園祭」のB面に収録された。 に、国鉄の路線を承継した(JR西日本)の旅行誘致キャンペーン「」のテーマソングとしてリメイクされている。 原曲の歌詞の内容が北への旅路をうたったものであることから、JR西日本の営業地域に合うよう西への旅路を想起させるような新たな歌詞が与えられ、による歌唱により「 」としてリリースされている。 、・を走るJR西日本所属車両 も、車内チャイムにこの曲を使用している(始発・終着駅 - 歌い出し、途中停車駅 - サビの部分をそれぞれ使用)。 10月に公開された映画『』のとして使用されており、この作品では百恵を敬愛するが歌った。 にはのとして再度谷村のセルフカバーによる音源が使用された。 CMは旅情的な雰囲気を前面に出して地域の映像を多く使用するなど、意図的にJR西日本の「DISCOVER WEST」のCMを連想させるような構成となっている。 一部では、歌手本人の苗字がつく駅でもこの曲が流れていた。 同年にシングルリリースされている。 国鉄のキャンペーンソングに採用されたことから、の国鉄時代のシンボル的楽曲の1つとして認識されることも多く、現在でも、JRなどでが運行されたり、が運行されると、その列車の発車時に流れることも多い。 2015年まで運行されていた寝台特急「」(廃止)では、行き上り列車において、発車直後と札幌駅到着直前の車内放送で本曲が流れていた(大阪駅発車後に1番、札幌駅到着直前に2番。 後に、いずれもインストルメンタルバージョンに変わった)。 このメロディの乗車記念オルゴールも車内販売されていた。 2月15日放送の『』第351話「津上刑事の遺言! 」においては、挿入歌として使用された。 これは350回記念作品の第2弾で、「殉職した津上刑事の遣り残した事件を解決する」という内容であり、離職していた高杉(演:)、滝(演:)及び死亡している津上(演:)がゲスト出演し、過去のレギュラー刑事が一堂に会するイベント編であった(西田は特別出演)。 3月31日放送の『 春の祭典! 2時間SP』()では、谷村が山口百恵の長男であると共演、「いい日旅立ち」を披露した。 三浦祐太朗が母親である山口百恵の楽曲をテレビで歌唱するのは初めてであったという。 品番 [ ]• - : 06SH 418(シングル)• - : 10EH 3184(「Platinum Single SERIES」 片面: )• - 8cmCD: MHCL 10042(「」 初回紙ジャケ仕様盤) 関連作品(山口百恵) [ ]• いい日旅立ち• いい日旅立ち (ライブ音源)• いい日旅立ち (ニューアレンジ&ボーカル別テイク)• スキャンダル(愛の日々)• カバーしたアーティスト [ ] のカバーについては「」の項を参照。 - アルバム『』(2006年)に収録• - カバー・アルバム『』(2012年)に収録• - アルバム『』、アルバム『The Complete Collection of I WiSH』、トリビュートアルバム『』に収録• - アルバム『二十世紀の名曲たち・第9集』(2009年)に収録• - ライブDVD『』(2009年)に収録• - アルバム『』(2004年)に収録• - アルバム『』(2007年)に収録• - 映画『八重子のハミング』主題歌• - アルバム『RE:MAKE1』(2013年)に収録• - アルバム『』(2005年)に収録• - アルバム『出会いと旅立ちの歌』に収録• - アルバム『』(2010年)に収録• - シングル『』(2010年)ジャケット C に収録• - アルバム『平成のDO-YO〜花の歌・愛の歌・心の歌〜』(1997年)に収録• - アルバム『Touch Me Lightly』に収録• - アルバム『愛蔵盤!! 大月みやこのすべて』に収録• - アルバム『』に収録• - アルバム『あなただけ…』に収録• - アルバム『時は過ぎてゆく・昴』に収録• - アルバム『愛の伝説』に収録• - OGによるカバーアルバム『麗人 REIJIN -Showa Era-』(2015年7月1日、)に収録• - アルバム『田川寿美特選集 花になれ-うめ さくら あやめ あじさい ひがんばな-』に収録• - アルバム『スーパー・ベスト』に収録• - アルバム『全曲集'95~応援歌でヨイショ』に収録• - アルバム『メロディーズ』(2009年)に収録• - アルバム『ナツメロ100選』(1996年)に収録• - アルバム『倍賞千恵子 日本のこころ』に収録• - アルバム『水森かおり全曲集〜尾道水道〜』に収録• - アルバム『Mitsuko Mori』に収録• 陳潔霊 - 無言地等(広東語、アルバム『無言地等』に収録)• - アルバム『旅立ちの唄』でロックバージョンで収録• - アルバム『ユキマチヅキ1』(2017年)に収録• - アルバム『』(2017年)に収録• ホセ・コランジェロ楽団 - アルバム『赤い靴のタンゴ』(1989年)に収録• 今陽子 - アルバム『今の季節』 2018年 に収録 関連項目 [ ]• - 冬の楽曲を集めた• - 1984年2月から使用された国鉄のキャンペーンソング。 歌っているのは。 脚注 [ ] []• 、nikkansports. com、2010年3月30日6時55分。 朝日新聞. 2015年7月21日. 2015年8月9日閲覧。 (マイナビニュース 2015年4月25日配信 2016年12月3日閲覧)• 平成28年12月3日閲覧• ただし、V2編成による「500 TYPE EVA」では「」の主題歌「」が使用されている。 当初はのでも流れていたが、2015年10月1日からはの「」に変更された。 RBB TODAY. 2015年4月1日. 2015年8月9日閲覧。 com. 2016年9月4日. 2016年9月5日閲覧。 2015年4月23日閲覧。 - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. - 49. - 50. - 51. - 52. - 53. - 54. - 55. - 56. - 57. アルバム.

