グーグル アドセンス。 AdSense へのお申し込み

グーグルアドセンスブログとは?稼ぐ方法と審査に受かるコツ

グーグル アドセンス

今回は アドセンスで月10万円稼ぐための20のTipsをまとめてみました。 ちなみに私は4年前にアドセンスブログを始め、4年間で 337万7813円のアドセンス収入となっています。 以下はアドセンスの収益レポートです。 今は 月15〜20万円がアベレージですね。 ちなみに今は アドセンスよりも特別単価のバナーの方が稼ぎやすいので、今はほとんど掲載していません。 最近のアフィリエイト収益については以下でまとめているのでぜひ。 また、他の記事でも クリック単価・クリック率の上げ方をまとめています。 グーグルアドセンスの収入を上げるための20のTips 本記事では 「アドセンス収入が全くない!」という人に向けて、私が月20万を超えたために使った 「稼ぐためのコツ」を20コにまとめました。 ブログアフィリエイトをやっている方は必ず収益がアップすると思うので、ぜひ活用あれ! 1)記事下には絶対にアドセンスを貼れ! 最もクリック率が高いのは記事の下です。 これが基本! サイトタイトルの近くなどヘッダー付近は訪問者の目に入りやすいのですが、基本的にクリック率がかなり低いため、あまりオススメできません。 訪問者はコンテンツを見にくるので 記事を読む前に広告をクリックすることは少ないです。 実際にアドセンスのレポートを見てみても コンテンツ前にあるバナーのクリック率はかなり低めです。 記事を読み終わった後はクリック率がかなり高くなるので、まずは 記事の直後にバナーを貼って成果を出しやすくしましょう。 2)アドセンスはとにかくデカいバナーを貼れ! アドセンスで 大きなサイズのバナーを貼るメリットは2つあります。 1つは単純に サイズが大きいほどクリック率が高くなること。 そしてもう1つが 広告単価が上がるということです。 Google社員が語っていたので間違いないのですが、 「大きい広告を貼ると残り2つの広告単価も上がる傾向にある」そうです。 これだけでも クリック単価とクリック率を両方上げることが可能です。 3)アドセンスはこんな位置には絶対貼るな! アドセンスを貼ってはいけない位置として、一番ダメなのは ヘッダーの右側です。 よくタイトルロゴを左、アドセンスを右に表示しているサイトがありますが、まず人の目線が行きにくい部分ですし、データとしてクリック率も非常に低い傾向にあります。 フッター部分も非常にクリック率が低いのであまり掲載しない方がいいかも。 4)アドセンスの掲載位置はここがおすすめ! まず、アドセンスブログで稼ぐなら 1ページに3つ貼ることが前提になります。 そして、おすすめの位置が 記事の上部・記事の下部・サイドバーです。 Google Adsenseの公式でも上記の位置がおすすめされていますが、 ・自分でクリックしてはいけない ・ユーザーにクリックを促してはいけない ・広告を分かりにくくしてはいけない ・アダルトコンテンツに載せてはいけない ・パクった記事に載せてはいけない ・違法なことに関する記事はダメ ・ポップアップや追尾させてはダメ ・1ページに4つ以上のコンテンツ向け広告はダメ ・お小遣いサイト・ポイントサイトの紹介はダメ 詳細はに載っているので、ガイドラインを読んでおくと安心ですよ。 6)誤クリック狙いはトータルで損になる! よくスマホの広告で誤クリック狙いの配置を見かけますが、実はこれ、 クリック単価を大きく下げる原因になるんです。 Googleでは クリック後のCVR(成果率)も計算されているので、同じクリック数でも成果が出るサイトの方がクリック単価が高くなります。 つまり、誤クリックばかりだと成果が全く出ないので、 そのドメイン自体のクリック単価を下げられてしまうんですね。 Googleアドセンスも広告主あってのサービスなので、クリック後のことも考えて、紛らわしい部分への掲載はやめた方がいいでしょう。 7)ホットな話題はアクセスを集めやすいが、賞味期限は短い! テレビや芸能人関連のホットな話題はアクセスが集めやすく、アドセンスでの収入を一気に増やします。 しかし、キーワードの鮮度がすぐになくなってしまいますし、ブログに関係のないホットワードは成果率も低いので、 話題のキーワードは長い目で見るとあまり狙わない方がいいとも言えるでしょう。 ただ、 自分のブログジャンルに関連したホットなニュースに限っては、被リンクを稼ぐのに最適です。 ニュースをすばやく扱うためにも、関連ブログなどをRSS登録してアンテナを張っておくとよいでしょう。 8)ホットな話題を狙うなら先読みしろ! 通常、ホットな記事を書いても Googleに拾われるまで時間がかかるので、ほとんどの場合、ニュースが落ちついてからGoogleに拾われてしまいます。 そのため、 あなたのブログジャンルに関連したニュースが出そうな場合は先読みして記事で取り上げましょう。 新作映画・人気コミックの新刊情報など、先読みだけでアクセスを集めて稼いでいるアドセンスブログもたくさん存在します。 自分のジャンルのニュースを先読みすることで、ユーザーを前もって自分のブログに誘導できるでしょう。 9)狙うならどのジャンルがいいの? 単純にアドセンスブログで考えるなら クリック単価が高いジャンルを狙うのもいいでしょう。 具体的にクリック単価が高いジャンルとして、 不動産・クレジットカード・キャッシング・就職や転職サイト系・投資関連がクリック単価が高くなっています。 これらは広告主もたくさんいることが多いので成果アフィリエイトに誘導することも出来るのも大きな利点ですね。 基本的にパソコンと違ってディスプレイが狭いので、縦長や横長の広告はクリックされづらい傾向にあります。 