帯状疱疹 市販薬。 帯状疱疹後神経痛(PHN)治療薬・内服薬一覧

帯状疱疹の治療

帯状疱疹 市販薬

スポンサーリンク 帯状疱疹は6〜7人に1人の確立で発症すると言われる、非常に身近な病です。 良くある病気であると、あまり深刻視しない方々もいらっしゃいます。 しかし、帯状疱疹を安易に考えていると、 合併症や帯状疱疹後神経痛などになり、非常につらい状態になり得ます。 帯状疱疹になってしまったら、迅速な対応が必要になります。 そこで今回は、帯状疱疹のかゆみ止めは市販薬でも大丈夫なのかどうか紹介します。 帯状疱疹のかゆみ止めは市販薬でも大丈夫か 帯状疱疹の症状とは、ウイルスによる神経の損傷と皮膚の炎症です。 帯状疱疹の治療では、ウイルスの活動を抑制する服用薬と、 皮膚上の炎症を抑える外用薬が用いられます。 ウイルスの活動を抑制するための服用薬、 抗ウイルス剤は、市販で購入することはできません。 必ず医師の処方が必要です。 外用薬としては、口唇ヘルペスの治療薬として市販されている薬を用いることができます。 この外用薬は、皮膚にできてしまった水疱に効果があり、かゆみを抑えてくれます。 つまり、皮膚上のかゆみについては市販薬でも抑えることができます。 しかし、市販の外用薬が帯状疱疹の根本的な解決にはならないことを忘れてはいけません。 帯状疱疹の治療 帯状疱疹を治療する方法としては、 抗ウイルス剤や鎮痛消炎剤などの服薬もしくは点滴です。 外用薬を塗るだけでは治りません。 スポンサーリンク 帯状疱疹は皮膚に炎症が起こる前に痛みが先に発症します。 帯状疱疹の痛みを感じたら、すぐに神経をブロックするような処方をしてもらうことが、 帯状疱疹後神経痛などの予防となります。 ちなみに、抗ウイルス剤はウイルスを滅する薬ではなく、 増殖を抑制することで炎症がひどくなることを抑える薬です。 ウイルスが体内で完全に増殖すると帯状疱疹後神経痛に直結します。 また、抗ウイルス剤は服用すればすぐに効果が表れるとは限りません。 すぐに効果が得られないと服用を辞めてしまう方がいらっしゃいます。 帯状疱疹の抗ウイルス剤は即効性の薬ではなく、症状を抑制する薬です。 服用をやめてしまうと、ウイルスの増加を促すことになり、帯状疱疹の症状は悪化します。 さらに効果を高めるためには、 処方された薬を確実に使用し、その上で体を温めてみてください。 湯たんぽなどを患部に当て、血流を促進することで、 痛みやかゆみを和らげることもできます。 ・・・いかがでしたか? 帯状疱疹のかゆみは、市販薬でも緩和することはできます。 しかし、根本解決にはなりません。 体内のウイルスの活動を抑えられなければ、かゆみは延々と発症し続けます。 外用薬は医師も処方します。 まずは早めに病院に行くことをおすすめします。 スポンサーリンク.

次の

帯状疱疹後神経痛に鍼灸や漢方薬とリリカではどれが一番効くの?

