教員免許 転職。 【教員の転職】教師の転職は何から始める?転職先おすすめ7選も紹介

社会人から教員に転職する方法 今から先生を目指すために必要なこと

教員免許 転職

履歴書には保有している資格や免許を取得年月日の順に、正式名称で書くこととなっていますが、教員免許は特に種類が多く名称も長いため、自分が保有している免許の正式名称や履歴書への書き方がわからず、戸惑ってしまう方も多いようです。 また、一般企業への応募では「教員免許を履歴書に書くべきかどうか」ということ自体を迷うこともあります。 しかし、教員免許は取得のために多くの単位の取得が必要で、教育実習に約1ヶ月を費やすなど、かなりの努力が必要な資格です。 「学生時代に目的のためにコツコツ努力をして、成果を出したこと」を伝えるチャンスですので、自信をもって教員免許を履歴書に記載しましょう。 この記事では、数ある教員免許の正式名称や履歴書に書くときのポイントについて詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてください。 普通免許状の正式名称一覧 一般的に多くの方が取得している教員免許は「普通免許状」が多く、教諭や養護教諭、栄養教諭が持っているのもこの普通免許状です。 普通免許状のなかにも3種類があり、「一種免許状」と「二種免許状」、「専修免許状」に分けられます。 履歴書を書くときには「第一種」「第二種」など、「第」という字をつけて書いてしまう方もいますが、それは間違いです。 「小学校教諭一種免許状」というように、「第」をつけずに書くようにしましょう。 「一種免許状」は大学卒業、「二種免許状」は短大を卒業すると取得できる免許状となっています。 「専修免許状」はスキルアップのために取得する方も多く、大学院修了課程を修了すると取得できます。 教員免許を履歴書に書くときには、どの種類の免許状かがわかるように、正式名称でしっかりと記載することが大切です。 それぞれの教員免許状の正式名称は以下となっていますので、履歴書に書く際の参考にしてください。 教員免許状の正式名称 幼稚園 幼稚園教諭一種免許状 幼稚園教諭二種免許状 幼稚園教諭専修免許状 小学校 小学校教諭一種免許状 小学校教諭二種免許状 小学校教諭専修免許状 中学校 中学校教諭一種免許状 教科 中学校教諭二種免許状 教科 中学校教諭専修免許状 教科 高等学校 高等学校教諭一種免許状 教科 高等学校教諭専修免許状 教科 特別支援学校 特別支援学校一種免許状 特別支援学校二種免許状 特別支援学校専修免許状 養護教諭 養護教諭一種免許状 養護教諭二種免許状 養護教諭専修免許状 栄養教諭 栄養教諭一種免許状 栄養教諭二種免許状 栄養教諭専修免許状 高等学校の教員免許状だけは「二種免許状」がなく、「一種免許状」もしくは「専修免許状」 の2種類のみとなっていますので注意しましょう。 更新講習を受けていない場合、その旨を併記 教員免許には「10年」という有効期限があるため、免許を取得してから10年ごとに講習を受けて免許を更新しなければなりません。 しかし、教員として実際に働いておらず「免許状だけを所持している状態の方」は、原則としてその講習を受けることができず、免許更新ができないこととなっています。 再び更新をしたい場合は、いくつかの条件を満たしてから講習を受ける必要があります。 「教員免許が必要のない業務をしていて、講習を受けられずに教員免許が期限切れになってしまっている」という場合は、最後に「更新講習未受講」と書くようにしましょう。 (例) 「2008年3月 小学校教諭一種免許状 取得 更新講習未受講 」 教員免許が特別必要ない場合、記入しなくても可 教員免許が必要のない仕事に応募する場合「教員免許のことを履歴書に書くかどうか」は悩ましい問題です。 なぜならば、採用担当者のなかには、「教員免許を持っているからいずれ教職に就くのではないか」「会社への就職は一時的なものではないか」とマイナスに捉える方もいるからです。 教員免許を履歴書に書くか書かないかということは、基本的には個人の自由です。 ただ、教員免許のことを履歴書に書く場合は、採用担当者からの質問をあらかじめ想定し、 ・どうして教職につかないのか ・教員免許を取得する過程で学んだことを、この会社でどのように生かしていくのか ・将来教職につきたいという希望はあるのか といった疑問に対して堂々と答えられるようにしておくことが大切です。 「教員免許を取得する過程で人間的にどのように成長したか」というように、大きな視点で自分自身をアピールできるようにしておけば、「教員免許取得」はどのような企業への応募でも使える「大きな強み」となります。 せっかく努力して取得した教員免許ですから、どのような会社であってもアピールできるように自己PRを練り上げておくことをおすすめします。 また、以下のような企業や職種であれば、教員免許を保有していることはそのままプラスとなります。 塾や予備校など「生徒を指導する」職種• 学校に関わるような職種・機関• 学校用品を取り扱っている会社• 教科書出版のメーカーや教材の販売会社• 児童支援員 これらの仕事では、教職課程を学んだ経験を仕事に生かすことができますので、教員免許のことをしっかりと履歴書に書くようにしましょう。 教員免許の名称はしっかりと記入しましょう 教員免許を履歴書に書くときには、 ・正式名称で書く ・取得年月日は教員免許状に記載されている日付で ・中学や高校の教員免許は教科を忘れずに書く ・複数の教員免許がある場合は、古い順から時系列で書く ・新卒の場合は最後に「取得見込み」をつける という5つのポイントをおさえ、正確に記入することが大切です。 教員免許を取得していることは「目標のために努力した」ということの証明になるので、一般企業に応募するときも履歴書に書くことができます。 ただ、「教職課程の単位の取得と約1ヶ月の教育実習の体験で得たこと」や「他人にわかりやすく教える力」、「子供や保護者など、多くの方とスムーズにコミュニケーションできる能力」など、教員免許を持っている強みを最大限生かしたい場合は、教育関係への就職や転職がおすすめです。 株式会社イストEMPでは、教員免許が生かせるような私学の教員、塾講師や予備校講師などへの就職や転職を支援しており、求人案件の紹介から採用後の充実したサポートまで高い評価を受けています。 2018年の調査では「教育関係者がお勧めする人材サービス」の第1位を獲得しており、私学の教員への就職や転職でも定評があります。 「株式会社イストEMPS イーエムピーエス 」を利用すると、2,000以上の取引先の中からそれぞれの希望に合った求人情報を紹介してもらえるため、就職や転職で教師になる夢をかなえることができます。 保有している教員免許を生かしたいという方は、ぜひ「株式会社イストEMPS イーエムピーエス 」を利用して教育関係の仕事を見つけてみてください。 登録会員には、求人情報を優先配信いたします。

