蝶々 の 数え 方。 着物関係の数え方

日本語、どうでしょう?

蝶々 の 数え 方

寄生蜂 アオムシサムライコマユバチ この寄生蜂は、青虫の体内に約80個の卵を産卵します。 卵を産み付けた後、約2週間で寄生している幼虫は青虫の体を食い破り、繭を作って孵化します。 それでは、なぜアオムシサムライコマユバチは青虫の居場所を的確に発見し寄生させることが出来るのでしょうか。 キャベツ等のアブラナ科植物は、青虫からの食害を感知すると揮発性のカイロモンという化学物質を放出します。 このカイロモンを頼りにアオムシサムライコマユバチのメスは青虫の居場所を突き止めることが出来ます。 メス蜂が産卵をする際、寄生制御物質等を卵と共に青虫に注入し、青虫は寄生蜂の卵及び孵化した幼虫が、体内に寄生されていても異物として認識されることはないので、問題なく寄生することが出来ます。 寄生蜂の幼虫は、青虫の体液を吸収し成長し、青虫の体内で一度脱皮をし、寄生後約2週間で80匹が一斉に青虫の体を食い破って外部に出てきます。 この時に最後の脱皮をしながら出てきて青虫の上で繭を形成します。 春の間は、この寄生蜂の個体数が多くない為、モンシロチョウの青虫が無事に育ち、成長してモンシロチョウとなることが出来ますが、夏ごろになると寄生蜂の個体数が一気に増える為、夏場は青虫の約90%近くが寄生されていると言われています。 余談にはなりますが、このアオムシサムライコマユバチの蛹に対する高次寄生蜂も存在しています。 食物連鎖の世界がここにも存在します。 青虫を飼育している側からすれば、このアオムシサムライコマユバチはにっくき天敵ですが、彼らもまた生きる為に必要な行動なのです。 室内の飼育ケースの中で飼っていれば、寄生される可能性は低くなります。

次の

「蝶々!蝶々!」の数え方は?蝶に詳しい方!

