オンライン クレーン ゲーム 取れる。 オンラインクレーンゲーム 取れる台の見極め方: オンラインならではの メリット,デメリットを クレーンゲーム歴30年 の経験から紹介

オンラインクレーンゲームをレビュー!紹介したゲームを実際にやってみてオススメはこれ!

オンライン クレーン ゲーム 取れる

現在までに国内でオンラインクレーンゲーム事業を展開するのは25社までに広がった。 まだ物珍しさもあるが、大手が続々と参入する背景には業界生き残りを賭けた期待も大きいはずだ。 一般社団法人日本クレーンゲーム協会によれば、いわゆる風営法による営業許可を得たゲームセンターの店舗数は1987年に約2万5000店ほど存在していたのに対し、2014年には約5400店舗と、およそ1/5まで縮小している。 特に都市圏への人口集中によって、過疎化が進む地方はクレーンゲームを遊べる場所自体が少なくなっている。 客との接点としてオンラインに期待することは自然な流れだ。 そんな中、片手で数えられるほどしか参入企業がなかった2015年ごろの黎明期に事業を起こしていた大阪の企業、DC7は先駆者ならではの課題を抱えていた。 ユーザーの目となる「カメラ」との戦い クレーンゲームは景品獲得のために繊細なボタン操作が求められる。 プレイヤーは透明な箱の中にあるアームの位置を左右から何度も確認し、狙った景品に近づけていく。 この繊細な操作感を遠隔で実現するには、リアルタイムかつ低遅延な映像配信システムが必要になる。 DC7の河合剛志さん 「当時、プレイヤーには『PCで遊ぶなら有線接続で、スマホであればWi-Fi環境下でお楽しみください』とお伝えしていました。 どこでもクレーンゲームが遊べるというには条件が厳しかった」と、DC7の河合剛志さんは赤裸々に話す。 DC7が始めたオンラインクレーンゲーム「どこでもキャッチャー」のサービス開始当時は、通信環境が潤沢ではなかった。 しかし、この数年でオンラインクレーンゲームを取り巻く環境は変わってきた。 通信環境が改善されただけではない。 景品メーカー、リアル店舗を持つゲームセンター事業者、アーケードゲームも手掛ける大手ゲームメーカーなどが続々とオンラインクレーンゲーム事業に参入してきたのだ。 「ゲームは見た目が大切です。 新規参入業者は新しいシステムを使うので見栄えのいいゲーム画面を提供できる。 後発と比べて、私たちの映像クオリティーが見劣りしつつありました」(河合さん) その上、カメラの機材トラブルが慢性化するという致命的な課題も浮上していた。 DC7ではクレーンゲームの正面や横、上といったアングルからの映像をプレイヤーに届けるため、200台ほどあるクレーンゲームの筐体それぞれに8〜10台のカメラを設置している。 DC7の大木敏夫さん DC7で現場責任者を務める大木敏夫さんは「担当者が壊れた超小型PCを1〜2時間かけて復旧させる間、他の作業が手につかない状況が続いていました」と苦労を打ち明ける。 カメラの映像が止まるということは、そのクレーンゲームが稼働できないことを意味する。 Webサイトを訪れたユーザーの欲しいと思う景品がそのマシンに入っていたとしたら、大きな機会損失となる。 「ユーザーはゲームを楽しんでもらうことはもちろんですが、現場スタッフに負荷がかかる状態をなんとかしたいと考えていました」と河合さん。 そこで「映像クオリティーを含めたシステムアップデートが簡単にできること」「メンテナンスが容易であること」を条件に、遅延の少ないリアルタイム映像配信が行えるシステムを探すことになった。 