樹脂 パーツ 復活。 樹脂パーツの白ボケはDIYで直る!復活剤やコーティング剤を塗りこむだけの簡単施工

車の樹脂パーツなぜ白くなる? 白から黒へ復活させる方法とは

樹脂 パーツ 復活

目次でパッと理解する• 車に使われる樹脂パーツとは? 樹脂にはいろいろな種類がありますが、今回取り上げる樹脂パーツは、特別な塗装やコーティングなどの加工を施されていない未塗装のもの。 ダッシュボード周辺や、外装で言えばバンパー、ドアミラー、タイヤ周りのフェンダーなどに使われる黒い未塗装樹脂パーツがメインです。 樹脂パーツが白化する理由 バンパーやドアミラーなどに多く使われる黒い未塗装樹脂パーツ。 しかし経年劣化する過程で白く濁っていくことが多いというのもこのパーツの特徴です。 いったい何が白く劣化させてしまうのでしょうか。 太陽光・紫外線による劣化 多くの物は紫外線によって劣化します。 太陽光はもちろんのこと、車のヘッドライトにも紫外線は含まれています。 紫外線は塗装面に対してもダメージを与えて退色させてしまいますが、塗装という保護膜すらない樹脂パーツの場合の劣化速度はより早くなります。 雨水による劣化 雨水には少なからず不純物が混じり、車の汚れなどの原因にもなります。 雨水が酸性雨であった場合は水分が蒸発する過程で酸が強くなりますので、樹脂パーツに対してもダメージを与えることになります。 また樹脂やゴム製品は、水分を吸収することで溶けてべた付くことがありますが、これも加水分解といわれる劣化現象です。 朝昼夜の温度変化による劣化 温度は化学反応を促進させます。 樹脂の劣化も一種の化学反応であるので、温度は劣化速度を早くする要素となります。 朝昼夜の温度変化は緩やかなものですが、車という屋外にある物の場合は太陽の位置によって場所により温度差も発生します。 これは同じ1つのパーツでも場所によって温度に差があることを意味しており、熱による膨張にも差が生じてパーツを歪ませる力が働くことになります。 白化をさせない方法はある? 車の置かれている環境にもよりますが、樹脂パーツの白化は経年劣化の結果。 パーツそのものは対候性を考慮されており機能的には問題ありませんが、パーツ表面で起きる劣化そのものを止めるというのは難しいです。 しかし劣化を遅らせることや、劣化した表面部分を取り除くなどの方法はあります。 樹脂パーツを保護するメンテナンス 樹脂パーツの白化を防ぐこと自体は難しいですが、白化する前にやることで保護するメンテナンス方法はあります。 いくつかあるメンテナンス方法をご紹介しましょう。 シャンプー洗車 まず何をするにしてもシャンプー洗車が必要。 樹脂パーツでも同じで、表面についた油脂や汚れを落とせるだけ落としておきます。 汚れの上から保護用のコーティングや塗装を施工しても、汚れが邪魔をして定着せずに剥がれ落ちてしまいますので、施工面の下地処理として洗車は必要になります。 メラミンスポンジで擦る 樹脂パーツの白化は表面が劣化していることで起きる現象。 劣化した表面には細かいひび割れなどができており、光の乱反射が起きて白く濁って見えます。 劣化してしまった表面のみ研磨して落として、劣化の進んでいない層を均一に出してやれば白化は取り除けます。 研磨剤やポリッシャーを使って磨くという方法もありますが、一番身近なメンテナンス用品として研磨に使えるのがメラミンスポンジなのです。 樹脂パーツコーティングを塗る 樹脂パーツが劣化するのは紫外線や雨に対して無防備であるためでもあります。 ボディコーティングと同じ様に樹脂パーツを保護剤でコーティングしておけば、樹脂パーツは外気に触れることもなくなり劣化しにくくなるのです。 樹脂パーツを塗装してしまう 著しく白化が進んでしまっている場合は、樹脂パーツそのものを塗装してしまうというのも一つの手段。 塗装自体が樹脂パーツを保護するコーティング被膜になりますので、白化する前に塗装しても効果があります。 ただしムラなく塗装するにはボディやホイールへのマスキングをするか、塗装する箇所を車両から取り外すなど、難易度が高い作業が必要となってきます。 樹脂パーツをラッピングする フィルムシートを保護膜として使う方法で、考え方としては塗装と同じです。 ただし塗装は一度施工すると半永久的に残り、簡単には除去できません。 対してラッピングであれば、フィルムシートを剥がすだけで元の状態に復元できる利点があります。 黒色以外のフィルムも選択でき、デザイン性も高いというのもポイントです。 