ラグビー なんj。 やっぱりラグビーW杯は世界のお祭りだ 日本代表応援に海外の美女が続々: J

【朗報】ラグビー日本代表さん、強すぎて無事なんJ公認スポーツに「面白い」「スポーツのええとこが詰まってる」「勝ってる内はええんやろな」2chなんJラグビーW杯まとめ

ラグビー なんj

ラグビーのある日常がついに戻ってきました。 新たなルールを導入するなど今後のラグビー界や、再開を目指すプロスポーツ界にとってもベンチマークとなりうる"SRアオテアロア"。 そこで今回は、同大会の対戦スケジュール、レギュレーション、そして先週末に行われた開幕節の熱狂をお伝えしたいと思います。 3.レッドカードについて レッドカードを受けた選手は退場とするが、20分後にベンチから一人を投入し15人に戻すことができる。 試合としては面白くなりそう。 ただ、数的不利が軽減されることで危険なプレーに対する抑止力と、レフリーによるレッドカードの乱発を招かないかはちょっと不安。 いずれもエンターテインメント性の向上が根底にあり、これらがグローバルルールになれば、より勝負に特化し、ボールが大きく動くスリリングなラグビーが見られそうですね。 正常化実現へ尽力したエッセンシャルワーカー 医療従事者や警察官など に対する感謝の言葉と拍手で始まったオープニングゲーム。 キックオフの瞬間はやはり何物にも代えがたい感動と高揚感がありました。 💙 Such a special occasion tonight in Dunedin with close to 20,000 fans turning out at Forsyth Barr Stadium to see their get the 'W'. 📸: — Super Rugby SuperRugbyNZ 試合はどちらもミスが少なく、3か月のブランクを感じさせない試合展開。 チーフスの英雄FBダミアン・マッケンジー選手と、父が率いるチームへ引導を渡したSOブリン・ガットランド選手の試合最終盤のドロップゴール合戦は見応えがありました。 2020年声に出して読みたい名前1位パリパリパーキンソン — ユニオン union2525 SNSでも大反響。 特徴的な風貌も相まって、日本でも人気が出そうな予感がしますね。 いつもは空席が目立つイーデン・パークですが、この日はチケットが完売。 オールブラックス戦に匹敵する4万3000人もの観客が押し寄せました。 こちらの試合もNZのチームらしくボールが大きく動くダイナミックな展開。 🏉 2020 アオテアロア 第1節 vs. Footage thanks to 's Player Cam! Investec — Super Rugby SuperRugbyNZ 追いかけるバレットの笑顔がたまらないですね。 コールズのチャージはレフェリーの目の前なのになぜかお咎めなし。 分かっててスルーしているのだとしたら、、、何とも微笑ましい光景です。 😍 — Sky Sport NZ skysportnz FANS ON THE FIELD! So good. 🙂 — Super Rugby SuperRugbyNZ 最高の光景。 涙が出てきますね。 選手も、ファンも、スタッフも、実況者も、解説者もみんな笑顔。 スポーツのある生活、ラグビーのある週末が戻ってきた。 この景色を早く日本でも。 あと少し。 踏ん張ろう日本。

次の

【悲報】ラグビー日本代表さん、盛り上がらない「イケメンがいない」「外人が混ざってる」「五郎丸って名前が強い」「なんJ民以外と知ってて草」2chなんJラグビーW杯まとめ

