バークシャー ハサウェイ 株価。 【バフェット】バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway:BRK.B)の銘柄分析【米国株】

バークシャー・ハサウェイ

バークシャー ハサウェイ 株価

33日間(暦日ベース)では34%下落し、歴史上で最も短期間で最も急激な下げを記録しました。 記録的な振れ幅で株価が暴落している今こそ、オポチュニティー(機会)戦略の投資家が動くタイミングです。 特に、株価が現在2017年第4四半期以来の低水準にあるバークシャー・ハサウェイ NYSE:BRK. A NYSE:BRK. B は特に注目したい銘柄です。 筆者が同社株を注目する7つの理由を説明します。 バフェット氏があなたのポートフォリオ・マネジャーに 著名な投資家でありバークシャーの最高経営責任者(CEO)であるウォーレン・バフェット氏のバイアンドホールド戦略の結果、この50年間でバークシャーの時価総額は約4000億ドル上積みされました。 「オマハの賢人」と呼ばれる同氏は、バリュー株や持続可能な競争優位性を備えた企業を見出すことに優れた才能があります。 また、自身の「他人が貪欲な時には慎重に、他人が慎重な時には貪欲に」という言葉通り、バフェット氏の成功した長期投資銘柄の多くは、まさに我々が現在直面しているような、弱気相場や不透明感が高まる局面で買い求めたものです。 バークシャー株を保有するということは、バフェット氏の築き上げたポートフォリオを手に入れるということなのです。 実績は語る バフェット氏の名前だけでは説得力に欠けるという方のために、バークシャー株のパフォーマンスを見てみましょう。 3%でした。 さらに、同期間(55年間)でバークシャー株がマイナスリターンだった年は11回、反対に少なくとも10%以上のプラスリターンを記録した年は35回ありました。 配当収入は年間 47 億ドル 黒字を維持し、持続可能な競争優位性を備えた企業の株を保有する利点の1つは配当です。 バークシャーが保有する52銘柄のうち3分の2は現在、配当を行っており、バークシャーの配当収入の合計はこの1年間で47億ドルとなる見込みです。 特に興味深いのは、バークシャーの利回り(初期投資額に対する配当利回り)の高さです。 同社のポートフォリオ全体の初期投資費用(簿価)は1100億ドルで、利回りは毎年4%を超えています。 例えば、バークシャーが長期保有するコカコーラ NYSE:KO は当初の投資額に対して高い配当を受け取っているため、投資したお金が2年ごとに倍に増えています。 現金残高は過去最高水準 投資の目利きであるだけでなく、バフェット氏はここぞという時に手元資金が重要であることもよく理解しています。 2019年第4四半期末時点の同社の現金残高は、1280億ドルと過去最高に迫る水準でした。 この2カ月の間にバークシャーがこの資金の一部を投資に向けたであろうことは容易に想像できます。 さらに、潤沢な資金は大きな変革をもたらすような買収案件を決断する助けにもなります。 健全な株主還元方針 バークシャーに難をつけるとすれば、同社には47億ドル(2020年予測)もの配当収入がありながら、自社の株主には無配を続けている点でしょう。 しかしこれは、バフェット氏が現金はさらに現金を生む用途に使うことを目指しているからに他なりません。 無配でも株主のことを忘れている訳ではなく、バークシャーは自社株買いに積極的です。 2019年の買い戻し総額は50億ドルにのぼり、株数ベースで発行済株式の1%相当を削減しました。 発行済株式の減少は1株当たり利益を押し上げる効果があり、結果的に、バリュエーションの魅力が高まります。 株価は米国景気に連動 筆者がバークシャー株を「バイアンドホールド」と強く主張する6つ目の理由は、同社株への投資はすなわち、米国もしくは世界経済の長期の成長見通しへの投資である点です。 バークシャーのポートフォリオは明らかに景気の動向に敏感な構成になっており、景気の拡大期には好調なパフォーマンスを示します。 後退期は逆と言えますが、拡大期は後退期より高い頻度で現れます。 バフェット氏が好むのは金融セクターで、中でも「マネーセンター」と呼ばれる大手金融機関のバンクオブアメリカ NYSE:BAC 、USバンコープ NYSE:USB 、JPモルガン・チェース NYSE:JPM 、ウェルズ・ファーゴ NYSE:WFC などを保有しています。 景気後退局面では、大手銀行はローン返済延滞率の上昇や純金利収入の減少などの打撃を受けがちですが、反対に景気拡大局面では、キャッシュ創出マシーンに転じます。 また、配当と自社株買いを合わせた株主還元率の高さでもトップの水準にあります。 業種をまたぎ多岐にわたるビジネスを保有 最後は、バークシャーの株を保有するということは、バフェット氏率いるチームが数十年に渡って買収により集めた企業群を保有することを意味します。 バフェット氏は手元資金で丸ごと一企業を買うこともあるでしょう。 50年の間にエネルギー、保険、運輸、小売りと多岐にわたるセクターの企業を傘下に収めてきました。 この中には自動車保険会社 GEICO(ガイコ)や鉄道会社のBNSFも含まれます。 バフェット氏はこの4年間、企業買収に関し細かな指示をする立場からは一歩引いています。 しかし過去の実績からわかるのは、同氏が買いと判断するのは、バークシャーにとって長期にプラス効果がもたらされると考えられる案件だということです。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。 元記事の筆者Sean Williamsは、バンク・オブ・アメリカ株を保有しています。 モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)を保有し、推奨しています。 モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2021年1月の200ドルのロング・コール、2021年1月の200ドルのショート・プット、2020年6月の205ドルのショート・コール)。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の