次の

教員の転職は難しい?転職で未経験の会社に内定できた中学教師が解説【対策あり】

教員免許 転職

教諭に必要な免許状の種類 教諭に必要な免許として「教員免許」という言葉をよく用いますが、正しくは「教育職員免許状」 以下:免許状 です。 正式名称について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 「教員免許 正式名称」の記事への内部リンクを入れる まず、教諭に必要で、かつ一般的な方法でとることができるのが「普通免許状」です。 そのほか、普通免許状を持っていないが教育現場で優れているとされる社会人等を迎え入れるための「特別免許状」、普通免許状を持っていない方に例外かつ短期的に授与される「臨時免許状」など、免許状は合わせて3種類あります。 それぞれの免許状について、詳しく見ていきましょう。 普通免許状 普通免許状は、「教諭」、「養護教諭」、「栄養教諭」に必要な免許状です。 学位に応じて、さらに専修・一種・二種の3つに区分されています。 普通免許状を授与されるためには、所要資格を満たし、必要な書類を添えて申請をおこなわなければなりません。 有効期限は10年で、全国の学校に適用されます。 特別免許状 特別免許状も普通免許状と同じく「教諭」の免許状ですが、普通免許状よりも試験の難易度が高くイレギュラーなものです。 授与されるには、任命者か雇用者の推薦が必要で、教科に関する専門知識や技能、社会的経験、職務に必要な熱意や識見が求められます。 さらに、教育職員検定を経る必要があります。 特別免許状が授与されるのは幼稚園教諭以外で、有効期限は10年、授与を受けた都道府県内の学校で適用されます。 臨時免許状 臨時免許状は、「助教諭」、「養護助教諭」に必要な免許状です。 学校が、普通免許状を授与された人物を雇用できないときのみ、教育職員検定を経て授与されます。 ポイントは、普通免許状を持っていない方でも期限付きで教員 助教諭 になることができる点です。 有効期限は3年ですが、学校が相当期間にわたって普通免許状の授与を受けている方を雇用できない場合は、都道府県が教育委員会規則を定めることで有効期限を6年に延長することが可能です。 普通免許状の専修・一種・二種の違い ここでは、現在の普通免許状の区分である専修・一種・二種のそれぞれの違いについて、説明していきます。 それぞれの免許状は、幼稚園教諭なら「幼稚園教諭専修免許状」、「幼稚園教諭一種免許状」といった呼ばれ方をします。 専修免許状 修士の学位を有する、つまり大学院の前期博士課程を終了したことを基礎資格とする普通免許状です。 現職職員がランクアップのために取得することがあります。 一種免許状 学士の学位を有する、つまり大学を卒業したことを基礎資格とする普通免許状です。 多くの教諭が保有しているのが、この免許状です。 二種免許状 短期大学士の学位を有する、つまり短期大学を卒業したことを基礎資格とする普通免許状です。 高等学校の普通免許状のみ、短期大学ではとることができません。 つまり、「高等学校教諭二種免許状」というものは存在しないということになります。 A typeの場合 2009年3月31日までに授与された教員免許状を持っていない方は、「新免許状」を所有していることになります。 教員免許状の有効期限が切れるのは、記載されている有効期限満了日です。 有効期限満了日が異なる教員免許状を持っている場合は、最も遅く満了する日がすべての教員免許状の有効期限満了日として適用されます。 有効期限満了日が到来する前に、教員免許更新講習を受講しましょう。 B typeの場合 2009年3月31日までに授与された栄養教諭免許状を持っている方は、「旧免許状」を所有していることになり、かつ栄養教諭免許状の特例に該当します。 有効期限は以下の表2で確認のうえ、有効期限満了日が到来する前に、教員免許更新講習を受講するようにしましょう。 更新手続きをおこなった方は、更新等の証明書に記載してある修了確認期限が有効期限となります。 C typeの場合 2009年3月31日までに授与された教員免許状を有し、生年月日が1955年4月2日以降の方は「旧免許状」を所有していることになります。 有効期限は以下の表1で確認のうえ、有効期限満了日が到来する前に、教員免許更新講習を受講するようにしましょう。 更新手続きをおこなった方は、更新等の証明書に記載してある修了確認期限が有効期限となります。 D typeの場合 2009年3月31日までに授与された教員免許状を有し、生年月日が1955年4月2日より前の方は、生涯有効な「旧免許状」を所有していることになります。 そのため、更新等の手続きは必要ありません。 (表1) 旧免許状所得者の生年月日による終了確認期限 受講対象者の 生年月日 最初の 修了確認期限 免許状更新講習 受講期間 及び更新講習 修了確認申請期間 更新した方の 次回の修了確認期限 1 昭和30年4月2日 ~昭和31年4月1日 昭和40年4月2日 ~昭和41年4月1日 昭和50年4月2日 ~昭和51年4月1日 平成23年 3月31日 平成21年4月1日 ~平成23年1月31日 令和3年3月31日 2 昭和31年4月2日 ~昭和32年4月1日 昭和41年4月2日 ~昭和42年4月1日 昭和51年4月2日 ~昭和52年4月1日 平成24年 3月31日 平成22年2月1日 ~平成24年1月31日 令和4年3月31日 3 昭和32年4月2日 ~昭和33年4月1日 昭和42年4月2日 ~昭和43年4月1日 昭和52年4月2日 ~昭和53年4月1日 平成25年 3月31日 平成23年2月1日 ~平成25年1月31日 令和5年3月31日 4 昭和33年4月2日 ~昭和34年4月1日 昭和43年4月2日 ~昭和44年4月1日 昭和53年4月2日 ~昭和54年4月1日 平成26年 3月31日 平成24年2月1日 ~平成26年1月31日 令和6年3月31日 5 昭和34年4月2日 ~昭和35年4月1日 昭和44年4月2日 ~昭和45年4月1日 昭和54年4月2日 ~昭和55年4月1日 平成27年 3月31日 平成25年2月1日 ~平成27年1月31日 令和7年3月31日 6 昭和35年4月2日 ~昭和36年4月1日 昭和45年4月2日 ~昭和46年4月1日 昭和55年4月2日 ~昭和56年4月1日 平成28年 3月31日 平成26年2月1日 ~平成28年1月31日 令和8年3月31日 7 昭和36年4月2日 ~昭和37年4月1日 昭和46年4月2日 ~昭和47年4月1日 昭和56年4月2日 ~昭和57年4月1日 平成29年 3月31日 平成27年2月1日 ~平成29年1月31日 令和9年3月31日 8 昭和37年4月2日 ~昭和38年4月1日 昭和47年4月2日 ~昭和48年4月1日 昭和57年4月2日 ~昭和58年4月1日 平成30年 3月31日 平成28年2月1日 ~平成30年1月31日 令和10年3月31日 9 昭和38年4月2日 ~昭和39年4月1日 昭和48年4月2日 ~昭和49年4月1日 昭和58年4月2日 ~昭和59年4月1日 平成31年 3月31日 平成29年2月1日 ~平成31年1月31日 令和11年3月31日 10 昭和39年4月2日 ~昭和40年4月1日 昭和49年4月2日 ~昭和50年4月1日 昭和59年4月2日~ 平成32年 3月31日 平成30年2月1日 ~平成32年1月31日 令和12年3月31日 続いて、B typeの方の終了確認期限です。 (表2) 栄養教諭免許状所持者の終了確認期限の特例 免許状授与日 最初の 修了確認期限 免許状更新講習の期限 更新した方の次回の 修了確認期限 1 平成18年3月31日以前に栄養教諭の 普通免許状を 授与された 旧免許状所持者 平成28年 3月31日 平成26年2月1日 ~平成28年1月31日 令和8年3月31日 2 平成18年4月1日から平成19年3月31日までに 栄養教諭の 普通免許状を 授与された 旧免許状所持者 平成29年 3月31日 平成27年2月1日 ~平成29年1月31日 令和9年3月31日 3 平成19年4月1日から平成20年3月31日までに 栄養教諭の 普通免許状を 授与された 旧免許状所持者 平成30年 3月31日 平成28年2月1日 ~平成30年1月31日 令和10年3月31日 4 平成20年4月1日から平成21年3月31日までに 栄養教諭の 普通免許状を 授与された 旧免許状所持者 平成31年 3月31日 平成29年2月1日 ~平成31年1月31日 令和11年3月31日 教員免許の種類を知って最適な講習を受けましょう 教員免許には普通免許状・特別免許状・臨時免許状と3種類あることがおわかりいただけたと思います。 さらに普通免許状は、最終学歴に応じて専修免許状・一種免許状・二種免許状の3つに区分されます。 特別免許状や臨時免許状は、教員免許を持っていない方が特別な理由で教員になる場合に必要なものなので、基本的にこれから教員になりたいという方は普通免許状の取得を目指していくことになります。 また、短期大学士の方は高等学校教諭の教員免許を取得することができないので注意してください。 教員免許を取得した際には教員として能力を保持するため、更新講習をきちんと受講することも大切です。 「株式会社イストEMPS イーエムピーエス 」では、これから教育関係への転職や就職を希望している方へのお仕事の紹介や決定後のフォローまでの体制が整っています。 気になる方はぜひ、無料登録してみてください。 登録会員には、求人情報を優先配信いたします。

