クソゲー オブ ザイヤー in エロゲー 板。 クソゲーオブザイヤー2014 [ニコニコあっぷる]

クソゲーオブザイヤーとは (クソゲーオブザイヤーとは) [単語記事]

クソゲー オブ ザイヤー in エロゲー 板

『 クソゲーオブザイヤー』( K- Of The Ye : )とは、『 現: 』ののひとつである。 『』本来の意味については、『 』の記事を参照。 概要 クソゲーオブザイヤーは、その年(~)に世に出てしまったを品評するで、住人たちがについてっている。 文才ある住人も多く、名文・迷文も沢山生まれている。 一年の終わりに一番のを決める。 その形式は ではなく、総評を書くことで決定される。 具体的には以下の流れとなる。 選評を作成し、それを基に審議の末補に足ると認められた作品を選考対とする• 選考対の解説なに大賞を選出するための「総評案」をする• その中で最も賛同を得られた案を総評の決定稿として採用し、その案で推されていたを大賞としてする。 但し場合によっては複数の案の折衷になる事もある。 選評作成にあたっては第三者で作品を正確に・評価して住人を納得させる必要があり、ある程度の文章もめられる。 複数のに立てられているが、特にしいが行なわれているのはとの2つ。 それぞれ据置との『』についてしている。 (据置はから、はから)他には女向一般()や&業界()などに該当があり、それぞれ重視する要素が異なるようだ。 「」の起こった以降、選評やのが年々上がっている一方、自体の縮小や野心的な中小の淘汰などで、弄りのあるがくなってしまったと嘆くもある。 一部でクソゲーオブザイヤーが権威あるものとして捉えられているが、あくまで クソゲーオブザイヤーはをにしているだけのである。 一応言っておきますがに権威など一切なく、 が出ないことは喜ばしいことです。 大事な決まり 必ず目を通す事!• その年で一番のを決めるです。 期待はずれの大作()をしたり、 かどうかを 診断するではありません。 つまらなかったを罵倒したり、 自分の嫌いなを罵倒するではありません。 「昨年は昨年、今年は今年」です。 の大賞作と較して評価しないでください。 推敲した選評、総評が全てです。 私だらけの書き込みや、自分勝手な意見を述べ続けると、予告くが実施されます。 は専用以外のとは 関係です。 総評等をした、への感想はそちらにお願いします。 はお帰りください。 一年間に出たの中で、相対的に選ばれます。 ・という言葉は対になっております。 売れ残っていてもとは限りません。 実際にして確ましょう。 単にがあるだけでは選考対にはなりません。 が頻発し、に支障が出るなら考慮されます。 選評・総評の執筆希望者へ• では選評・総評を見てから・大賞かどうかをします。 ただの一行感想に用はありません。 私やを混ぜないでください。 未にもわかるよう、第三者のでもって正確に書いてください。 「大賞に選ばれてもおかしくない作品」をめています。 次点でもいい程度の選評は不要です。 書かれた選評に異論がく、既存補作と争えると判断されて、はじめて補作として認められます。 各年度別大賞 詳細は各年度の記事を参照。 据置機大賞受賞作『』をにして選定基準が違うため、以前の作品にはあまり突っ込まないでください。 関連動画 据置ゲーム版 携帯ゲーム版 エロゲー版 版のについては「」の項を参照 乙女ゲー版 用語集 全てを掲載するには量が膨大なため、ここでは一部に留めます。 それ以外に関しては外部内の「用集」を参照してください。 年末の その名の通り年末の時期に発売されたをす。 この時期に出たはその名の通りと形容したくなるようななであることが多く、特に据置機部門では頻繁に大賞を掻っ攫う為大いに恐れられている。 このような代物が生まれる理由としては、年末年始のかき入れ時を狙った結果調整不足のないし状態で世に放たれた結果ではないかと言われている。 発売時期が時期なので、これが出た年は総評が遅れる可性が生じる。 の怪物 頃に発売された大賞の作品をす。 に機・部門で見られる存在で、商戦を狙った結果と化してしまったと思われる。 選評を吟味した末、補作として扱うにふさわしいと判断されたその年における最初の作品をす。 以降はこの作品と渡り合えるかどうかが重要な基準になる事が「」と呼ばれる所以。 このが強なほどその年の補作は少なくなり易く、中には「ノコ」等の様にそのまま切りで大賞となった作品もある。 