いくつかあるSDKの中からブイキューブが提案したのは「agora. io」だった。 agora. ioは、5億以上のアプリに組み込まれ、100カ国以上で利用された実績があり、ボイスチャット、ライブ配信アプリ、ライブコマース、オンライン英会話、Web面接、遠隔医療、コンタクトセンターなどの幅広い用途に活用されている。 DC7の河合さんは、他の大手映像配信システムや外資系クラウドサービスのライブ動画ストリーミング機能を使った開発なども考えたが、いずれも遅延より画質を重視したシステムであったことや、開発コストの問題があった。 これらの理由から「agora. io一択となった」と当時を振り返る。 「サービス開始当初のシステムは自社製でしたが、映像クオリティー向上や動画フォーマットの変更といったアップデート、メンテナンスにはコストがかかります。 『餅は餅屋』。 プロにお任せしよう、良いソリューションがあるなら、それに乗っかろうということになりました」(河合さん) 同社は2020年2月、どこでもキャッチャーで使われている映像システム全てにagora. ioの導入を完了。 稼働が始まった直後から設定変更の容易さや、画質やフレームレートを上げたにもかかわらず遅延が少ないことに驚いたという。 「それまでは毎日どこかのカメラが不調になっていたが、現在は2週間に1度という頻度に激減しました」と、大木さんもagora. ioへのリプレースに乗り気だ。 不具合発生時のリセットにかかる手間も大幅に削減され、経験が少ないスタッフでも復旧作業が行えるようになった。 「正直なところ、画質をアップするだけであれば、私たちのシステムでも対応できるでしょう。 しかし、日々現場での復旧作業にかかる時間的コストと現場スタッフの負担の軽減、これからの開発コストなどを考えると、agora. ioに分があるのではないかという結論に至っています」(河合さん) 次の5年と、その先を見据えて 前職でもオンラインゲームに携わってきたという河合さんは、「オンラインサービスは5年周期で何かが起きると考えている」と話す。 「スタートのタイミングで盛り上がり、徐々にユーザーのアクティブ率が下がっていき、5年目に大型アップデートをかけてユーザーを取り戻す。 続いているサービスはそういう施策を打っている。 私たちもagora. ioを使うことで、次の5年を迎えられるようなサービスを提供していきたいです」(河合さん) システムの基盤に余裕が生まれたことで、河合さんらは新たな施策も考えられるようにもなった。 現在はオンラインクレーンゲームで遊ぶユーザー同士でコミュニケーションをとれるようにする仕組みを検討中という。 目指すのは実際のゲームセンターで自然と発生するようなにぎやかさだ。 「TwitterなどのSNSでオンラインクレーンゲーム愛好者たちのコミュニティーが生まれています。 ゲーム内でユーザー同士のコミュニケーションが取れるようになればうれしい」(大木さん) 予算の都合もあり、agora. ioを導入するタイミングでは既存のカメラ機材を使うという。 しかし、今後カメラ機材のアップデートを行ったとしてもシステム改修は不要だ。 配信設定を後から細かく変更できるため、今後通信環境が発達して高解像度化が容易になっても対応できると河合さんは期待を寄せる。 「現状のサービスでは、さすがに4K画質までは不要と考えていますが、競合他社が映像品質を上げたとしても追従できるでしょう。 システムが運営しやすいからスタッフに優しい、ユーザーにもうれしい。 次の5年……いや、agora. ioが無くならない限り、永遠に使い続けられると期待しています」(河合さん).

