吉塚 ペット クリニック。 吉塚ペットクリニックの評判・口コミ

口コミ・評判 13件(2ページ目): 吉塚ペットクリニック

吉塚 ペット クリニック

おすすめポイント• 内科も産婦人科も受診できるクリニックです 「日本内科学会認定 総合内科専門医」と「日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医」が在籍。 1つのクリニックで両方受診できるので便利です• 内科と産婦人科は階が別で女性が通いやすい環境 内科は1F、産婦人科は2F。 待合室もそれぞれ分けて設置され、プライバシーがしっかりと守られています。 デリケートなことでお悩みの女性でも通いやすい環境です。 説明が丁寧で、病気についての理解が深まります 病気の説明がしっかりとしているので、自身の病気についてより深く理解できるかと思います。 また治療法についても、患者さまに合った方法を相談し、選択できます。 産婦人科の患者さまの中には、知り合いや家族などにも聞かれたくない不安や悩みを抱えていらっしゃる方もいます。 当クリニックは、2階に婦人科・産婦人科、1階に内科を配置しております。 産婦人科を受診される方は、他の科目の患者さまと顔を合わせることなく診療を受けられるようになっております。 他の人に聞かれたくないようなお悩みがある方も、他の科目の患者さまとは階層フロアが違うので気兼ねなくご相談いただけます。 また、日本内科学会認定 総合内科専門医と日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医がおり、それぞれ担当科目が異なります。 そのため医療情報なども共有でき、連携して診察できるのも強みです。 生理のトラブルやおりもの・痒み、妊娠に関する問題などもご相談ください。 かかりつけのクリニックとして患者さまからご納得いただけるように、患者さまに合わせた診療を心がけています。 料金は料金表をご確認ください。 今まで診てきた患者さまの中で心に残っているエピソードはありますか? 院長:C型肝炎を背景にもつ肝硬変の患者様のお話です。 クリニックに初めにこられたときにはお元気で通院されていましたが、まだ現在のような良い抗ウイルス薬がなく少しずつ肝機能が低下し、お薬が世の中にでても、もう肝臓の予備力がなくてそのお薬が使えず、そんな状態の中で、使えんと?もう無理なのかなあ。 と何度も言われていたことが心に残っています。 現在は治療薬がどんどんよくなり、ウイルスを排除することによって、その後の経過を格段によくなる方が増えています。 一般診療のみのクリニックでの治療はできることが限られていますが、もっとも合った治療をお勧めし、ご本人が気付かないところで健康寿命を延ばすお手伝いができるよう努力したいと思います。 副院長:当クリニックに在籍する前は、病院の勤務医としてさまざまな病気の方を診ていましたが、やはり患者さんが亡くなる場面は深く心に残っています。 私の担当していた患者さんが亡くなったときのことは今でも忘れられません。 初めて来院された患者さまに対して心がけていることがあれば教えてください。 院長:患者さまはただでさえ、つらい症状などを抱えて来院されるわけですので、不快な思いをされることがないよう、お名前はしっかりと確認しています。 それに加えて、患者さまに少しでもリラックスしてお過ごしいただけるような雰囲気を保っていきたいと思っています。 副院長:初対面の患者さまに対して、まずはきちんとごあいさつ。 