ラバーペイントで塗装する 塗装とラッピングの中間の仕上がりに位置するのがラバーペイントによる塗装。 塗装というよりはフィルムを張り付けた感じに近い仕上がりで、塗り面は若干のつや出しなります。 ラバーペイント自体は簡単に剥がすこともできますので、塗装作業に不慣れであってもやり直しができるのでおすすめです。 場所によって施工方法が変わる 樹脂パーツは単体で複雑な形の成形できるため、デザイン性を高める目的でも使われています。 また場所によっては強度も同時に求められることになり、炭素繊維やガラス繊維と組み合わせた強化プラスチック製ということもあります。 一言で樹脂パーツとってもその形や素材には種類があります。 特に複雑なデザインを多用することの多いフロントグリルなどの樹脂パーツの場合は、紹介したメンテナンス方法での施工自体が難しいことも珍しくありません。 樹脂パーツ復活のおすすめケミカルってある? 樹脂コーティング剤試してるんだけどすげぇ 11年物の車の樹脂パーツが! — リッド riddo666 樹脂パーツの色合いや艶復活させるケミカルは多数存在します。 おすすめと言えるケミカルを選ぶのは難しいです。 扱いやすさで考えれば、シリコンないしワックスと言われるようなものを主成分としたものを選ぶのが良いでしょう。 「KURE クリポリメイト」などがシリコン系ケミカルです。 シリコンは車のボディだけでなくタイヤなどのゴム製品にも使える成分です。 ただし劣化した樹脂層を除去するわけではなく、コート剤のコーティング効果でひび割れを埋めることで表面を均一化させて光沢を出しています。 一時的な復活剤としては機能しますが、保護コーティングとしては耐久性が低いので注意してください。 より強固で持続期間の長いものとなると、「ワコーズスーパーハード」のようなケイ素などを含んだガラス系コーティングタイプを使うことになります。 塗装面におけるガラスコーティングと同様に、完全に硬化するまでには時間がかかる分扱いが難しいですが、硬化後はシリコンやワックス以上の保護力を期待できます。 復活させるのにバーナーで炙るのもあり?! 紫外線で白ボケした無塗装樹脂パーツは、バーナーで炙ると黒が戻ってきます。 豆知識🙃 — ゆーちゃん Mishka0816K 樹脂パーツにおいて白化している場所は、多くの場合表面部分だけ。 表面だけを高熱にすれば劣化した部分は焼け落ち、その下の劣化していない層が出てくるのでツヤが戻ります。 この考えで行われるのがバーナーによる炙りということになります。 バーナーを使うメリットとしては、劣化した樹脂の除去が短時間で行えること。 メラミンスポンジでも除去は可能ですが、バーナーでの炙りのほうが断然早いです。 デメリットとしてはやはり扱いの難しさ。 高温の火を使って行う作業なので、樹脂パーツそのものを大きく溶かしたり変形させたりするリスクはあります。 また表面を焼くという性質上、内装の樹脂パーツにみられるような細かいシボ加工の凹凸模様などは失われてしまいます。 擦り傷ってどうしたら良い? 樹脂パーツについた擦り傷に関しては、まず洗車して汚れを除去します。 その後深いキズに関してはパテを使って穴埋めをし、サンドペーパーで磨いた後に塗装を施します。 これは塗装ウレタンバンパーなどで一般的に行われる方法ですが、未塗装の樹脂パーツでも同じ方法で修復できます。 しかし細かい擦り傷程度であれば、バーナーによる炙りで目立たなくすることもできます。 炙ることにより細かい凹凸模様は消えてしまうのがデメリットですが、逆に言えばキズもまた凹凸であるため炙れば消すことができるのです。 まとめ 未塗装樹脂パーツの劣化に伴う白化は、屋外において太陽光や雨風に晒される以上避けようがありません。 白化自体も模様ができて不均一なので見た目を損なうことになります。 劣化そのものは防ぐことは難しいですが、見た目だけであれば黒色の樹脂パーツに復活させることはさほど難しくありません。 色艶だけならコーティング用品や艶出し剤を使うだけで復活しますし、劣化した表面の層もメラニンスポンジなどで除去する方法があります。 さらに見た目も追求するのであれば、塗装やラッピングという方法も。 ラバーペイントならやり直しもできますので、個性的なカラーに挑戦してみるのも面白いです。 未塗装樹脂のリフレッシュ方法はいろいろありますが、メリットデメリットもありますので、自分に合った方法を選んで愛車の見た目をキレイに維持することを心がけましょう。

