メドレー 口コミ。 ジョブメドレー(介護)の評判は悪い?3395件の口コミを掲載中

ジョブメドレーの評判は良い?リアルな口コミとおすすめな人の特徴

メドレー 口コミ

ジョブメドレーにおける利用の流れ まずはジョブメドレーを利用する流れを簡単にまとめていきます。 登録したら電話がかかってくるのか、個人情報はどこまで公開されるのか、利用料金は本当に請求されないのか…。 そんな気になるポイントにも触れながら解説します。 STEP1. 会員登録 ジョブメドレーを利用するには、まず会員登録を行います。 登録時・利用時に転職者が負担する料金は無料です。 氏名などの情報を入力する必要がありますが、個人情報がすべての求人機関に伝わるわけではありません。 年齢や性別、保有資格などは公開されますが、 氏名などプライバシーに関わる事項は応募した機関にだけ送られます。 登録時には安心して入力してOKです! ちなみに、転職サイトによっては登録して間もなく電話がくることがあるようですが、 ジョブメドレーから電話はきませんでした。 詳細は後述しますが、筆者の場合はLINE連携をさせたので、そちらから連絡がきました。 STEP2. 求人を検索 会員登録をしたら、実際に求人を探してみましょう。 看護師・介護士など求人数が多い職種の場合は、さらに細かな条件を入れて検索してみてください。 STEP3. 応募する 気になる求人があれば、自分で応募することになります。 ジョブメドレーのサイトからWeb上で応募できるので、この段階で「ジョブメドレーの求人を見たのですが…」とドキドキしながら電話をかける必要はナシ。 応募の時点で、「まずは詳しいお話を伺いたい」「一度見学してみたい」という旨を伝えても問題ありません。 実際に応募したあとには、電話などで直接事業所とやりとりする可能性もあります。 基本の登録方法 ジョブメドレーに登録するときは、大きく分けて2つの方法があり、 職種によっても使える方法が異なります。 ただ、どちらもジョブメドレーにアカウントを作成する作業であることには変わりありません。 こちらはスマホ版ですが、パソコン版でも「会員登録」というボタンがすぐに見つかるはずです。 ここから必要事項を入力すれば登録できます。 こちらは全職種共通となります。 たとえば、看護師・准看護師の方の場合は、こんなページが用意されています。 ジョブメドレーのサイトですが、こちらは看護師さんに特化したPR内容が書かれていますね。 このページの下部には、次のような形で会員登録できるところがあります! 該当する項目にチェックを入れていけばOKです。 看護師・介護士・保育士の方は簡単に登録できるサイトが用意されているので、こちらを利用するとスムーズでしょう。 パソコンからアクセスする場合は、次のように2つの選択肢が提示されます。 ジョブメドレーをLINEの友だちに追加する際は、こちらのQRコードを使うか、LINEのID検索を利用します。 手っ取り早いのはQRコードでしょうか。 これでLINEを使ったサポートが受けられるようになりますよ! ジョブメドレー登録後にはプロフィール編集を! ジョブメドレーに登録したら、まずはプロフィールを充実させる作業を行いましょう。 あとからでも編集できますが、登録したら事業所の方があなたのプロフィールを見る可能性があるので、 早めに入力しておくことをおすすめします。 それぞれ次のような内容を入力できるようになっていますが、すべての項目を埋めなくてもOKです。 プロフィール 内容 基本情報 氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、ご連絡時の注意点、現在の就業状況、自宅最寄駅、扶養家族、配偶者、顔写真、 学歴 最終学歴、学校名、学部・学科・専攻、卒業年月、卒業区分 職務経歴 勤務先名、事業内容、勤務開始、勤務終了、勤務形態、職種、仕事内容、役職、給与 アピール情報 希望職種、希望勤務地、保有資格、希望職種形態、希望年収、こだわり条件(休日、勤務時間、応募要件、アクセス、仕事内容、給与・待遇・福利厚生、サービス形態、診療科目)、自己PR ここで入力した基本情報のうち、 年齢・性別・住所(町名や番地以下は除く)・現在の就業状況など、最低限の情報は公開されます。 