風邪 を ひい た 時 の 食べ物。 風邪を引いた時におすすめ!栄養たっぷり美味しい食べ物とは?

風邪の時の差し入れ20選はコンビニでも買える!そして3つのNG行動

風邪 を ひい た 時 の 食べ物

出典元: iStock. コンビニやスーパーが遠く、買い物に行く気力がない場合には、積極的に活用するのがおすすめです。 ネットスーパーなら、食べ物や飲み物、日用品などもスマホから注文して届けてもらうことができます。 野菜や果物、お肉のような生鮮食品も取り扱っているのも特徴といえます。 もしもの時にすぐ利用できるように、大手ネットスーパーのホームページで配達エリアの確認と会員登録を済ませておくといいですね。 本当に病気で辛い時、救急車を呼んだほうがいいのか、病院を受診したほうがいいのかなどを専門のスタッフに相談することができます。 119番に電話するのはためらってしまう…という場合にも、#7199が役に立ちます。 年中無休・24時間対応の窓口ですので、もしもの時のために連絡先に追加しておくと安心です。 もともと風邪をひきやすいという体質の方は、少しでも体調の悪さを感じた場合、早めに栄養と休息を取るようにしてくださいね。 もし風邪をひいてしまっても、事前に備えていることで安心感は違います。 ここで紹介した対処法で、一人でも風邪を乗り切れるように準備しておきましょう。 ログアウトとなっている場合、再度ログインいただけますと正常にご利用いただけます。 サービス停止中、ご利用の皆さまには、大変ご不便、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 今後、再発防止に向け万全を期すとともに、お客さまへの一層のサービス向上に取組んでまいります。

次の

風邪で辛いものは良くない・効果はない?理由と治りが早くなる食べ物

風邪 を ひい た 時 の 食べ物

経歴 株式会社Luce代表/健康検定協会理事長、山野美容芸術短期大学講師、服部栄養専門学校特別講師、日本臨床栄養協会評議員、ダイエット指導士、ヨガ講師、サプリメント・ビタミンアドバイザーなど栄養・美容学の分野で活動をおこなっている。 風邪の流行時期には、マスクや手洗いなどで予防をする方が多くいます。 もちろん、風邪を予防するためには、十分な睡眠とバランスの良い食事が基本です。 食べたものが未来の体を作ります。 日々の食事管理からも風邪予防はしっかりおこなっていきましょう。 今回は特に風邪予防に働きかける食べ物をご紹介いたします。 風邪予防に良い食べ物 にんにく 風邪の予防には、免疫力を高めること、ウイルスや細菌に打ち勝つ体づくりがポイントなんです。 にんにくに含まれている におい成分のアリシンには、免疫力を高める働きがあり風邪予防には有効な食材のひとつですよ。 にんにくの成分は風邪のウイルスから体を守るので、風邪が流行する寒い季節は取り入れていくと予防になります。 また、にんにくは食欲も増進する働きがあるので、疲れ、ストレスなどで食欲が落ちているときに取り入れるといいですね。 生のにんにくは胃腸への刺激が強いので、加熱して食べると刺激が和らぎ、お勧めです。 風邪の症状がひどい場合に無理して食べると刺激が強すぎることもあるので、風邪の予防としてうまく取り入れるようにしましょう。 りんご 風邪をひいたときにりんごを食べる人は多いのではないでしょうか。 りんごには風邪をひいたときに必要な栄養素が豊富に含まれているので、風邪をひいたときには積極的に取りたい食材です。 風邪のときは、発熱や食欲減退によって、脱水になりやすい状態です。 りんごは水分も豊富で、甘味もあるので食べやすいため、風邪のときにはお勧めです。 消化する力も弱っているので、 すりおろして食べると胃腸にも負担をかけず食べられます。 また、りんごには整腸作用がある水溶性の食物繊維も豊富に含まれているので風邪でお腹の調子がすぐれないときでも食べられます。 すりおろすのが大変な場合は、ミキサーなどにかけてジュースにするのも良いですね。 ビタミンCは上記のリンゴでも摂取することができます。 これらのビタミンは抗酸化作用や免疫力を高める働きがあるため、風邪で弱っている粘膜を保護するために役立ちます。 そして、この栄養分が豊富な食材のひとつがにんじんです。 りんごと同じようにすりおろしてジュースやポタージュなどにすれば、食べやすく消化もしやすくなります。 ヨーグルト ヨーグルトは風邪予防にも役立ちます。 ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内環境を整えてくれるためです。 腸内は体内の免疫細胞を作る働きがあるため、腸内環境を整えると免疫力を高めることにつながります。 また、ヨーグルトは喉越しがよくひんやりと食べやすい食材でもあるので、風邪をひいたときの栄養補給としてもおすすめです。 乳酸菌だけでなくたんぱく質も含んでいるので、風邪で食欲がなかったり、喉に痛みがあったりするときなどに取り入れてみましょう。 風邪をひいたときや風邪予防には十分な睡眠と栄養源となる食事が基本です。 今回ご紹介した食材を取り入れて風邪に負けない体を作りが大切です。 風邪をひいてどうしても食欲がないときは、食べられるものを、少量でも口にして栄養源とするといいですね。 【参考文献】 朝日新聞社出版「栄養素図鑑と食べ方テク」中村丁次 監修.