蝶々 の 数え 方

このほか疑問に思ったことは、にある検索機能を利用して調べることをお勧めします。 また、もご利用ください。 蝶がサナギから出る時、翅が伸びませんでした。 この翅を治してあげる事はできますか? 残念ながら、サナギから出てきた時(羽化)に失敗してしまった蝶は、翅を普通の状態に治してあげることは出来ません。 蝶などの昆虫の体はキチン質という硬い物質で覆われています。 私たち人間と違い、昆虫は骨を持たない代わりに、体の表面を硬くすることで体を支えています。 蝶はサナギから出た時、翅が乾いてしまう前に急いで羽を伸ばします(参照)。 乾いて固くなることにより、翅は丈夫になり、空を飛べるようになるのですが、一度固まってしまうと、もうその形は変えられません。 世界で一番大きい蝶は? 世界で最も大きい蝶は、ニューギニア島東部の極限られた地域に生息する、のメスです。 この蝶は羽を広げると約30センチもの大きさがあります。 このほかのトリバネアゲハ属(Ornithoptera)のメスも大変大きく、また、オスは美麗種が多いことで有名です。 残念ながら、アレキサンドラトリバネアゲハは絶滅の危機に瀕しており、環境保護などが不可欠となっています。 日本で一番大きな蝶は? 日本で一番大きな蝶といわれているのは、モンキアゲハのメスといわれています。 それも、北限に近い関東北部の夏型のもので、気温が涼しいためゆっくり育つために大型になるのだといわれています。 続いて大きいものでは、ナガサキアゲハや沖縄の方にいるオオゴマダラがあげられます。 日本で一番小さな蝶は? 日本で一番小さな蝶は、ハマヤマトシジミと思われます。 一見ヤマトシジミに似ているこの蝶は、前翅長がわずか5ミリほどと、世界でも小さな蝶の中に入ります。 乱獲で蝶がいなくなるって本当? 現在の所、マニアの乱獲による蝶の個体数の減少は確認されていません。 台湾やパプアニューギニア、アフリカ、南米など、蝶を採集して装飾品などを作り生計を立てているところでは、かなりの数が採集されているのにも関わらず、蝶の個体数の減少は認められないといいます。 「乱獲」という言葉は、人の注意を引く言葉でもあり、良くマスコミなどで報道されるケースがあります。 しかしながら、その報道の多くが間違った情報を使い、記事を「ドラマ化」する傾向にあります。 また、実際に蝶がいなくなった場所を調べてみると、乱獲ではなく、むしろ自然破壊によるものが多く見られます。 蝶の採集家は記事を見ればそれが本当かどうか分かりますが、蝶について詳しく知らない人はそのまま信じられてしまうでしょう。 蝶の標本は腐らないの? 蝶の標本は、蝶を乾燥させて作るため、腐ることはありません。 きちんとした湿気を入れない密閉された箱に収納し、ゴキブリや、ヒョウホンムシなどに食べられないようにナフタリンなどを入れておけば、半永久的に保存できるといわれています。 実際世界の博物館に貯蔵されている蝶の標本の中には、非常に古いものもあり、その変わらない姿には驚かされます。 ただし、保管状況が悪く、湿ったりすると腐ってしまうので注意して下さい。 また、長い間日の光などに当てると、色素が退色して白くなってしまうので、これも注意が必要です。 蝶は何を食べているの? 蝶は花の蜜と決まっているようですが、実は蝶の種類によっては花の蜜を吸わないものも多いのです。 タテハチョウの仲間は樹液や、腐った果実、獣糞などを好みますし、南米のドクチョウは花粉を食べます。 一部のシジミチョウはアブラムシなどが出す蜜を吸うのが観察されていますし、ミドリシジミの仲間は朝露を飲んでいるのが観察されています。 未だに何を食べているのか分からない蝶もいるわけですから、この様な蝶の食べるものを探すのもおもしろいかもしれません。 もしかすると一部の蛾のように何も食べない種類もいるかもしれません。 一方、幼虫時代は植物の葉っぱ、花、実などをたべるものがほとんどで、中には枯葉を食べる変わった種類もいます。 種類によって食べられる植物の種類は決まっているので、植物であれば何でも食べるというわけではありません。 また、シジミチョウの仲間ではアブラムシを食べたり、アリの幼虫を食べたりする肉食の蝶が多くいます。 一見可憐な蝶でも、実は獰猛であったりすることがあるわけです。 蝶の羽の粉は何? 蝶の羽に見られる粉のようなものは、 と呼ばれる細かい毛が進化したものです。 鱗粉は蝶の羽や体の一部を覆っていて、主に雨水などをはじく働きがあります。 また、同時に を含んだ という特殊な鱗粉を持つ種類もいます。 鱗粉は個々に独自の色を持っていて、それが屋根瓦のように密集して並ぶことによって羽に模様が出来上がります。 この模様は、蝶が同じ種類の蝶を認識するのに重要な役割を果たしています。 一部の蛾の仲間では、この鱗粉に毒を持たせている種類がいますが、蝶についてはそのような鱗粉を持つ種類はいません。 を参照。 世界には何種類の蝶がいるの? 学者や研究家によって意見が分かれますが、現在世界に蝶は約1万2千〜2万種類いるといわれています。 この様に意見が分かれるには幾つかの理由があります。 一つは、地域変異などある1つの種類を1種と扱うケースと地域ごとに数種類に分けてしまうケースがあげられます。 また、未だに発見されていない種類がいると思われるものも種類数が確定しない要因となっています。 セセリチョウの仲間を蝶と区別する人もいるわけですから、簡単な質問のようで、実は複雑なのです。 オオムラサキって天然記念物? オオムラサキは国蝶であるが為によく天然記念物と思われます。 一部の市町村ではオオムラサキは天然記念物に指定されていますが、国の天然記念物ではありません。 オオムラサキを採集したいと考えている方は、採集する場所でオオムラサキが天然記念物に指定されているかどうかを確認しておきましょう。 を参照。 蝶と蛾はどう違うの? 蝶は一般的に、分類のページで紹介している科の仲間を表しているもので、多くの種類が昼行性で活発に飛び、羽の模様も綺麗なものが多くいます。 一方、蛾は夜行性で地味なものが多いのが特徴です。 蝶と蛾の詳しい区別方法はを参照して下さい。 日本の蝶はどこからきたの? 日本に生息している蝶を、世界的視野から見てみると、主に3つのタイプの蝶が生息していることが分かります。 それは、すなわち旧北区の蝶、中国の蝶、そして東南アジアの蝶です。 昔は日本も中国大陸と陸続きであったわけですから、これらの蝶は海を渡って飛んできたと言うよりも、海の高さが高くなって、日本という新しい島に取り残されたというほうが正しいでしょう。 蝶をなぜ一頭、二頭と数えるの? 蝶を数えるとき、正式には一匹、二匹ではなく、一頭、二頭と数えます。 なぜ馬や牛のように「頭」で数えるのでしょう?これは英語での数え方、one head, two headsから由来したものといわれています。 この数え方は明治初期に海外から日本に入ってきたといわれ、動物園や標本カタログなどに利用されていた助数詞をそのまま利用したというものです。 そのほかにも説があり、標本で頭部の無いものは欠陥品であるため、頭の数を数えるようになったからとか、東南アジアで大型の蝶を大型動物と同様に「頭」で数え始めたなどの説があります。