一方、氏名や電話番号などの個人情報は、応募先にのみ公開されます。 学歴や職務経歴についても、具体的な学校名・勤務先名は全体に公開されません。 したがって、「以前勤めていた職場の人が自分を特定してしまう…」という心配はありません! ジョブメドレーを使ってみた結果 実際に登録やプロフィール編集を済ませ、ジョブメドレーを利用してみた結果、いいところ・悪いところが浮かび上がってきました。 まずはリアルな口コミ・体験談として、 実際にあったことをお伝えしていきます。 申し訳ございません。 再送します。 まず、希望条件にマッチする求人がなかったことは理解できるのですが、 「ご案内できず申し訳ありません」で終わってしまった点が残念でした。 「この条件を変えると、こんな求人があります」 「少し場所が離れますが、こんな職場ならあります」 そんな提案を期待していたからです。 さらに、私の希望職種とは違う求人の結果を送ってきたので、ここも少し残念なポイントでした。 もちろん誰にでもケアレスミスはあるのですが、総合的に考えると、対応が雑という印象にはなってしまいます。 送っていただいた求人も、単なるジョブメドレーのWeb上で検索した結果の一覧で、自分でも資格とエリアを入力すれば簡単に取得できる情報だったのです。 レスポンスが速いのはありがたいですが、 「サポート体制」という点では残念ながら評価できないかな…と感じてしまいました。 しかし、登録の翌日にはちょっとうれしいこともありました!! 登録翌日:事業所からスカウトメッセージがきた! 前日のキャリアサポートの対応がイマイチすぎて、「ジョブメドレーを退会して違うサイトを利用しようかな」と考えていました。 これはかなり便利な機能でしたし、他の転職サイトにはなかなかないサービスです。 ちなみに、スカウトメッセージには、興味があるときだけ返信をすればOKとのことです。 ジョブメドレーのサービスのうち、口コミなどでもこちらのスカウト機能には定評があるようですが、実際に使ってみても納得できました! 「連絡がこないから悪質」という噂もあるようですが、きちんとした事業所であればメッセージをくれますし、返信にも応じてくれます。 連絡さえ返してくれないような事業所は転職先としてNGですね。 もし連絡がこなくても落ち込まず、転職先としてふさわしいかどうかジャッジする材料にしましょう。 しかし、送られてくる求人は、希望エリアから車で3〜4時間かかる市町村にあるなど、私の希望を考慮してくれているとは言い難いものでした。 キャリアサポートの支援は相変わらず「手薄」という印象ですが、 ガンガン電話がくることもなく、プライバシーに関することを根掘り葉掘り聞かれることもありません。 気楽といえば気楽です。 また、その後もいくつかの事業所がスカウトメールを送ってくれました。 自分で検索したときにはあまり興味がわかなかった求人でも、 丁寧に連絡をくれれば「見学してみようかな」という気持ちになり、転職活動を進めやすいと感じました! 実際、求人を出す側からも、「ジョブメドレーからの応募が多い」という声があるようです! 看護師の応募、4社くらいに頼んだけど、ジョブメドレーが圧倒的に応募がある! — 裏筋 urasudi ジョブメドレーの使い勝手がいいことから、応募に至るケースも多いのでしょう。 ジョブメドレーを体験してわかったこと・キャリアサポートの支援に過度な期待は禁物! ・受けられる支援は最小限だが、気楽といえば気楽 ・LINEですぐに求人やメッセージを確認できる ・事業所からのスカウトメッセージはうれしい [後日談]他の転職サイトも併用することに 転職活動を進めるにあたり、ひとつのサイトだけでは比較ができないので、ジョブメドレー以外のサイトも利用してみたいと考えていました。 ジョブメドレーに登録しておくと求人情報やスカウトメッセージが送られてくるので、こちらはそのまま利用を継続します ジョブメドレーを使って転職すると数千円〜数万円のお祝い金がもらえるので、やはりこちらのサイトも魅力的であるとは感じます。 2〜3の転職サイトに登録して転職活動を進める方も多いようなので、ジョブメドレーと併用しながらいい職場が見つけていきたいと思います!.

