は たち なん です けど ふくし の だい がく。 ぼくたちが意志をつぐ 「中村哲先生の物語」こどもたちの感想(下)|【西日本新聞ニュース】

ことばと勇気、わすれない 「中村哲先生の物語」こどもたちの感想(上)|【西日本新聞ニュース】

は たち なん です けど ふくし の だい がく

こわいけど必要な水 ぼくのまわりには、たくさんの 水 みずがあります。 水 すい 道 どうから 水 みずが 出 でるし、 家 いえの 近 ちかくにはきれいな 川 かわも 流 ながれています。 ぼくは 水 みずのない 生 せい 活 かつはできません。 けれど、 水 みずは 大 たい 切 せつだけど、こわいと 思 おもう 事 ことがありました。 水 すい 害 がいです。 そんな 水 すい 害 がいがあっても、ぼくのまわりから 水 みずはなくなりませんでした。 中 なか 村 むら 哲 てつさんは、こわいけど、 必 ひつ 要 ような 水 みずをつくり 出 だしたんだと 思 おもいます。 私 わたし 一 ひと 人 りの 力 ちからは 微 び 力 りょくだけど 無 む 力 りょくじゃないと 思 おもいます。 だから、まずはNGO、アフガニスタンやパキスタン、そして 中 なか 村 むらさんのことを 調 しらべて、 知 しりたいと 思 おもいます。 物 もの 語 がたりの 中 なかでも 一 いち 番 ばん 伝 つたわってきた 言 こと 葉 ばは「 平 へい 和 わには 戦 せん 争 そう 以 い 上 じょうの 力 ちからがあり、 平 へい 和 わには 戦 せん 争 そう 以 い 上 じょうの 忍 にん 耐 たいと 努 ど 力 りょくがいる」です。 ぼくは、「 多 おおくの 国 くにの 人 ひと 々 びとが 平 へい 和 わを 目 もくひょうとし、 多 おおくの 努 ど 力 りょくをしなければいけない」という 意 い 味 みとして 伝 つたわってきました。 ぼくは、この 言 こと 葉 ばを 目 もくひょうにすごしたいと 思 おもいます。 対 たい 象 しょうは 園 えん 児 じと 小 しょう 中 ちゅう 学 がく 生 せいです。 西 にし 日 にっ 本 ぽん 新 しん 聞 ぶんの 紙 し 面 めんやウェブサイトなどで 紹 しょう 介 かいすることがあります。 物 もの 語 がたりは 西 にし 日 にっ 本 ぽん 新 しん 聞 ぶん 中 なか 村 むら 哲 てつ 医 い 師 し 特 とく 別 べつサイトの 子 こども 向 むけページで 読 よむことができます。 サイトは。 学 がく 習 しゅうプリントと 作 さく 文 ぶん 用 よう 紙 しもダウンロードできます。 サイトに 入 はいり「 教 きょう 材 ざい 用 よう 素 そ 材 ざい」をご 覧 らんください。 作 さく 品 ひんには 1 名 な 前 まえ(ふりがな) 2 生 せい 年 ねん 月 がっ 日 ぴと 年 ねんれい 3 学 がく 年 ねん 4 住 じゅう 所 しょ 5 電 でん 話 わ 番 ばん 号 ごう-を 書 かいてください。 作 さく 品 ひんはお 返 かえししません。 送 おくり 先 さきは 次 つぎの 通 とおりです。 メール、FAXでも 受 うけ 付 つけます。

次の

ぼくたちが意志をつぐ 「中村哲先生の物語」こどもたちの感想(下)|【西日本新聞ニュース】

は たち なん です けど ふくし の だい がく

こわいけど必要な水 ぼくのまわりには、たくさんの 水 みずがあります。 水 すい 道 どうから 水 みずが 出 でるし、 家 いえの 近 ちかくにはきれいな 川 かわも 流 ながれています。 ぼくは 水 みずのない 生 せい 活 かつはできません。 けれど、 水 みずは 大 たい 切 せつだけど、こわいと 思 おもう 事 ことがありました。 水 すい 害 がいです。 そんな 水 すい 害 がいがあっても、ぼくのまわりから 水 みずはなくなりませんでした。 中 なか 村 むら 哲 てつさんは、こわいけど、 必 ひつ 要 ような 水 みずをつくり 出 だしたんだと 思 おもいます。 私 わたし 一 ひと 人 りの 力 ちからは 微 び 力 りょくだけど 無 む 力 りょくじゃないと 思 おもいます。 だから、まずはNGO、アフガニスタンやパキスタン、そして 中 なか 村 むらさんのことを 調 しらべて、 知 しりたいと 思 おもいます。 物 もの 語 がたりの 中 なかでも 一 いち 番 ばん 伝 つたわってきた 言 こと 葉 ばは「 平 へい 和 わには 戦 せん 争 そう 以 い 上 じょうの 力 ちからがあり、 平 へい 和 わには 戦 せん 争 そう 以 い 上 じょうの 忍 にん 耐 たいと 努 ど 力 りょくがいる」です。 ぼくは、「 多 おおくの 国 くにの 人 ひと 々 びとが 平 へい 和 わを 目 もくひょうとし、 多 おおくの 努 ど 力 りょくをしなければいけない」という 意 い 味 みとして 伝 つたわってきました。 ぼくは、この 言 こと 葉 ばを 目 もくひょうにすごしたいと 思 おもいます。 対 たい 象 しょうは 園 えん 児 じと 小 しょう 中 ちゅう 学 がく 生 せいです。 西 にし 日 にっ 本 ぽん 新 しん 聞 ぶんの 紙 し 面 めんやウェブサイトなどで 紹 しょう 介 かいすることがあります。 物 もの 語 がたりは 西 にし 日 にっ 本 ぽん 新 しん 聞 ぶん 中 なか 村 むら 哲 てつ 医 い 師 し 特 とく 別 べつサイトの 子 こども 向 むけページで 読 よむことができます。 サイトは。 学 がく 習 しゅうプリントと 作 さく 文 ぶん 用 よう 紙 しもダウンロードできます。 サイトに 入 はいり「 教 きょう 材 ざい 用 よう 素 そ 材 ざい」をご 覧 らんください。 作 さく 品 ひんには 1 名 な 前 まえ(ふりがな) 2 生 せい 年 ねん 月 がっ 日 ぴと 年 ねんれい 3 学 がく 年 ねん 4 住 じゅう 所 しょ 5 電 でん 話 わ 番 ばん 号 ごう-を 書 かいてください。 作 さく 品 ひんはお 返 かえししません。 送 おくり 先 さきは 次 つぎの 通 とおりです。 メール、FAXでも 受 うけ 付 つけます。