【米国株動向】バークシャー・ハサウェイの決算内容と株価の今後について

バークシャー ハサウェイ 株価

バークシャー・ハサウェイ(BRK. B)の事業内容 バークシャーやバフェットの成り立ちは本を読んでもらうとして、この記事ではまず事業分析をやっていきたいと思います。 といっても寄せ集めすぎて分析しにくいですけどね。 とりあえず3Cで分解してみましょう。 事業内訳 良い会社がお手頃価格で落ちているのを見つけたら、普通の人は株を買おうとします。 バフェットは会社ごと買ってしまおうとします。 言ってしまえば、その違いです。 そのおかげで、バークシャーの事業は多岐にわたっていて、それぞれのシナジーというものを特に考えていません。 バークシャーという大きな枠の中での資産配分を最適化しますが、個々の経営については買収後も元の優秀な経営者に引き続き一任しています。 過去3年の売上・利益内訳は以下の通り。 (出典:バークシャー・ハサウェイIR) 見にくいのでグラフ化しました。 多数の子会社を有するコングロマリットと言えるでしょう。 売上これ。 保険、製造、小売が大きめです。 利益これ。 利益にすると保険と投資事業が重要ということですが、投資についてはこれでも含み益分が全く乗っていません。 多すぎてよく分からんという感じかもしれませんが、1つずつ見ていきましょうね。 保健事業、再保険事業:主力は保険会社 GEICO(ガイコー)やジェネラル・リー、NRGを買収で手に入れ、損保、生保とその再保険についてビジネスを展開しています。 特徴は再保険、再々保険事業です。 これは何かというと、要は保険の保険ですね。 保険会社がリスク分散のために自分の保険責任の一部を他の保険会社に受けてもらうものです。 バークシャーは莫大な資産を担保に再保険事業をやっているのです。 リスクを引き受ける代わりに一定の利子バークシャーは世界最大の再々保険事業者でもあります。 (出典:バークシャー・ハサウェイIR) 全部挙げるとキリがないので、代表的なものをいくつか。 工業製品の製造、建築、賃貸、フライト、小売、そして繊維業……何でも屋ですね。 マーモン・ホールディングス:マーモン社が銅の精製や配管・ワイヤーなどの製造、傘下のマーモン・ヘリントンが重量車両用のアクスルやトランスファーケースを製造しています。 ショー・インダストリーズ:カーペット製造世界2位。 シーズ・キャンディーズ:チョコレートの製造販売。 私は食べたことないですね。 クレイトン・ホームズ:プレハブ住宅販売。 48州で販売しているらしいですが、移民層向けのビジネスなんでしょうか。 FSI:フライトサービス。 飛行訓練サービスだそうです。 ネットジェッツ:世の中がITバブルに踊る中で物色した、ビジネスジェットのオーナーシップ販売(部分的な所有権の販売)。 ネブラスカ・ファーニチュアー・マート:家具屋の小売店だそうです。 東京ドームより大きなショールームを抱えています。 McLane:コンビニやドラッグストア等に食料品を供給しています。 かなり大きいです。 あとバークシャーの元となった繊維業も続いています。 フルート・オブ・ザ・ルーム、ブラウン・シュー・グループなど。 リース、金融事業 マーモンやクレイトンなど、一部は被っている(こっちで計上?)ようです。 (出典:バークシャー・ハサウェイIR) バフェット銘柄一覧は表にしています。 リンクがあるものは個別分析記事に飛びます。 逆に、これらバフェット銘柄については、バフェットの動向で大きく株価が上下するので注意が必要です(例:IBM)。 2 WFC 17. 9 KO 11. 2 IBM 9. 1 AXP 7. 