ここまでくると最ンズウォールである。 ヨンとも呼ばれる。 据置部門大賞「」のにより選考基準が大幅に厳格化し、のの路線をさせた現。 初期とそれ以降での傾向に違いが見られるのはそのによるものである。 コンシューマー部門の総評でよく使われているので勘違いされ易いが、 には厳密な意味でのノミネートという自体は存在しない。 あくまでも大賞・次点作の便宜的な総称であり、この句を用いる場合はその事を念頭に置かれたい。 据置機部門ノミネート7作品「1」「」「」「」「ヌギャー」「」「2」の事。 を跳ね上げたヨン直後であり不作が危惧されながら蓋を開けてみれば7本もの作品が選考されたことが由来。 「七」繋がりで同じくのに登場する「七大驚異」と呼ぶ人もいる。 これに準えてを、翌年ノミネート作をとに例える人もいるとか。 据置機部門ノミネート5作品「」「下」「」「」「」の事。 5本なのにはおかしいって? 大賞のにも5人組のが存在してたからいいんだよ! フリュー 機部門のうち、フリューから発売された3作品をす。 機部門ノミネート7作品「」「大戦略」「大戦略P」「」「」「どんだけ」「ペ2」の事。 機部門史上最も危険な争いとされている。 据置機部門ノミネート7作品「亡霊」「P4」「誤当地」「8」「投資」「4」「」の事。 何れも何らかの作が存在しており、それらのおよびの顔面掛けて汚物をぶちまけた罪深さからこう呼ばれる。 共にと和ゲーが複数補作となったことからこう呼ばれる。 偶然にも双方に関わった「ー」の開発元・の地はの発端となったである。 据置機部門の事をす。 「大戦略P」「レ」の二番があまりに強大過ぎたためそれ以降まるっきり選評投下が途絶えた中、と現れた年末の「」を交えた三大勢による闘。 スグ に重篤なを及ぼす類のや態度を疑うような対応といった要素がなく、かつ補作に足る出来の。 概ね通りにしていながらもという名の器で武装したと渡り合えるのであることからこう呼ばれる。 その由来とされるのは据置次点の「」。 次点「 版 」の登場を機に使われだした用。 あまりにも中身の いに対する喩であり、別の意味で選評を作りと言える。 詳細は参照。 ゲー 据置部門大賞「」から生まれた用。 あまりにも難解で混沌とした内容 の中を彷徨うような感覚に陥り、全体像のがに近いをす。 言葉や文章で言い表そうにも通り散消してしまい選評の作成自体が困難を極める事から、のに対する挑戦状とも言われている。 ゲー務 膨大な作業量と苦痛を伴い、使命と割り切って義 務感でもければやってられないようなをす。 代表例は部門大賞「」。 予備期間 補作のより入念なや、年末に発売された作品の選評・判定などの為に翌年始から用意される期間。 部門でとして眠っていたの怪物「部室」の様にこの期間でを一変させるが発覚するもある。 部門のこと。 開発事情など諸々の理由からコンシューマーでは想像もつかないようなの排出がしくない事から畏敬の念を込めてこう呼ばれている。 詳細は の記事を参照。 不具合の修正、変更などを的としたのことで、が整った現行機においてはの配信により修正などの善が可になっている。 こので選外となった「2 版 」や「」の様に善されるのが当たり前…のだが新たなの追加や既存の悪化、頻度の増加等を「」「投資」「ノコ」等のように、時にはこれが更なる化の温床となるもある。 シュガー戦法 状態を進行や強制終了によって意図的に隠蔽したまま強行発売し、後日形にする為のを配信という顧客との信頼関係にっ向から喧を売る商法の究極系ともいうべき手法。 を充てるまでの詳細な出来を判断出来ない事からに因んでこの名で呼ばれる。 発端となったのは部門次点「遺書」で、翌年の「」にも疑惑が挙がっている。 今の所部門でしか確認されていないが、論コンシューマーでこんな事をやろうものなら訴訟待ったなしである。 オプーナについて クソゲーオブザイヤーの顔とも言える、ののにも登場するだが、クソゲーオブザイヤーにいたことはおろか補作にすら入っていない。 その扱いのどは、『売れそうもないグラでを』『発売日がと同じ日』『案の定大して売れなかった』という、にまみれた経緯によるものである。 実際にした人からは『古き良き』『丁寧に作られてる』『がいい(やと同じ)』と、むしろ好評である。 \_/ \ を忘れずに。 気持ちはわかるが、グッと堪えてして欲しい。 関連リンク• 外部リンク•

