ボーダーランズ2。 PS4/Xbox/PC「ボーダーランズ3」、本編50%オフセールを開催

PS4/Xbox/PC「ボーダーランズ3」、本編50%オフセールを開催

ボーダーランズ2

開催期間は、PlayStation Storeでは3月3日まで、Microsoft Storeでは3月3日16時59分まで、Epic Gamesストアでは3月4日0時59分まで。 「ボーダーランズ3」は、FPSの痛快なシューティングアクションに、RPGのキャラクター成長要素とストーリー性を融合させた「ボーダーランズ」シリーズの最新作。 今回のセールでは、PS Storeで通常版と超デラックス・エディション、Microsoft Storeで超デラックス・エディション、Epic Gamesストアで通常版およびデラックス・エディションと超デラックス・エディションが50%オフのセール価格で販売されている。 なお、デラックス・エディションには特典としてゲーム内アイテムが含まれており、超デラックス・エディションには、デラックス・エディションの特典に加えて、新たなストーリーやミッションなどのDLCがセットになったシーズンパスが含まれている。 また、Epic GamesストアとMicrosoft Storeではゲーム本編だけでなく、シーズンパスも20%オフで販売されている。 Published and distributed by 2K. Gearbox and Borderlands, and the Gearbox Software and Borderlands logos, are registered trademarks, all used courtesy of Gearbox Software, LLC. 2K and the 2K logo are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved. AMD, the AMD Arrow Logo, Ryzen, Radeon, and combinations thereof are trademarks of Advanced Micro Devices, Inc.

次の

PS4 ボーダーランズ2の評価は?

ボーダーランズ2

Tales from the Borderlandsとは、telle が開発・発売したのである。 概要 場面はの3以降、4・pre-前、some 亡きから話は始まる。 形式で販売されており、. 1~5まで存在する。 1 "Zer0 Sum"• 2 " Mud"• 3 "ch a "• 4 " Bravo"• 5 "The of the " のみで訳がされておらず、手が出らいが、Hesのやの死・登場人物の3への続投など重要な出来事が多いので、ならば内容を知っておいたほうがよい。 4辺りから終盤にかけて、すっごい盛り上がるので! キャラクター• 義眼義手の社員。 出世欲が強く、のようなの経営者をしている• の親友• der - が救援要請した製ローダーボット• ウ・に住む• 二人のの師でもある• Vory一味• Voryの• その他• の誘拐犯 - 冒頭でとを誘拐したの人物• some - ナマによって作られたsome の思考をした• 初代で登場して以降社に恨みを持ち、社を壊滅させた• 初代から登場する整備士• とを組んでいる技師• 済みだが…• 初代の• 初代の キーワード• で怪物Wrの眠るを開放したが、最終的に達によって殺された。 ではsome がOとして君臨し、の実質的な支配権を握っていた。 初代で私兵集団が敵として登場した後、によって壊滅させられ、今ではに経営権を握られている。 巨大「ムーン」を持つ• 「ヴォルト・・ウォーー」が開いてから1年ほど経ったころでしょうか。 マーケットでヴォルトの鍵が売りに出されるという話を嗅ぎつけた野心的な社員が、取引に向かいます。 ところが、その取引はでしてね。 もちろん鍵もでした! 取引はゃん、せっかく用意した大はに盗まれちまいました。 はを取り戻すため、自分を騙したのと行動を共にすることになりやす。 その上、がの人格をしたを頭のラントにしちまって、事態はさらにややこしくなります。 は結局取り戻せなかったものの、たちは社の極秘ヴォルト探索、「ゴース」を発見します。 こうして彼らはヴォルトのに進むことになったんでさ。 のを借りながら、とは各地に散らばったゴースのドを探しました。 ゴースの正体は、出没の「ヴォルト・・ベ」を召喚できる高性だったんです。 のは、オスにある自分のに彼らを誘導しました。 そこにはなんとゴースのドが保管されていたのです。 しかし、はをだかし、自分をオスのにさせました。 全体をに操れるようになっちまったわけです。 を再び支配するつもりだったんでしょう。 のを止めるため、が選んだは... オスのを止め、をにさせることでした。 その頃では、ゴースがヴォルトを召喚していました。 しかし、全にドされていても尚、ヴォルトから出てきた化け物にはが立たなかったんでさ。 ヴォルトたちは一旦ゴースを停止させるしかありませんでした。 苦の策でしたが、出没のヴォルトとを一時的に退散させることができました。 その後、とは別々のを歩みます... しばらくの間はね。 しかし、ヴォルトってのはおかしな形で人と人とをつなげるもんでしてね。 「共通の友人」によって、彼らはすぐに再会しやした。 新たなも加わり、とはゴースをし、再びヴォルトを召喚します。 皆がを合わせた結果、今回は「ベ」を倒すことができました。 こうしてとはヴォルトに入ったわけですが... 彼らがそこで何を見たかはも知りません。 その後どうなったかというと... まあ、その話はまたの機会に... より 関連動画 関連項目•

