ポスカ 肌色。 プラバン着色方法!パステル・アクリル・色鉛筆・ポスカなどなど!

プラバン着色方法|焼く前後にアクリル絵の具を水分調整して塗り比べてみた結果。

ポスカ 肌色

本日2016年9月8日の早朝、ついに「iPhone7」と「iPhone7 Plus」の仕様や特徴などが発表された。 だが、それよりも気になるのがイヤホンジャック廃止と共に登場した ワイヤレスイヤホン「AirPods」である。 なによりビジュアルがインパクト大。 はやく試してみたい。 発売まで待てない……ッ!! ということで、 いち早く「AirPods」の気分だけを味わってみた。 ・たった数百円で「AirPods」気分は味わえる 用意したのは 三菱 uni のポスターカラーマーカー「ユニポスカ(肌色)」である。 価格は数百円だ。 このペンで、純正のiPhoneイヤホンのコード部分を、丁寧に肌色にヌリヌリ、重ね塗り。 水性のため乾きにくいので、ドライヤーを併用しながら塗ると大吉。 また、Appleのサイトを見てみると、AirPods の先端部分が銀色になっている。 銀色マジックで塗るのがてっとり早いが、 買いに行くのが面倒なので、そのへんに落ちていた銀色のモールを巻いて代用してみた。 ウン、どう見ても「AirPods」だ! ・コードが消えた!! コードを肌色に塗った純正イヤホンを装置し、しばし普通に仕事をしてみた。 鏡で横顔をチェックすると…… チョー薄目で見てみると、まるでコードが無いように見える! さらにコードの色を消してみようと、耳の下あたりにファンデーション塗りつつ、 すっごい薄目で見てみたところ、見事にコードが消えた(ような気がした)ではないか!! しばらくすると、隣に座っていたが 「あれ? それiPhone7ですかァ! それ、もしかしてAirPodsですかァ!! 」と興奮気味に声をかけてきた。 狙い通り。 当然、私は「ノンノン。 これはiPhone6で、イヤホンは純正なのよ」と得意気に答えてみた。 最高に気分が良かった。 誰よりも早く、世界一早く、「iPhone7」ならびに「AirPods」を手に入れた気持ちになれたのだ。 たった数百円のユニポスカだけで! 参照元:Apple「」「」、三菱鉛筆 Report: Photo:RocketNews24.