次の

ジョブメドレー(保育士)の評判・口コミは?お祝い金や求人を徹底調査!

メドレー 口コミ

ジョブメドレーにおける利用の流れ まずはジョブメドレーを利用する流れを簡単にまとめていきます。 登録したら電話がかかってくるのか、個人情報はどこまで公開されるのか、利用料金は本当に請求されないのか…。 そんな気になるポイントにも触れながら解説します。 STEP1. 会員登録 ジョブメドレーを利用するには、まず会員登録を行います。 登録時・利用時に転職者が負担する料金は無料です。 氏名などの情報を入力する必要がありますが、個人情報がすべての求人機関に伝わるわけではありません。 年齢や性別、保有資格などは公開されますが、 氏名などプライバシーに関わる事項は応募した機関にだけ送られます。 登録時には安心して入力してOKです! ちなみに、転職サイトによっては登録して間もなく電話がくることがあるようですが、 ジョブメドレーから電話はきませんでした。 詳細は後述しますが、筆者の場合はLINE連携をさせたので、そちらから連絡がきました。 STEP2. 求人を検索 会員登録をしたら、実際に求人を探してみましょう。 看護師・介護士など求人数が多い職種の場合は、さらに細かな条件を入れて検索してみてください。 STEP3. 応募する 気になる求人があれば、自分で応募することになります。 ジョブメドレーのサイトからWeb上で応募できるので、この段階で「ジョブメドレーの求人を見たのですが…」とドキドキしながら電話をかける必要はナシ。 応募の時点で、「まずは詳しいお話を伺いたい」「一度見学してみたい」という旨を伝えても問題ありません。 実際に応募したあとには、電話などで直接事業所とやりとりする可能性もあります。 基本の登録方法 ジョブメドレーに登録するときは、大きく分けて2つの方法があり、 職種によっても使える方法が異なります。 ただ、どちらもジョブメドレーにアカウントを作成する作業であることには変わりありません。 こちらはスマホ版ですが、パソコン版でも「会員登録」というボタンがすぐに見つかるはずです。 ここから必要事項を入力すれば登録できます。 こちらは全職種共通となります。 たとえば、看護師・准看護師の方の場合は、こんなページが用意されています。 ジョブメドレーのサイトですが、こちらは看護師さんに特化したPR内容が書かれていますね。 このページの下部には、次のような形で会員登録できるところがあります! 該当する項目にチェックを入れていけばOKです。 看護師・介護士・保育士の方は簡単に登録できるサイトが用意されているので、こちらを利用するとスムーズでしょう。 パソコンからアクセスする場合は、次のように2つの選択肢が提示されます。 ジョブメドレーをLINEの友だちに追加する際は、こちらのQRコードを使うか、LINEのID検索を利用します。 手っ取り早いのはQRコードでしょうか。 これでLINEを使ったサポートが受けられるようになりますよ! ジョブメドレー登録後にはプロフィール編集を! ジョブメドレーに登録したら、まずはプロフィールを充実させる作業を行いましょう。 あとからでも編集できますが、登録したら事業所の方があなたのプロフィールを見る可能性があるので、 早めに入力しておくことをおすすめします。 それぞれ次のような内容を入力できるようになっていますが、すべての項目を埋めなくてもOKです。 プロフィール 内容 基本情報 氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、ご連絡時の注意点、現在の就業状況、自宅最寄駅、扶養家族、配偶者、顔写真、 学歴 最終学歴、学校名、学部・学科・専攻、卒業年月、卒業区分 職務経歴 勤務先名、事業内容、勤務開始、勤務終了、勤務形態、職種、仕事内容、役職、給与 アピール情報 希望職種、希望勤務地、保有資格、希望職種形態、希望年収、こだわり条件(休日、勤務時間、応募要件、アクセス、仕事内容、給与・待遇・福利厚生、サービス形態、診療科目)、自己PR ここで入力した基本情報のうち、 年齢・性別・住所(町名や番地以下は除く)・現在の就業状況など、最低限の情報は公開されます。 