次の

Borderlands

ボーダーランズ2

2年以上も前に発売されたゲームの 最強キャラについて今頃語ってみる。 シリーズ最新作の「 プリシークエル」が発売されたというのに、わざわざ前作の記事を書こうと思ったのは、このゲームが Steam のセールで常連となっているからだ。 「 Game of the Year」版がセール価格だと 1000円以下、もっと安い時には 500円以下で購入できてしまう。 よって、ボーダーランズというゲームはそれほど詳しくないが、セールなので買ってしまったという人もいるかもしれない。 この記事はそういう方のためにある。 また、以下の内容はあくまで「 1週目」限定の話。 このゲームを2週、3週しようとするとまた結論は違ってくる。 【スポンサーリンク】 サルバドール 多くのプレイヤーが初心者向けの強いキャラとして勧めているのが「 サルバドール」だ。 スキルを発動させると、銃を二丁持ちにしてバリバリと弾を連射し、敵を薙ぎ倒していく。 典型的な「 脳筋」キャラで、テクニカルな要素は抜きにして、とにかく パワーで押していくタイプである。 ザコ戦からボス戦まで幅広く対応できるポテンシャルを持っている。 僕自身、1週目はこのキャラでクリアした。 ただ、スキルの性質上どうしても 敵陣に突っ込んで戦う必要があるので、頑強な見た目とは裏腹に、ある程度は上手く立ち回らないと殺られてしまう。 ゲイジ とりあえず、このゲームをなるべくストレスを溜めずに、ラクに1週したい人に全力でオススメしたいのが、 ゲイジだ。 スキルを発動させると召喚される「 デストラップ」というロボットが、その体力の続く限り戦ってくれる。 このデストラップ自身も強力だが、ゲイジの持つ特徴的なスキルも凶悪。 敵を倒す、あるいはマガジンが空になる度に与ダメージが増加、命中精度が低下するという「 アナーキー」。 命中し損ねた弾丸が一定確率で敵に向かって跳ね返る「 クロースイナフ」。 この2つを組み合わせると、正確に狙わずとも、敵の方向へ銃を乱射していればそれだけで面白いように敵が沈んでいく。 ボスクラスの敵であっても、その注意がデストラップに向いている隙に、ボスの背後に張り付いてゼロ射程で連射すれば、 命中率低下というデメリットを無効化するので、ゴリゴリ体力を削ることができる。 僕は、サルバドールで1度クリアした後で改めてゲイジを使って始めてみたのだが、 ザコ敵の殲滅速度の速さや、 ボス戦の難易度の低さに驚いた。 総合的に見て、初めてボーダーランズをプレイする人には、ゲイジをおすすめしたい。 【スポンサーリンク】 「ハァハァ」ボイス ゲームの本質的な部分とは 全く関係が無いが、サルバドールよりもゲイジをオススメしたい理由がもう一つある。 このゲームでは、プレイヤーが一定時間走り続けると、そのキャラが「 ハァハァ」と息を荒くし始める。 この点に関して、サルバドールの「 ハァハァ」ボイスは妙にリアル過ぎて、ヘッドホンをしながらゲームをする僕にとってはなかなか厄介な代物だった。 しかも、ボーダーランズの特徴として、広大なマップをやたらと走り回らなくてはならないので、オッサンの 少し痰の絡んだハァハァを聞く機会も必然的に増える。 一方、ゲイジの「 ハァハァ」ボイスに関しては、ずっと聞いていても何ら問題ない。 むしろなるべく聞いていたいくらいである。 さらに、戦闘中の様々な台詞も、サルバドールより面白いものが多い。 例えば… 「このアタシこそが、史上最強~!」 「アハハッ、カワイコちゃんに恐怖しなさい!」 「うげっ、口に脳みそ付いた…」 「惜しい!・・・嘘だけどー」 「気をつけなさいよねっ!」 「フフッ、誰も生き残らないわ!」 などなど…。 一方、サルバドールの台詞なのだが…。 実は、ほとんど覚えていない…。 野獣のように吠えまくっていた印象しか残っていないのだ…。 2週目以降はどうなのか 2週目、3週目では結論が違ってくると冒頭で書いたのは、このゲームは 2週目から敵の強さが急激に上がるからである。 1週目と同じような戦法では、なかなか敵が倒れてくれない。 そこで、スラグショットで敵を「 スラグ化」し、ダメージを与えやすい状態にするのが重要となってくるのだが、それを効率よく行う上で、 銃を2丁持ちに出来るサルバドールが最適なのだ。 よって、この点においてゲイジよりも サルバドールに分がある。 ただし、ゲイジでは2週目以降は歯が立たないというわけではない。 確かに、2週目になると、デストラップの戦闘力も1週目ほどの強力さは無くなってしまう。 