6 Phillips 66 PSX 4. 7 AAPL 4. 5 U. Bancorp. USB 3. 0 Delta Air Lines, Inc. DAL 2. 0 Charter Communications CHTR 1. 8 BRK. B 0 また、投資事業(収益)について2つ補足事項があります。 投資収益はPLに出てこない:株を持ち続けている間は莫大な含み益が確定しないので、損益計算書(PL)に表現されません。 出てくるのは配当収入のみです(これだけでも莫大ですが)。 オーナーという考え方:私達にとってはリターンを最大化させることかもしれませんが、バフェットはオーナーですのでそれぞれの事業が利益が最大化されれば良いのです。 後に見るように、配当よりも内部留保を選ぶ理由がここにあります。 8%と圧倒しています。 すごすぎですわ。 これまで長期に渡って、バークシャー・ハサウェイは確かなリターンを約束してきました。 このデータを信じてバークシャーに投資するも一興。 市場 どの市場というセグメントで戦っていないので、市場分析は意味がありません。 リスク要素 大きくなりすぎたバークシャー 100万円を200万円にするより、1億円を2億円にするほうがずっと難しいです。 精神的な理由はもちろんですが、規模が大きくなりすぎると自分の売買が株価に影響してしまうのです。 バークシャーの時価総額は4460億ドルで世界6位(1~5位はFAAMG)、もう世界の上澄みまで到達してしまったのです。 参考 どんな優良株を1つ手にしたところで、全体のパフォーマンスに与える影響は微々たるものです。 こうした中で市場平均をアウトパフォームし続けるというのは大変難しいことです。 一方で、投資家の期待は非常に高いです。 それでもバフェットなら……という思いは株価を押し上げ、皮肉にもバフェット自身にとってバークシャーは割高な株になってしまっているのです。 スティーブ・ジョブズからティム・クックに変わって、確かに最高益は出しているものの、アップルは革新的な製品を出せなくなっています。 サッカーで言えばマンチェスター・ユナイテッドを27年率いたボス、アレックス・ファーガソンが引退して以降中々持ち直せていない状況を見るに、やはりカリスマ指導者の次は難しさとやりにくさがあるのでしょう(どうしても比較されたり、期待値にギャップがあったりで)。 バークシャー・ハサウェイ(BRK. B)の財務分析 PL この規模の会社がここまで成長しているのは驚きです。 言うことなしです。 事業内容を見ていると、景気に関わらず安定して収入が入りそうな保険事業や公共事業を軸に、そこで得たキャッシュを他の投資先に振り分けているので、不景気にもそこそこ強いかなと見えます。 利益もガッチリ積み上げていますね。 BS 安定しています。 加えて投資による莫大な含み益があるので、安全性について疑問は一切ありませんね。 CF キャッシュフロー余力も十ニ分にあります。 何も言うことがなさすぎますねw 株主還元指標 バフェットは配当は税金がかかるとして配当還元をしません(未来には配当も出す可能性を示唆していますが)。 ついでに言えば株式分割もやらないし、ストックオプションに至っては論外と切り捨てています。 自社株買いについては傘下の企業に推奨していますが、バークシャーはほぼやらないですね(一応、PBRが1. 2倍を割り込んだらやるというルールです)。 じゃあ何をしているかというと、内部留保して再投資に回しているということです。 バフェットからすれば、どうせフルインベストメントなのだから出金したら税金が取られるだけ損じゃないか、というロジックですね。 