スマホからのアクセスが多いのであれば、サイドバーには 縦長ではなく四角いサイズを使った方がいいでしょう。 11)狙うキーワードから派生するワードをリスト化しろ! 狙うキーワードをなどで決めたら、次は狙っているワードから派生するキーワードも狙いましょう。 関連キーワードはで探せるので、リスト化しておいてブログ記事を書くときに使うと効果的です。 12)キーワードは詰め込まないように2つずつ狙え! 狙うキーワードをリスト化すると、ついタイトルにキーワードを詰め込みすぎてしまう人も多いです。 しかし、 キーワードの詰め込みはスパムになりやすく、ユーザーにとって良いタイトルにもなりません。 1ページにつき1つ〜2つのキーワードを狙って書いた方が結果的に上位表示しやすいですね。 検索エンジン向けに書くのではなく、 あくまで人に読みやすいタイトルをつけるのが大事です。 13)12月と3月はクリック単価が上がるよ! 実はアドセンスでは クリック単価が上がる時期があり、それが 年末の12月と 年度末の3月です。 12月と3月は広告代理店の予算が最後に使われるのと、Googleの営業ノルマもこの時期で追い込むため、クリック単価が高い傾向にあります。 この時期は何もしなくても若干、収入が増えることが多いので覚えておくと混乱しませんね。 14)Googleアドセンスで稼ぐにはPVを増やすこと! クリック単価は基本的には大きく上げることができないので、アドセンスの収入は PV数と クリック率で決まります。 クリック率を上げるのにも限度があるので、アドセンスで稼ぐには とにかくPVを稼ぐしかありません。 100クリックされれば単価30円で3000円の収入になるので、 月間30万PVで月9万円の収入を稼ぐことが可能です。 コンテンツの数と被リンクを稼ぐことが基本ではありますが、記事の下に 「関連コンテンツ」を表示したり、 サイドバーに人気ページを掲載するなどで、1ユーザーあたりのPV数を稼ぐのも大事です。 15)初心者ははてなブログかWordpressがおすすめ! アドセンスブログを作るなら、なるべく有料のブログサービスやレンタルサーバーを使いましょう。 無料の場合は アドセンスの掲載が禁止の場合が多いですし、そもそもサービス側の広告が表示されていることも多いです。 WordPressであれば アドセンスを特定の位置に貼ってくれるプラグインもありますし、PVを増やすための 関連記事を表示するプラグインなども充実しています。 はてなブログであればWordpressよりも簡単にブログを作ることができますし、有料アカウントを1つ持てば 10サイトまで作ることが出来るのでオススメ。 16)アドセンス狩りはこう予防しろ! たくさん稼いでいるとアドセンス狩りに合う可能性も上がるので対策をまとめておきます。 アドセンス狩りとは同一IPからクリックをくり返すことで、Google Adsense側に不正クリックだと思わせてアカウントを抹消させることです。 ただ、今ではすぐにアカウント停止にはなりませんし、もあるので、不自然なクリックがあったら報告してしまえばOKです。 ちなみに予防策として 「サイトの認証」で「特定のサイトだけに広告を表示する」にしておくのも大事です。 アダルトサイトや掲示板に広告タグを貼られても非表示にすることができますよ。 詳しくは以下の記事でもまとめているのでぜひ。 17)アドセンスアカウントが停止したらこう対処しろ! もし、あなたのアドセンスアカウントが停止されてしまったら、まずは原因を考えましょう。 ・自分でクリックを繰り返していないか ・アドセンス狩りにあっていないか ・不適切なページにアドセンスを載せていないか ・誤クリックを狙うような位置にアドセンスを載せていないか ・クリックを促すような文言を入れてないか 上記で掲載した違反項目を確認してから、原因を取り除き、もう大丈夫だと確信できたら Googleで再審査をお願いしましょう。 あまりに悪質な場合を除けば、アカウント停止は免れますのでしっかりとガイドラインに沿ったブログ作りを心がけましょう。 18)アドセンスの平均クリック率はどれくらい? アドセンスの平均クリック率はアドセンスのみで稼いでいるブログの場合は 0. 成果広告メインで、サブとしてアドセンスを使っている人は0. 2〜0. アドセンスブログをやるのならば 最低でも1. 0〜1. クリック率の上げ方はこちらでまとめています。 19)アドセンスの平均クリック単価ってどれくらい? 単価についてはジャンルによって大きく変わり、パソコンとモバイルでもクリック単価が変わってくるので一概には言えません。 ただ、平均では1クリックあたり35円となっており、 パソコンでは1クリック40円・モバイルでは平均30円となっています。 モバイルの場合はバナーサイズの大きい広告が表示できないため、単価もサイズと比例して下がるようになっています。 クリック単価の上げ方についてはこちら。 20)月10万円稼ぐためにどれくらいの記事数がいるの? これはジャンルにも記事のクオリティにもよるので難しいのですが、私の場合、新規ブログを作って 5記事のみで月4万円まで到達したこともあります。 うまくバズると少ない記事でも稼ぐことは可能ですが、通常はロングテールコンテンツを増やしていき、 100記事以上はないと多くの人は月10万円に到達しないでしょう。 闇雲に記事数を増やしても効率が悪いので、 有益かつロングテールの記事を書いていくことをオススメします。 結局、ユーザーに役立つコンテンツこそ、最短の道ですので。 以上、アドセンスで稼ぐための20のTipsまとめでした! ブログアフィリエイターの方はこれらの方法だけでも、収益をグっと増やすことが出来ますので、ぜひお試し下さいませ。