次の

クソゲーオブザイヤー2014 [ニコニコあっぷる]

クソゲー オブ ザイヤー in エロゲー 板

『 クソゲーオブザイヤー』( K- Of The Ye : )とは、『 現: 』ののひとつである。 『』本来の意味については、『 』の記事を参照。 概要 クソゲーオブザイヤーは、その年(~)に世に出てしまったを品評するで、住人たちがについてっている。 文才ある住人も多く、名文・迷文も沢山生まれている。 一年の終わりに一番のを決める。 その形式は ではなく、総評を書くことで決定される。 具体的には以下の流れとなる。 選評を作成し、それを基に審議の末補に足ると認められた作品を選考対とする• 選考対の解説なに大賞を選出するための「総評案」をする• その中で最も賛同を得られた案を総評の決定稿として採用し、その案で推されていたを大賞としてする。 但し場合によっては複数の案の折衷になる事もある。 選評作成にあたっては第三者で作品を正確に・評価して住人を納得させる必要があり、ある程度の文章もめられる。 複数のに立てられているが、特にしいが行なわれているのはとの2つ。 それぞれ据置との『』についてしている。 (据置はから、はから)他には女向一般()や&業界()などに該当があり、それぞれ重視する要素が異なるようだ。 「」の起こった以降、選評やのが年々上がっている一方、自体の縮小や野心的な中小の淘汰などで、弄りのあるがくなってしまったと嘆くもある。 一部でクソゲーオブザイヤーが権威あるものとして捉えられているが、あくまで クソゲーオブザイヤーはをにしているだけのである。 一応言っておきますがに権威など一切なく、 が出ないことは喜ばしいことです。 大事な決まり 必ず目を通す事!• その年で一番のを決めるです。 期待はずれの大作()をしたり、 かどうかを 診断するではありません。 つまらなかったを罵倒したり、 自分の嫌いなを罵倒するではありません。 「昨年は昨年、今年は今年」です。 の大賞作と較して評価しないでください。 推敲した選評、総評が全てです。 私だらけの書き込みや、自分勝手な意見を述べ続けると、予告くが実施されます。 は専用以外のとは 関係です。 総評等をした、への感想はそちらにお願いします。 はお帰りください。 一年間に出たの中で、相対的に選ばれます。 ・という言葉は対になっております。 売れ残っていてもとは限りません。 実際にして確ましょう。 単にがあるだけでは選考対にはなりません。 が頻発し、に支障が出るなら考慮されます。 選評・総評の執筆希望者へ• では選評・総評を見てから・大賞かどうかをします。 ただの一行感想に用はありません。 私やを混ぜないでください。 未にもわかるよう、第三者のでもって正確に書いてください。 「大賞に選ばれてもおかしくない作品」をめています。 次点でもいい程度の選評は不要です。 書かれた選評に異論がく、既存補作と争えると判断されて、はじめて補作として認められます。 各年度別大賞 詳細は各年度の記事を参照。 据置機大賞受賞作『』をにして選定基準が違うため、以前の作品にはあまり突っ込まないでください。 関連動画 据置ゲーム版 携帯ゲーム版 エロゲー版 版のについては「」の項を参照 乙女ゲー版 用語集 全てを掲載するには量が膨大なため、ここでは一部に留めます。 それ以外に関しては外部内の「用集」を参照してください。 年末の その名の通り年末の時期に発売されたをす。 この時期に出たはその名の通りと形容したくなるようななであることが多く、特に据置機部門では頻繁に大賞を掻っ攫う為大いに恐れられている。 このような代物が生まれる理由としては、年末年始のかき入れ時を狙った結果調整不足のないし状態で世に放たれた結果ではないかと言われている。 発売時期が時期なので、これが出た年は総評が遅れる可性が生じる。 の怪物 頃に発売された大賞の作品をす。 に機・部門で見られる存在で、商戦を狙った結果と化してしまったと思われる。 選評を吟味した末、補作として扱うにふさわしいと判断されたその年における最初の作品をす。 以降はこの作品と渡り合えるかどうかが重要な基準になる事が「」と呼ばれる所以。 このが強なほどその年の補作は少なくなり易く、中には「ノコ」等の様にそのまま切りで大賞となった作品もある。 ここまでくると最ンズウォールである。 