次の

教師から転職!教員を辞めたい方におすすめの転職先と転職成功の秘訣を解説

教員免許 転職

教員免許を活かせる仕事(業種・企業)ってどんなものがある? 教員免許は当然ですが、学校の教員になるために必要な資格です。 つまり、教員免許自体は本来であれば学校の先生にならないのであれば必要ありません。 しかし、実は教員免許を取得する過程で学ぶ内容などは様々なところで活きてきます。 その代表例としていくつか教員免許が活かせる働き仕事をご紹介します。 塾講師 塾講師に関しては説明の必要もないかと思いますが、基本的に教育実習の過程で学んでいる内容が仕事に直結するためです。 また、採用する側としては自分の専門だけでなくもっと包括的な視点で生徒を指導する事が出来る存在として認識をする事になりますので、やはり安心です。 お子さんを預ける親御さんとしても、面談などの際に「教育免許を持っています」とポロっと聞くだけで安心感が違います。 私立学校講師 これもイメージは比較的しやすい教育免許の活かし方かと思います。 担当教科に関して自己流ではないある意味、本家の教え方も学んでいるという面で、私立の学校としてカリキュラムの差をつける際にもイメージをしやすい立場になりますので、圧倒的に有利になります。 様々な角度で意見を言える存在はどこにいっても重宝されるものです。 研修会社 研修会社に関してはイメージしにくい方もいるかとは思いますが、人にものを教えるという点に関しては、対象が子どもから大人になるだけで本質は変わりません。 そうなってくると専門的に人にものを教える訓練を積んできた人の方がそうでない人に比べて頭一つ抜けるのは想像に難くありません。 教員免許を活かした仕事内容(体験談) 私の場合は塾で教員免許を活かすことになりました。 プログラミング教室を運営している会社で働いておりますが、やはり生徒との接し方が多少なりとも分かっているのでそれだけで親御さんとしても安心してお子さんを任せてくれます。 特に学年が上がれば上がるほど親御さんも受験やら何やらで動き出すので、真剣みが増してきます。 その時に1つでもバッジがある先生に教えてもらうのか、全くの無免許で実力があるのかないのか分からない先生に教えてもらうのかでは安心感が違います。 プログラミングの言語や教材自体は日進月歩で進化するため、その度に覚える必要はあるのですが、基本的な構造や教え方の基本が分かっているので、生徒に対しても自信が持てますし、新しいものが出てきたときにも特にたじろぐ事がないのが結果的に親御さんにも伝わっているのかと思います。 教員免許は転職に有利? 教員免許は何といってもその強化を教える仕事であれば、基本的な過程を終えているという証拠になりますので、やはり目立ちます。 もちろんそれは入り口で最終的には実績・実力が評価をされますが、数多くの候補者の中で尖ったアピールが出来る事は間違いないでしょう。 また、当然ではありますが公立学校の教員になるにも絶対に有利です。 というより、免許が無ければそもそも教員になれません。 一度社会経験を積んでから先生になる場合は評価が高くなるので、転職前にどのような業務をやっていたかによりますが、大きなアドバンテージになる事は間違いありません。 教員免許があってよかったと思える体験談 私自身教員免許があって良かったのは、子どもや親御さんだけでなく、社内の人にも頼られるという事です。 何かあったらあの人に聞こうというふうに思ってくれるので、こちらとしてもそれに応えようと必死に勉強しますし、何よりモチベーションが高まります。 人は自分が相手よりも得意であったり、知っている事でその人に役立った時に幸福感を感じます。 教員免許というバッジがついていれば、話しかけられるきっかけになります。 あわせて取得しておきたい資格と理由 出来ればコーチングの資格を取ると良いかと思います。 教員免許の過程で主に学ぶ事は教科に対する考え方や全体に対してどのように伝えながら授業を進行していけば良いかという事ですが、コーチングはどちらかと言えば相手の話を聞くための技術です。 そして、的確なアドバイスをしていくわけですが、当然教えていく中で響かない生徒がいるかと思います。 そのような生徒に対して一辺倒に教えるのではなく、時にはこちらから聞き出す事で距離感を詰める事が出来ます。 まとめ 教員免許は取得の段階である程度実務経験を必然的に積んでいくステップになっているため、とても価値のある資格です。 しかも、基本的にはまとまった時間が取れる学生時代にしか現実的に取得が叶わないものです。 そのため、少しでも興味があったり将来教育分野で仕事をしようかと考えている学生さんは絶対に取得しておいた方が良いものです。 また、こう言うと誤解を招くかもしれませんが、取得したからといって絶対に教員にならなければいけないというものでもありません。 あくまでも職業選択の幅を広げるという大きな視野でとらえていく事が大切です。

次の