次の

100均NG!シリコンスプレーで樹脂パーツの劣化を直せる!マジでKURE最強

樹脂 パーツ 復活

樹脂パーツの白ボケは洗車じゃ直らない!コーティング・復活剤で黒くツヤのある未塗装パーツに戻る バンパーやホイールアーチ、ワイパーカウルに使われている未塗装の樹脂パーツは、紫外線などの影響により段々と白ボケてきますが、新品のように直す方法はないのでしょうか?未塗装パーツにツヤがなくなってきた時は、新品交換が1番キレイになりますが費用と手間がかかるものです。 樹脂パーツの黒さやツヤを取り戻すためには、樹脂パーツ専用の復活剤やコーティング剤を使ってみましょう。 専用クリーナーのほかにも、メラミンスポンジを使った方法がありますが、樹脂パーツ復活剤やコーティング剤を使ったほうが確実でしょう。 安く簡単に済ませたい人は、目立たない部分からメラミンフォームで磨いて挑戦してみてください。 では、樹脂パーツのツヤを復活剤やコーティング剤でキレイに補修する方法と、メラミンスポンジで削る方法を紹介します。 樹脂パーツの白ボケにカーメイトの「黒樹脂復活プレミアムコート」を使ってみた!新車には劣化防止の効果があるらしい カーメイトの黒樹脂復活プレミアムコートのパッケージ タイヤハウス周りにある未塗装樹脂パーツに復活剤を使って黒化・劣化防止をしてみました。 施工した車は、新車から6ヶ月が経過した状態でしたが、コーティング剤を塗ると意外と黒くなり少し劣化していたのが分かりました。 まずは洗車をして汚れを落としてから水気を拭き取り、乾燥していることを確認してから樹脂コーティング剤を塗布していきます。 カーメイトの黒樹脂復活プレミアムコートは、使い切りタイプのため袋の封を開けたら1本丸々使うつもりで塗布していくといいでしょう。 DIYで施工した黒樹脂復活剤の手順• 洗車して汚れを落とす• ウエスで拭きあげて乾燥させる• 復活剤を付属のスポンジに垂らす• 少しずつ樹脂パーツからはみ出ないように塗りこんでいく• 塗り込み終わったらウエスで拭き取り均一にならす• パーツ毎に塗りこみ・拭き取りを行っていく• 全体に塗りこんだら見回してチェックする 洗車が終わったら樹脂パーツもしっかりと拭き上げておく まずは、洗車をして塗布する樹脂パーツの部分をしっかりと拭き上げて乾燥させます。 塗布する時に水分が残っていると効果が落ちるため、しっかりと拭き上げておきましょう。 パッケージから取り出したコーティング剤は銀色のパッケージに入っている コーティング剤を取り出すと銀色のパッケージに入っているため、まずは封をちぎって取り出します。 切り込みが入っているため、その部分から開けてチャックになっている部分も開封しコーティング剤を取り出します。 黒樹脂復活剤の封を開けて取り出したところ 付属のスポンジの黄色い面に液を垂らして吸い込ませて使う パッケージを開けると黒樹脂復活剤の銀色パッケージ・塗りこむためのスポンジ・拭き取りクロスが見えます。 まずは黒樹脂コーティングが入っている容器を取り出し、付属スポンジの黄色い面に数滴垂らして吸い込ませます。 黒樹脂復活剤を塗布する前の状態。 新車から半年経過したが少し白くなっている。 新車の状態から半年経過した状態のホイールアーチの樹脂パーツですが、ほんの少しだけ白ボケています。 カーメイトの黒樹脂復活剤は、新車の状態から行うと劣化防止にもなるコーティングとなるため定期的に施工していきます。 いきなり樹脂パーツの目立つ部分に塗らず、まずはホイールハウスの目立たない部分で試すといい ホイールアーチの樹脂パーツに沿って塗り込んでいきます。 車両の状態によってはシミになる可能性もあるため、まずはホイールハウスの内側など目立たない場所に試してから塗布するようにしてください。 タイヤ周りの樹脂パーツに半分塗った状態。 黒さがハッキリと違っている 樹脂パーツに黒樹脂復活剤を半分塗った状態にしてみました。 右側が塗布した部分で、左側が塗っていない部分です。 ハッキリと色が違うことが分かるため全体に塗っていくことで黒々とした樹脂パーツとなります。 ホイールアーチにのみ塗布した状態。 フロントの樹脂パーツと同じ黒さに戻った。 この調子でフロントバンパーやリヤバンパー、ホイールアーチにワイパーカウルなど、未塗装樹脂パーツに塗っていくことで、黒さが戻りコーティングもできるため劣化防止にもなります。 