次の

“ゲーセン衰退”で注目される「オンラインクレーンゲーム」 映像配信の課題に先駆者企業はどう立ち向かった?

オンライン クレーン ゲーム 取れる

オンラインクレーンゲームとゲーセンのクレーンゲームはどっちが取りやすい? オンラインクレーンゲームとゲーセンのクレーンゲームはどちらが取りやすいのでしょうか。 クレーンゲームが苦手、初心者の方はオンラインクレーンゲームが取りやすいです。 クレーンゲームが上手い方はゲーセンのクレーンゲームが取りやすいです。 最近のクレーンゲームは3本爪の確率機と呼ばれるトリプルキャッチャーやデカクレが主流です。 ゲーセンのぬいぐるみはほぼ全てこの3本爪のクレーンゲームに投入されています。 そしてこの3本爪のクレーンゲームは、 ゲームセンターが設定した金額に達するまでほぼ確実に取れない仕様です。 初期状態でプレイするとぬいぐるみ1個取るのに3,000円は最低かかります。 確率機の仕様について詳しく知りたい方は別記事で解説していますのでこちらを確認してみてください。 オンラインクレーンゲームのメリットとデメリット ここではオンラインクレーンゲームのメリットとデメリットについて解説します。 タイミングが良い所で空いたらハイエナプレイもできますね。 たまにクレーンゲームがやりたくなる方には特にオススメですね、コツコツポイントを貯めて無課金でゲットすることもできます。 【PR】スマホで遊べるクレーンゲーム【カプとれ】 ゲーセンのクレーンゲームのメリットとデメリット ここではゲーセンのクレーンゲームのメリットとデメリットについて解説していきます。 その分取れるまでの設定金額は高めに設定してあるので、1回あたりのプレイに対する心持ちの違い程度ではあります。 消費税増税によりさらに設定が厳しくなっている店舗も多数あるでしょう。 24時間いつでもプレイ可能• ゲーセンにあるクレーンゲームと同じクレーンゲームが遊べる• 獲得した景品は無料配送• 毎日ログインボーナスがある• 常時200種類以上の景品がある ギャポリー ギャポリーのメリットは何と言っても 20回連続リトライすると確実に景品が取れる点ですね。 (全部で21回プレイするとゲットです) クレーンゲームの最大の不安は「取れるかわからない」「取れなかったらどれだけお金がかかるかわからない」ですよね。 その不安をギャポリーは解消してくれます。 もちろん20回までに十分取れる可能性はありますし、もし20回かかったとしてもAmazonなどで転売されている価格よりも安く手に入れる事ができます。 特にフィギュアはゲーセンでは3〜4千円以上かかる設定になっている所が多いので、ギャポリーでの最高金額設定(21回分)の方が安い場合が多々あります。 ゲーム自体も直接クレーンゲームをプレイするタイプではなく、制限時間中にメダルをすくって景品を押し出すタイプなので、クレーンゲームが苦手な方にもオススメです。 まとめ 以上、オンラインクレーンゲームとゲーセンのクレーンゲームはどっちが取りやすい?でした。 初期のオンラインクレーンゲームはアーム設定が弱く、取れない所も多々ありましたが、そういった所はクチコミでどんどん評判が悪くなり、淘汰されていきました。 オンクレで取りやすくなった分、現在ではゲーセンのフィギュア転売を目的にしている方もオンクレでプレイしているようです。 YouTubeでゲーセンの攻略動画が増えたり、昨今の副業ブームでフィギュア転売を目的とした方が多数ゲーセンに来るようになりました。 ちょっと設定が緩かったりすると景品が根こそぎ取られていくので、ゲーセンとしては設定を厳しくしていくという対策を取らざるを得なかったりします。 私がゲームセンターに勤務していた頃も転売ヤーと呼ばれる転売目的の方が多数来店し、たくさん景品を取って行きました。 普通に1個2個取られる分には問題ないのですが、価値のある景品や取りやすい景品だと全部取ろうとするんですよね。 その為個数制限や、設定自体を厳しくして対応していました。 そうすると一般のお客様はより難しくて取りにくくなってしまうんですよね。 ゲーセンは景品1個当たりの取れる金額が決まっています。 転売屋さんに安く取られた分は、その不足分を一般のお客様に上乗せして取ってもらうという事になるんです。 さらに消費税も2%上がったので、プレイ自体は100円から値上げできないので、景品の取りにくさで補います。 つまりゲーセンの景品はどんどん取りにくくなっていってるって事ですね。 ですのでゲーセンで働いていた私からすると、ゲーセンで取るよりもオンラインクレーンゲームで取る方が安く取れるというのが結論です。 アプリの『とれたね』も『ぽちくれ』もログインボーナスがあるので、プレイしなくてもインストールしておいて、ログインボーナスを貯めていくのをオススメします。

