ライン スターバックス カード。 LINEスターバックスカードの使い方!公式アプリのカードとの違いも解説!

重要なお知らせ(2020/06/10)

ライン スターバックス カード

LINE ライン スターバックスカードの使い方を紹介します。 LINEPayからスタバカードの残高にチャージする事で、全国のスターバックスでLINEカードからバーコードで決済する事ができます。 初回登録時には 500円分のLINEPayチャージクーポンを利用する事ができるので、実質ほとんどのコーヒー一杯が無料になるお得なキャンペーンも開催中です! 2019年5月26日まで 500円分お好きなドリンクを飲む事ができますし、スターバックスカードを利用して購入する事で会員ランクがあがり、様々な特典を受ける事ができるのが魅力の一つです。 また、LINEPayの残高還元キャンペーンの対象になる事もあるので、普段スタバをよく利用する方は絶対に使った方が良いお得なサービスとなっています。 500分のクーポンが無料で手に入るキャンペーン詳細 クーポン概要 LINEPayからLINEスターバックスカードの1000円以上チャージすると、500円分のチャージクーポンを利用する事が出来ます。 LINEスターバックスカードの使い方!500分のクーポンが無料で手に入る! また、LINEPayの公式アカウントからのメッセージからも登録する事が出来ます。 「取得する」を選択します。 アクセス許可の画面が表示されるので「許可する」を選択します。 画面の案内に従って進みます。 利用規約に同意して新規発行を選択します。 確認画面が表示されるので再度「新規発行」を選択します。 以上で発行完了です。 スタバカードが利用可能になります。 LINEPayで入金ボタンをタップすると、カード残高にラインペイからチャージする事が出来ます。 利用する場合はスターバックスの店舗でバーコードをかざして決済します。 スタバを利用する毎にポイントが溜まってランクがあがるstarbucksrewardsが利用できるのも特徴の一つです。 チュートリアルが完了すると、そのまま500円分のクーポンを取得できるページに遷移します。 表示されない場合は、一度LINEスターバックスカードを立ち上げなおしてみましょう。 画面の指示に従って進めばクーポンをゲットする事ができます。 LINEPayで残高にチャージする際にクーポンを利用する事が出来ます。 1000円分の残高をチャージする場合、クーポン利用で500円支払いだけでチャージする事が出来ます。 無条件で500円分のチャージクーポンをゲットする事が出来るので、是非登録してみてくださいね。 LINE Payの使い方|徹底攻略ガイド•

次の

スタバとLINEの包括提携スタート LINEアプリから「スターバックスカード」発行可能に

ライン スターバックス カード

クレジットカード• スターバックス カード• LINE Pay• なお、2018年以降スタバで順次拡大しているLINE Payですが、まだまだ対応しているスタバの店舗はそう多くなく、 渋谷や新宿などの一部店舗でしか導入されていません。 スタバで利用可能な支払い方法は店舗により異なるので、気になる方はお店で直接確認してみてください。 LINE Pay ラインペイ ならスターバックスカードの発行・チャージが可能! なんだ、スタバがLINE Payに対応しているといっても、一部の店舗だけなのか…。 と思われたかもしれませんが、 LINE Payはアプリ内でスタバカードを発行できます。 LINEアプリで「LINE スターバックス カード」を発行すれば、 LINE Payでチャージ 入金 を行うことも可能なので、間接的にスタバでLINE Payを使っていけるんですよね。 LINE Payのコード決済に対応するスタバの店舗はまだまだ少ないですが、 「LINE スターバックスカード」であれば日本全国どこの店舗でも利用可能です! なので、スタバでLINE Payを使っていきたいなら、LINE スターバックス カードを利用した方が便利だと言えるでしょう。 スタバでLINE Pay ラインペイ を使えば最大3%のポイント還元を受けられる! スタバでLINE Payを使うとお得なの…? と疑問に思われたかもしれませんが、 結論スタバでLINE Payを使えば最大3%のLINEポイント還元を受けられます! LINE Payの還元率は「LINEポイントクラブ」に基づいて決定され、 その還元率は1%〜3%。 【LINEポイントクラブとは?】 過去6ヶ月間のLINEポイント獲得数に応じて「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4つのランクが適用されるLINEのメンバーシッププログラム。 LINEポイントクラブのランク制度は「マイランク」と呼ばれており、上位ランクへいくほどポイント還元率が高くなったり、特典クーポンの枚数が増えたりします。 LINE Pay ラインペイ でスターバックスカードにチャージすればポイントの二重取りも可能 さらに、LINEアプリで発行した「LINE スターバックス カード」にLINE Payを使ってチャージすれば、 スタバの「Starbucks Reward」とLINE Payとで『ポイントの二重取り』が可能です。 【Starbucks Rewardとは?】 支払い金額54円 税込 で「1Ster」が貯まるスターバックス独自のポイントサービス。 貯めたポイントは、スタバの商品と交換が可能。 なお、スタバのポイントを貯めるにはLINEアプリでスターバックスカードの発行後、「My Starbucks」への会員登録が必要です。 LINE Payでポイント還元を受けるならVisa LINE Payカードが必須! 以上がスターバックスにおけるLINE Payの還元率ですが、結論LINE Payでポイント還元を受けていくなら、 「Visa LINE Payカード」が必須です。 なぜなら、LINE Payでポイント還元を受けるなら「チャージ&ペイ」で決済する必要があり、チャージ&ペイを使うにはが必要不可欠だからです。 なお、LINEポイントは1ポイント=1円で支払いにも使えるので、スタバでの決済やLINE スターバックス カードのチャージにも利用できます。 これで読み取ってもらえれば決済完了です! LINE スターバックス カードを発行する方法 LINE スターバックス カードを発行する方法ですが、まずはLINEアプリホーム画面の「サービス」から「すべて見る」をタップして、「マイカード」を選択しましょう。 「カードをさがす」タブに切り替えて「LINE Starbucks Card」を選択し、「今すぐ登録」をタップします。 以下のような画面が表示されれば発行完了です。 なお、LINE スターバックス カードでスタバのポイントも貯めていきたいのであれば、画面下部に表示されている「My Starbucks会員登録」をタップし、画面の案内に従って会員登録を進めてください。 LINE スターバックス カードにLINE Payで入金 チャージ する方法 LINEアプリで発行したLINE スターバックス カードをスタバで使うなら、 事前に入金 チャージ を行う必要があります。 その方法ですが、まずはLINEアプリの「マイカード」で「LINE Starbucks Card」を選択し、「LINE Payで入金」をタップしましょう。 まとめ:スタバでLINE Pay ラインペイ を使ってお得に決済しよう! 以上、LINE Payはスターバックスで決済に利用可能ですが、LINE Payのコード決済に対応しているスタバはまだ一部のみです。 なので、どうしてもLINE Payから支払いたい方はLINEスターバックスカードを発行しましょう! LINEスターバックスカードを使えばポイントの二重取りも実現しますが、あなたがLINE Payを使って最大3%のポイント還元を受けていきたいなら、 に登録して「チャージ&ペイ」で支払うと良いでしょう。 繰り返しになりますが、LINE Payでポイント還元をゲットできるのはのみです。 今後継続的にLINE Payを使っていきたい方はに登録しておかなきゃ損なので、是非今のうちに申し込んでおいてください!.