次の

プラバン着色方法|焼く前後にアクリル絵の具を水分調整して塗り比べてみた結果。

ポスカ 肌色

焼く前後にアクリル絵の具を塗り比べてみた。 いつもは焼いた後にアクリル絵の具を塗っていますが、 小さくなったプラバンに筆だと塗りにくいんですよね。 しかも ムラができてしまうし・・・。 水分量を調節したり、 焼く前に塗ってみるとか、何か工夫したらどうにか道が開けるんじゃないかと 実験してみました。 定番の焼いた後に塗る方法のコツもまとめていますので、最後までおつきあい頂けると嬉しい。 焼く前に塗るとザラザラになる。 アクリル絵の具って混色もしやすいし、パールなどいろんな色も売っているし、 扱いやすいんですよね。 一方で、 「剥がれやすい」「ムラができる」「小さいところ塗りにくい」という欠点もありますよね。 だったら、焼く前に塗ってみたらどうなるのか実験してみましたー! 今回比較したのは4つの方法。 すべて焼く前に行っています。 水分なし。 水分を筆に含ませる程度で少し混ぜる。 弾く寸前まで水を混ぜる。 水たっぷりでプラバンの上で弾いた状態にする。 水分なしと筆に含ませる程度の 水分ありの場合。 水ありの方が、焼く前はムラなし。 しかも、 水なしに比べて塗りやすかったです。 もしはみ出したら、プラバンを爪でこすったらすぐとれます。 綿棒とかでこすっても大丈夫です。 似たような見た目になるポスカの方もや綿棒で取れます。 (表面にヤスリがけしてたら取れにくかったです。 プラバンによっては拭き取り不可もありました。 ) 油性ペンと違って、 修正しやすいのがアクリル絵の具のいいところ。 裏側はこんな感じ。 光で透かしたら、ムラあります。 でもそんなに気にならないレベル。 実際、パっと見た感じや写真では気になりません。 焼いてみました。 小さかったので、 で拡大! なんじゃこりゃー。 絵の具が縮んでいます。 肉眼でみてもザラっとした見た目です。 ちょっと汚い。 気持ち悪い?フリルっぽくもある? 水分ありのほうが、少しザラザラが細かいのですが、水分を使っても見た目にざらつきがあります。 全然、かわいくない。 裏から見てもやっぱりザラザラ感はわかります。 全く使えない方法でした。 ちょっとボケてるけど、裏もマクロで拡大してみました。 ザラつき伝わりますか? ザラザラの見た目にあえてしてみたいという方がいれば、 この実験も意味があったかもしれない。 水分量が多少変化しても、縮んだ後のザラザラは避けがたい模様です。 水分量増加。 弾く寸前と弾くほどの水分量で比較。 左が弾いています。 右が弾く寸前まで薄めました。 下になるほど薄付き。 左の弾かせた方は乾かすのも時間がかかるので、途中で水分とってしまった(笑) 焼く前のムラを比べてみると、薄付きのやつは比較的ムラが気にならない。 斜めにするとムラが写真におさめやすかったので、こんな微妙な斜めな感じに。 マクロで拡大してみた。 ムラが気にならないと言っても、筆の跡は残っています。 大きい平筆を使えばいいかもしれない。 焼いてみた。 ボロっ・・・。 (笑)ボロボロ感すごいですね。 水分、少なくてもやっぱり割れています。 一番期待できた右下もざらついています。 ポスカのザラ付きのほうがまだマシかもしれない。 マクロで拡大してみる。 ポスカのざらつきも載せておこう。 にゃんこ大戦争(現在第3章ので苦戦。 )の美脚ネコを作った時にポスカで色塗りした時の画像。 ポスカはアクリル絵の具に比べてザラザラが細かく仕上がる上に、 塗りやすい! ポスカは混色ができないという欠点はあるけど、さくっと簡単に済ませるならアクリル絵の具よりポスカの方が扱いやすいですね( ̄〜 ̄) ポスカでムラなく塗る方法を記事にしています。 よければ読んで頂けると嬉しいです。 水分調整の方法。 おすすめパレット。 弾く寸前まで水を混ぜる時に、調整が難しいと感じたならば。 余ったプラバンをパレット代わりにすると、混ぜながら弾き具合を確かめられるのでおすすめです。 筆に水を含ませながら、徐々に水分を追加していきます。 水分が表面張力で丸くなろうとするまで水を入れてしまうと、プラバンに塗った時に弾いてしまいます。 プラバンの上で調整できるので、プラバンパレットはやりやすかったです。 スポンサーリンク 焼いた後に塗る時のコツ。 薄く塗って、重ね塗りする。 白を混色する。 蛍光やゴールドはマニキュアやポスカの方がうまくいく。 ムラを気にしない(笑) 次はアクリル絵の具を焼いた後に塗ってみました。 少しの水で溶いています。 白が入ると比較的ムラは気になりません。 ちなみに青いドットは、を使用しています。 もともとラメはザラザラでも不自然ではないため、は縮んでも違和感ないので、いい買い物をしました。 量販店で買ったけど、やっぱりネットのほうが安いですね〜。 ラメポスカのデメリットをあげるなら、色が若干濃くなるぐらいです。 それもあまり気になりません。 蛍光色やパールの入った色は塗りムラが目立ちやすい。 水で溶かずに多めに重ね塗り。 3回ほど重ね塗りしました。 それでもゴールドは ムラがあります。 ゴールドはアクリル絵の具よりも、 ポスカかマニキュアの方がきれいに仕上がります。 マスキングテープは細いタイプがプラバン工作には使いやすいです。 ムラを気にしない ムラも筆の線がハンドメイドっぽくっていいんじゃないかと、 個人的に思っています。 雑なのとハンドメイドならではって紙一重だとは思うのです。 「これは雑なだけだな」 「あぁハンドメイドならではの『味』がある!」 とか、作品によって受ける印象が違います。 その主たる原因が私にはよくわかりませんが、プラバンでアクリル絵の具を使うのは筆の線が出るものだと受け入れて作るのもいいなぁと最近になって思うようになりました。 スポンサーリンク ムラを軽減させる裏面加工 とはいっても、裏の筆の線隠したい!と言う時もありますよね。 ムラは透かさなければ気にならないので、透けないようにすればいいんです! 裏板を貼る。

