枚方 カフェ 夜景。 枚方、寝屋川、門真、交野で夜景が見えるスポットはありませんか?(...

空見の丘公園の夜景(大阪府枚方市)

枚方 カフェ 夜景

草々徒のランチ 草々徒-そうそうと 昔の家を改装したなつかしい空間の雑貨屋併設の古民家カフェです。 気になる店内の雰囲気は、古民家をセンス良くカフェにしたといった感じで、カリモク製のオシャレなソファやテーブルが目につきます。 ランチA 季節のごはん(900円・味噌汁と前菜付き)は、釜戸で炊く玄米を使用していたり、野菜は伊加賀で採れたものを使用していたり、自然派で拘りが感じられます。 また、コーヒーを自家焙煎しているのでとっても美味しいです。 Repos de midi ルポ・デ・ミディ 草々徒の姉妹店の雑貨カフェです。 ここは甘さ控 えめのはちみつロールケーキ(350円)が大人にも子ども にも大人気です。 また、ドリンクはきなこと胡麻のミルク(400円)がおすすめです。 併殺されている雑貨は、心くすぐる品揃えの雑貨コーナーは欲 しいものが多くて困るほどです。 人気のパスタランチ は町家でジャズライブがたのしめる、本格派イタリアンです。 この界隈の町家リノベーションの中では、1番洗練されている印象があります。 すだれと扉で仕切られた最大10名の掘りごたつ座敷あり ロフト席の個室もあります。 ランチセットは2種類あって、上品でプチリッチ志向です。 少し量は女性向けかもしれませんが、本格派イタリアンだけあって、とても美味しいです。 前菜+スープ+パスタで1000円。 ドリンク足すと+200円、さらにデザートを足すと+200円。 お昼はランチコース 2,000円 、夜はディナーコース 3,500円~ 、その他アラカルトもあります。 ランチタイムにも、ジャズライブが開催される場合もあり、昼間からジャズを聴きながらお食事が楽しめます。 カフェ利用にはケーキとドリンクセット 750円 も。 無料接続できるWi-Fiが使えますので、打ち合わせなどにも使えます。 パスタランチ(ペペロンチーノ) ワインハウスサノヤは、京街道のそばにたたずむ酒店直営のイタリアンです。 枚方市駅からも、枚方公園からも徒歩10分ぐらいのところにあります。 表の外観は、昔ながらの酒屋さんという感じ。 しかし、裏に回るととてもスタイリッシュなイタリアンレストランが。 ランチタイムからお昼からワインを飲めます。 気に入ったボトルがあれば525円追加で飲めるシステムが嬉しいですね。 (酒屋の小売価格に525円足せばどんな高級ワインも飲める)ワインセラーがガラス張りになっていて、入室も自由です。 ずらりと500種類以上が並び、年代物の高級品から、お手頃なものまで湿度と温度が調整された室内でじっくり選ぶ事ができます。 どんなワインが飲みたいか、味の特徴や、昔飲んで美味しかったワインの銘柄などを伝えると、店主の佐野さんが好みに近いグラスワインをセレクトしてくれます。 パスタランチはサラダとパスタ、珈琲付き(1,050円)。 サラダとパスタは二種類から選ぶシステムです。 サラダは豆腐かフルーツ。 パスタはトマトクリームソースかペペロンチーノ。 ランチ 1050円~、ディナー2100円~。 BISTRO Le Passageの外観 はお店がオープンして15年、地元ではよく知られたお店です。 店内の雰囲気はオープンキッチンですが、落ち着いてオシャレです。 ランチ・ディナーそしてバーと、3つの異なる場面で使い勝手抜群です。 ランチタイムは、スープ、パン、サラダ、メイン料理で、1000円は安いと思います。 通常、1,300 円で、 具だくさんのスープパイ包み、サラダ、パン、お口直しのソルベのセットがつきます。 パンが美味しくて、オリーブオイル、バター、自家製のスパイスが付きます。 その他、パイ包みのクリームスープもおすすめです。 パイ生地の中には、ムール貝、ジャガイモ、玉葱などが入ったクリーミーなスープが入っています。 また、ディナータイムのフィレステーキのフォアグラ乗せは最高です。 『ランチパスポート枚方・寝屋川・交野版』も使えますので、お得にランチを頂けます。

次の

空見の丘公園の夜景(大阪府枚方市)