一方、氏名や電話番号などの個人情報は、応募先にのみ公開されます。 学歴や職務経歴についても、具体的な学校名・勤務先名は全体に公開されません。 したがって、「以前勤めていた職場の人が自分を特定してしまう…」という心配はありません! ジョブメドレーを使ってみた結果 実際に登録やプロフィール編集を済ませ、ジョブメドレーを利用してみた結果、いいところ・悪いところが浮かび上がってきました。 まずはリアルな口コミ・体験談として、 実際にあったことをお伝えしていきます。 申し訳ございません。 再送します。 まず、希望条件にマッチする求人がなかったことは理解できるのですが、 「ご案内できず申し訳ありません」で終わってしまった点が残念でした。 「この条件を変えると、こんな求人があります」 「少し場所が離れますが、こんな職場ならあります」 そんな提案を期待していたからです。 さらに、私の希望職種とは違う求人の結果を送ってきたので、ここも少し残念なポイントでした。 もちろん誰にでもケアレスミスはあるのですが、総合的に考えると、対応が雑という印象にはなってしまいます。 送っていただいた求人も、単なるジョブメドレーのWeb上で検索した結果の一覧で、自分でも資格とエリアを入力すれば簡単に取得できる情報だったのです。 レスポンスが速いのはありがたいですが、 「サポート体制」という点では残念ながら評価できないかな…と感じてしまいました。 しかし、登録の翌日にはちょっとうれしいこともありました!! 登録翌日:事業所からスカウトメッセージがきた! 前日のキャリアサポートの対応がイマイチすぎて、「ジョブメドレーを退会して違うサイトを利用しようかな」と考えていました。 これはかなり便利な機能でしたし、他の転職サイトにはなかなかないサービスです。 ちなみに、スカウトメッセージには、興味があるときだけ返信をすればOKとのことです。 ジョブメドレーのサービスのうち、口コミなどでもこちらのスカウト機能には定評があるようですが、実際に使ってみても納得できました! 「連絡がこないから悪質」という噂もあるようですが、きちんとした事業所であればメッセージをくれますし、返信にも応じてくれます。 連絡さえ返してくれないような事業所は転職先としてNGですね。 もし連絡がこなくても落ち込まず、転職先としてふさわしいかどうかジャッジする材料にしましょう。 しかし、送られてくる求人は、希望エリアから車で3〜4時間かかる市町村にあるなど、私の希望を考慮してくれているとは言い難いものでした。 キャリアサポートの支援は相変わらず「手薄」という印象ですが、 ガンガン電話がくることもなく、プライバシーに関することを根掘り葉掘り聞かれることもありません。 気楽といえば気楽です。 また、その後もいくつかの事業所がスカウトメールを送ってくれました。 自分で検索したときにはあまり興味がわかなかった求人でも、 丁寧に連絡をくれれば「見学してみようかな」という気持ちになり、転職活動を進めやすいと感じました! 実際、求人を出す側からも、「ジョブメドレーからの応募が多い」という声があるようです! 看護師の応募、4社くらいに頼んだけど、ジョブメドレーが圧倒的に応募がある! — 裏筋 urasudi ジョブメドレーの使い勝手がいいことから、応募に至るケースも多いのでしょう。 ジョブメドレーを体験してわかったこと・キャリアサポートの支援に過度な期待は禁物! ・受けられる支援は最小限だが、気楽といえば気楽 ・LINEですぐに求人やメッセージを確認できる ・事業所からのスカウトメッセージはうれしい [後日談]他の転職サイトも併用することに 転職活動を進めるにあたり、ひとつのサイトだけでは比較ができないので、ジョブメドレー以外のサイトも利用してみたいと考えていました。 ジョブメドレーに登録しておくと求人情報やスカウトメッセージが送られてくるので、こちらはそのまま利用を継続します ジョブメドレーを使って転職すると数千円〜数万円のお祝い金がもらえるので、やはりこちらのサイトも魅力的であるとは感じます。 2〜3の転職サイトに登録して転職活動を進める方も多いようなので、ジョブメドレーと併用しながらいい職場が見つけていきたいと思います!.

