手 イラスト。 手のイラスト資料集

めんどくさいけど確実!手の描き方テクニック3点

手 イラスト

手の描き方って単純なようで奥が深い... この講座では、 手の描き方を4つのパーツに分けて解説していきます。 描く機会の多い「手」だからこそ、しっかりと習得しましょう! 手の構造を理解する STEP1 手の構造 手はその形自体や動きのバリエーションにより複雑に見てしまうかと思います。 ただ、 大まかにグループ分けして考えると手の形を考えやすくなり、描きやすくなります。 まず手全体を、次の4つのパーツに分けて考えてみましょう。 青色の親指 2. 水色の親指の付け根 3. 親指以外の4本の指 4. 手のひら 上のように、4つにわけました。 なぜこの4つに分けたのかは、それぞれの動きを見てみると理由が分かります。 まず、青色の親指についてですが、親指は内側へ折る動きしかできません。 次に、親指の付け根である水色の部分も同様で、手のひらの方へたたみ込むような動きしかできません。 ただ、青色になっている親指と水色の親指の付け根は、それぞれ動き方が違うので注意してください。 親指以外の黄色い部分についてですが、こちらは4本ともすべて同じ動きをします。 親指と親指以外の指は、同じ「指」であっても構造が違うということを理解すると、綺麗に手を描くことができます。 黄色い4本の指を内側に曲げるにあたり注意したいことは、各指の付け根から内側に曲がるのではなく、付け根の少し下、手のひらの部分から曲がるということです。 この理由は、この4本の指は関節の部分から曲がるからです。 関節をデフォルメして描かなくても、関節の位置を意識することによって自然な手の動きを描くことができます。 もう一つの注意点は、指の付け根の位置です。 指の付け根の位置ですが、画像のように小さく山を描くような指の配置にするとよいでしょう。 手を描く STEP2 パーツを意識して描く 手の全体を1つとして考えるのではなく、手を4つのパーツに分けて描いてみましょう。 まずこのようにアタリを描きます。 参考に自分の手を見て描くとよいでしょう。 次にそのアタリをベースに指や手のひらなどを描いていきます。 この方法は様々な手の形に応用できます。 何かを持つ手や向かってきている手は下のように描くことができます。 STEP3 魅力的な手を描く ここでは、立体感のある手の描き方のコツを解説します。 絵柄によって手の描き方、デフォルメの仕方も変わってきますが、立体感を感じる手の描き方のコツを紹介します。 上のイラストで丸がついている部分は関節があるところで、 骨を感じられるよう少し固めに描きます。 筆圧の強弱を利用して表現するのもよいでしょう。 関節と反対側の緑のラインは肉付きがとても良いところです。 ふんわりと曲線で描くとふっくらした印象になります。 また、肉がよせられてできるしわも描くとリアルさや立体感を出すことができます。 STEP4 指・爪の表現と関節 ここでは、指や爪の表現や手を握った際の関節について解説します。 指の動きもまっすぐというわけではなく、関節ごとに多少動きが変わります。 少し反っているところやふくらむところもあるのでよく観察してみましょう。 また、伸ばしている指だけでなく、折りたたんでいる他の指の角度にも気を付けましょう。 ちなみに、力を入れると指は少し反るようになっています。 こちらも関節を意識して、少しだけ角度をつけるとよいでしょう。 爪の生えているところは少しカーブさせます。 また、爪もさまざまな描き方があります。 下のように爪の側面と付け根の部分を描写する場合や、爪の側面のみを描写してデフォルメする描き方もあります。 また、下のように丸みを持たせつつ、角張った爪にしたり、爪を短くして丸みをつけたりと様々な表現ができます。 また、爪を描かないというのも、表現の方法の一つでしょう。 自分の絵柄にはどの爪が一番合うか考えて描くとより魅力が出てくるのではないでしょうか。 最後に、握った手を描く時の関節の表現について解説します。 拳を描く際は、下のように印をつけている関節を意識して描くのがポイントです。 しっかりと関節を描くことにより、力強く握っている印象になります。 また、折りたたんでいる指もしっかり描くことで立体感が生まれます。 まとめ 手の描き方講座はいかがでしたか? この講座を担当してくれたしぐれうい先生の「足の描き方講座」もあるので、手を学んだらぜひ足にも挑戦してみてくださいね!.