ヨンとも呼ばれる。 据置部門大賞「」のにより選考基準が大幅に厳格化し、のの路線をさせた現。 初期とそれ以降での傾向に違いが見られるのはそのによるものである。 コンシューマー部門の総評でよく使われているので勘違いされ易いが、 には厳密な意味でのノミネートという自体は存在しない。 あくまでも大賞・次点作の便宜的な総称であり、この句を用いる場合はその事を念頭に置かれたい。 据置機部門ノミネート7作品「1」「」「」「」「ヌギャー」「」「2」の事。 を跳ね上げたヨン直後であり不作が危惧されながら蓋を開けてみれば7本もの作品が選考されたことが由来。 「七」繋がりで同じくのに登場する「七大驚異」と呼ぶ人もいる。 これに準えてを、翌年ノミネート作をとに例える人もいるとか。 据置機部門ノミネート5作品「」「下」「」「」「」の事。 5本なのにはおかしいって? 大賞のにも5人組のが存在してたからいいんだよ! フリュー 機部門のうち、フリューから発売された3作品をす。 機部門ノミネート7作品「」「大戦略」「大戦略P」「」「」「どんだけ」「ペ2」の事。 機部門史上最も危険な争いとされている。 据置機部門ノミネート7作品「亡霊」「P4」「誤当地」「8」「投資」「4」「」の事。 何れも何らかの作が存在しており、それらのおよびの顔面掛けて汚物をぶちまけた罪深さからこう呼ばれる。 共にと和ゲーが複数補作となったことからこう呼ばれる。 偶然にも双方に関わった「ー」の開発元・の地はの発端となったである。 据置機部門の事をす。 「大戦略P」「レ」の二番があまりに強大過ぎたためそれ以降まるっきり選評投下が途絶えた中、と現れた年末の「」を交えた三大勢による闘。 スグ に重篤なを及ぼす類のや態度を疑うような対応といった要素がなく、かつ補作に足る出来の。 概ね通りにしていながらもという名の器で武装したと渡り合えるのであることからこう呼ばれる。 その由来とされるのは据置次点の「」。 次点「 版 」の登場を機に使われだした用。 あまりにも中身の いに対する喩であり、別の意味で選評を作りと言える。 詳細は参照。 ゲー 据置部門大賞「」から生まれた用。 あまりにも難解で混沌とした内容 の中を彷徨うような感覚に陥り、全体像のがに近いをす。 言葉や文章で言い表そうにも通り散消してしまい選評の作成自体が困難を極める事から、のに対する挑戦状とも言われている。 ゲー務 膨大な作業量と苦痛を伴い、使命と割り切って義 務感でもければやってられないようなをす。 代表例は部門大賞「」。 予備期間 補作のより入念なや、年末に発売された作品の選評・判定などの為に翌年始から用意される期間。 部門でとして眠っていたの怪物「部室」の様にこの期間でを一変させるが発覚するもある。 部門のこと。 開発事情など諸々の理由からコンシューマーでは想像もつかないようなの排出がしくない事から畏敬の念を込めてこう呼ばれている。 詳細は の記事を参照。 不具合の修正、変更などを的としたのことで、が整った現行機においてはの配信により修正などの善が可になっている。 こので選外となった「2 版 」や「」の様に善されるのが当たり前…のだが新たなの追加や既存の悪化、頻度の増加等を「」「投資」「ノコ」等のように、時にはこれが更なる化の温床となるもある。 シュガー戦法 状態を進行や強制終了によって意図的に隠蔽したまま強行発売し、後日形にする為のを配信という顧客との信頼関係にっ向から喧を売る商法の究極系ともいうべき手法。 を充てるまでの詳細な出来を判断出来ない事からに因んでこの名で呼ばれる。 発端となったのは部門次点「遺書」で、翌年の「」にも疑惑が挙がっている。 今の所部門でしか確認されていないが、論コンシューマーでこんな事をやろうものなら訴訟待ったなしである。 オプーナについて クソゲーオブザイヤーの顔とも言える、ののにも登場するだが、クソゲーオブザイヤーにいたことはおろか補作にすら入っていない。 その扱いのどは、『売れそうもないグラでを』『発売日がと同じ日』『案の定大して売れなかった』という、にまみれた経緯によるものである。 実際にした人からは『古き良き』『丁寧に作られてる』『がいい(やと同じ)』と、むしろ好評である。 \_/ \ を忘れずに。 気持ちはわかるが、グッと堪えてして欲しい。 関連リンク• 外部リンク•