それが基本だと思います。 そして、患者さまの悩みごとを丁寧に伺い、当クリニックで治療すべきかどうかをしっかりと見きわめ、必要に応じて連携する病院に迅速にご案内するよう心がけています。 患者さまのニーズに応えるための努力を何かしていますか? 院長:インターネット予約システムを導入したこともあり、最近は20代から40代の患者さまを中心に、来院数が増えてきました。 そのため、患者さまにできるだけ負担をかけない環境作りに努めています。 例えば、2階の待合室を広くしたり、椅子の数を増やしたり、また、なるべく待ち時間が負担にならないよう、血圧計を置いたりもしています。 スタッフも増やして、細やかにお声がけをするよう努め、医師・スタッフみんなで患者さまをサポートできる体制を整えています。 女性の患者さまへ配慮していることはありますか? 院長:女性に限ったことではないのですが、患者さまとのコミュニケーションを重視した診療に努め、患者さんが私の説明を理解してくれているかどうか、随時確認しながら診療をすすめるよう心がけています。 副院長:男性に対しても基本的には同じですが、私が担当する産婦人科は、繊細なお悩みを抱えた女性が多く来られます。 そのため、お気兼ねなく何でもお話ししていただけるような雰囲気作りに努めています。 検査を行う際には、なぜその検査が必要なのかを丁寧にお話した上で行っています。 また、医師はあくまでアドバイザーだと心得ていますので、基本的には、私がいくつかの治療方法を提案し、患者さま自身に選択していただくようにしています。 今後力を入れていきたいと考えていることについて教えてください。 院長:基本的には、今までやってきたことを今後も継続していきたいと思っています。 当クリニックで扱える診療に尽力するだけでなく、扱えない病気の場合でも、連携先の病院にスムーズにご紹介するなど、患者さまにとってよりよい治療環境を迅速にご案内できる体制を保っていきたいです。 副院長:教育機関から離れてしまった今でも医師としての質を保っていくために、自らすすんで新しい医療技術などを学ぶようにしなければと思っています。 また、基本的には実際に来院していただいて直接診る方針ですが、オンライン診療についても患者さまのニーズに合わせて、できる範囲で取り入れていきたいと思っています。 貴院のスタッフの自慢できる点を教えてください。 院長:スタッフはみんな患者さんに対して優しく接してくれています。 話し上手で、どのような患者さまとも上手にコミュニケーションをとってくれるので助かっています。 特に体調が悪い患者さまがいらっしゃった場合でも、受付スタッフが細やかに気をつかい、私に伝えてくれますので、患者さまにとっても心強いかと思います。 副院長:私からみても、スタッフはみんな人当たりがよいので、院内全体がフレンドリーな雰囲気を保てていると思っています。 リラックスして受診していただければ幸いです。 先生が患者だった場合の病院選びのポイントを教えてください。 院長:私が病気になったら、症状を丁寧に見きわめた上で診断を下してもらえて、治療環境も整っている医院を選ぶと思います。 副院長:私の場合は、どのような病気にかかったかによって選ぶ医院が変わってくると思います。 軽い病気なら、アクセスなどが便利で、親切にしてくれる医院がよいですが、重い病気なら、接遇面が多少気になっても、技術をもった医師がいる医院を選ぶでしょう。 ,Ltd. googletagmanager. html?