次の

クレーンゲームが下手でも必ず取れるオンラインクレーンゲーム【ギャポリー】

オンライン クレーン ゲーム 取れる

クレーンゲームが苦手だけど、ゲーセン専用プライズが欲しい! ゲーセンのフィギュアはゲームセンター専用プライズとして発売されているので、入手する為にはゲーセンで自力で取るか、Amazonやメルカリなどの転売ショップなどから購入するしかないですよね。 自力で取る為にクレーンゲーム攻略記事を読んだり、YouTube動画を見て研究してる方たくさんいると思います。 しかし予習をして実際にプレイしてみるとなかなか取れない、何回やっても取れなかったという経験をした方は多いのではないでしょうか? 10年ゲームセンターに勤務していた私ですが、サポートしてもなかなか取れなかったり、取れずに諦めていった方をたくさん見てきました。 そういう場合はしぶしぶAmazonなどで高額で転売されているのを購入するしかないですよね。 でもちょっと待ってください。 クレーンゲームが下手な方でも必ず景品を取ることができるオンラインクレーンゲームがあるんです! この記事ではクレーンゲームが苦手・下手な方でも絶対に景品が取れるオンラインクレーンゲームをご紹介します。 ギャポリーのクレーンゲーム景品はいくらで取れる? ギャポリーは通常のクレーンゲームと違うプッシャー式のゲームになっています。 その為クレーンゲームではなかなか出ない1発ゲットの可能性もあります。 どんなに取れなくても最大では21回プレイで獲得できるので、1〜21回の間のどこかで獲得できるという事ですね。 そこで1回の最安値と、最大値の21回の最高値を調べてみます。 コインの価格 まずはプレイに必要なコインの価格です。 価格 コイン お得 1,000円 1,400 400 10,000円 11,000 1,000 5,000円 5,450 450 3,000円 3,210 210 1,000円 1,050 50 500円 500 0 1番上の1,000円のレートは初回限定のボーナス価格です。 概ね1円=1コインですね。 1万円分購入すると1割分の千コインボーナスが付くので、ガッツリやる場合はこちらが一番お得です。 1回のプレイ料金 ギャポリーのクレーンゲームは景品によって1回のプレイ料金が違います。 1PLAY130ポイント〜500ポイントが相場です。 画像にあるような新景品の1PLAY170ポイントで計算してみましょう。 1PLAY170円ですので、21回PLAYだと3,570円ですね。 1万円チャージの1割ボーナスを利用すると考えると景品1個あたり153円〜3,213円でゲットできる事になります。 ここで気になるのが 最もお金がかかった場合の3,213円って高いの?安いの?というところですよね。 その点について元ゲーセン店員の私が、ゲーセン目線と、Amazonなどの転売相場目線で解説します。 ギャポリーでクレーンゲーム景品を取ると安い? ギャポリーで景品を取る場合、先ほどの例の場合ですと最大3,213円かかります。 さて、これは高いのでしょうか安いのでしょうか。 フィギュアの入手方法であるゲームセンターと、Amazonなどの転売価格と比較してみます。 ゲーセンとの比較 ゲーセンでのフィギュアは1個あたり約3,000円以上を想定して仕掛けが作成されています。 たまに設定ミスやラッキーで3,000円以下で取れる事もありますが、どうしても取れない方にサポートするのは3,000円以上からの場合が多いです。 また、プレイ回数をきちんと見ない、サポートしないようなゲーセンだと3千円・4千円以上かかるのもザラにあります。 これを考えると最大3,213円で確実に取れるのはかなり安いですね。 Amazonとの比較 ドラゴンボールZのバーダックフィギュアをAmazon価格で調べてみましょう。 2600円で販売されていますね。 こちら10月17日発売予定の新景品ですので、発売されて人気が出るとさらに値上がりする可能性があります。 鬼滅の刃フィギュアは人気が高すぎて1個6,000円くらいで取引されていますね。 この時点での価格で比較するとギャポリーの方が高いですが、最大でかかった場合との比較なので、このくらいの価格差ならばプレイした方が安いですね。 フィギュア価格はレア度・人気によって価格差が激しいので、プレイする前にAmazon等で価格をチェックするのをオススメします。 大人気の鬼滅の刃フィギュアはすぐに完売になってしまうので、欲しい方は発売日に急いでプレイした方が良いですね。 ギャポリーのオンラインクレーンゲーム攻略法 ここからはギャポリーのクレーンゲームの攻略法を解説します。 step 1景品を落とし口ギリギリまで押し出す 普通のプッシャー機のようにメダルをすくってプッシャーテーブルにメダルを落とします。 メダルをすくう際も、アームがメダルを弾いてプッシャー側に飛んでいくので、これでも景品が押されます。 むしろこちらの方がガンガン景品が動きます。 効率良く押す為には、プッシャテーブルが出きってから1マス分戻ったタイミングで「すくう」と、テーブルの隙間にメダルがたくさん入りやすいです。 すくったメダルは、坂道部分の板が伸び縮みしているので、左側を狙うなら伸びたタイミングで、右側を狙うなら縮んだタイミングになるようにメダルを「おとす」。 初期位置が重要 初回の景品投入時にメダルの上で転がって初期位置が変動します。 ゲームの特性上、左側に流れやすいので、手前の落とし口ではなく左の穴に落ちてしまう事もあります。 ですので下の画像のような、真ん中より右寄りに初期値が来るとチャンスです。 step 2カゴが来たタイミングで景品を落とす カゴが来るタイミングに合わせて、景品が落ちるようにメダルをすくいます。 実際にすくってから景品を押し出すまで時間がかかるので、カゴが反対側にいるタイミングですくうのがベターです。 コインを十分に用意しておく 最も重要なのは、 最大回数の21回分プレイできる準備をしておく事です。 プレイ途中でチャージする事もできますが、肝心な時に決済できないと困るので、前もってチャージしておくのをオススメします。 途中で諦めたらゼロで丸損ですが、最大回数でもゲットできればゲーセンでプレイして取るよりもお得な場合がほとんどですよ。 ギャポリーを無料でプレイするには ギャポリーにはコインでプレイするクレーンゲームの他に、ポイントでプレイするクレーンゲームがあります。 このポイントはなんと新規無料会員登録するだけで1,000ポイントプレゼントされます。 さらにギャポリーのツイッターアカウントをフォローすると500ポイントプレゼントされます。 さらにさらに友達を招待すると、招待した方もされた方も400ポイントプレゼントされます。

次の