次の

クソゲーオブザイヤー2014 [ニコニコあっぷる]

クソゲー オブ ザイヤー in エロゲー 板

『 クソゲーオブザイヤー』( K- Of The Ye : )とは、『 現: 』ののひとつである。 『』本来の意味については、『 』の記事を参照。 概要 クソゲーオブザイヤーは、その年(~)に世に出てしまったを品評するで、住人たちがについてっている。 文才ある住人も多く、名文・迷文も沢山生まれている。 一年の終わりに一番のを決める。 その形式は ではなく、総評を書くことで決定される。 具体的には以下の流れとなる。 選評を作成し、それを基に審議の末補に足ると認められた作品を選考対とする• 選考対の解説なに大賞を選出するための「総評案」をする• その中で最も賛同を得られた案を総評の決定稿として採用し、その案で推されていたを大賞としてする。 但し場合によっては複数の案の折衷になる事もある。 選評作成にあたっては第三者で作品を正確に・評価して住人を納得させる必要があり、ある程度の文章もめられる。 複数のに立てられているが、特にしいが行なわれているのはとの2つ。 それぞれ据置との『』についてしている。 (据置はから、はから)他には女向一般()や&業界()などに該当があり、それぞれ重視する要素が異なるようだ。 「」の起こった以降、選評やのが年々上がっている一方、自体の縮小や野心的な中小の淘汰などで、弄りのあるがくなってしまったと嘆くもある。 一部でクソゲーオブザイヤーが権威あるものとして捉えられているが、あくまで クソゲーオブザイヤーはをにしているだけのである。 一応言っておきますがに権威など一切なく、 が出ないことは喜ばしいことです。 大事な決まり 必ず目を通す事!• その年で一番のを決めるです。 期待はずれの大作()をしたり、 かどうかを 診断するではありません。 つまらなかったを罵倒したり、 自分の嫌いなを罵倒するではありません。 「昨年は昨年、今年は今年」です。 の大賞作と較して評価しないでください。 推敲した選評、総評が全てです。 私だらけの書き込みや、自分勝手な意見を述べ続けると、予告くが実施されます。 は専用以外のとは 関係です。 総評等をした、への感想はそちらにお願いします。 はお帰りください。 一年間に出たの中で、相対的に選ばれます。 ・という言葉は対になっております。 売れ残っていてもとは限りません。 実際にして確ましょう。 単にがあるだけでは選考対にはなりません。 が頻発し、に支障が出るなら考慮されます。 選評・総評の執筆希望者へ• では選評・総評を見てから・大賞かどうかをします。 ただの一行感想に用はありません。 私やを混ぜないでください。 未にもわかるよう、第三者のでもって正確に書いてください。 「大賞に選ばれてもおかしくない作品」をめています。 次点でもいい程度の選評は不要です。 書かれた選評に異論がく、既存補作と争えると判断されて、はじめて補作として認められます。 各年度別大賞 詳細は各年度の記事を参照。 据置機大賞受賞作『』をにして選定基準が違うため、以前の作品にはあまり突っ込まないでください。 関連動画 据置ゲーム版 携帯ゲーム版 エロゲー版 版のについては「」の項を参照 乙女ゲー版 用語集 全てを掲載するには量が膨大なため、ここでは一部に留めます。 それ以外に関しては外部内の「用集」を参照してください。 年末の その名の通り年末の時期に発売されたをす。 この時期に出たはその名の通りと形容したくなるようななであることが多く、特に据置機部門では頻繁に大賞を掻っ攫う為大いに恐れられている。 このような代物が生まれる理由としては、年末年始のかき入れ時を狙った結果調整不足のないし状態で世に放たれた結果ではないかと言われている。 発売時期が時期なので、これが出た年は総評が遅れる可性が生じる。 の怪物 頃に発売された大賞の作品をす。 に機・部門で見られる存在で、商戦を狙った結果と化してしまったと思われる。 選評を吟味した末、補作として扱うにふさわしいと判断されたその年における最初の作品をす。 以降はこの作品と渡り合えるかどうかが重要な基準になる事が「」と呼ばれる所以。 このが強なほどその年の補作は少なくなり易く、中には「ノコ」等の様にそのまま切りで大賞となった作品もある。 ここまでくると最ンズウォールである。 