次の

風邪の諸症状に効く食べ物や食事は何?これがおススメです!

風邪 を ひい た 時 の 食べ物

風邪の時こそ元気回復ご飯! 風邪って何? 風邪は、正式には 「風邪症候群」と言い、上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称のことを指し、風邪は、上気道(鼻やのど)が微生物に感染することによって起こります。 ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こります。 上気道(鼻やのど)が「微生物」に感染することによって起こる風邪ですが、この微生物の80~90%が 「ウイルス」によるもので、 風邪を引き起こすウイルスの数は200種類以上といわれており、どのウイルスが原因で起こったのかを特定することは現実的には困難で、不可能とされています。 同じウイルスでもいくつもの型があり、それが年々変異するため、一度感染したウイルスに免疫ができたとしても、次々に新しいウイルスに感染して繰り返し風邪をひいてしまいます。 風邪には安静がいちばん! 風邪を引いた時の一番の薬は 「安静」だと言われます。 現在の医学をもってしても、風邪の主な原因でもあるウイルスを 直接治す薬は存在せず、風邪薬などは、ウイルスによって引き起こされる 症状を緩和させるだけのものです。 風邪を治すには、人間の身体に備わった 「自分で自分の体を治そうとする免疫機能」しかありません。 風邪のウイルスが鼻やのどから体内に入っても、粘膜に定着して増殖するまでには通常ですと数日間かかりますから、 「風邪かな?」と思ったときこそ安静にして悪化する前に回復させることが一番です。 また、風邪の時こそウイルスと闘うために十分な力が必要なので、食事などで必要な栄養補給を行うことも大切なのです。 風邪のひきはじめや発熱時など症状に合わせたおすすめは? 風邪を引いてしまうと、体調も悪く、食欲も失われてしまうことも多いものです。 また、風邪といっても様々な症状があり、それぞれの状況に合わせて栄養補給する必要があります。 食欲がない時やそれぞれの症状に合った食事で、必要な栄養素を工夫して補給できるよう心掛けましょう。 風邪のひきはじめにおすすめの食事は? 風邪は、「風邪かな?」と感じるひきはじめでしっかりとケアすることが大切です。 効果的なのは、 「温かいもので体を温める」ことです。 スポーツ飲料 発熱時は、脱水症状にならないようこまめな水分補給は必須です。• 麦茶 水だけの摂取は吸収が悪いのでナトリウムやミネラルを含んだものがおすすめです。• 野菜&果物100%ジュース 風邪を引くとビタミンの消耗がとても激しくなるため水分補給以外にも、ビタミン補給のためにもおすすめです。• 味噌汁 味噌汁は塩分も含んでおり水分補給にも効果的です。 発汗作用のあるネギを入れたり、少しでも食欲があるなら 「豚汁」もおすすめです。• プリン 体が熱をもっているため、冷たいものは食べやすいでしょう。 喉越しがよく無理なく食べれますのでおすすめです。 また、熱が出ると、体も一気にしんどくなり、ぐったりしてくるなど体力が低下します。 ですので、発熱時は水分だけでなく、 塩分、炭水化物などのエネルギー補給も必要です。 寒気がして熱が足りない場合には、温かいものを摂るようにして、熱があがりきった場合には、冷たいものを少し摂っても構いません。 ですが、風邪の時は消化力が落ちていますので、脂肪分の多いもの、油もの、乳製品など消化の悪いものはお腹の具合を悪くすることがありますので控えましょう。 スポンサーリンク 風邪で吐き気がある時におすすめの食事は? 吐き気がある場合には、 無理に食べ物を与えず、水分補給をこまめに行いましょう。 嘔吐した場合は特に、水分を失いやすいため、脱水症状予防のために、 「経口補水液」をこまめに摂るようにします。 