ブロア モーター。 BMW F10 528i ラジエター&ブロアモーター修理

BMW F10 528i ラジエター&ブロアモーター修理

ブロア モーター

車のブロアモーター・エアコンの仕組み 車のエアコンはどんな仕組みになっているのかというと、 家庭や店舗に設置しているエアコンと同じです。 エアコン内には「エアコンガス」という 特殊な冷媒ガスが使われています。 エアコンガスをコンプレッサーで圧力をかけて圧縮。 この時、圧縮されたガスは周囲よりも高い温度になります。 このガスをエバポレーターという機械へ送り、 瞬間的に気化させることで一気に膨張しガスの温度も低下。 キンキンに冷えたエアコンガスは周囲の空気から熱を奪い、 冷たい空気を作り出すことができます。 冷たくなった空気を ブロアモーターという 扇風機のような機械で送風することで、 カーエアコンが機能しています。 エアコンガス不足・漏れ 車のエアコンが効かない場合に、もっともありがちなのが、 エアコンガスが不足していたり漏れていること。 必要な量のエアコンガスがなければ、当然、 十分な量の空気を冷やすことができません。 参考: カーエアコンの故障や修理について 真夏にカーエアコンが急に効かなくなったと駆け込んでくるお客様が多数いらっしゃいます。 その多くはエアコンガスの漏れが原因での故障 エアコンガスの量が減っていないかどうか? 確かめるためには、ボンネットを開けて確かめる必要があります。 サイトグラスという窓を通じてエアコンシステム内を 覗きこめるようになっています。 エアコンガスの量が十分にある場合には、 液体が流れていて、たまに気泡が見えるはずです。 白い泡ばかりが見える場合には、 エアコンガスが不足している可能性が濃厚。 もしくは、液体も泡も何も見えない場合、 逆にエアコンガスが多すぎる(ガス圧が高くなりすぎている) 可能性が考えられます。 エアコンガスが適正な量担っているかどうかは 専用のゲージを使い、ガス圧を計測することで確認することができます。 通常、エアコンガスは外部に漏れるような仕組みにはなっていないんですが、 完全に密封できるわけではありません。 長い間乗り続けていれば、少しずつ目減りしてしまうものです。 そこでカー用品などでエアコンガスの補充をしてもらうだけで、 簡単に治ってしまう可能性は十分にあります。 関連ページ: エアコンガス漏れには要注意! エアコンガスシステム内は、 金属部品とゴム部品が混在しています。 エアコンガスが通っている部分には ゴム部品(ホースやチューブ)が使われていることが多いんですが、• ゴム部品と金属部品の接続部分• ゴム部品そのもの が劣化したりして、 エアコンガスが漏れるケースもありがちです。 たとえば、運転中に飛び石によってホースが傷ついてしまい、 そこからエアコンガスが漏れている可能性もあります。 エアコンガスを補充してもすぐに エアコンが効かなくなる場合には、 漏れている部分を見つけて修理をする必要がありますね。 ゴム部品と金属部品の接続部分にある Oリングというゴムパーツが劣化しているだけなら 部品代も安く修理時間も短くて済むので、 修理代の総額は安くなります。 けれども、ホースのどこかから漏れている場合、 漏れている場所を見つけるのに意外と手間がかかり、 修理代がけっこう高くなる傾向があります。 エアコンの風が冷えない場合 エアコンガスは十分にあるのに、 エアコンの風が冷えない場合には、 エアコンシステム内の機械に 異常が出ている可能性が高くなります。 具体的には以下の2つのパーツが考えられます。 エバポレーターの故障 エアコンガスから熱を奪う(冷却する)機械です。 エバポレーターによって冷やされたエアコンガスが、 周囲の空気の温度を下げることで、 冷たい風を生み出します。 エバポレーターが故障すると当然、 エアコンガスから熱を奪うことができなくなり、 冷たい空気を作れません。 サーモスタットの故障 サーモスタットとは簡単に言うと 温度計のこと。 サーモスタットの故障してしまうと、たとえば、 車内の温度がメチャクチャ高くなっていても、 温度は低いと認識する可能性があります。 