尿 検査 比重。 尿検査|検体検査

尿比重とは? [尿検査、便検査]

尿 検査 比重

尿比重の基準値 1. 010~1. 030 基準値より低いときに考えられる病気 尿崩症、腎機能低下、<極端にたくさん水を飲んだとき>など 症状 尿の回数が多い(頻尿)、尿量が極端に多いなどの症状が出ます。 基準値より高いときに考えられる病気 脱水、心不全、腎臓病、糖尿病など 症状 尿の回数が少ない、尿量が少ない、尿の色が濃い。 脱水があれば、倦怠感、頭痛、意識障害などの症状が出ます。 スポンサーリンク 尿比重検査の目的・意義、検査時の注意 尿比重とは尿と水分の割合を言います。 尿の量と濃さは体内の水分量や電解質のバランスに応じて腎臓で調整せれています。 たくさんの水を飲んだときは、体内で不要な水分が尿になるので、比重の低い薄い尿がたくさん出ます。 逆に水分摂取が足りないと、水を体内から捨てたくないので、尿は濃縮されて比重の高い濃い尿になります。 水分のとり方が普通なのに比重が極端に傾く場合は、病気がある可能性があります。 たとえば、腎臓が尿を必要なだけ濃縮する働きが悪くなっていると尿の比重は低く、尿に蛋白質や糖が混じると比重は高くなります。 検査の目的によっては、24時間の尿をためて(蓄尿)、1日の平均比重を調べることもあります。 よって検査は入院して行うことになります。 異常値を放置しておくと… この検査だけでは病気の診断はできません。 再検査をして尿の比重がいつも異常なのかを確認したり、ほかの検査で原因を調べる必要があります。 水分摂取量などが原因であれば生活の中で注意するだけで問題ありませんが、腎臓病や糖尿病などが原因の場合は適切な治療が必要です。

次の

健康診断の尿検査:尿比重(Urinometry)|健康診断

尿 検査 比重

健康診断の尿検査:尿比重(Urinometry)|健康診断 食育やダイエットからメタボ対策まで無料で栄養アドバイス 食と健康の総合サイト e840. net 健康診断の尿検査:尿比重(Urinometry)|健康診断 尿比重とは、尿中に溶けている物質の量を示すものです。 尿は、体内で余分な水分の他に体内の老廃物が含まれているため、水よりもやや比重が高くなります。 尿に多くの物質が含まれていれば、尿は高比重となり、溶けている物質が少なければ尿は低比重となります。 尿比重の基準値 尿比重 正常値 基準値:1.015~1.025 Urinometry 尿比重は、尿と溶質を含まない水との重量比をいいます。 尿比重は溶質粒子の数には比例せず、溶質粒子数を測定する尿浸透圧とは異なります。 測定意義としては、腎臓における尿の濃縮力を反映し、正常範囲は1. 003~1. 030ぐらいで、尿量が増加すれば低下し、減少すれば上昇します。 尿比重の分類(原因別) 低比重:1. 008以下のもの 抗利尿ホルモンの低下(尿崩症)が起こると、尿量が増えるため常に尿比重が低下します。 *抗利尿ホルモン(バソプレシン):腎臓にはたらきかけて水分の再吸収を促す 等張尿:1. 010付近のもの 腎不全などのように腎臓の機能が低下して腎臓での濃縮力の障害がおこると、血漿浸透圧に近い比重の尿がつくられるため、尿比重が上下せずに比重の変動する幅が狭くなります。 高比重:1. 030以上のもの 糖尿病の場合多尿になりますが、尿中に糖分が含まれるため高比重を示します。 また、高熱や下痢・嘔吐による脱水状態が起こると、尿が濃縮されるために高比重を示します。 無理なダイエットは辛く長続きしません。 ダイエットのポイントは、長続きさせる事!正しいダイエット知識で綺麗に痩せましょう ちょっと昔は、カッコ良かったあなたも年齢とともにダンダンと中年太りになり、血圧、血糖値が高くなりましたら注意信号です。 早め早めの対処で正しい体重にダイエットをしましょう。 色々な病気になった時に食事は治療を早めたり、回復させたりする力があります。 逆に病気になった時に控えなければいけないものもあります。 食事は毒にも薬にもなります。 気になる生活習慣病検診(メタボ検診)や健康診断結果について解説しています。 メタボ体系になったら少しダイエットを考えましょう。 毎年11月から翌年2月はノロウイルスが大流行いたします。 特に食材の十分な加熱と手洗いの実施が重要です。 また日頃の健康管理もチェックしましょう。 Copyright e840. net All rights reserved. 2013.

次の

尿比重とは何か?基準値は?異常値で考えられる病気について

尿 検査 比重

【サイト内全文検索】 病名や検査法、治療法などの詳細情報を知りたい方はこちらで検索してください。 尿比重 尿の濃さの変化を調べ、主に腎臓の病気を探る手がかりとします。 スポンサーリンク 尿比重検査の目的 尿比重とは、尿の中の水分と、水分以外の物質の割合を算出したものです。 尿には余分な水分のほかに、体内活動の結果として含まれる老廃物(尿素や窒素、ナトリウム、クロールなど)が含まれています。 そのため、尿の比重は水よりもやや高く、健康時には1. 010~1. 030といった範囲で変動しています。 腎臓は必要に応じて濃い尿や薄い尿をつくり、またそれを排泄することによって体内の水分量を一定に保っています。 水分をあまり摂取していないときは尿量も減りますが、そのときに尿に含まれている老廃物の濃度も普段と同じままであれば、尿量に比例して老廃物の排泄量も減ることになります。 すると、血中から排泄されるべき老廃物量に満たなくなることもあるわけで、そうならないように尿中の老廃物濃度を高める働き(尿濃縮)も腎臓にはあるのです。 したがって、正常の場合、水をあまり飲まなければ尿比重が上昇しますが、腎臓の働きに異常があるとそれができません。 尿比重の検査をそれをみるものです。

次の