次の

わずか数百円で iPhone7のワイヤレスイヤホン「AirPods」の気分を味わう方法

ポスカ 肌色

大学卒業して間もない頃、自分のイラストを使って何か作りたいな、って思った時にインクジェットのプラバンシートっていうのをお店で見つけて。 あ、プラバン懐かしいな、昔すごいハマったな、これで何か出来そうだな……っていうので手に取ったのが、大人になってからプラバンを始めたきっかけです。 インクジェット対応のものは薄いやつなんですけど、ぺらぺらでプリンタに通せたのでパソコンから描いたイラストを印刷して、切り取って焼いてみて……で、ハマったんですよね(笑) ただしばらくは印刷のものが中心で、手描きになったのは結構経ってからでした。 2011年くらいかな、友達と定期的にやってるグループ展がありまして、そこで毎回何かしらワークショップを開催しているんですね。 じゃあそろそろ私の番かなって時に、プラバンのワークショップを開こうということになって。 パソコンやプリンタを持って行っても使いづらいかなと思って、それじゃあ基本に戻って手描きにしよう、と試作してみたらこれが面白くて、改めて手描きでのプラバンにもハマった感じです。 それで家にある画材を片っ端から試していって……その中にポスカがありました。 ポスカに出会ったのは学生の頃。 美大を受験したので、絵や漫画なんかを描くときのポスターカラーの手軽版、という認識でした。 最初に使った時の記憶はないですけど、大学の頃には使ってたかなぁ……高校生……18くらいの時には使ってたんじゃないですかね。 彫刻科だったんですけどそういえば金属とかに名前を描くときにもみんなポスカ使ってたし、じゃあプラスチックにもいけるよな、と思って試してみたらこれが結構よくって、そこからポスカでの着色が中心になっていきました。 その時はまだ好きな色しか持っていなかったので、全色買って……今ではもう、使いまくってますね。 家になければポスカとの出会いはもう少し遅かったかもしれないので、あの時家にポスカがあってよかったです。 デザイン自体は結構思いつきで生まれることが多いです。 あとはリクエストってこともありますね。 全体的に多いのは動物もの。 それから、大相撲が好きなのでそれも結構取り入れてます。 個人的には結構幾何学的な、これ、というモチーフや意味のないものも好きなんですけど。 実際線画でデザインを考えるときにはあまり色は意識していないんですけど、いざ作るっていう段階では色々試しますね。 定番の組み合わせや、例えば動物でもその動物らしい色だと飽きてきちゃうというのもあって……わりと自由に考えてます。 塗ってみて失敗だった、ということもあるんですけど、せっかくなので色んな組み合わせを楽しみたいんです。 迷ってる時は、一度紙に描いてみて相性を見たりもしますね。 これは私の好みなんですけど、パキパキっとした鮮やかな発色のものが好きなのでそういう色を使うことは多いです。 去年発売したコーラルピンクや、寒色だとスカイブルーやパステルグリーン。 ポスカのいいところは早く軽く塗れて、発色がいいところですよね。 同じ図案でも、色の組み合わせを変えると違った印象に! 気をつけているのは、あまり細かいデザインにし過ぎないこと。 元々のプラバンは出来上がりの6倍くらいの大きさなんですね。 焼くことで縮んで厚みも出るので、完成品は細かく見えるデザインも実は結構大味だったりする。 逆に、デザインの段階であまり細かいことをしても縮んだときに潰れてわからなくなっちゃうんです。 だから、わかりやすく。 相撲や動物以外だと、布やプリント生地が好きなのでそういうものの影響がデザインに反映されているところはあると思います。 昔、古い布を集めていたこともあったし、そういうものを触っているのも好きなので。 焼くときは一番緊張しますね。 結構勢いよく縮むものも中にはあるんですけど、そうするとデザインによってはひっくり返ったりもしちゃいますし。 失敗も稀にですけど未だにあるので、焼いてる時は目が離せないですね。 