次の

Googleアドセンスのやり方と稼ぎ方

グーグル アドセンス

「グーグルアドセンスのクリック単価の平均ってどのくらいなの?」 「アドセンス実践者のリアルな広告単価(CPC)を知りたい!」 「ってか、クリック単価を上げるにはどうしたらいいの?」 はい、グーグルアドセンスアフィリエイトを行っていると フツフツと湧き上がってくるこの疑問。 クリック単価が高い方が ダンゼン美味しいィィィ!!!! あ、ちなみにアドセンスなら年間1,000,000pvは 全然難しい数字じゃないですからね~。 むしろ「正しい方法」でコツコツと記事を書きさえすれば 楽勝で到達できる数字ですからね~。 それと、クリック単価は本当にブログによって様々で 中には「クリック単価が一桁代」なんてブログもあれば、 「クリック単価が100円以上」というブログまでありますよ。 「ブログの広告単価が低い!」とお悩みの方は参考にしてくださいね。 クリック単価が高いテーマで記事を書く アドセンスのクリック単価を上げる方法ですが、 実はとても簡単です。 広告単価が低ければ、高くすればいい。 ずばり、 「クリック単価の高い広告が配信されるブログ」を 狙って自分で作っちゃえばいいんです。 「いやいや、何言っているんだ美鈴! そんなの作れるワケないじゃん!」 そんな声が聞こえますよ~! でもですね、出来ちゃうんです! ブログのテーマしだいでは出来ちゃうんです! 方法は簡単。 「広告単価が高いジャンルのテーマ」で 特化型ブログ(ブログ全体が同じテーマのブログ)を作るだけですよ。 例えば「不動産」関係の専門ブログを作ると ブログに訪れるのは「不動産に興味がある人ばかり」になります。 で、アドセンス広告は「見ている人が興味がある広告」が 自動配信されますので、自然と表示される広告は 「不動産関係の高単価な広告」になり、1クリックされた時の 広告単価もグググーンと跳ね上がるワケです。 ちなみにクリック単価が高い広告は以下のジャンルですよ。 不動産関係(新築、リフォーム、マンション経営)• 美容関係(エステ、脱毛、植毛)• 保険関係• 転職求人関係• 金融関係(クレジット、カードローン) たーだーし! これらの「広告単価が高いテーマ」は それだけライバルも多い激戦区となります。 特に初心者の場合、これらのキーワードで記事を書いたとしても 検索上位に表示させるのは難しいですので、注意してくださいね。 クリック単価が低くなるテーマは避ける もう1つ「クリック単価を高くする」というよりは、 「クリック単価を下げない」テクニックを紹介です。 こちらも方法はとても単純で 「クリック単価が低くなるテーマで記事を書かない」 という事だけです。 「だったら広告単価が低くなるテーマは何なんだ?」 という話になるのですが、ぶっちゃけてしまうと 「学生がターゲットになるテーマ」ですね。 学生さん(小中高大学生)が興味のあるテーマで記事を書いても 残念ながら 学生さんはあんまり広告をクリックしてくれませんし、 興味がある物も「クリック単価が低い広告」が多いんです。 だって、ほら! 学生さんってクレジットカード持ってない人がほとんどですし、 不動産や保険、金融のような「単価が高い広告」にも あんまり興味が無いでしょ? どちらかというと、単価が低い「アプリやゲーム等の広告」に 興味がある人が多いので、自然と広告単価も低くなっちゃうんです。 ここら辺については別記事でもまとめていますので、 そちらを参考にどうぞです。 広告単価が高くなるテーマのブログを作る•