パッケージには1日かけて乾燥が行われるため水に濡れないよう気をつけましょう。 特にワイパーカウルはウォッシャー液がかかるため注意が必要です。 バンパーやフェンダーの樹脂パーツは復活剤・コーティングで黒く戻る!洗車・塗り込み・拭き取りの3ステップ C-HRのサイドドアの下は大きな樹脂パーツを採用している 前後バンパーやホイールアーチに使用されることが多い樹脂パーツは、年月が経つごとに段々と白ボケていくもので、紫外線による劣化のため完全に防ぎきることは難しいものです。 確実に白ボケを無くすためには、新品交換が1番ですが費用と手間がかかるものでおすすめはできません。 そこで、樹脂パーツのツヤを取り戻すことができる復活剤やコーティング剤を使ってDIY補修してみましょう。 手順は補修したいパーツをカーシャンプーで洗い汚れを落としたら、コーティング剤を塗って乾燥、そして乾拭きをして馴染ませて完成です。 樹脂パーツコーティング剤のDIY手順• 補修したいパーツを洗車してキレイにする• 拭き上げて乾燥させる• 脱脂シートを使用して油分を除去する• コーティング剤をパーツの隅々まで塗り込んでいく• 乾燥させたらウエスで乾拭きして馴染ませる まずはしっかりとコーティング剤の効きを良くするためにも、車を洗車することから始めます。 樹脂パーツの部分だけではなく、車全体を洗っておくと細かなキズなども発見することができます。 拭きあげを行い乾燥させたら、次に脱脂シートが入っていたら拭いておくといいです。 洗車では落ちきれないピッチ・タールなどを落とし、コーティング剤のノリを良くしてくれます。 樹脂パーツを拭き上げて乾燥させたら、次にコーティング剤や復活剤を付属のスポンジに取り樹脂パーツへ塗り込んでいきます。 樹脂パーツの隅々まで塗り込んだら乾燥させ、乾拭きして馴染ませたら完了です。 スポンジでは入り切らないワイパーカウルの穴などは綿棒を使って塗り込むといいでしょう。 樹脂パーツ復活剤の自宅DIYで必要になるもの• ホース• 洗車バケツ• カーシャンプー• 洗車用スポンジ• 洗車用拭き取りウエス• 樹脂パーツ拭き取り用ウエス• 樹脂パーツ復活剤・コーティング剤 最低限でも樹脂パーツ復活剤のほかに、カーシャンプーやバケツなどの洗車グッズが必要になるでしょう。 ボディを拭くウエスと樹脂パーツにコーティング剤を塗りこんだあとに乾拭きするためのウエスは、それぞれ分けたほうがいいです。 マイクロファイバークロスなら色違いで数枚入ったセットが売っているため、洗車用・樹脂パーツ仕上げ用と色で分かりやすくわけることができます。 使っていた色を忘れるなら油性ペンで記入しておくのもおすすめです。 もし洗車場で行うなら高圧ガンで洗車することができるため、拭き上げ用のウエスを用意しておくといいでしょう。 水分を拭いて乾燥させたら樹脂コーティング剤を塗りこんでいきます。 専用の復活剤・コーティングの他にもメラミンスポンジで白化した樹脂パーツが綺麗に?削ることで黒い部分が出てくる 樹脂パーツの復活剤やコーティング剤を使わずもっと手軽に行いたいなら、家庭のメンテナンスにも使えるメラミンスポンジがあります。 樹脂パーツの劣化した表面をメラミンスポンジで削ることで黒い箇所が出てきて、新しい見た目を取り戻すことができます。 専用の樹脂パーツ復活剤などを使うよりも安く施工できますが、 効果が薄い・状況によってはより白くなるなどの満足した仕上がりにならない場合がありますので、不安を覚える人は専用の復活剤やコーティング剤を使ってください。 樹脂パーツの白ボケは保護剤を塗りこんで乾拭きするだけで黒くツヤのある姿によみがえる!新車時からやっておくと劣化防止にもなる 樹脂パーツが白く劣化するのは紫外線などの環境によるもので、未塗装部品のため塗装しているバンパーに比べて白ボケるのも早くなります。 そこで、樹脂パーツ専用の復活剤を塗りこむことで新品の頃の黒さやツヤを取り戻すことができます。 手順は洗車・塗布・拭き上げの3ステップで満足のいく仕上がりになるでしょう。 白くボケて全体的に締まりのない見た目から、キリッと黒く締まった見た目になるので車も若返ります。 メラミンスポンジやバーナーであぶって劣化した表面を削る・溶かす方法もありますが、専用の樹脂パーツクリーナーを使ったほうが見た目もうまくいくでしょう。 専用品以外での施工に関しては、自信がある人向けですので注意してください。