次の

【面倒な電話はなし】自分のペースで探すならジョブメドレーがおすすめ!【口コミまとめ】

メドレー 口コミ

現在の歯科衛生士求人サイトランキング1位 将来、歯科衛生士として仕事をしてみたい、または、歯科衛生士で働いていて、転職したいと考えている人にオススメなのが、インターネット上の求人サイトです。 インターネット上の歯科衛生士求人サイトであれば、求人誌などの紙に比べてスペースが限られることもないため、情報が多いことや、全国各地の求人情報を掲載しているため、希望する歯科衛生士の求人も見つけやすくなります。 しかしインターネット上の求人サイトの数も多いので、どれを使っていいか迷う歯科衛生士さんもいることでしょう。 そのような人は、「ジョブメドレー」を見てみるといいでしょう。 医療従事者のための求人サイトとして知られています 「ジョブメドレー」は、全国の医療・介護従事者のための求人サイトになります。 ジョブメドレーでは、現在資格を持っていながら働いていない、女性のたちの復職支援も行っています。 「ジョブメドレー」では子育て支援の多い歯科医院、また勤務条件が良い歯科医院なども紹介していますので、希望する求人も見つかりやすくなります。 さらに復職相談なども積極的に行っていますので、再就職に不安を感じている方は一度相談してみることをおすすめします。 ジョブメドレーでは全国の各地の求人を掲載していますし、1つの歯科医院の求人情報を見ると、下の方に「近くにある他の歯科衛生士求人を出している歯科医院」も教えてくれるので、特に 地域・エリアにこだわった就職・転職を希望している歯科衛生士にとっては、希望に合った仕事が見つけやすくなっています。 求人サイトを利用する時は、やはり口コミ・評判のいいサイトを利用したくなります。 その点「ジョブメドレー」は、インターネット上の口コミ・評判もいいので歯科衛生士にはおすすめできます。 お祝い金制度があります 歯科衛生士など医療関連の求人情報を探しているのであれば、「ジョブメドレー」はとてもよい選択になるでしょう。 希望にぴったりの歯科衛生士求人がきっと見つかります。 ジョブメドレーでは、歯科衛生士求人の数が多いです。 歯科系の求人サイトでは一番有名と言われているグッピーと同じくらいの数の歯科衛生士求人が載っています。 このように求人数が業界最大規模になっていますので、 月給や時給などの条件にこだわって探すことも可能なのです。 また、ジョブメドレーにはお祝い金制度もあります。 ジョブメドレーを通じて就職した歯科衛生士は、お祝い金がもらえます。 歯科衛生士が就職したときにもらえるお祝い金は、5,000円が多いようです。 口コミ・評判からみるジョブメドレーのいいところ ジョブメドレーを使ったことがある歯科衛生士に聞いたジョブメドレーのいいところは、 1位 歯科衛生士求人の数が多いところ で、大きく離れて2位が「お祝い金がもらえるところ」という回答でした。 歯科衛生士求人数が多いということは、就職・転職の選択肢が広がります。 なぜ歯科衛生士求人の数が多いかと言うと、ジョブメドレーは歯科業界では珍しい、「採用成功報酬型」の求人サイトだからです。 多くの歯科衛生士求人サイトは、掲載課金、つまり、求人を載せたら歯科医院が求人サイトにお金を払う、というかたちです。 ジョブメドレーは、求人を載せるだけでは歯科医院はお金を払わなくてよいので、一気に多くの歯科医院から求人を集めることができたのです。 就職・転職先の歯科医院を探している歯科衛生士にとって、求人の数というのは一番大事なポイントです。 その点、ジョブメドレーは安心して使えるでしょう。 なお、お祝い金に関しては、ほとんどの歯科衛生士求人に設定されているお祝い金が5,000円なので、「もらったら嬉しい」けど、「ものすごい嬉しいかというとそうではない」という感想のようでした。 