その結果、エアコンをいくら効かせても、 冷たい空気を作ってくれなくなるんです エアコンの風が臭い・弱い場合 エアコンから吹き出てくる風が弱かったり臭い場合。 エアコンフィルターの汚れが主な原因となります。 エアコンフィルターは、エアコンシステム内に、 余計な物質が入り込まないようにするための部品です。 車に乗り続ければ続けるほど、 エアコンフィルターには当然、 様々な汚れがたまります。 当然、風の通りを邪魔して風力を下げてしまうし、 汚れが腐敗することで臭いを発するようになります。 エアコンフィルタは、 値段も安く交換もしやすい部品です。 5000円もあればDIYで 簡単に修理・交換ができます。 エアコンから風が出ない場合 風が冷えないどころか、そもそも、 エアコンから風が出てこない場合。 この時に考えられる要因は• ブロアモーターの故障• コンプレッサーの故障 の2つが考えられます。 ブロアモーターの故障 冷たくなった空気を室内に送風する 扇風機(ファン)の役割を果たしているのがブロアモーター。 ブロアモーターが故障してしまった場合、 風は全く出てこなくなります。 故障の程度が軽くてブロアモーターの動きが鈍っている場合には、 風力を上げても風が強くなりません。 ブロアモーターが故障している場合、同じく、 フロントガラスに集中的に空気を送り込んで曇りを取る デフロスターも機能しなくなってしまうことがあrます。 コンプレッサーの故障 コンプレッサーとは、 エアコンシステムの心臓部(動力源)のことでしたね。 コンプレッサーが動かなくなってしまうと、 エバポレーターもブロアモーターも動きません。 エアコンから全く風が惠出てこなくなるわけですが、 コンプレッサーが故障しているかどうかは音でわかります。 エアコンスイッチをONにしたときに、 かすかに「カチ」っという音がすれば、 コンプレッサーは動いています。 音がしない場合には、 コンプレッサー故障の可能性が高くなります。 ヒューズ・電装品などの故障 これまでにあげたすべての故障に関係あるのが、 ヒューズ・電装品の故障です。 エアコンは基本的に電気で動く装置です。 電気がきちんと伝わらなければ当然、 エアコンは動かなくなってしまいます。 エアコンシステム内のどこでヒューズ(電線)が切れている場合、 空気が冷たくならなかったり、空気がそもそも出てこない、 といった症状が起きてしまいます。 ファンベルトの劣化・傷みなど ブロアモーターなどエアコン周りの機械には異常がなかったとしても、 エアコンが正常に動作しなくなることがあります。 エアコン関連機器を動かすためにエンジン動力を伝えているベルト(ファンベルト)が 傷んでいたり劣化していた場合に、エアコンが正常に動作しなくなることがあります。 もしファンベルトに異常が起きていた場合、 「キュルキュル」といった異音がボンネット当たり方聞こえてくるはずです。 関連ページ: ファンベルトはゴム部品なので劣化しやすく、どちらかというと消耗品に近い部品の一つです。 部品代も安く交換のための修理工賃も安買ったりするものの、 万が一、ファンベルトが切れてしまうようなことがあれば、 車が動かなくなったりエンジンがオーバーヒートして車がだめになることもあるので、 キュルキュル音がする場合は、早目に修理してもらうことをおすすめします。 ブロアモーターが故障したまま放置は危険! ブロアモーターが効かないことが原因でエアコンが動かなくても、 車検には通ると思われます。 車検ではカーナビやオーディと同じく ブロアモーターやエアコンが動作するかどうかは、 点検の対象外となっているからです。 だからと言って、エアコン修理代をケチってブロアモーター故障を放置するのは、 止めておいた方が良さそうです。 エアコンが効かない状態だと、梅雨など車の中に湿気がたまりやすい時期になっても、 湿気を外に逃がすことができません。 車の部品(金属部品やゴム部品)というのは、水に強いわけではないので、 車内の湿度はどんどん上がってしまい、長時間にわたって水にさらされると、 劣化を速めてしまいます。 関連ページ: 車の中というのはできるだけ、湿気を抑えて乾燥気味にしたほうが良いですし、 車の内側と外側の温度差・湿度差が高くなると、フロントガラスを曇らせます。 