次の

AdSense へのお申し込み

グーグル アドセンス

「グーグルアドセンスのクリック単価の平均ってどのくらいなの?」 「アドセンス実践者のリアルな広告単価(CPC)を知りたい!」 「ってか、クリック単価を上げるにはどうしたらいいの?」 はい、グーグルアドセンスアフィリエイトを行っていると フツフツと湧き上がってくるこの疑問。 クリック単価が高い方が ダンゼン美味しいィィィ!!!! あ、ちなみにアドセンスなら年間1,000,000pvは 全然難しい数字じゃないですからね~。 むしろ「正しい方法」でコツコツと記事を書きさえすれば 楽勝で到達できる数字ですからね~。 それと、クリック単価は本当にブログによって様々で 中には「クリック単価が一桁代」なんてブログもあれば、 「クリック単価が100円以上」というブログまでありますよ。 「ブログの広告単価が低い!」とお悩みの方は参考にしてくださいね。 クリック単価が高いテーマで記事を書く アドセンスのクリック単価を上げる方法ですが、 実はとても簡単です。 広告単価が低ければ、高くすればいい。 ずばり、 「クリック単価の高い広告が配信されるブログ」を 狙って自分で作っちゃえばいいんです。 「いやいや、何言っているんだ美鈴! そんなの作れるワケないじゃん!」 そんな声が聞こえますよ~! でもですね、出来ちゃうんです! ブログのテーマしだいでは出来ちゃうんです! 方法は簡単。 「広告単価が高いジャンルのテーマ」で 特化型ブログ(ブログ全体が同じテーマのブログ)を作るだけですよ。 例えば「不動産」関係の専門ブログを作ると ブログに訪れるのは「不動産に興味がある人ばかり」になります。 で、アドセンス広告は「見ている人が興味がある広告」が 自動配信されますので、自然と表示される広告は 「不動産関係の高単価な広告」になり、1クリックされた時の 広告単価もグググーンと跳ね上がるワケです。 ちなみにクリック単価が高い広告は以下のジャンルですよ。 不動産関係(新築、リフォーム、マンション経営)• 美容関係(エステ、脱毛、植毛)• 保険関係• 転職求人関係• 金融関係(クレジット、カードローン) たーだーし! これらの「広告単価が高いテーマ」は それだけライバルも多い激戦区となります。 特に初心者の場合、これらのキーワードで記事を書いたとしても 検索上位に表示させるのは難しいですので、注意してくださいね。 クリック単価が低くなるテーマは避ける もう1つ「クリック単価を高くする」というよりは、 「クリック単価を下げない」テクニックを紹介です。 こちらも方法はとても単純で 「クリック単価が低くなるテーマで記事を書かない」 という事だけです。 「だったら広告単価が低くなるテーマは何なんだ?」 という話になるのですが、ぶっちゃけてしまうと 「学生がターゲットになるテーマ」ですね。 学生さん(小中高大学生)が興味のあるテーマで記事を書いても 残念ながら 学生さんはあんまり広告をクリックしてくれませんし、 興味がある物も「クリック単価が低い広告」が多いんです。 だって、ほら! 学生さんってクレジットカード持ってない人がほとんどですし、 不動産や保険、金融のような「単価が高い広告」にも あんまり興味が無いでしょ? どちらかというと、単価が低い「アプリやゲーム等の広告」に 興味がある人が多いので、自然と広告単価も低くなっちゃうんです。 ここら辺については別記事でもまとめていますので、 そちらを参考にどうぞです。 広告単価が高くなるテーマのブログを作る•

次の