次の

《受付予約可》 福嶋クリニック(福岡市博多区

吉塚 ペット クリニック

来院時期: 2019年06月 投稿時期: 2019年06月 コザクラインコが副鼻腔炎にかかったので、地元のペットクリニックで、副鼻腔炎の薬を貰い、3ヶ月投与していましたが、効果が薄く、中々治りませんでした。 とうとう、リンパに水が溜まり、肺炎を起こしかけていたのでヤバイと思い、高速に乗ってこちらの吉塚ペットクリニックにかけこみましたが、、お薬をいただき、飲ませた次の日には、首のリンパの水がなくなり、副鼻腔炎による目の膿がひきはじめて、3日目にしてすこぶる元気になりました。 最初から、こちらに来ればよかった!鳥を診れるところにしっかり行かなきゃダメですね。 動物の種類 来院目的 通院 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 30分〜1時間 診察時間 1時間〜2時間 診察領域 症状 病名 ペット保険 - 料金 14000円 来院理由 他病院からの紹介 来院時期: 2019年03月 投稿時期: 2019年04月 他病院さんのほうから紹介していただき初めていきました。 すぐに診てくださり色々な処置もしていただきました。 曖昧なことは言わずハッキリと詳しくうさぎの状態や、これからのことなど教えていただくこともできました。 自宅から少し距離はありますが先生もとてもいい方なのでこれからはこちらに通院しようとおもっています。 致死率が高いと言われている怪我をしましたが今も頑張って生きてくれています。 ありがとうございました。 動物の種類 《純血》 来院目的 通院 予約の有無 あり 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 15分〜30分 診察時間 15分〜30分 診察領域 症状 - 病名 - ペット保険 アイペット 料金 15000円 来院理由 他病院からの紹介 来院時期: 2017年10月 投稿時期: 2018年08月 オカメインコがうまく飛べなくなり、お腹が異常に膨らんでいることに気づいたので、開腹手術も視野にいれて、九州で手術ができる小鳥の専門病院を探しまくり、たどり着いたのが吉塚ペットクリニックでした。 吉塚先生は横浜小鳥の病院で勤務(修行?)されていたこともあるそうで、病院のホームページでセキセイインコの手術とその後の回復された様子を書かれていたので行きました。 検査の結果、卵管の外に殻のない卵が5つほどあることがわかり、入院して手術で卵管と卵を取り出してもらうことになりました。 手術はリスクもありますが、無事に成功。 術後の経過は順調。 2年以上たった今もオカメインコは元気に過ごしています。 私は医師の腕前を確認する材料として、保定した時の鳥の様子やそのう液の検査、爪切りをするときの素早さをチェックしているのですが、吉塚先生はとても経験豊富な印象でした。 説明もわかりやすく、こちらの話もよく聞いてくださり、信頼できる先生です。 うちのオカメインコが今も生きているのは、先生のおかげだと感謝しています。 動物の種類 来院目的 入院 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 30分〜1時間 診察時間 15分〜30分 診察領域 症状 病名 卵管に卵がつまる ペット保険 - 料金 総額15万円くらい円 備考: 手術代、入院費、薬代など 来院理由 Webで知った 当サイト以外 来院時期: 2018年04月 投稿時期: 2018年06月 博多に住んでいたとき、ハムスターでお世話になってました。 無駄なことはせず、親身になってくださり 優しい先生です。 引っ越して尚も連れて行きたいと思える 安心できる病院というか先生です。 以前つれて行った子は、連れていくのが遅く死んでしまいましたが、吉塚ペットクリニックさんにみてもらって、ちゃんと理由もわかり良かったです。 動物の種類 来院目的 - 予約の有無 - 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 15分〜30分 診察時間 5分〜10分 診察領域 - 症状 病名 腸炎 ペット保険 - 料金 6000円くらい円 来院理由 元々通っていた 来院時期: 2018年05月 投稿時期: 2018年05月 うちには現在15羽のセキセイインコがおり、 他に里子に出したり、虹の橋を渡ったりしましたが ここ四年で述べ、30羽のコたちを診てくれているのが、こちらの病院になります。 もちろんいろんな種類の動物や小動物を診てくださりますが 鳥に関しては 『鳥も診れる』ではなく 『鳥を診てくれる』Dr. で、 『ついでに鳥も診れますよ』ではなく、鳥の専門病院で修行をされて開院されてあります。 福岡市でも鳥を診てくれるDr. も多くなってきましたが多くは『鳥も診れる』病院が多い中で ほぼ鳥専門で診てくれるDr. はいないので本当に助かっています。 小さな身体は麻酔などと当初は心配でしたが、麻酔について研究され尽くしてあるので他のところよりも安心してお願いできます。 こちらが休診の時になって急変したコたちを他の病院でみせたらなんの処置も説明もなかったことがあり その点、こちらではしっかり原因究明をしてくれようとされるし、違う病院では見落としていた腫瘍も見つけてくださいました。 いつも丁寧に説明くださり、たくさんの アドバイスもいただけます。 混んでるのは先生のお人柄もありますが鳥の飼い主さんたちが腕の良いDr. を頼って市外や県外の遠方からもいらっしゃるからだと思います。 けれど、受付時間開始の午前と午後のしばらく すいてますし、 その他でも全くお客さんがいない時もあるし、一概にもいつも混んでいるとは言い難いと思います。 駐車場も5台あります。 うちはこちらの病院でないと他の病院は信じられないほど信頼と信用しています。 ちなみにロングコートチワワもこちらでお世話になっております。 動物の種類 来院目的 通院 予約の有無 なし 来院時間帯 夜間 18-22時 待ち時間 10分〜15分 診察時間 10分〜15分 診察領域 症状 病名 卵未完全卵巣詰まり ペット保険 アクサダイレクト 料金 - 来院理由 元々通っていた.