フロントガラスを曇ってしまったら、安全な運転なんてできるわけがないので、 フロントガラスの曇りを取るためにもエアコンはキチンと作動できる状態にしておくべきでしょう。 関連ページ: 車にはガラスの曇りを取る機能〈デフロスター)がついてるものの、 デフロスターから送られる空気はエアコンと同じブロアモーターだったりするので、 ブラモーターが故障していたら、当然、デフロスターも動かなくなります。 参考: カーエアコン修理・点検のご案内 ただ、エアコンガスの補充は、 オートバックスなどカー用品店に行くことで エアコンガスを手軽に入手できます。 DIYで修理する方法も、 動画で確認することができます。 ただ注意をしなければいけないのは、 エアコンガスがどこかから漏れている場合、 コンプレッサー内のコンプレッサーオイルも 同時に漏れている可能性が高いこと。 コンプレッサーオイルの量がどんどん減ってしまうと、 コンプレッサーが正常に機能しなくなるだけじゃなくて、 コンプレッサーが故障してしまいます。 DIYでエアコンガスを補充するのは、 応急処置的に考えたほうが良いです。 オートバックスなどのブロアモーター・エアコン交換費用 カーエアコン修理では、 ブロアモーター、コンプレッサー、エバポレーター、ブロアファンなど、 色んな部品の故障が考えられるわけですが、 基本的にどれも交換や修理を想定していません。 つまり、故障を直すには手間がかかるため、 工賃もそれだけ高くなる傾向があります。 部品はバルク品と言って中古だと安く手に入れることはできるものの、 素人がバルク品を使って修理をしてもらうのは、 メンテナンスに不安を残すことになります。 かといってバルク品を自分で用意して 中古車修理工場に修理を依頼しようとしても、 持ち込みの場合は修理を受け付けてくれないケースも多いです。 ブロアモーターなどの部品を交換するなら、 やはり正規品を使うべきなんですが、 部品代だけでも5万円~10万円くらいは、 考えたほうが良いです。 ここにさらに工賃も加わるわけですから、 ブロアモーターを含めたカーエアコン周りの修理費用は 10万円前後は見ておくべきですね。 汗 カーエアコンの寿命は約10年と言われています。 数か所の不具合を同時に修理すると費用が10万円以上になってしまうこともあるようです。 知人は、メルチェデスに乗っている時に、エアコンが故障し、修理代金70万円という見積もり金額を見て、慌てて車を買い直したと言っていました。 私の場合、国産車なので、だいたい25万円くらいと言われた。 クーラーコンプレッサー修理 50,000円~ エバポレーター修理 50,000円~ 電気系・システム系トラブル修理 50,000円~ そこでぜひ考えてもらいたいのが、 今の車に修理をする価値があるのかどうか?です。 仮に車の価値が10万円だったとして、 エアコンの修理に10万円使っても、 車の価値が20万円にアップすることはありません。 車の価値は10万円のままです。 それならば、修理代の10万円と、 現在の車の価値の10万円を頭金にして、 新車に乗り換えるというのも、 選択肢の一つじゃないでしょうか? 車の価値というのは、 絶対的な評価額(査定方法)があるわけじゃなくて、 中古車買取業者の担当者のさじ加減で決まります。 同じ人に同じ車を査定をしてもらっても、 タイミングが違うと、車の価値は変わってしまうものなんです。 そこで、車の価値をできるだけ高く査定してもらうには、 できるだけ多くの業者に査定依頼をするのが良いです。 ネットを使えば、複数の業者に対して一括で見積もり依頼を出せるので、 ここで、最も高い価格を提示してくれたところと、交渉してみるのが良いですよ。 メーカー• 年式(多少ずれていてもOK)• 走行距離(多少ずれていてもOK) の4項目に加え、簡単な連絡先を入力するだけで、 自分が住んでいる地域の中古車買取業者に対して 一気に見積もり依頼を出せます。 作業はスマホからでも一分もあれば完了するほど、手間もかからないので、 自分の車の価値はどのくらいなのか?確かめてみると良いんじゃないでしょうか。