バークシャーはオーナーなので配当で利益が確定することに旨みはありません。 となるとキャピタルゲインによる還元のみになります。 インカムゲインと比較して本来不確かな還元になるはずですが、バークシャー・ハサウェイの過去リターンを見れば分かる通り、長年にわたって株主還元に成功しています。 直近配当利回り:0. B)の株価、チャート分析 とりあえずリアルタイムチャートのリンク置いておきます。 過去の最高値、最安値 飛んで飛んで最高値更新中。 キャピタルゲイン狙いなのに今から買っても利益は少ないでしょうね。 株式分割はやらないので、急に下がるにはショック待ち。 最高値:183. 49ドル(現在)• 最安値(リーマンショック後):44. 82(2009年2月) 今後の値動き予測 5年チャート 落ちる気配なし。 きれいなチャートですね。 バークシャーって出来高多いんでしょうか。 短期売買が多くなるとノイズが相殺されてテクニカル分析が機能し始めますので、大手の株は線が引きやすいことが多いです。 ただ、バークシャーは長期保有を是とする会社なので、短期売買が多くない気もしますが。 1年チャート ここ1年はなんとなく高値をウロウロした後、自分でつけた175ドル付近の壁をいよいよ突破しました。 既に抵抗帯が存在しないので、どこまで行くとも分かりませんが……すぐには落ちてこなさそうなチャートです。 外部市況次第でしょうか。 バークシャー・ハサウェイ(BRK. B)の投資戦略 まとめにくいのでそれぞれ見てください。 回答 久しぶりに分析記事を書きました。 バークシャーへの投資は初心者にもオススメです。 一方でこうした株こそリスクについても認識しておく必要があります。 バフェットは87歳と高齢ですし、バークシャーも成長しきっていて、しかし株価は史上最高値を突破しています。 注意はしておくべきかと思います。 ちなみに、BRK. Aというのもありますが、これは投資に数千万円が必要なものですので、個人投資家はBRK. Bを購入しましょう。 両者は議決権に違いがありますが、まあそこまで気にしないで大丈夫です。 これまで調査してきた米国株の個別銘柄記事リストをまとめました! 企業名クリックで各詳細記事に飛ぶことが出来ます。 企業名 (リンク先は分析記事) ティッカー 業種区分 主力事業、ブランド AMZN IT ネット小売、クラウド GOOGL IT 広告(検索)、AI AAPL IT iphone MSFT IT OS、Office365 FB IT 広告(SNS) IBM IT クラウド、AI INTC IT 半導体(PC、サーバ) QCOM IT 半導体(モバイル) NVDA IT 半導体(GPU) ORCL IT ソフトウェア(DB) OKTA IT オクタ CSCO IT ネットワーク機器 BABA IT タオバオ、Tmall、アリペイ HKG00700 IT テンセント BIDU IT 百度 V 金融 決済インフラ MA 金融 決済インフラ AXP 金融 決済インフラ SPGI 金融 格付け機関 MCO 金融 格付け機関 BLK 金融 運用会社 WFC 金融 商業銀行 JPM 金融 商業銀行、投資銀行 C 金融 商業銀行、投資銀行 WBK 金融 オーストラリア銀行 BRK. B エネルギー 石油メジャー BA 資本財 B787ドリームライナー LMT 資本財 ステルス戦闘機F-35 UTX 資本財 航空機エンジン、エレベーター CAT 資本財 建設機械(油圧ショベル他) GE 資本財 照明、航空機エンジン TSLA 自動車 電気自動車(EV) MMM 素材 ポストイット DUK 公共 電力、ガス.

