男子 バレーボール ワールド カップ 順位。 男子出場チーム

バレーボールワールドカップ2019

男子 バレーボール ワールド カップ 順位

成長、世界との距離、そして希望 一斉に助走を始めるアタッカーの後ろから、後衛の選手が突如、現れてスパイクを打つ。 翻弄された相手ブロッカーが慌てて手を伸ばすものの、強く放たれたボールは鋭い音を立ててコートに突き刺さる。 躍動感あふれる男子バレーボールチームのプレーの連続に、装飾語は必要ない。 強豪国を相手に、果敢に立ち向かう彼らの姿を見た誰もが、彼らの成長や、世界との距離、明るい未来を予感したはずだ。 ワールドカップ2019男子大会が閉幕した。 全日本男子はワールドカップ史上最多の8勝を挙げ(3敗)で実に28年ぶりとなる4位に入賞。 直前まで行われていたヨーロッパ選手権などの影響もあり、主力が揃わないチームもあったものの、戦力を落としてきた相手から星を取りこぼすことなく着々と勝利数を積み重ねた。 何より、その戦いぶりは試合を追うごとに注目を集め、近年ナンバーワンとも言える「勢い」を見せた。 一体、何が変わったのか。 世界のスタンダードであるビッグサーブを推奨 石川祐希(イタリア・パドヴァ)、西田有志(ジェイテクトSTINGS)などのポテンシャルの高さは以前より定評があった。 石川、柳田将洋(ドイツ・United Volleys)など海外のプロリーグでプレーし、世界のスタンダードを実践している選手の存在も大きい。 中でもビッグサーブと呼ばれる強いサーブで相手を攻め続ける戦略は、いまや世界標準となっており西田、柳田のサーブで連続ポイントを挙げるシーンは見ていた人にも強烈なインパクトを残したことだろう。 そしてスパイクでは、ファーストテンポと呼ばれるセットアップの動作より先に助走を始めるはやい攻撃を石川、西田ら多くの選手が実現できていたこと。 セッターとリベロを除くアタッカー全員が一斉に助走する「シンクロ攻撃」を徹底したことも、得点力を上げることができた要因だ。 そもそもシンクロ攻撃はブラジル代表をはじめとする強豪国ではスタンダードな戦術。 石川、西田らがファーストテンポのはやい攻撃を同時に仕掛けることで、相手のディフェンスをかく乱し、スパイク決定力がアップする結果となった。 加えてセッターの力も大きい。 リオデジャネイロ・オリンピックの世界最終予選では終盤、同じ選手にトスが集まり、その選手がつかまって試合を落としたシーンが多かった。 しかし今大会でトスを上げた関田誠大(堺ブレイザーズ)も藤井直伸(東レアローズ)も、ミドルブロッカーの攻撃を中心としてトスを組み立てるのが得意なタイプのセッターである。 加えて今大会で起用された高橋健太郎(東レアローズ)、小野寺太志(JTサンダーズ広島)の両ミドルブロッカーは、これまで日本に多かった、短い助走でコンパクトにスイングするタイプとは違い、しっかりと助走距離を取り、強打でブロックやレシーバーをはじき飛ばせるアタッカーである。 そんな両選手をラリー中や、マッチポイントなどの局面で使えるセッターの存在が8勝を手にできた要因でもある。 課題とされていたブロックも、リードブロックでしっかりとねばり、ワンタッチをとって切り返すシーンが多くみられた。 「コミットブロック(マンマーク)で行ったほうがいい」と指摘する解説者もいたが、リードブロックを中心としたシステムで完成を目指しているフロアディフェンスを考えると、このままリードブロックの完成度を高めることが重要だと感じた。 ディフェンスに関してはまだまだ改善の余地があり、東京五輪に向けてのいちばんの課題といえるだろう。 垣間見えた選手と首脳陣の熱量の差 残念だったのは「勝てる相手からひとつでも多くの勝利を挙げるために主力を温存したい」という首脳陣の消極的な姿勢から、ベストメンバーで臨むことを避けたアメリカ戦だ。 結果、日本はストレートで敗れた。 その後、今大会の順位に関わるブラジル戦では「ベストメンバーで挑みたい」と選手からの申し出があったという。 その世界ランキング1位のブラジルからは12年ぶりに1セットを奪う好ゲームを見せた。 ベストメンバーで真っ向勝負に出たアメリカと戦う現代表も見てみたかったというのが素直な感想だ。 そもそも今年度のスタート時から石川、柳田らは「今期の集大成としてワールドカップでメダルを獲る」と宣言していた。 一方の中垣内祐一監督は「ひとつでも多くの勝利を」と話し、選手と監督の間に熱量の違いを感じていた。 海外でプレーし、海外チームと渡り合っている選手にとって、国際大会でのメダルは叶わない目標ではなく、今となっては現実的な目標だ。 その選手たちの高い意識に、首脳陣がついていけていない印象を終始、受けた大会だった。 ぜひV. LEAGUEの会場へ V. LEAGUE女子大会はすでに開幕しており、10月26日からは男子V. LEAGUEディビジョン1が。 11月2日からはディビジョン2、11月23日からはディビジョン3が開幕する。 ぜひ間近でバレーボールの楽しさを体感してほしい。