次の

樹脂 復活の販売特集【通販モノタロウ】

樹脂 パーツ 復活

ソフト99コーポレーション 1個 8mL レビュー: 11 【特長】ヘッドライト、ウインカー、バイザーなど、経時劣化で透明感を失ってしまった透明樹脂パーツに塗り込むだけで、新品のような透明感、鮮やかなカラーが復活します。 「クリスタルブルーコーティング」の効果で黄ばんだ透明樹脂も美しく仕上がります。 シリコーンオイル等による一時的なツヤ出し剤とは違い、樹脂パーツ表面に薄く硬いガラス状のコーティング被膜を形成し、仕上がりの美しさが6ヶ月以上持続します。 同時に優れた撥水性能も発揮し、樹脂自体の劣化も防止できます。 「驚きの洗浄力」でこれまで中性洗剤では落ちなかった洗面化粧台の水あか・石けんあかの汚れを落とします。 研磨剤を含んでおらず、食品添加物にも使用されている乳酸が主成分だから環境・人体にも安全で素材を傷めずに本来のツヤと美しさがよみがえります。 使用前に目立たないところでお試しいただき、素材への影響などをご確認ください。 プラスチック磨きに最適化したCCコンパウンド配合で、黄ばみ・汚れをスッキリ解消! さらに、ツヤ出し保護成分で表面をコーティングします。 樹脂パーツの黄ばみを解消して透明度を復活! ライトの明るさがアップします。 バイザー・サイドウインカー等にも使用できる本格派キットです。 CCコンパウンド:使用前は約2ミクロンの粒子径で、磨いていくにつれて細かく砕け、約1ミクロンまで変化します。 粗削り〜仕上げまでこれ一つでOKです。 ツヤ出し保護成分:表面コーティング成分を配合。 透き通ったクリアな輝きが甦ります。

次の