次の

口コミ・評判 13件(2ページ目): 吉塚ペットクリニック

吉塚 ペット クリニック

おすすめポイント• 内科も産婦人科も受診できるクリニックです 「日本内科学会認定 総合内科専門医」と「日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医」が在籍。 1つのクリニックで両方受診できるので便利です• 内科と産婦人科は階が別で女性が通いやすい環境 内科は1F、産婦人科は2F。 待合室もそれぞれ分けて設置され、プライバシーがしっかりと守られています。 デリケートなことでお悩みの女性でも通いやすい環境です。 説明が丁寧で、病気についての理解が深まります 病気の説明がしっかりとしているので、自身の病気についてより深く理解できるかと思います。 また治療法についても、患者さまに合った方法を相談し、選択できます。 産婦人科の患者さまの中には、知り合いや家族などにも聞かれたくない不安や悩みを抱えていらっしゃる方もいます。 当クリニックは、2階に婦人科・産婦人科、1階に内科を配置しております。 産婦人科を受診される方は、他の科目の患者さまと顔を合わせることなく診療を受けられるようになっております。 他の人に聞かれたくないようなお悩みがある方も、他の科目の患者さまとは階層フロアが違うので気兼ねなくご相談いただけます。 また、日本内科学会認定 総合内科専門医と日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医がおり、それぞれ担当科目が異なります。 そのため医療情報なども共有でき、連携して診察できるのも強みです。 生理のトラブルやおりもの・痒み、妊娠に関する問題などもご相談ください。 かかりつけのクリニックとして患者さまからご納得いただけるように、患者さまに合わせた診療を心がけています。 料金は料金表をご確認ください。 今まで診てきた患者さまの中で心に残っているエピソードはありますか? 院長:C型肝炎を背景にもつ肝硬変の患者様のお話です。 クリニックに初めにこられたときにはお元気で通院されていましたが、まだ現在のような良い抗ウイルス薬がなく少しずつ肝機能が低下し、お薬が世の中にでても、もう肝臓の予備力がなくてそのお薬が使えず、そんな状態の中で、使えんと?もう無理なのかなあ。 と何度も言われていたことが心に残っています。 現在は治療薬がどんどんよくなり、ウイルスを排除することによって、その後の経過を格段によくなる方が増えています。 一般診療のみのクリニックでの治療はできることが限られていますが、もっとも合った治療をお勧めし、ご本人が気付かないところで健康寿命を延ばすお手伝いができるよう努力したいと思います。 副院長:当クリニックに在籍する前は、病院の勤務医としてさまざまな病気の方を診ていましたが、やはり患者さんが亡くなる場面は深く心に残っています。 私の担当していた患者さんが亡くなったときのことは今でも忘れられません。 初めて来院された患者さまに対して心がけていることがあれば教えてください。 院長:患者さまはただでさえ、つらい症状などを抱えて来院されるわけですので、不快な思いをされることがないよう、お名前はしっかりと確認しています。 それに加えて、患者さまに少しでもリラックスしてお過ごしいただけるような雰囲気を保っていきたいと思っています。 副院長:初対面の患者さまに対して、まずはきちんとごあいさつ。 それが基本だと思います。 そして、患者さまの悩みごとを丁寧に伺い、当クリニックで治療すべきかどうかをしっかりと見きわめ、必要に応じて連携する病院に迅速にご案内するよう心がけています。 患者さまのニーズに応えるための努力を何かしていますか? 院長:インターネット予約システムを導入したこともあり、最近は20代から40代の患者さまを中心に、来院数が増えてきました。 そのため、患者さまにできるだけ負担をかけない環境作りに努めています。 例えば、2階の待合室を広くしたり、椅子の数を増やしたり、また、なるべく待ち時間が負担にならないよう、血圧計を置いたりもしています。 スタッフも増やして、細やかにお声がけをするよう努め、医師・スタッフみんなで患者さまをサポートできる体制を整えています。 女性の患者さまへ配慮していることはありますか? 院長:女性に限ったことではないのですが、患者さまとのコミュニケーションを重視した診療に努め、患者さんが私の説明を理解してくれているかどうか、随時確認しながら診療をすすめるよう心がけています。 副院長:男性に対しても基本的には同じですが、私が担当する産婦人科は、繊細なお悩みを抱えた女性が多く来られます。 そのため、お気兼ねなく何でもお話ししていただけるような雰囲気作りに努めています。 検査を行う際には、なぜその検査が必要なのかを丁寧にお話した上で行っています。 また、医師はあくまでアドバイザーだと心得ていますので、基本的には、私がいくつかの治療方法を提案し、患者さま自身に選択していただくようにしています。 今後力を入れていきたいと考えていることについて教えてください。 院長:基本的には、今までやってきたことを今後も継続していきたいと思っています。 当クリニックで扱える診療に尽力するだけでなく、扱えない病気の場合でも、連携先の病院にスムーズにご紹介するなど、患者さまにとってよりよい治療環境を迅速にご案内できる体制を保っていきたいです。 副院長:教育機関から離れてしまった今でも医師としての質を保っていくために、自らすすんで新しい医療技術などを学ぶようにしなければと思っています。 また、基本的には実際に来院していただいて直接診る方針ですが、オンライン診療についても患者さまのニーズに合わせて、できる範囲で取り入れていきたいと思っています。 貴院のスタッフの自慢できる点を教えてください。 院長:スタッフはみんな患者さんに対して優しく接してくれています。 話し上手で、どのような患者さまとも上手にコミュニケーションをとってくれるので助かっています。 特に体調が悪い患者さまがいらっしゃった場合でも、受付スタッフが細やかに気をつかい、私に伝えてくれますので、患者さまにとっても心強いかと思います。 副院長:私からみても、スタッフはみんな人当たりがよいので、院内全体がフレンドリーな雰囲気を保てていると思っています。 リラックスして受診していただければ幸いです。 先生が患者だった場合の病院選びのポイントを教えてください。 院長:私が病気になったら、症状を丁寧に見きわめた上で診断を下してもらえて、治療環境も整っている医院を選ぶと思います。 副院長:私の場合は、どのような病気にかかったかによって選ぶ医院が変わってくると思います。 軽い病気なら、アクセスなどが便利で、親切にしてくれる医院がよいですが、重い病気なら、接遇面が多少気になっても、技術をもった医師がいる医院を選ぶでしょう。 ,Ltd. googletagmanager. html?

次の