次の

ウサギの数え方は羽、蝶は頭、では幽霊は?: 裏・21世紀の歩き方大研究

蝶々 の 数え 方

蝶を数えるときには1頭、2頭という数え方が正しいという人は多いです。 本来、1頭、2頭という数え方は、大きな動物の数え方です。 蝶にこの数え方が定着した理由には諸説あります。 よく知られている理由は、西洋の動物園での数え方が定着したというものです。 動物園では、頭数を数えると言われるように、動物立ちをheadという単位で数えていました。 動物園には大きな動物以外にも、珍しい昆虫なども飼育されていることがあります。 そこに珍しい蝶などもいます。 動物園では昆虫も動物も特に区別されることなくheadとという単位で数えられていました。 この昆虫をheadという単位で数えることは昆虫学者たちにも広がり、論文などでも蝶を数える単位としてheadが使われるようになりました。 このいheadという単位を日本語に直したときには頭になります。 日本では、headという単位をそのまま頭として広まり、定着しました。 蝶を1頭、2頭と数えるようになった正確な理由はわかりません。 なので、上記以外にも蝶を1頭、2頭という数え方をするようになったとされる理由はいくつかあります。 蝶はその綺麗な見た目から標本にされることがあります。 昆虫を標本にするときには、体に傷などがない方が好ましいです。 特に頭は重要で、頭が取れて無くなってしまった昆虫は標本にしても価値が下がります。 昆虫の頭は重要な部分であるにも関わらず、標本にするときは頭が取れやすかったことから、標本にする昆虫は頭の存在を確認しながら数を数えました。 頭の数を数えることから1頭、2頭と数えるようになりました。 蝶の他にもカブトムシなども標本にされることがよくあります。 これらの昆虫も1頭、2頭という数え方をされることがあります。 うさぎは鳥ではないにも関わらず、1羽、2羽と数えられます。 これも諸説あります。 よく知られている理由は、仏教の教えにあります。 仏教の教えでは、四速歩行の動物を食べることが禁止されていました。 なので、牛や豚の肉を食べることができず、主に鶏肉を食べていました。 仏教の教えを守ると、食べられる肉の種類が減ります。 そこでうさぎの耳は大きいので、羽に見立て、また、飛ぶように動くことから、うさぎは鳥として扱い、数えることで、うさぎの肉を食べられるようにした、と言われています。 また、純粋に大きな耳が羽のようで、2本足で立ち上がることもあるので、まるで鳥のような姿をしていることから1羽、2羽と数えるようになったとも言われています。

次の