次の

鬼の中の兄

は たち なん です けど ふくし の だい がく

日曜日 ( にちようび )のみどころは、 観閲式 ( かんえつしき )と 棒倒 ( ぼうたお )しだよ!まず 観閲式 ( かんえつしき )について 少 ( すこ )し 紹介 ( しょうかい )しよう! 防大生 ( ぼうだいせい )が 一糸乱 ( いっしみだ )れぬ 動作 ( どうさ ) で 観閲式 ( かんえつしき )と 行進 ( こうしん )をこなす 行事 ( ぎょうじ )で、これによって 防大生 ( ぼうだいせい )の 団結 ( だんけつ )を 示 ( しめ )すんだ! 途中 ( とちゅう )で 飛行機 ( ひこうき )やヘリコプターも 飛 ( と )んでくるよ! 最後 ( さいご )には 儀仗隊 ( ぎじょうたい )のドリルがみられるから 最後 ( さいご )までみてね! 訓練展示 ( くんれんてんじ ) 防大生 ( ぼうだいせい )が 中心 ( ちゅうしん )になって、 攻撃 ( こうげき )と 守 ( まも )りにわかれてたたかう 訓練 ( くんれん )を 見 ( み )ることができるよ。 迷彩服 ( めいさいふく )を 着 ( き )て 銃 ( じゅう )を 持 ( も )っているのが、2. 4 年生 ( ねんせい )のお 兄 ( にい )さんやお 姉 ( ねえ )さん。 それだけでなく、 戦車 ( せんしゃ )やヘリコプターも 訓練 ( くんれん )に 参加 ( さんか )するよ。 いつもなら 近 ( ちか )くで 見 ( み )られない 迫力 ( はくりょく )いっぱいの 訓練 ( くんれん )が 行 ( おこな )われるんだ。 観閲式 ( かんえつしき )では、 学生長 ( がくせいちょう ) といわれる、 防大生 ( ぼうだいせい )みんなのリーダーがかける 号令 ( ごうれい )にあわせて 防大生全員 ( ぼうだいせいぜんいん )がそろっておなじ 動 ( うご )きをするのがみられるよ。 普段 ( ふだん )からいろんな 形 ( かたち )でこの 練習 ( れんしゅう )をしているんだ。 この 競技 ( きょうぎ )は100 年以上前 ( ねんいじょうまえ ) からある 伝統的 ( でんとうてき )なもので、 防大 ( ぼうだい )でももっとも 勇 ( いさ )ましく 激 ( はげ )しい 競技 ( きょうぎ )だよ。 4 年生 ( ねんせい )たちがリーダーになって 自分 ( じぶん )の 大隊 ( だいたい )が 優勝 ( ゆうしょう )するために、たくさんの 時間 ( じかん )をかけて 準備 ( じゅんび )するよ! 1チーム150 人 ( にん )が 参加 ( さんか )するんだけど、150 人全員 ( にんぜんいん )の 棒倒 ( ぼうたお )しにかける 熱 ( あつ )い 思 ( おも )いが 伝 ( つた )わってくるよ!とっても 盛 ( も )り 上 ( あ )がるからぜひ 見 ( み )にきてね! ルール : 2 分 ( ふん )のうちに 相手 ( あいて )の 棒 ( ぼう )を 倒 ( たお )したチームが 勝 ( か )ち。 1チーム150 人 ( にん )が 攻撃 ( こうげき )と 防御 ( ぼうぎょ ) に分かれる。 相手 ( あいて )にケガをさせるような 危険 ( きけん )なことは 禁止 ( きんし )されているよ。 留学生 ( りゅうがくせい ) が 自分 ( じぶん )たちの 母国 ( ぼこく )の 紹介 ( しょうかい )をしたり、 書道 ( しょどう )や 写真 ( しゃしん )などの 文化部 ( ぶんかぶ )、パラシュート 部 ( ぶ )やグライダー 部 ( ぶ )などの 一部 ( いちぶ )の 運動部 ( うんどうぶ )の 紹介 ( しょうかい )をしたりしてるよ。 民族衣装 ( みんぞくいしょう )を 着 ( き )たり 写真 ( しゃしん )や 絵 ( え )があったりして、いろんな 国 ( くに )の 文化 ( ぶんか )を 知 ( し )ることができるよ。 文化部 ( ぶんかぶ )も 学生 ( がくせい )がつくった 作品 ( さくひん )を 見 ( み ) られるからすごく 楽 ( たの )しいよ!.

次の