次の

旅立ちの日に 合唱曲 歌詞情報

旅立ちの日に 歌詞

伝説と共に引退した山口百恵 後のどの歌手にも真似できない唯一無二の絶対的な魅力を持つ山口百恵さん。 1972年に歌手オーディション番組の「スター誕生! 」に出演し、1973年4月14日に公開された映画「としごろ」に出演。 同年5月21日には同タイトルの曲で歌手デビュー。 当時中学三年生で同年代である森昌子さん、桜田淳子さんと共に「花の中三トリオ」と呼ばれていました。 かっこよさ、憂い、獰猛さに色っぽさ。 これらをすべて持ち合わせて一度に滲み出すことのできる歌手は他にはいません。 ステージでの立ち姿だけで観客を一気に惹き込み、どんなに難しい歌でもクールに歌い上げてしまう彼女は、国民にとって憧れの存在でした。 1978年には10代でNHK「紅白歌合戦」のトリを務めるなど日本中から評価される存在でありながら、1980年に三浦友和さんとの結婚と芸能界引退を電撃発表。 多くのファンが引退を惜しむ中行われたラストコンサートで見せた最後にマイクをそっと床に置くパフォーマンスは、今でも伝説として語り継がれています。 山口百恵のおすすめソング 秋桜 1977年10月1日にリリースされたこの楽曲は、シンガーソングライターのさだまさしさんが楽曲提供をしたことで話題となりました。 この歌がリリースされた当時、山口百恵さんはまだ18歳。 憂いや人生の重みを感じさせる結婚の歌、『秋桜』をリリース当初から歌い上げていた山口百恵さんですが、三浦友和さんとの結婚を発表し引退することになったときに「この歌の意味がわかった」と述べており、彼女の人生に大きく影響を与えた1曲ではないかと思われる楽曲です。 曼珠沙華 楽曲のタイトルとなっている『曼珠沙華』は、ヒガンバナのことです。 彼岸の時期にいっせいに花を咲かせる曼珠沙華の紅色のように、憂いと燃える情熱を感じさせる山口百恵さんの歌唱に圧倒されます。 10代でこの色気を出せる彼女は今振り返ってもやはり只者ではありません。 絶体絶命 『絶体絶命』は、1978年8月21日にリリースされました。 アップテンポな雰囲気と力強い歌い出しが印象的な楽曲で、さまざまなアーティストにカバーされた名曲です。 人生という旅を思わせる哀愁漂うこの歌は谷村新司さんによるセルフカバーもされており、今でも歌い継がれる名曲です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 現代に改めて聴いても、彼女の歌は魅力的で色褪せた古臭さなど感じさせません。 今でも多くの人にカバーされる彼女の楽曲は、後世にも語り継がれる名曲ばかり。 国民的歌手としても女優としても活躍し、彼女の引退コンサートでは多くのファンが涙を流しました。 もちろん楽曲自体の素晴らしさもさることながら、歌の世界観を表現する歌唱力、ステージに立ったときのオーラなど、聴衆を惹き付ける彼女の魅力は永遠です。 TEXT ぽんつ.

次の