次の

バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)(BRKB):株価 (無配)|アメリカ株(米国株) | 投資の森

バークシャー ハサウェイ 株価

バークシャーハサウェイは世界有数の投資家であるウォーレン バフェット氏に率いられた投資会社です。 バフェット氏は長期投資の第一人者と言われ、その投資哲学と、実際に長期間にわたって残し続けてきた圧倒的な運用成績にはファンも多く、関連書籍も多数発売されています。 また、数々の含蓄に富んだ名言と、質素な生活ぶりから「オマハの賢人」とも称されています。 今回、バフェット氏率いるバークシャーハサウェイの運用の強さの秘密や、そのポートフォリオの一部をご紹介させて頂きます。 購入銘柄検討の参考にして頂けたら幸いです! 強さの秘密は「負けを最小限に抑えること」! 先ほどもご説明しましたが、バークシャーは過去49年間の運用で年間パフォーマンスがマイナスになったのはたった2回しかありません。 これは驚異的というより他ありません。 長期間の株式運用でもっとも大切なことは「負けない事」です。 こう書くと当たり前のように見えますが、株価の下落するスピードは上昇するスピードの何倍も速いことが多いため、実際に負けを最小限に抑えることは至難の業です。 バークシャーが資産を大きく増やしてこれた理由は、まさにこれなのです。 とてもここで全ては説明しきれませんが、長期保有が前提となるため、競争の激化によって収益性を低下させることがないように注意するのがポイントです。 事実、バフェット氏は事業や収益源が理解できない企業には決して投資しないことで知られており、事業環境や競争状況が短期間に著しく変化するインターネットやハイテク業界の銘柄は保有していません。 一方、上の表にあげた銘柄からは、以下のような共通点が見出せます。 確固たるビジネスモデルを持ち、それぞれの業界でブランドを確立している。 業界そのものに構造的な成長が見込める。 ROE(株主資本利益率)/配当利回りが平均より高めである。 これらを今になって紐解いてみると、「なんだ、バフェット氏の投資って簡単なんだ」とつい思ってしまいがちですが、これらの銘柄の将来性を何十年も前から見抜いて保有し続けたというのが氏の非凡なところでしょう。 実際、今自分でこのような銘柄を探そうと思ってもそう簡単に見つかるものではなく、仮に見つかったとしても、どのタイミングで投資すればよいかが悩ましいところです。 投資手法に正解はありませんが、もし皆様がバフェット流の長期投資を実践したい場合には、その会社の事業環境や競争優位性についてじっくりと考察した上で、自分なりの適正株価をイメージし、投資するチャンスが訪れるのをじっくりと待つ必要がありそうです。 そしてバフェット氏率いるに直接投資することはその一つの方法と言えるでしょう。 バークシャーハサウェイご注文時の注意事項は? に投資する上でご注意いただきたいのは、下の二つです。 過去の運用実績が将来の成果を保証するものではないこと。 バフェット氏がいかに優れた投資家で長期間にわたってすばらしいパフォーマンスを残しているとしても、それが将来にわたって続くという保証はありません。 投資のご判断についてはあくまでも自己責任でお願いいたします。 外貨建商品取引サイトのみの対応となること (8月上旬までの予定) 当面の間、バークシャーハサウェイの株価情報へのアクセスは外貨建商品取引サイトからのみとなります。 ログイン前に外国株式トップページなどから当銘柄の企業情報をご確認頂くことはできません。 予めご了承ください(8月上旬に対応予定)。 なお、注文時のプロセスは他銘柄と同様です。 詳しくは、下図をご確認ください。

次の