次の

素材集:イラスト素材集/手のポーズ/握る/つまむ/掴む:素材集の専門店 素材テンプテーション

手 イラスト

なれてきたら複雑な形も。 見えないところも意識して、わかりにくければ指ごとに色を変えて考えてみたりします。 アウトラインから考える アウトライン、またの名をシルエット。 絵全体においての重要ポイントですが、手を描くにあたっても、意識すると大きなメリットがあります。 なぜなら、「全体のバランスを考えやすくなる」から。 わたしたちは細かいパーツを描くときほど、そこだけに集中しがちです。 全体のバランスがみえなくなってしまう。 手は、この現象が起こりやすいパーツです。 この解決策が、「 アウトラインから考える」ことです。 アウトラインから考えると、手を1つのかたまりとして意識しやすくなります。 手全体のかたちをとってから、関節など細かく考えていく。 1の「関節をとる」との合わせ技が、有効です。 ていねいに描く さいごは、テクニックというよりも理念です。 「ていねいに描く」言葉にすれば当り前なことですが、これが一番たいせつなポイントです。 そもそも「ていねいに描く」とは具体的にどういうことなのでしょうか。 ひとによってさまざまですが、ここではわたしにとっての「ていねい」を具体的にあげます。 おすすめはやっぱり自分の手です。 もっとも便利で、身近なお手本です。 机の上に鏡を置くとすぐ確認ができるのでおすすめ。 それでも描くのがむずかしいときは、鏡に映した手の写真を撮ります。 わたしはこの方法をはじめてから、手で悩む回数が目に見えてへりました。 2 描くべき線を把握してから描く こちらは言葉だけではうまく伝わらないとおもうので、絵をみながら説明していきます。 たとえば、下の絵。 こちらは下描きの1枚なのですが、 決して分かりやすいとは言えませんね。 胴体や腕は、単純なのでなんとかなりますが、手に関してはそうはいきません。 そこでいつも私は、こんな感じでわかりにくいところ・細かいところだけさらに下書きを重ねます。 これくらい描いたら、一旦ペン入れに移ります。 そして細かいところ以外をざっと清書した後、一旦ペン入れレイヤーを非表示にして、またさらに下描きを重ねます。 そして細かいところをペン入れ。 そんな風にちょこちょこ描いたのがこちらの線画です。 今回は手のレイヤーだけ抜粋しましたがこのほか足、骨盤、関節などレイヤーを使っています。 このように、管理人は手だけにいくつか枚数をかけます。 もちろん、レイヤーが多いほど良いというわけでもありません。 少ない枚数(みじかい時間)で描くというのは、絵描きにとって重要な課題でもあります。 でも、「急がば回れ」という言葉があるように、手間をかけるほうが実は有効だった、ということもあるのも事実。 自分なりにできる限りの力で丁寧に描くことが、何より大切です。 あなたの使える時間・もの・能力全てを使って絵を描いてあげてください。 「丁寧に描く」というのはひとによって全く別のものになってきます。 ここでは管理人の方法を挙げましたが、もちろんこれが全てではありません。 あなたがしっくりくる方法を探して、それが見つかったら労力は惜しまずその方法を遵守する。 この描き方を続けていけば、かならず苦手意識から解放されます。 まとめ はじめに「めんどくさい」といいましたが、実際やってみると本当にめんどくさいと思います。 でも慣れさえすれば、ショートカットが可能です。 たとえば関節を全部描かなくても、頭のなかで考えることができたり、かんたんな基本形であればなにも見ずともすらすら描けるようになったり。 くりかえしますが、一番大切なのは 自分にぴったりな方法見つけることです。 見つけるためには、労力を惜しまず自分の全力をかけてあげること。 それを続けていけば、手に限らず苦手意識はいつのまにかいなくなってるはずです。

次の

【イラスト講座】手の描き方(入門編)

手 イラスト

手の構造 手はその形自体や動きのバリエーションにより、複雑に見てしまいがちです。 そこで、大まかにグループわけして考えると手の形を考えやすくなり、描きやすくなります。 それでは手の構造をみていきましょう。 実際に自分の手をみながら読み進めると、より深く理解ができると思います。 まずは手全体を4つにわけて考えてみましょう。 手のパーツそれぞれの動きに合わせ、手を4つにわけました。 ただ、青色になっている親指と、この水色の親指の付け根は、それぞれ動き方が違うので注意をしましょう。 親指と親指以外の指は、同じ「指」であっても構造が違うということを理解すると、綺麗に手を描くことができます。 4本の指を内側に曲げるにあたり注意したいことは、各指の付け根から内側に曲がるのではなく、付け根の少し下、手のひらの部分から曲がるということです。 この4本の指は関節の部分から曲がるので手の平の部分から曲がります。 関節をデフォルメして描かなくても、関節の位置を意識することによって自然な手の動きを描くことができます。 また、指の付け根の位置にも気をつけましょう。 指の付け根の位置は、画像のように小さく山を描くような指の配置にするとらしさがでます。 指・爪の表現と関節 指や爪の表現や手を握った際の関節について解説していきます。 指の動きもまっすぐというわけではなく、関節ごとに多少動きが変わります。 少し反っているところやふくらむところもあるので、よく観察してみましょう。 また、伸ばしている指だけでなく、折りたたんでいる他の指の角度にも気を付けましょう。 また、爪もさまざまな描き方があります。 今回は5種類の爪の描写を紹介します。 リアルとデフォルメ中間的な描写です。 手を描く際に爪は描かない、というのも表現の方法の一つでしょう。 少し付け爪に見えます。 子どもの爪にも使える描写です。 自分の絵柄やキャラクターにはどの爪が一番合うか考えて描くと、より魅力が出てくるのではないでしょうか。 以上でさまざまな手の描き方講座は終了です。 指や付け根の可動範囲、手の構造を自分で把握してみると、自らの手の模写が非常にしやすくなります。 みなさんも積極的にカメラや鏡を使って自分の手を確認し、パーツごとにあたりを取り、骨や肉づきを意識して手を 描いてみましょう。 お絵描き講座Palmieは100本以上の講座が無料で見放題です!ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の