キエフ ホテル。 キエフのホテル・宿泊予約!格安ホテル予約・最安値検索・キエフのおすすめ宿泊情報|多数の宿泊施設のキャンセル無料|ホテルズドットコム

キエフのアパートメントホテル・(冷蔵庫キッチン完備)|www.m6mobile.fr

キエフ ホテル

キエフのホテル事情 キエフの主要宿泊エリア キエフの宿泊施設は、世界遺産に登録されているソフィア大聖堂や独立広場周辺エリアに多く集まっています。 一度は泊まってみたいような設備やサービスの充実した5つ星ホテルからバックパッカー向けの格安ゲストハウスやホステル、アパートメントホテルなどさまざまなタイプの宿泊施設が揃っているので、予算などに合わせて選ぶことができます。 キエフへのアクセス 日本からキエフの最寄空港であるボルィースピリ国際空港へは、残念ながら直行便が運行していないので、フィンランド、ポーランド、トルコと言ったヨーロッパの主要空港を経由してアクセスするのが一般的です。 空港からキエフへは、キエフ中央駅へ向けて、24時間バスが運行しており、1時間ほどでアクセスできます。 キエフの主要観光地 キエフを訪れたのなら、外すことができない観光スポットが「キエフペチェールシク大修道院」。 ユネスコの世界遺産にも登録されている、11世紀半ばに創建されたロシア正教ウクライナ支部の総本山である修道院です。 敷地内には、いくつかの建物があり、中でも一番大きな建物である「ウスペンスキー大聖堂」は、金箔を使用したきらびやかな内部が観光客に評判です。 キエフの名物・グルメ キエフで味わいたい名物グルメと言えば、キエフ風カツレツ「コトレタポキエフスキー」。 チキンの胸肉でバターを包んでパン粉を付けてカラリと揚げた逸品です。 パサつきがちな胸肉にガーリックとハーブの風味のバターがしっかりと染み込み、しっとりとしながらもしつこくなく、地元の人にも観光客にも大変人気の逸品です。 キエフ観光の注意点 キエフ観光で気になる治安情報 キエフは、世界遺産がある人気の観光地になっており、治安は良いことで知られています。 特に危険を感じるような場所もなく安心して観光やグルメなどを楽しめます。 ただし、人の多い場所では、ひったくりやスリなどの被害の報告があり、貴重品の管理はしっかりと行う必要があります。 また、人通りの少ない場所の暗くなってからの一人歩きはしないようにしましょう。 キエフ観光で知っておきたい物価事情 キエフの物価は、安いことで知られており、過ごしやすい街になっています。 朝食などにぴったりのボルシチとパンのセット約85円、ビールの中ジョッキが約120円ほどになっており、日本に比べるとはるかにリーズナブルになっています。 観光客向けのレストランなどでは、若干値段が上がりますが、それでも日本と比べるとリーズナブルになっています。 ビジネス・観光の拠点としてロケーション抜群の高級ホテル。 聖ソフィア大聖堂・聖ミハイル修道院など徒歩圏内。 フィットネスセンターには豊富なトリートメント・プール・サウナ・ジャグジーなど利用可能です。 レストランやラウンジではウクライナ料理をはじめアジア料理・イタリアンなどが味わえます。 客室は上質なリネンと口調システムで快適なホテルライフが過ごせます。

次の

キエフのアパートメントホテル・(冷蔵庫キッチン完備)|www.m6mobile.fr

キエフ ホテル

駅全景 2つの駅舎は跨線橋で結ばれている キエフ旅客駅は、から建設がはじまり、キエフ・およびキエフ・間の鉄道の中間駅として、に開業した。 駅は、によって形成された丘陵地帯の上に位置している。 駅舎は、M・V・ヴィシュネヴェーツキイの設計による造りのの建築であった。 駅舎は、からの間に建て替えられた。 デザインはO・ヴェルブィーツキイによってなされ、伝統的な様式にの要素が融合されたものが採用された。 後年、この駅舎には改修が加えられたが、に創建当時の状態に復元された。 また同年、南口に現代的な駅舎が建設された。 この駅舎は「南駅」という名称になっている。 には、1日に17万人の利用者があった。 キエフ旅客駅では、国際線を含む長距離()と短距離()が発着している。 近くには1号線のがあり、市内各所への連絡手段となっている。 正式には、キエフ旅客駅は旅客ターミナル、鉄道路線、停車場などすべてとその職員を含んだ総合の名称である。 一般に、このような施設はでも後の各独立国でも「ヴォグザール」(ターミナル駅)と呼ばれており、「キエフ旅客駅」という正式名称は口語では用いられず、たんにやに記載されているだけである。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (ウクライナ語)• (ウクライナ語) 画像リンク [ ]•