食事は、吐き気がおさまってから無理のない程度に徐々に始めましょう。 吐き気などで食事がとれていない状態では、 胃も空っぽの状態です。 急に食べ物が多量に摂取すると、胃が受付けられずに再び吐いてしまう事もあるので注意してください。 また、冷たい物も弱った胃腸には良くないので、 なるべく温かい物を食べるようにします。 風邪で吐き気がある時におすすめの食事は下記のとおりです。 りんご 下痢の時には、整腸作用のあるリンゴはおすすめです。• ヨーグルト 整腸作用のあるヨーグルト、すりおろしたリンゴをまぜて食べるのもおすすめです。• お粥 消化吸収しやすいお粥に卵を加えたりすることで、栄養価もアップし良質なたんぱく質などで免疫力も高まります。• 煮込みうどん 弱った胃腸には温かい食べ物がおすすめです。 うどんなどの消化吸収のよい食事はおすすめです。• 味噌汁・豚汁 日本のスープ味噌汁の味噌は大豆でできています。 ウイルスに対する免疫力を高めるために、食欲がでてきたら、たんぱく質やビタミン類を含んだものが効果的ですので、味噌汁や野菜も一緒に摂取できる 豚汁などはおすすめです。 風邪で喉が痛い時におすすめの食事は? 喉が痛い時には、 喉を刺激しないものがおすすめです。 熱いものも喉を刺激するため、お粥やスープなどの温かい食べ物も人肌よりも 少し冷ました程度にして食べるようにして喉への負担を和らげます。 風邪で喉が痛い時におすすめの食事は下記のとおりです。 はちみつ・しょうが 喉には「はちみつ」&「しょうが」がおすすめです。 生姜には咳を鎮める効果もあります。 「アップル蜂蜜ジンジャーティー」などは、すりおろしたリンゴ&はちみつ&すりおろした生姜に紅茶を注ぐだけでできます。 紅茶は 殺菌成分もあるので喉の炎症に効果的でおすすめです。• 豆腐 喉に通りやすい豆腐もおすすめです。 「湯豆腐」や「豆腐雑炊」など程よく冷まして食べるようにします。• ポタージュスープ ポタージュスープは、とろりとして口当たりの良いので喉の炎症がある時にはおすすめです。 風邪の鼻づまりの時におすすめの食事は? 鼻詰まりの時には、 温かいものがおすすめです。 温かい湯気などで一時的に鼻詰まりを解消できますよ。 風邪の鼻づまりの時におすすめの食事は下記のとおりです。 しょうが湯 生姜は体を内側からも温めてくれるので風邪の時には万能です。• 雑炊 「卵雑炊」など、お粥よりも具をたくさん入れて ビタミンや たんぱく質を多く摂取できる雑炊はおすすめです。• 煮込みうどん 温かく消化にもやさしい煮込みうどんもおすすめです。 風邪の回復時におすすめの食事は? 熱が下がったり、諸症状が落ち着いて回復傾向にある場合には、 体力回復や消耗したビタミン類やミネラルの補給ができる食事がおすすめです。 良質のたんぱく質や緑黄色野菜を積極的に摂りましょう。 回復時には、消化機能もまだ本調子ではないため、急に多量のものを食べるのではなく、体力回復度合いに合わせて徐々に食べる量を増やしていきましょう。 風邪の回復時におすすめの食事は下記のとおりです。 蒸し野菜 野菜なども蒸すことで、胃腸への負担も軽減できますし、野菜に含まれるビタミン類も極力壊すことなく効果的に摂取できておすすめです。 一緒に摂れるようでしたら豚肉や鶏肉なども摂取するとたんぱく質も同時に摂取できておすすめです。• 白身魚・しらす 白身魚はたんぱく質が豊富なわりに脂肪分やコレステロールが少ない、いわゆる高たんぱく低脂肪食品で、白身魚は消化の良いたんぱく質供給源です。 タイ、ヒラメ、キス、タラ、カレイなどがあげられます。 調理方法としては胃腸が弱っている時はできるだけ油を使った料理は避け、 煮つけや蒸したものがよいでしょう。• 卵 卵は栄養価の優等生です。 体の中でも重要な 「必須アミノ酸」がバランスよく含まれている卵は、回復時には是非摂取して欲しいものです。 食事で無理な場合も 「卵酒」などで、回復時に飲むのも効果的ですよ。

次の