次の

石川祐希、西田有志が出場【10/10(木)】W杯男子バレー・日本vsロシア放送予定|FIVBワールドカップ

男子 バレーボール ワールド カップ 順位

もくじ• 10月22日まで無料で観られるというだけに、FODに登録するしかないですよね。 中継を観る限り、これまでより明らかに重さを感じる音がします。 しっかり回転をかければ、以前より強いスパイクになりそう。 サーブ、レセプションはどのチームも課題だけど よく試合のポイントで、サーブやレセプションが挙げられますが、それはどの国も同じ。 背が低く、どうしても身体能力に劣る 日本こそ、サーブやレセプションの精度を上げたいことは事実です。 男女とも8月の親善試合を観たけど、サーブはもっと頑張って欲しいわーーー。 全日本女子:ベンチワーク 全日本女子は、木村沙織のような絶対的なプレーヤーがいません。 その分、選手の調子や相性で変えながら戦っている印象です。 で、これはいいことだと思っています。 レギュラーが固定されると、サブとの戦力差がどうしても出てしまいます。 しかし色々な選手が試合に出ていると、交代後に戦力が落ちるリスクが減ります。 攻守のパターンも多様になるので、状況により積極的に選手を入れ替えることができます。 反面、チームとしての成熟度が落ちるため、つまらないミスで失点というシーンも散見されます。 この熟成度が高まれば、日本独自の強さが出るような気がしています。 今まで以上に監督の采配やベンチワークがポイントになりそうです。 全日本男子:ミドルの決定力 男子はサイドの攻撃力は悪くないと思います。 特に石川祐希選手が進化しているのは頼もしい限り。 ただ、ミドルが弱い印象があります。 セッターが積極的に使っている意図は感じますが、もう少しスパイクやブロックで存在感があればいいんだけどなー。 終わったらVリーグ開幕 来年のオリンピックのために、Vリーグは巻きで開催されます。 女子は10月12日 男子は10月26日 って、女子は男子のワールドカップ中に開催かよ! いずれにせよ、しばらくバレー観戦で忙しくなりそうですね。 今からものすんごく楽しみです。 オススメ本 これ、読んでみました。 単なる観戦ガイドでは終わらず、ポジション別サーブ攻撃の解説など実戦でも使える内容です。 週末バレーボーラーの参考書としても使えます!.

次の

ワールドカップバレー2019男子日本の日程・選手一覧も!|まるっとスポーツ

男子 バレーボール ワールド カップ 順位

特に第2セットは、攻撃と守備が勢いに乗り、ダブルスコアでセット奪取。 4セットも勢いに乗り、日本が 3-1でセルビアを破り初勝利です。 第2セットは接戦の末日本が奪取しましたが、その後は試合巧者のフランスが試合のペースを掴み、1-3で敗れました。 333 5 イタリア 3 2 1 2. 333 6 カナダ 3 2 1 1. 750 7 ポーランド 3 2 1 1. 116 8 ロシア 3 2 1 1. 116 9 アメリカ 3 1 2 0. 714 10 日本 3 1 2 0. 714 11 ブルガリア 3 1 2 0. 571 12 ポルトガル 3 1 2 0. 428 13 ドイツ 3 1 2 0. 375 14 セルビア 3 0 3 0. 444 15 オーストラリア 3 0 3 0. 444 16 中国 3 0 3 0. 日本は1勝2敗の10位で終わり、第2週はホーム・東京(調布)での戦いです。 - ネーションズリーグ2019 ファイナルラウンドの結果! ファイナルラウンドの組み合わせと試合結果は、分かり次第更新します! 開催地はアメリカ・シカゴで、現地時間 7月10日(水)~7月14日(日)の日程で行われます! ファイナルラウンドは、6チームがプールA・Bの2グループ3チームごとに分かれます。 まずA・Bのそれぞれ3チームで総当たり戦が行われ、それぞれの上位2チームが決勝トーナメントに進出します! ファイナルラウンド結果 プールA.

次の