エクセル 数式 のみ コピー。 【エクセル2013】関数・数式の計算結果をコピーして貼り付ける方法

【エクセル2013】関数・数式の計算結果をコピーして貼り付ける方法

エクセル 数式 のみ コピー

数式を移動またはコピーするときに、相対的なセル参照がどのように変化するかを理解しておくことが重要です。 数式の移動:数式を移動すると、使用しているセル参照の種類に関係なく、数式内のセル参照は変更されません。 数式をコピーする: 数式をコピーすると、相対的なセル参照が変更されます。 数式を移動する• 移動する数式が含まれているセルを選択します。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] で [ 切り取り] をクリックします。 選択したセルの枠を移動先の範囲の左上のセルにドラッグして、数式を移動することもできます。 これにより、既存のデータが置き換えられます。 次のいずれかの操作を行います。 数式と任意の書式を貼り付けるには、[ ホーム] タブの [ クリップボード] グループで、[ 貼り付け] をクリックします。 数式のみを貼り付けるには、[ ホーム] タブの [ クリップボード] で [ 貼り付け] をクリックし、[形式を選択して 貼り付け] をクリックして、[ 数式] をクリックします。 数式をコピーする• コピーする数式が含まれているセルを選択します。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] で [ コピー] をクリックします。 次のいずれかの操作を行います。 数式と任意の書式を貼り付けるには、[ ホーム] タブの [ クリップボード] グループで、[ 貼り付け] をクリックします。 数式だけを貼り付けるには、[ ホーム] タブの [ クリップボード] グループを使って、[ 貼り付け] をクリックし、[形式を選択して 貼り付け] をクリックして、[ 数式] をクリックします。 注: 数式の結果のみを貼り付けることができます。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] で [貼り付け] をクリックし、[形式を選択して 貼り付け] をクリックして、[ 値] をクリックします。 数式内のセル参照が目的の結果を生成することを確認します。 必要に応じて、次の操作を行って参照の種類を切り替えます。 数式が入力されているセルを選びます。 数式バー で、変更する参照を選びます。 F4 キーを押して、組み合わせを切り替えます。 参照を含む数式が2つのセルを下に、2つのセルを右にコピーした場合に、参照型がどのように更新されるかを、表にまとめて示します。

次の

エクセル 条件付き書式をコピーする

エクセル 数式 のみ コピー

定数 内容 xlPasteAll(既定) 全て xlPasteFormulas 数式 xlPasteValues 値 xlPasteFormats 書式 xlPasteValidation 入力規則 【マクロを作成 失敗Ver. 】 ここから本題に入っていきます。 「CopyとPasteSpecialメソッドを使えばうまくいくのでは?」と思い、まず書いたのが以下のマクロです。 Sub test1 Range "B2:D7". Copy ' セル範囲をクリップボードに貼り付け Range "F2". 定数 内容 xlCellTypeBlanks 空白セル xlCellTypeConstants 定数 xlCellTypeFormulas 数式 xlCellTypeVisible 可視セル xlCellTypeAllFormatConditions 表示形式が設定されているセル 上記定数の中で目を引くのが「xlCellTypeFormulas」です。 早速上記メソッドを使用して書き換えたマクロが以下となります。 Sub test2 Range "B2:D7". Copy ' セル範囲をクリップボードに貼り付け Range "F2". SpecialCells xlCellTypeFormulas. Copy ' 数式の入力されているセルのみコピー Range "F3". 表領域を丸ごとコピー。 2行目 2. 書式のみ貼り付け。 3行目 3. 表領域のうち、数式の入力された箇所のみをコピー。 5行目 4. 数式のみ貼り付け。 6行目 この中の手順3のところで「SpecialCells」メソッドを使用しています。 そして気になる実行結果が下図となります。 実行結果は同じです。 Sub test3 Range "B2:D7". Copy ' セル範囲をクリップボードに貼り付け Range "F2". SpecialCells xlCellTypeFormulas Cells r. Row, r. Formula Next r Application.