次の

LINEスターバックスカードの設定からチャージ方法をリアルに紹介

ライン スターバックス カード

最短で5ステップでカードを発行できる 完全な新規登録の場合は、登録完了の時点で「My Starbucks」(スターバックスの会員プログラム)の「準会員」となる。 準会員は追加の情報登録は不要で、ロイヤルティプログラム「STARBUCKS REWARDS」のStar(ポイント)は集めることができる。 ただし、Starを「eTicket(店内の商品類と交換できる電子チケット)」に交換したい場合は、My Starbucksへの会員登録をした上で「スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ」(/)を別途インストールする必要がある。 なお、My Starbucksの既存会員は、カードの登録時に会員アカウントとひも付けることもできる。 ひも付けておくと、アカウントに登録済みのスターバックスカード(モバイルスターバックスカードを含む)とまとめて残高を管理可能だ。 LINEスターバックスカードは、店頭では通常のスターバックスカードと同様に使える。 現金やクレジットカードによるチャージもOKだ LINE公式アカウント スターバックスは従来、Twitter、Facebook、InstagramやPinterstといったSNSに公式アカウントを設置してきた。 これらのアカウントはオープンにアクセスできる反面、顧客との1対1のコミュニケーションには若干不向きな面もある。 今回の提携を機に、同社は「『パーソナル』で『クローズド』な」(濱野氏)の特性を生かしたLINE公式アカウントを開設。 機能を順次拡充して「1to1(ユーザー個々人に合わせた)コミュニケーション」の実現を目指す。 1to1コミュニケーションの実現には、LINEスターバックスカードから取得した購買データも活用するという。 将来的にはLINEスターバックスカードを通して取得した購買データをもとに、ユーザーに最適化されたリコメンデーションをすることも検討している 「LINE Pay」導入 現在、スターバックスでは東京都内と福岡県内の計10店舗で「LINE Pay」によるコード決済を導入している。 今後、2020年夏をめどに「原則として全店舗」(スターバックス 水口貴文CEO)においてLINE Payのコード決済への対応を進める。 「原則として」としているのは、ショッピングモールなど、テナントとして出店している店舗の一部が非対応となる可能性があるため。 テナント出店の場合、現金以外の支払いは出店先が用意した端末を用いなければならないことがある。 このようなケースにおいて、端末で扱えない決済方法を利用するには出店先と交渉が必要となる。 そのため、出店先によってはLINE Pay非対応となるかもしれない。 関連記事• LINEとスターバックスコーヒージャパンが包括的な業務提携を結んだ。 2019年春をめどに、スターバックスのLINE公式アカウントを開設する。 また「LINE Pay 据置端末」を2018年内に一部店舗から順次導入する。 LINE Payが、Visaブランドが付与されたクレジットカードの発行を2019年内に開始する。 詳細は別途発表されるが、初年度のカード利用還元率は「3%」と高めに設定される見通しだ。 LINE Payは、11月21日にAndroidユーザー限定で非接触電子マネーサービス「QUICPay」での支払いへ対応。 「Google Pay」に初回登録したユーザーへ「LINEポイント」1000ポイントをプレゼントする。 専用のカードやバーコード/QRコードを使って決済ができる「LINE Pay」。 メリットは、LINEを利用していれば、面倒な手続きなしにLINE Payのアカウントを取得できること。 不満点は? 関連リンク•

次の