しかし、デストラップを召喚することで、 敵の注意が分散するというのはサルバドールには無いメリットである。 ゲイジの総合的な戦闘能力は、単純に「 ゲイジ+デストラップ」ではなく、それ以上と捉えるのが正しいだろう。 そう考えると、ゲイジとサルバドールとの間に決定的な戦力の差があるとみるのは少々大袈裟だといわざるをえない。 こういう人にはゲイジがおすすめ• どうせ遊ぶなら、 女の子の声を聞きながらが良い。 ボッチだけど、 仲間と共闘してる感覚が味わいたい。 敵を正確に狙って撃つのがあまり得意でない。 2週目、3週目とかはどうでもいい。 ロボットに気を取られている 敵の背中に弾丸をお見舞いしてやりたい。 以上の項目全てに当てはまる人には、迷わず ゲイジでゲームを始めることをオススメしたい。 と、何だかんだ書いてきたものの、結局のところ、僕は 2つのキャラしか使用していない。 それで最強キャラを語るというのも変な話ではあるが、1週目に限定すれば、ゲイジの強さ、戦い易さは文句なしだ。 さらに、 遊んでいるときの楽しさという点では、個人的にはゲイジの方が数段上だった。 とことんキャラを育ててレアな武器も揃えれば、サルバドール(あるいはその他のキャラ)が最強ということになるのだろうが、そこまでこのゲームを極めようとは思っていないライトなユーザーであれば、ゲイジを使ってみるのもいいだろう。 TVHモード(2週目)に向けて 2週目は、敵の 体力・攻撃力が跳ね上がる。 レベル的に格下のザコから攻撃された場合でも、たった数発食らっただけで瀕死状態に陥ることも珍しくない。 1週目では多少の被弾覚悟で強引に押し切れるような場面でも、2週目ではそれが困難になる。 そこで、ゲイジで2週目を攻略する上で 有用なアイテム・スキルなどをいくつかご紹介しよう。 アイテム まずアイテムだが、DLCの『 Tiny Tinaとドラゴンの城塞』で一部の敵がドロップする「 マジック・ミサイル」というグレネードがおすすめ。 威力こそ低いが、 高確率で敵をスラグ化し、さらに、 一定時間でグレネードが補充される。 効率よく敵をスラグ化するのが苦手なゲイジの弱点を補ってくれるので、非常に重宝するのだ。 あくまで敵のスラグ化が目的なので、1週目で取得した物をそのまま使用しても、2週目の序盤は十分に活躍してくれる。 ちなみに、武器はその時点で所持している 最もダメージ効率の高いものをメインに使えば特に問題無い。 例えば、レジェンダリのSMGをメインとして使っていても、それより強力な、レア度の低いピストルを拾ったなら、すぐそちらに乗り換えた方がよい。 スキル お次はスキル。 1週目では、とりあえず「 アナーキー」と「 クロース・イナフ」さえ取っておけば大抵の難局は乗り越えられるが、2週目の難易度ではそうはいかない。 デストラップが、1週目のようにはガンガン敵を蹴散らしてくれなくなるので、 ゲイジ自身の戦闘力・生存力を上げるスキルを重視すべきだ。 個人的なおすすめスキルは…• ブラッドソークシールド(敵を倒すとシールド回復)• 空から死神が!(空中で敵を撃つと着弾時に爆発を起こす)• ショックストーム(クリティカルで倒すと周囲の敵にショックダメージ)• エレクトリカルバーン(敵にショックダメージを与えると確率で発火させる)• ラショナル・アナーキスト(アナーキーがゼロから増えるとき、一気に25になる) アップショットロボット(敵を倒すごとにデストラップの起動時間が5秒増える)を取るかどうかはお好みで。 僕は、1週目ではアナーキーをMAXまで溜めて、 高火力で敵を押していくスタイルでやっていたが、2週目ではそれがキツイと悟った。 何故かといえば、早い話、プレイが下手くそで よく死ぬからである。 アナーキーは溜めれば溜めるほど攻撃力が上がるが、死んでしまえば ゼロになる。 そこから再びMAXまで溜めるのは相当に面倒くさい。 そこで、アナーキーをどんどん消費して「 空から死神が!」で敵を爆破させまくるスタイルに変えた。 アナーキーが空になれば、「 ラショナル・アナーキスト」で一気にスタックを25稼げるので、使用回数を気にする必要もない。 もちろん、ここに書いたのはあくまで一例であって、こういうスキル構成、戦い方でないと明らかに不利になるというわけではない。 アナーキーMAX状態を維持しながら一気に攻め込むのもいいだろうし、デストラップを敵陣に「派遣」して、自分は遠巻きからライフルで狙撃するのもいい。 変わったスキルが多いので、 色んな戦い方を追求できるのが、ゲイジの最大の魅力かもしれない。 【スポンサーリンク】.

次の