次の

【ExcelVBA Tips】セルの書式と数式のみをコピーする

エクセル 数式 のみ コピー

Excel for Microsoft 365 Excel for the web Excel 2019 Excel 2016 Excel 2013 既定では、Excel でコピー または切り取り して貼り付けると、元のセルまたは範囲内のすべてのデータ、書式設定、数式、検証、コメントがコピー先のセルに貼り付けられます。 CTRL キーを押しながら V キーを押して貼り付けると、この処理が行われます。 目的のものではない可能性があるため、コピーする内容によっては、他にもさまざまな貼り付けオプションがあります。 たとえば、セルの内容は貼り付けますが、書式設定は貼り付けることができます。 または、貼り付けられたデータを行から列に入れ替える必要がある場合もあります。 または、数式自体の代わりに、数式の結果を貼り付ける必要がある場合があります。 たとえば、コピーしたセルから書式のみを貼り付けるには、[ 書式 設定] をクリックします。 次の表は、[貼り付け] メニューで利用できるオプションを示しています。 アイコン オプション名 貼り付けられた内容 貼り付け セルの内容すべて。 入れ替え コピーしたセルの内容を貼り付けるときに、行と列を入れ替えます。 行のデータは列に、列のデータは行に貼り付けられます。 数式 書式設定やコメントのない数式。 値 書式設定やコメントのない数式の結果。 書式設定 コピーしたセルの書式のみ。 値と元の書式 コピーしたセルの値と書式。 リンク貼り付け コピーしたセルの内容ではなく、ソースのセルへの参照。 図 コピーした画像。 リンクされた画像 コピーした画像と、元のセルへのリンク 元のセルが変更されると、その変更が、貼り付けられた画像にも適用されます。 形式を選択して貼り付け [形式を選択して貼り付け] ボックスのオプションを使用するには、[ ホーム]、[ 貼り付け]、[ 形式を選択して貼り付け] の順に選択します。 キーボード ショートカット: Ctrl キーと Alt キーを押しながら V キーを押します。 [ 形式を選択して貼り付け] ボックスで、貼り付ける属性を選びます。 注: コピーしたデータの種類と、選んだ [ 貼り付け] オプションによっては、他の一部のオプションが淡色表示になることがあります。 貼り付けのオプション アクション すべて コピーしたデータのセルの内容と書式をすべて貼り付けます。 数式 数式バーに入力されているコピーしたデータの数式のみを貼り付けます。 値 セルに表示されているとおりに、コピーしたデータの値のみを貼り付けます。 書式 コピーしたデータのセルの書式のみを貼り付けます。 コメントとメモ コピーしたセルに添付されているコメントとメモのみを貼り付けます。 入力規則 コピーしたセルのデータの入力規則を貼り付け領域に貼り付けます。 コピー元のテーマを使用してすべて貼り付け コピーしたデータに適用されているドキュメントのテーマの書式で、すべてのセルの内容を貼り付けます。 罫線を除くすべて 罫線を除く、コピーしたセルに適用されているセルの内容と書式をすべて貼り付けます。 列幅 コピーした1つまたは複数の列の幅を別の列または列の範囲に貼り付けます。 数式と数値の書式 コピーしたセルから、数式とすべての数値の書式設定オプションのみを貼り付けます。 値と数値の書式 コピーしたセルから、値とすべての数値の書式設定オプションのみを貼り付けます。 条件付き書式をすべてマージする コピーしたセルから、内容と条件付き書式オプションを貼り付けます。 コピーしたデータに適用する算術演算を指定することもできます。 Operation アクション なし コピーしたデータには算術演算が適用されないことを指定します。 追加 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータに追加します。 減算 コピー先のセルまたはセルの範囲に含まれるデータから、コピーしたデータを減算します。 乗算 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータと乗算します。 除算 コピーしたデータを、コピー先のセルまたはセルの範囲のデータによって分割します。 その他のオプション: アクション 空白セルを無視 このチェックボックスをオンにしたときに、コピー領域に空白のセルがある場合は、貼り付け領域の値が置き換えられないようにします。 入れ替え このチェックボックスをオンにすると、コピーしたデータの列が行に、またはその逆に変更されます。 リンク貼り付け コピーしたセルへのリンクを作成するには、をクリックします。 貼り付けた数式でセル参照を検証して修正する 注: セル参照は、 コピーではなく カットして数式を貼り付けると、自動的に調整されます。 コピーした数式を貼り付けると、新しい場所にあるすべてのセル参照が正しいことを確認する必要があります。 数式で使用されている参照型 絶対、相対、または mixed に基づいて、セル参照が変更されている可能性があります。 たとえば、セル A1 に数式をコピーして、2つのセルを下と右 C3 に貼り付けると、貼り付けた数式でのセル参照は、次のように変更されます。 数式を含むセルを選びます。 数式バーで、変更する参照を選択します。 F4 キーを押して参照の組み合わせを切り替え、目的の組み合わせを選びます。 セル参照の詳細については、「」を参照してください。 Web 用 Excelでコピーする場合は、コピー先のセルで [貼り付けのオプション] を選ぶことができます。 たとえば、コピーしたセルの書式のみを貼り付けるには、[ 書式 貼り付け] をクリックします。 次の表は、[貼り付け] メニューで利用できるオプションを示しています。 アイコン オプション名 貼り付けられた内容 貼り付け セルの内容すべて。 数式の貼り付け 書式設定なしの数式。 値のペースト 書式設定なしの数式の結果。 書式を貼り付ける コピーしたセルの書式のみ。 行列を入れ替えて貼り付ける すべてのセルの内容が表示されますが、ペーストするときにコンテンツを連動ます。 行のデータは列に、列のデータは行に貼り付けられます。 補足説明 では、いつでも専門家に質問できます。 では、サポートを受けられます。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

次の