次の

キエフ, ウクライナ 格安旅行・ホテル 格安航空券・チケット

キエフ ホテル

キエフは、1500年余りの歴史をもつウクライナの首都です。 ドエフ川が市内を悠然と流れ、自然豊かな植物園や公園の多い美しい町並みは、「緑の都」と呼ばれます。 世界遺産に登録されている聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群や、ペチュールスカ大修道院のほか、ドエフ川の西側には歴史的な建造物が数多く建ち並んでいます。 キエフの建造物はきらびやかな外観が特徴なので、見て回るだけでも楽しめます。 そんなキエフには、快適なゲストハウスなどの安宿が多く、よりローカルな旅をしたい観光客に大変人気です。 そこでキエフの観光・宿泊でおすすめな格安ゲストハウス&安宿を紹介します。 なお、値段は時期や人数によって変動するのでご注意ください。 キエフのホテル事情 キエフの主要宿泊エリア ドニエプル川近くの世界遺産・ソフィア大聖堂周辺に宿泊施設が最も多く集まっています。 世界中から観光客が訪れる観光地ですので、概ね市内の要所にホテルが点在しています。 5つ星ホテルの「Hyatt Regency Kyiv」など正規料金で1泊40,000を超えるところもありますが、記事でも紹介しています通り安価な宿が少なくない印象です。 キエフへのアクセス 東京からの距離は約8,200km。 でも直行便はありませんので、ヨーロッパ経由でフライトすることになります。 所要時間は、乗り継ぎ時間を除いて約12~14時間。 ターキッシュエアラインズでトルコ・イスタンブール経由もしくはエールフランス航空などを利用し、パリなどヨーロッパの都市を経由して行くのが一般的です。 ヨーロッパ各都市からは、その国のエアラインもしくはウクライナエアなどに乗り換えて到着。 キエフの主要観光地 教科書にも載っている、キエフ観光で外せないスポットが「ソフィア大聖堂」。 スラブ最古の国家「キエフ・ルーシ」の文化的存在となった教会で、世界文化遺産に登録されています。 ギリシャ正教の教会でローマ・カトリックの西ヨーロッパの教会とは雰囲気が異なります。 内部には11世紀後半の物が多く残され、キリストなどを描いた宗教画・イコンが多く飾られ、重厚な雰囲気。 キエフの名物・グルメ 日本人の口にも良く合う味覚が多いのがウクライナ料理の特徴。 例えばボルシチ。 ロシア料理だと思われている方も多いかと思いますが、これはウクライナの味噌汁的な存在の料理です。 それぞれの家庭の味があるそうです。 また、キエフ風カツレツとしておなじみの「コトレタポキエフスキー」。 鶏胸肉でガーリックバターを包んで揚げるキエフ名物のチキンカツで、美味なことで日本でも人気があります キエフ観光の注意点 キエフ観光で気になる治安情報 基本的に治安はあまり心配ないといわれます。 ただし、紛争が起きてからは外部から住民が流入した影響で犯罪が増加傾向にあるよう。 スリなどもよくあるようですので、人混みの中を歩く時や地下鉄に乗る際にはリュックを前かけにするなど、持ち物の管理には注意しましょう。 注意しすぎるくらい注意しておくことで、被害を未然に防ぐことができるでしょう。 キエフ観光で知っておきたい物価事情 ウクライナの一般的な所得水準は月額30,000円前後だといわれます。 これはカンボジアやミャンマーに近いレベルだそうです。 物価はかなり安いのが特徴。 中心部・独立広場近くのおしゃれなカフェでも、ハム&チーズのパニーニとコーヒーで約270円程度。 ビール 中ジョッキ なども、雰囲気のあるレストランで約120円前後。 地下鉄は1回乗車ごとに約20円 距離にかかわらず1律料金 という安さです。

次の