口コミ・評判からみるジョブメドレーのよくないところ ジョブメドレーのよくないところについては、「特にない」と答える歯科衛生士が多いです。 入った歯科医院が自分に合わないところで、早めに辞めたい場合は、 ジョブメドレーを通じて就職・転職したことで軽いトラブルになっているケースがあるようです。 なぜかというと、ジョブメドレーでは、歯科衛生士が入社・入職したときに、歯科医院がジョブメドレーにお金を払います。 これが結構高いのです。 常勤 正社員 の歯科衛生士を採用すると、最低でも18万円のお金を歯科医院は支払う必要があります。 せっかく、そんなに高いお金を払って歯科衛生士を採用したとしても、その歯科衛生士が医院の売上に貢献する前に早期退職してしまうと、そのお金の多くが無駄になってしまいます。 だから、一部の院長は「やめさせない」と言ってくるのです。 実際に、埼玉県のとある歯科医院にジョブメドレーを使って転職した歯科衛生士さんから聞いた話ですが、 ・もともといるスタッフとうまくやれない ・勤務時間がジョブメドレーに書いてあったものと大きく違った ・院長先生がとても怖い 面接のときは怖くなかったのに… ということで、入って1週間程度で「辞めたい」と伝えたそうです。 そのときに院長から、「ジョブメドレーにとても多くのお金を払ったので、辞めるというのは認めない」と強く言われてしまったようです。 また、入職直後に旦那さんの転勤が分かったり、妊娠が発覚したりした場合でも、似たようなトラブルに発展するケースもあるとのことです。 しかも、歯科医院と歯科衛生士との間に、人が入ってくれる「人材紹介サービス」とは違って、たとえトラブルがあっても、ジョブメドレーは助けてくれません。 そういう点は注意する必要があるでしょう。 ジョブメドレーについてのまとめ ジョブメドレーは、歯科衛生士求人サイトにとって一番大事なポイントである、歯科衛生士求人数が多いので、見て絶対に損がない求人サイトと言えるでしょう。 ただ、トラブルになる場合もありますので、見学や面接に行ったときは、その歯科医院がいいのかよくないのか、合うのか合わないのか、は、しっかりと判断するようにしましょう。 当サイトのランキングは便宜上「ランキング」と表現しておりますが、優劣をつけるような順位付けの為に作成しているものではなく、 「これだけの多くの求人会社があり、それぞれのサービスの特徴をできるだけわかりやすく記載し、総合的に判断して、おすすめするなら。 」という趣旨で作られています。 求人会社の基準や根拠については、各求人会社によってサービスの特徴や強みが異なる点だけでなく、コンサルタントやアドバイザーの方の対応が良い悪いなど属人的判断を伴う点においても、 非常に難しい判断になり、評価点数の高い求人会社の満足度が一番高いかというと、必ずしもそうとは言い切れないと考えております。 このような前提において、数ある求人会社の情報を整理し、ランキングサイトとしてまとめることで、歯科衛生士の就職・転職活動の一助になれればと考えております。 歯科衛生士求人サイトのおすすめランキング基準項目 ・対応エリア…掲載求人、サービス紹介ページにある対応エリア、求人会社所在地等 ・エージェントの可否…求職者と事業所との間に入り仲介サポート機能を有するか等 ・専門性…総合求人会社か、専門求人会社かを歯科業界精通度合等 ・新卒求人取扱…新卒既卒に対してどれほど情報提供ができているか等 ・情報信頼性…口コミや公開情報の項目量等 ・利用者の声…利用者 求職者・事業所担当者 の口コミ評価等 以上の項目を参考にし、総合的なおすすめ度としてランキングにしております。

次の