次の

ブロアモーター/ブロワモーター < ベンツパーツ専門プロテックオートショップ

ブロア モーター

・エアコンを使用すると異音がする。 ・ラジオにノイズが入る。 それは、ブロアモーターの故障が原因かも? 故障するとエアコンから風がでなくなったり、 デフロスタ機能(車の結露防止など)が使えなくなったりします。 それだけならまだしも、最悪の場合火災事故などを招くケースもあります。 心当たりがある方は、安全のためチェック!! お支払方法・保証等の詳細を必ずご確認の上、ご購入をお願い致します。 ご自身でお取り付けのご不安な方は近くの専門店へご相談下さい。 適合について弊社でサポート致しませんので、ご購入前に専門店にご相談下さい。 取り付け時・取り付け後の直接・間接の損害については保証対象外となります。 ご注意(免責)> 必ずお読み下さい 法律上の請求原因の種類を問わず、いかなる場合においても、 弊社の製品または使用から生じた障害・損害により発生した直接的または間接的に発生した損害 損失の発生、事業の中断、事業情報の損失またはその他金銭的損害を含む につきまして、弊社はその一切の責任は負わないものとします。 ご確認をお願い致します。 初期不良期間の保証対応については往復送料当方で負担致します。 ・伝票を保証書と代えさせて頂きますので、大切に保管して下さい。 ・初期不良期間を経過しているものに関しましては往復送料お客様ご負担となります事をご了承ください。 ・商品の取り付け、取り外し等にかかる費用は、一切負担できませんのでご了承下さい。 ・商品を加工されている場合、返品や返金には応じられません。 ・加工前に点灯確認をお願い致します。 ・交換品の先送り対応は行っておりません。 純正部品など必ず保管ください。 事前に連絡無しに製品を送ることは絶対にしないでください。 保証期間の内の無償交換は不良箇所のみ新品に交換致します。 初期不良を除き送料はお客様負担になります。 また、無償交換に伴い発生する付帯費用 交通費、送料、その他諸経費 及び不灯、事故によって発生した直接、間接の障害等に全てにつきましては、保証の対象外とさせて頂きます。 車輌の損害などについてはいかなる場合でも保証出来かねます。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition.

次の

車のエアコン故障 風が出ない症状、原因から対処方法まで|ベテラン整備士が教えます!

ブロア モーター

コストパフォーマンスに優れた製品です。 純正品が高いと思ったらこちらの商品をお勧めします。 定形外郵便:土日祝日を除く2日以内に発送致します。 ご購入後の備考欄にてお知らせください。 旧時間指定をされた際には、 12~14時は「指定なし」、20時~21時は「19時~21時」、のように自動変換されますので予めご了承ください。 また、一部地域におきましては、交通・物流網の乱れ等により、商品の発送、配送に遅延がでる可能性がございます。 お客様のご理解、ご了承をいただけますようお願いいたします。 電動ファン、ラジエーター等の大型商品は、同梱不可の為別口発送になります。 またご注文商品が多数の場合には同梱できない場合がございます。 複数口のお荷物での発送の場合はお荷物ごとに別途送料が掛かりますのでご了承ください。 同梱可能かご不明の場合は、ご注文いただく前にからご連絡ください。 該当商品については船便での配送となり、到着予定日は発送日より5~7日程度になります。 お急ぎの方は、ご購入前に問い合わせフォーム、またはお電話にて到着予定日のご確認をお願いします。 また、下記の記載がない商品でもX線検査により船便となる可能性がございます。 配達遅延についての注文キャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 店頭払いは現金のみのお取り扱いとなります。 銀行振込、クレジットカード決済のお支払いは入金済み、決済完了済みを確認後の商品お渡しとなります。 ご来店時にご入金の確認が取れない場合は、商品をお渡しできませんのでご注意ください。 ・弊社ではお持ち帰り用の包装やレジ袋はご用意しておりませんので予めご了承ください。 ・ご注文後に来店予定日時をご変更の場合は弊社までご連絡ください。 ・営業時間外のご対応はできませんのでご了承ください。 ・16時以降のご注文、営業時間外のご注文は原則として翌営業日のご対応となります。 お急ぎの場合は営業時間内にお電話にてお問い合わせください。 商品ページをご確認ください。 商品のサイズにより異なりますので、お支払い前に必ず弊社からのご連絡をご確認ください。 INFORMATION お支払い方法について 支払い方法は、「銀行振込」、「クレジットカード決済」、「商品代引き」よりお選びいただけます。 一両日中にお手元にメールが届かない場合は、お手数ですが弊社までお問い合せください。 (送料無料のご注文の場合も同様にご請求をさせていただきます。 また、海外からの入荷のため、輸送中外箱に破損が発生する商品がございますが、いずれも製品には問題ございませんので安心してご使用いただけます。

次の