帯状疱疹 市販薬

帯状疱疹に対して、抗ヘルペスウイルス薬は飲み薬として主に以下の3種類が使われます。 アシクロビルは 子供の帯状疱疹に対しては通常、1日4回の服用とされています。 帯状疱疹に対して抗ヘルペスウイルス薬は 皮疹が出始めてから48時間以内に使い始めないと効果に乏しいという報告がありますので、できるだけ早く治療を始める必要があります。 バルトレックスは体重40kg以上の子供には使えますが、腎障害のある子供などに対しては特に注意が促されています。 ファムビルは子供の帯状疱疹に対しては安全性が確立していません。 抗ヘルペスウイルス薬は高い薬? 抗ヘルペスウイルス薬はよく「高い」と言われる薬です。 例として、成人の帯状疱疹をゾビラックス、バルトレックス、ファムビルの標準的な用量で治療した場合の値段(薬価)を比較します。 計算の詳細は煩雑なので、保険の範囲内の使用で、自己負担額は3割として計算します。 で治療する場合• 1錠あたり352. 7日間で2,464点• 自己負担額(3割) 7,392円• で治療する場合• 1錠あたり405. 7日間で1,701点• 自己負担額(3割) 5,103円• で治療する場合• 1錠あたり489. 7日間で2,058点• 自己負担額(3割) 6,174円 ゾビラックスとバルトレックスにはジェネリック医薬品(後発品)もあります。 ジェネリック医薬品の薬価で同様に計算すると以下のようになります。 アシクロビルのジェネリック医薬品で治療する場合• 1錠あたり89. 7日間で1,260点• 自己負担額(3割) 3,780円• バラシクロビル塩酸塩のジェネリック医薬品で治療する場合• 1錠あたり188. 7日間で791点• 自己負担額(3割) 2,373円 実際に病院で支払う金額には、上の計算に加えてほかの薬の費用、薬剤情報提供料・調剤料・処方料・調剤技術基本料など、さらに初診料・再診料・検査費用などが含まれ、治療期間を通じて 1万円から3万円程度になることが多いようです。 ジェネリック医薬品の中でも薬価の違うものがあります。 実際にどの薬を使うかは薬価だけではなく、病気の状態や個々のジェネリック医薬品の特徴によって決められるので、 ジェネリック医薬品が使えるかどうかは診察した医師と相談してください。 抗ヘルペスウイルス薬を注意して使うべき人とは? 特に 腎機能の低下している人に抗ヘルペスウイルス薬を使う場合には薬剤量の調節が必要になる場合があります。 健康診断などにおいて腎臓が悪いと言われたことがある• 透析を受けている• 尿が出にくい• むくみがある 上の中に該当するものがあれば、帯状疱疹の治療を受ける前に医師に伝えてください。 また、抗ヘルペスウイルス薬を飲んでいる間は 授乳ができません。 授乳中に病院に行くときは、帯状疱疹に限らず、授乳していることを医師に伝えましょう。 妊娠している人には、抗ヘルペスウイルス薬は「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する」とされています。 抗ヘルペスウイルス薬との飲み合わせに注意が必要な薬もあります。 尿酸値を下げる作用があり、予防などに使われる薬です。 併用することで抗ヘルペスウイルス薬が正常に尿の中に排泄される作用が抑えられ、通常よりも抗ヘルペスウイルス薬の血液中の量が増えることにより、作用が過度に増強するなどの可能性が考えられます。 胃酸の分泌を抑え、 などを治療する薬です。 併用することで抗ヘルペスウイルス薬の排泄が抑えられる可能性が考えられます。 臓器移植における拒絶反応を抑える薬です。 併用することで抗ヘルペスウイルス薬とミコフェノール酸モフェチルの両剤共に排泄が抑えられる可能性が考えられます。 などに使う薬です。 併用することでテオフィリンの血液中の量が増えるとされています。 ほかの病気の治療期間に帯状疱疹が出た場合にも、帯状疱疹の治療期間にほかの薬を始める場合にも飲み合わせの注意が必要です。 帯状疱疹に限らず、病院・クリニックに受診した際には、 現在治療中の病気や使用している薬、健康食品やサプリメントなどを漏らさず伝えることが非常に重要です。 帯状疱疹の治療では、痛みを弱くする目的で消炎鎮痛薬を使うこともあります。 痛みが激しくてがまんできないときは病院で相談してみましょう。 アセトアミノフェン• 比較的安全性が高く 子供にも使える薬です。 NSAIDs(エヌセイズ:非 ステロイド性抗 炎症薬)という薬の種類に分類されます。 副作用として 胃痛、 胸やけなどの消化器症状や 誘発などの呼吸器症状などに注意が必要です。 アセトアミノフェンとNSAIDsは帯状疱疹でも痛みや発熱を抑えるために使われる消炎鎮痛薬です。 アセトアミノフェンとNSAIDsの違いについてはコラム「」でも説明しています。 帯状疱疹の激しい痛みを抑えるステロイド(副腎皮質ホルモン) 主に帯状疱疹初期の強い痛みに対して、NSAIDsなどの消炎鎮痛薬では効果が不十分である場合などにステロイド 内服薬が使われます。 ステロイド内服薬は、帯状疱疹では比較的短期間の使用になることが一般的ですが、 高血糖などの副作用に対して注意は必要です。 詳しくはコラム「」で解説しています。 注意が必要な薬ですが、 自己判断で中止したり量を変えて飲んだりするのは非常に危険です。 かえって病気が悪化したり、症状がぶり返したり、治りが遅くなる場合もあります。 治療期間や使用中の注意点、副作用が出たときの対処などを処方医や薬剤師からよく聞いてください。

次の

帯状疱疹のかゆみ止めの薬とは?

帯状疱疹 市販薬

帯状疱疹とは 帯状疱疹は、水ぼうそうを引き起こすウイルスと同じウイルスが原因となって起こります。 それが、「 水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルス」です。 かつて水ぼうそうにかかって治ったことがある方は、もうウイルスを退治したと思いがちですが、実はウイルスはずっと体内に潜んでおり、出現の機会をうかがっているのです。 この機会は人の病気や加齢、ストレス、過労、ケガなどによって免疫力が低下している時に訪れます。 症状としては、最初にチクチクとした痛みを感じ、その後数日以内に赤く小さな疱疹が現れます。 帯状疱疹はその名のとおり、疱疹の現れ方が帯状に出ることが特徴的です。 胸から背中、腹部、そして顔や手足にも現れますが、体の左右どちから片側に出ることが多く、一度に数か所現れることがありません。 治療法として、ウイルスが原因なので、ウイルスの作用を抑える抗生物質の服薬治療と痛みやかゆみを生じている患部に塗布する外用薬による治療が行われます。 内服する薬は、 塩酸バラシクロビルやアシクロビル、ファムシクロビルなどが使われます。 次の項では、塗り薬をメインにご説明します。 スポンサードリンク 帯状疱疹に効く塗り薬は? 帯状疱疹はウイルスの感染によるものですので、市販薬ではまかなえません。 皮膚科の診断を基に処方してもらうことが最善ですが、なかには医師が処方するものと同成分を含む市販薬もありますので、緊急対応などにはそちらを使うこともおすすめです。 では、以下にみていきましょう。 ゾビラックス軟膏 アシクロビルという成分できているヘルペスウイルスの増殖を抑える薬です。 クリーム状の塗り薬で、適量を1日数回患部に塗布します。 アラセナA軟膏 ビタラビンという成分でできている、ヘルペスウイルスの増殖を抑えるお薬です。 帯状疱疹の治療では主にこちらが用いられることが多いようです。 1日に1~4回ほど患部に塗布します。 アラセナS軟膏・クリーム 先にご紹介したアラセナA軟膏は医師による処方が必要ですが、同成分を配合した軟膏とクリームが、佐藤製薬株式会社より発売されています。 配合量も同量なので、効果も劣りません。 まとめ 帯状疱疹は、水疱瘡を経験したことのある方なら誰でも起こりうる病気です。 なってしまったら悪化を防ぐためにも早期の治療開始が大切です。 今回ご紹介した塗り薬はもちろん、内服薬、点滴など医師の判断を仰ぎ、多角的な治療で早期改善を目指しましょう。

次の