モス グリーン バーガー。 【本日発売!】「モスバーガー」からボリューム満点の「代替肉バーガー」デビュー

モスバーガーの新商品『グリーンバーガー』動物性食材不使用、ヴィーガン対応バーガー?│珈琲屋さんになりたくて

モス グリーン バーガー

全国のモスバーガーで、原材料に動物性食材を使わず、野菜と穀物を主原料に使った「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」が5月21日に発売されます(一部の店舗をのぞく)。 価格は538円(税別)。 「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER<グリーンバーガー>」は、2020年3月26日から東京都と神奈川県内の計9店舗で先行販売され、初日に1店舗あたり平均30個以上を売り上げるなど好評の商品。 発売以降、動物性食材を使用しないバーガーの商品化に対する喜びの声や、全国販売の要望も複数あり、大きな反響があったとか。 「原材料に動物性食材(肉、魚、卵、乳製品など)と五葷(ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、玉ねぎ)を使わないこと」を前提に、野菜と穀物で商品を開発。 オリジナルパティにトマトベースのソースを合わせ、グリーンリーフや細切りレタス、トマトといった野菜と一緒に緑色のバンズでサンド。 パティは大豆由来の植物性たんぱくをベースに、しいたけエキスで旨み、こんにゃくやキャベツで食感や甘みを加えて、肉同様の食べ応えが実現されています。 バンズは、豆乳クリームをバター状にして加えることでしっとりとした食感に。 ほうれん草ピューレーが練りこまれており、ほんのりとした野菜の甘みが感じられます。 にんじんやゴボウで食感を出したトマトのソースは、数種類のハーブと、隠し味に甘酒のコクをプラス。 奥行きのある味わいに仕上げられています。 なお、各食材の製造工場では動物性食材を含む製品が生産されており、店舗では動物性食材と調理機器を共有。 一部副原料に野菜・穀物以外の原料が使われています。 低アレルゲンメニューではありません。 グリーンバーガーの全国発売に合わせて、「ソイパティ」商品のパティをグリーンバーガーのために新たに開発したパティに変更。 定番 11商品において、肉のパティの代わりに新「ソイパティ」を選択することができます。

次の

【食レポ】モスバーガーで植物由来のパティを使った「グリーンバーガー」! 溢れ出るオイリーな旨味は牛肉パティに一歩譲るものの、野菜との相性は最高! カロリーも控えめ

モス グリーン バーガー

Contents• モス・グリーンバーガーのカロリーや販売期間はいつまで? 原材料に動物性食材を使わず、野菜と穀物を主原料に使った環境と身体に優しいバーガー【MOS PLANT-BASED GREEN BURGER】 を2020年3月26日(木)に販売開始します。 原材料に動物由来の原材料 肉、魚、卵、乳製品など と、臭いの強い五葷 ごくん を使用しないハンバーガーだそうです。 またバンズはほうれん草ピューレを練り込んで野菜の甘味が感じられるそうです。 グリーンバーガーのカロリーはいくつ? 続いて気になるグリーンバーガーのカロリーについて見て行きたいと思います。 現在モスバーガーで1番カロリーが低いバーガーは「モスの菜摘ソイモス野菜」で155kcalです。 この「モスの菜摘ソイモス野菜」もグリーンバーガーと同じようにパティには大豆由来の植物性たん白を使ったソイパティを使っています。 なので今回販売されるグリーンバーガーのカロリーも155~200kcalくらいになるのではないでしょうか。 「モスの菜摘ソイモス野菜」とは違いバンズを使っている分だけ少し高くなるかもしれませんね。 ただ他のものに比べれば圧倒的にカロリーが低いのでダイエット中の方にはおすすめですね。 グリーンバーガーの販売期間は? グリーンバーガーの販売期間については次のように発表されています。 東京・神奈川の計9店舗で先行販売する。 消費者の反応や販売状況を分析して、5月頃を目途に全国での販売を目指す予定。 引用:ヤフーニュース 消費者の反応を見ながら5月頃には全国展開を考えているそうです。 なので少なくとも5月頃までは販売しているのは間違いないと思います。 もし評判が悪いようだったらその後は定番商品にはならず、販売が終了する恐れがあるので5月までには買いに行ったほうがよさそうですね。 ちなみに販売店舗はこちら。 538円って他と比較して高い気だけど。 特に大豆のパテの評判が上々のようです。 肉、魚を使っていないので食べ応えがあるのか疑問でしたが、特に問題ないようですね。 東京、神奈川以外で楽しみにしている方も多いし、全国展開する可能性も高いかもしれませんね。

次の

[朗報] 本当に緑色 モスバーガーの「グリーンバーガー」が全国販売開始!

モス グリーン バーガー

〈東京など9店舗で先行販売、5月頃めどに全国へ〉 モスフードサービスが展開するハンバーガーチェーン「モスバーガー」は3月26日から、原材料に動物性食材を使わず、野菜と穀物を主原料に使ったハンバーガー「グリーンバーガー」 税別538円 を、東京・神奈川の計9店舗で先行販売する。 消費者の反応や販売状況を分析して、5月頃を目途に全国での販売を目指す予定。 「グリーンバーガー」は、原材料に動物由来の原材料 肉、魚、卵、乳製品など と、臭いの強い五葷 ごくん を使用しないハンバーガー。 今回新たに開発したパティにトマトベースのソースを合わせ、グリーンリーフや細切りレタス、トマトといった野菜と一緒にグリーンバンズではさんだ。 ほうれん草ピューレーを練りこんだ緑色のバンズは、ふんわりとした食感とほんのりとした野菜の甘味が感じられる。 ニンジンやゴボウで食感を出したトマトのソースは、数種類のハーブを加えることで、奥行きのある味わいに仕上げている。 モスバーガーは「原材料に動物性食材を使わないだけでなくおいしさも追求し、健康志向の方をはじめ、幅広い方にご満足いただける商品です」としている。 モスバーガーはSDGsの取り組みを進めており、今回「グリーンバーガー」を導入することで、17の目標のうち「すべての人に健康と福祉を」「つくる責任 つかう責任」の2つの目標を通じて社会貢献を図るとしている。 モスバーガーのチェーンでは、すでに台湾とシンガポールの店舗で、植物由来の代替肉を使用したハンバーガーを発売しており、現地の消費者からも好評を得ているという。 なお、モスバーガーは注意事項として以下の点をあげている。 ・「グリーンバーガー」製造工場では動物性食材を含む製品を生産している。 ・店舗では、動物性食材と調理機器を共有している。 ・一部副原料に野菜・穀物以外の原料を使用している。 ・低アレルゲンメニューではない。 ・コンタミネーションの詳細は公式サイトなどのアレルギー情報で確認できる。

次の