ラグビー なんj

「ラグビーを応援するのに、歳なんて関係ないでしょ!」 9月20日、記者は、開幕戦の行われる東京スタジアムを目指した。 京王線の飛田給駅から徒歩5~6分。 トコトコと歩いていると、昼間からお酒を片手に、陽気にはしゃいでいる集団がいた。 そんな中で出会ったのが、ミニスカートをはいたエルザ・アヴェリーさん(ニュージーランド出身)だった。 コンビニの前で、他国のジャージを着た海外の方と談笑するアヴェリーさん。 「どれぐらい滞在するの?」と聞くと「ラグビーを見に来たの。 2~3日で戻るわ」。 おキレイだったので「おいくつですか?」と聞くと、 「あなた! ラグビーを応援するのに、歳なんか、関係ないでしょ!」 と、いきなり怒られた。 参加していないペルー出身女性に話しかけられ... スタジアムの記者席に着き、お茶を飲んでいた時、ふと、女性に声をかけられた。 島光(しまひかる)さんと名乗る、エスニックな顔立ちをした女性が、流暢(りゅうちょう)な日本語で話しかけてくれた。 「あなた、何をやっている人? 日本の人?? 記者なの???」 IDを見せ、記者であることを証明する。 すると、島さんも名刺をくれた。 「私は、ペルーの日系3世なんです。 今は、西新宿で『民泊』をやっていて。 それで多くの方から問い合わせがあって、『ラグビーのボランティア活動』をすることになりました」 しかし、ペルーは今大会に出場していない。 「でも、オリンピック(2020)もあるし... 日本、大好きだから。 ラグビーだけじゃなくて、もっと日本を盛り上げていきたい」 ちょっと、涙が出た。 (J-CASTニュース編集部 山田大介).

次の

【悲報】ラグビー日本代表さん、盛り上がらない「イケメンがいない」「外人が混ざってる」「五郎丸って名前が強い」「なんJ民以外と知ってて草」2chなんJラグビーW杯まとめ

ラグビー なんj

幼少期の実家は食堂スタイル「お母さんと一緒にご飯は食べなかった」 田村選手は、ナインティナイン岡村隆史さん、俳優の田中圭さん、女優の土屋太鳳さんらレギュラーメンバーが出演する「ゴチバトル」に登場した。 同コーナーは、金額が明かされていない料理を順にオーダー。 プラスマイナスで「設定金額」に一番、近い人から抜けていき、最後に残った人が全員分の食事代を自腹で払う... という人気企画である。 同日の設定金額は25000円。 「蟹が大好き」という田村選手は、序盤から蟹料理を頼みまくった。 兄弟で育った田村選手は、幼少期の食事について聞かれ、 「(母に)食べたい物をオーダーすれば、その場で出てくる食堂スタイルでした」 と振り返った。 ハンバーグ、野菜炒め、唐揚げ...。 兄弟で違うものを頼んでも、母親が常に準備していてくれて、頼んだ物が出てきたという。 「だから、お母さんとは一緒に、ご飯、食べなかった。 椅子に座って『いただきます』は、なかった。 (母は作りながら)つまみ食いしていたんでしょうね」 学校に持っていくお弁当も、重箱2段分ほどで水筒も2リットルの特大サイズ。 大きすぎて、登下校が恥ずかしかったそうだ。 ラグビーを始めた高校時代の恩師・吉岡肇監督(国学院栃木高)によると「授業中に腹が減って、クラスの生徒に目で合図を送って、カバンから弁当をパスしてもらい、早弁していた」という。 「ヤバい。 試合より緊張しますよ... 」 そんな田村選手は、ラグビーの名門である明治大へと進学した。 学生寮に入ったわけだが、そこで「どうしても許せないメニュー」があったのだそうだ。 それが、カレーライス。 田村選手の中では「カレーライス=白ご飯」という勝手な? 認識で、寮母さんに、 「おかずは? おかずがないとダメじゃん。 おかず作って!」 と、グラウンドのような自由奔放ぶりを発揮していたという。 番組は、設定金額に近い人から順番に抜けていき、最後に残った人は全額自腹で払うという過酷なものだ。 1位となったナイナイ岡村さんから順に抜けて行ったものの、田村選手はなかなか呼ばれない。 段々と手汗が出てきて、 「ヤバい。 試合より緊張しますよ... 」 結果は4200円オーバーの29200円で5位。 自腹を免れたことに、 「危ねぇ! マジ、緊張した!」 と、胸をなでおろしていた。 (J-CASTニュース編集部 山田大介).

次の