ヨンとも呼ばれる。 据置部門大賞「」のにより選考基準が大幅に厳格化し、のの路線をさせた現。 初期とそれ以降での傾向に違いが見られるのはそのによるものである。 コンシューマー部門の総評でよく使われているので勘違いされ易いが、 には厳密な意味でのノミネートという自体は存在しない。 あくまでも大賞・次点作の便宜的な総称であり、この句を用いる場合はその事を念頭に置かれたい。 据置機部門ノミネート7作品「1」「」「」「」「ヌギャー」「」「2」の事。 を跳ね上げたヨン直後であり不作が危惧されながら蓋を開けてみれば7本もの作品が選考されたことが由来。 「七」繋がりで同じくのに登場する「七大驚異」と呼ぶ人もいる。 これに準えてを、翌年ノミネート作をとに例える人もいるとか。 据置機部門ノミネート5作品「」「下」「」「」「」の事。 5本なのにはおかしいって? 大賞のにも5人組のが存在してたからいいんだよ! フリュー 機部門のうち、フリューから発売された3作品をす。 機部門ノミネート7作品「」「大戦略」「大戦略P」「」「」「どんだけ」「ペ2」の事。 機部門史上最も危険な争いとされている。 据置機部門ノミネート7作品「亡霊」「P4」「誤当地」「8」「投資」「4」「」の事。 何れも何らかの作が存在しており、それらのおよびの顔面掛けて汚物をぶちまけた罪深さからこう呼ばれる。 共にと和ゲーが複数補作となったことからこう呼ばれる。 偶然にも双方に関わった「ー」の開発元・の地はの発端となったである。 据置機部門の事をす。 「大戦略P」「レ」の二番があまりに強大過ぎたためそれ以降まるっきり選評投下が途絶えた中、と現れた年末の「」を交えた三大勢による闘。 スグ に重篤なを及ぼす類のや態度を疑うような対応といった要素がなく、かつ補作に足る出来の。 概ね通りにしていながらもという名の器で武装したと渡り合えるのであることからこう呼ばれる。 その由来とされるのは据置次点の「」。 次点「 版 」の登場を機に使われだした用。 あまりにも中身の いに対する喩であり、別の意味で選評を作りと言える。 詳細は参照。 ゲー 据置部門大賞「」から生まれた用。 あまりにも難解で混沌とした内容 の中を彷徨うような感覚に陥り、全体像のがに近いをす。 言葉や文章で言い表そうにも通り散消してしまい選評の作成自体が困難を極める事から、のに対する挑戦状とも言われている。 ゲー務 膨大な作業量と苦痛を伴い、使命と割り切って義 務感でもければやってられないようなをす。 代表例は部門大賞「」。 予備期間 補作のより入念なや、年末に発売された作品の選評・判定などの為に翌年始から用意される期間。 部門でとして眠っていたの怪物「部室」の様にこの期間でを一変させるが発覚するもある。 部門のこと。 開発事情など諸々の理由からコンシューマーでは想像もつかないようなの排出がしくない事から畏敬の念を込めてこう呼ばれている。 詳細は の記事を参照。 不具合の修正、変更などを的としたのことで、が整った現行機においてはの配信により修正などの善が可になっている。 こので選外となった「2 版 」や「」の様に善されるのが当たり前…のだが新たなの追加や既存の悪化、頻度の増加等を「」「投資」「ノコ」等のように、時にはこれが更なる化の温床となるもある。 シュガー戦法 状態を進行や強制終了によって意図的に隠蔽したまま強行発売し、後日形にする為のを配信という顧客との信頼関係にっ向から喧を売る商法の究極系ともいうべき手法。 を充てるまでの詳細な出来を判断出来ない事からに因んでこの名で呼ばれる。 発端となったのは部門次点「遺書」で、翌年の「」にも疑惑が挙がっている。 今の所部門でしか確認されていないが、論コンシューマーでこんな事をやろうものなら訴訟待ったなしである。 オプーナについて クソゲーオブザイヤーの顔とも言える、ののにも登場するだが、クソゲーオブザイヤーにいたことはおろか補作にすら入っていない。 その扱いのどは、『売れそうもないグラでを』『発売日がと同じ日』『案の定大して売れなかった』という、にまみれた経緯によるものである。 実際にした人からは『古き良き』『丁寧に作られてる』『がいい(やと同じ)』と、むしろ好評である。 \_/ \ を忘れずに。 気持ちはわかるが、グッと堪えてして欲しい。 関連リンク• 外部リンク•

次の