作る上でモデルにしている方、というのは特にいません。 イメージとして、お相撲さんらしいお相撲さん、というのが多いですね。 イラストだと細いお相撲さんを描いたり、あとはプライベートっぽい、眼鏡をかけて浴衣を着ているようなお相撲さんを描いたりもするんですけど……このあたりは結構マニアックかな、と。 自分のイメージで、関取さんぽい、とか横綱っぽい、とか考えながらデザインと着色はしています。 いっぱい描いていくとちょっとずつ変えたくなっちゃう気持ちもあるので、肌の色とか表情も様々です。 インパクトのあるお相撲さんは、プラバンのモチーフにぴったり! 肌の色で主に使っているのはうすだいだいか新色のパステルオレンジなんですけど、実は肌はちょっと凝ったこともしていて。 ポスカ同士で色を重ねてみたり、ポスカを塗ったあとに色鉛筆で塗ったり……ということもしているんですね。 ポスカで色を重ねる、というのはお相撲さんの肌に限らず他のモチーフでもたまにやる着色方法で、例えば私が一番使う色は白なんですけど、淡いパステルカラーにしたい時にも白をベースにしてから他の色を上から重ねたり。 そうすると表面から見た時にちょうどいい色合いになっていたりするんです。 白だけじゃなく、最初に薄めの色を塗って、乾いてきてから別の色を重ねるのがコツですね。 本当は化粧まわしのデザインについてはもっと凝りたいんですけど、やっぱり細かすぎるものは焼いた時に潰れてしまうので……表情とか、あとは髪色なんかでも個性を出したりしてます。 今相撲が好きな女性も増えているらしいので、モチーフとしてもかわいいと思っていただけると嬉しいですね。 今回、ポスカとミニサイズのプラバン、それから私がデザインした図案がセットになったものが限定発売されるんですが、これは初心者の方でも手軽に始められるかなというアイテムになっています。 基本的に必要なものが全部揃っているので。 とりあえず、まず一回やってみたら楽しい、って思ってもらえると思います。 あとは小学校の時プラバンをやったことがある……なんて方はとっつきやすいかも。 プラバンの着色画材としてのポスカの魅力は、発色の良さなんですね。 あとは絵の具なんかと違って、すぐに色が塗れる手軽さ。 そういうところで、初心者の方でも使いやすい画材だと思います。 最近新色(ナチュラルカラー)が出ましたし、8月にもまた新しい色(ダークカラー)が出てどんどん色も豊富になっているので長年使っている身としてはそれも嬉しいですね。 ポスカは不透明なので、プラバンの裏面から塗って、表面には顔や模様を描く……なんていう風にデザインされている図案もあります。 若い方たちにもっとプラバンを楽しんでもらいたいなということで、今回はイヤリングなんかにもしやすいシンプルなデザインのものも入れました。 元々作っていたものをアレンジして、というものもありますけど、基本的には今回考えたオリジナルデザインです。 興味あるな、という方にはここから初めてどんどんやっていってみてもらいたいですね。 最初は失敗しないように、って気を張っちゃうところもあると思うんですけど、もう、大らかな気持ちで! 最終的に小さくなるので、ちょっとしたミスは案外わからなくなっちゃいます(笑) 色塗りにしても、丁寧に塗りすぎて厚塗りにしちゃうと逆に焼いた時にもこっとなっちゃったりするんですね。 だから逆に、多少色ムラがあるくらいでもさささっと塗るのでちょうどいい。 それもやっぱり、小さくなるとわからなくなるので。 もしもっとしっかり色を定着させたいっていうときには、プラバン自体に一度やすりをかけると綺麗に色が入ります。 あとは私の場合、塗った後に一度ティッシュで押さえてマットにしたりもしてますけど……初めてだったらもう、まずやってみる。 図案には作り方も書かれているので、その通りに進めていったら結構簡単に出来ると思うので。 焼くときにちゃんと見ておいて、あとは取り出す時もやけどしないように軍手をしたり箸を使ったり……そこはちょっと、気をつけた方がいいポイントかな。

次の