枚方 カフェ 夜景

目次をみる• 定番ドライブ夜景スポットならココ! 車内から夜景が楽しめる「空見の丘公園」 最初にご紹介するのは、津田サイエンスヒルズの斜面を利用した「空見の丘公園」。 広々とした園内は見晴らしがよく、車内にいながら夜景を楽しめます。 ベンチやテーブルも充実しているので、冬場はホットドリンクを片手におしゃべりするのも楽しそう。 初日の出やお月見などシーズンのお出かけにもぴったりなスポットです。 また、近くにはゲルマニウム岩盤浴、サウナ、天然温泉露天風呂が楽しめるスーパー銭湯「スパバレイ 枚方南」も。 夜景観賞後に温泉に入れば、日帰り旅行気分が味わえそうですね。 予めをご確認ください。 < JR学研都市線「河内磐船駅」から> JR学研都市線「河内磐船駅」より「津田サイエンスヒルズ行きのバス」に乗車。 <JR学研都市線「津田駅」から> 「津田駅」東口より津田サイエンスヒルズ行きのバスに乗車。 車 <一般道路・国道1号線を利用の場合> 国道1号線「池之宮北」交差点を東方面へ。 国道307号線を進み、「津田サイエンスヒルズ」案内板で右折。 ナイトハイキングコースならココ! 枚方八景にも指定されている名所「国見山(くにみ山展望台)」 枚方八景にも指定されている「国見山(くにみ山展望台)」。 ナイトハイキングにもおすすめな上級者向けスポットです。 なだらかな道が多いですが、夜道は暗いので、懐中電灯を持参するなど足元には十分に注意しましょう。 展望台からは北摂エリアをはじめ、晴れていれば京都タワーが望めます。 夜景はもちろんですが、早朝はまた違った雰囲気が味わえます。 毎年初日の出を見に出かける人も多いそう。 自然に囲まれているため、夏は避暑地としての利用もおすすめ!登山口からは、徒歩30分〜50分ほどかかります。 mealtogether. 種類豊富なウイスキーや季節のフルーツを使ったこだわりのカクテルが話題のお店です。 開放的なテラス席では、晴れていれば交野山から生駒山まで一望できます。 開放感のある店内が何ともおしゃれ。 Bar利用はもちろん、ランチタイムやカフェタイムの利用もおすすめです。 住所:大阪府枚方市岡東町12-2 枚方T-SITE 8F 電話:072-846-1599 営業時間:11:00ー22:00 L. tsite. 平常時は夜の営業は行われていませんのでご注意ください。 「ひらパー」の愛称でおなじみの京阪電気鉄道会社が運営する遊園地「ひらかたパーク」。 毎年クリスマスシーズンに行われるイルミネーションイベント「光の遊園地」は「幻想的な夜の遊園地が楽しめる」と話題に。 ひらかたパークの観覧車から見える景色(2019年12月撮影) ジェットコースターや観覧車をはじめ、季節限定のナイトアトラクションを体験できるのも遊園地ならではの魅力ですね。 hirakatapark. 平常時の夜間営業は行われていませんのでご注意ください。 とはいえ、夜道は足場の良くない場所もあります。

次の

枚方のおしゃれカフェ9選!|知る人ぞ知る隠れ家もご紹介♡♡

枚方 カフェ 夜景

目次をみる• 定番ドライブ夜景スポットならココ! 車内から夜景が楽しめる「空見の丘公園」 最初にご紹介するのは、津田サイエンスヒルズの斜面を利用した「空見の丘公園」。 広々とした園内は見晴らしがよく、車内にいながら夜景を楽しめます。 ベンチやテーブルも充実しているので、冬場はホットドリンクを片手におしゃべりするのも楽しそう。 初日の出やお月見などシーズンのお出かけにもぴったりなスポットです。 また、近くにはゲルマニウム岩盤浴、サウナ、天然温泉露天風呂が楽しめるスーパー銭湯「スパバレイ 枚方南」も。 夜景観賞後に温泉に入れば、日帰り旅行気分が味わえそうですね。 予めをご確認ください。 < JR学研都市線「河内磐船駅」から> JR学研都市線「河内磐船駅」より「津田サイエンスヒルズ行きのバス」に乗車。 <JR学研都市線「津田駅」から> 「津田駅」東口より津田サイエンスヒルズ行きのバスに乗車。 車 <一般道路・国道1号線を利用の場合> 国道1号線「池之宮北」交差点を東方面へ。 国道307号線を進み、「津田サイエンスヒルズ」案内板で右折。 ナイトハイキングコースならココ! 枚方八景にも指定されている名所「国見山(くにみ山展望台)」 枚方八景にも指定されている「国見山(くにみ山展望台)」。 ナイトハイキングにもおすすめな上級者向けスポットです。 なだらかな道が多いですが、夜道は暗いので、懐中電灯を持参するなど足元には十分に注意しましょう。 展望台からは北摂エリアをはじめ、晴れていれば京都タワーが望めます。 夜景はもちろんですが、早朝はまた違った雰囲気が味わえます。 毎年初日の出を見に出かける人も多いそう。 自然に囲まれているため、夏は避暑地としての利用もおすすめ!登山口からは、徒歩30分〜50分ほどかかります。 mealtogether. 種類豊富なウイスキーや季節のフルーツを使ったこだわりのカクテルが話題のお店です。 開放的なテラス席では、晴れていれば交野山から生駒山まで一望できます。 開放感のある店内が何ともおしゃれ。 Bar利用はもちろん、ランチタイムやカフェタイムの利用もおすすめです。 住所:大阪府枚方市岡東町12-2 枚方T-SITE 8F 電話:072-846-1599 営業時間:11:00ー22:00 L. tsite. 平常時は夜の営業は行われていませんのでご注意ください。 「ひらパー」の愛称でおなじみの京阪電気鉄道会社が運営する遊園地「ひらかたパーク」。 毎年クリスマスシーズンに行われるイルミネーションイベント「光の遊園地」は「幻想的な夜の遊園地が楽しめる」と話題に。 ひらかたパークの観覧車から見える景色(2019年12月撮影) ジェットコースターや観覧車をはじめ、季節限定のナイトアトラクションを体験できるのも遊園地ならではの魅力ですね。 hirakatapark. 平常時の夜間営業は行われていませんのでご注意ください。 とはいえ、夜道は足場の良くない場所もあります。

次の