食べてすぐ横になると牛になる。 食後すぐ横になることって良いの?得られる効果を紹介!

「食べてすぐ寝る」はOK? 食後の寝る向きが重要だった!

食べてすぐ横になると牛になる

姿勢によって身体に影響するのは「消化機能」で、この場合、すぐ横になる方が身体に良いのです。 食べた後は、胃腸周辺に血液が集まり、食べ物を消化する働きを集中的に行うようになっています。 満腹になると眠くなるのは、消化のために頭に行く血液量が少なくなるためなのです。 しかし、食後に身体を動かすと、血液が筋肉や脳に回ってしまい、胃腸へ充分な血液が行かず、消化がスムーズに行われなくなります。 つまり、胃腸の負担を和らげるには、食後は横になるのがいいということです。 とくに胃腸が弱い人は必ず食後の休みを取るようにすると、胃腸の不快感を和らげることができます。 ちなみに、「親が死んでも食やすみ」ということわざもあり、食後の一服はそれだけ大事ということですね。 一歩間違えると悪い習慣に 食後すぐに横になるのは良いことだとお伝えしました。 しかし、食後すぐに寝床に入って本当に眠ってしまうのはNGです。 眠ると胃腸の動きが鈍くなり消化に時間がかかるため、胃腸の負担を増やしてしまいます。 また、睡眠時は身体全体に血液を巡らせ、身体中の機能修復をする時間です。 そのときに消化に時間をかけることは、睡眠の質を低下させることにもつながります。 さらに、逆流性食道炎という胃酸が逆流して食道の粘膜を傷つけ炎症を起こす疾患を持つ人は、食後すぐに横になると胃酸が逆流して、症状悪化につながります。 症状がない人でも、すぐに横になる習慣で逆流性食道炎を引き起こす場合もあるようです。 悪い習慣にしないために気を付けるポイント 「食後30分~1時間程度、完全に横にならず、上半身は少し起こして寝っころがる」のが理想的です。 ソファで寝転んで、背中にクッションなどを置いて少し起こしたり、リクライニングできる椅子を活用するのも良いでしょう。 足を高くしておくと、血液が胃腸へ回るのを助けます。 こうすれば、胃液の逆流を抑えながら消化をスムーズにすることができ、食後の良い習慣となります。 「ごろ寝」でダイエット!? 基礎代謝を上げることはダイエットに効果的ですが、食後の「ごろ寝」でも代謝を向上させることができます。 ただし、横になったからと言って眠ってはいけません。 あくまで身体を横にするだけです。 食後横になるとき、身体の右側を下にして、横になって下さい。 左を下にすると、右側にある肝臓が胃に乗ってくるので、苦しくなってきてしまいます。 また運動を行う場合は、食後2時間経ってから行いましょう。 執筆:山本 ともよ(管理栄養士) <執筆者プロフィール> 山本 ともよ(やまもと・ともよ) 管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー 株式会社 とらうべ 社員。 企業で働く人の食と健康指導。 糖尿病など疾病をもった人の食生活指導など活動中 image by:.

次の

食べてすぐ寝ると牛になるって本当?牛になった人がいるのか調べてみた

食べてすぐ横になると牛になる

「酒は百薬の長」って言いますね。 寒いときは熱燗の日本酒 暑いときはよく冷えたビール 夕食のときの晩酌の一杯は美味しいものです。 夕食後にソファに脚を投げ出してテレビを見ていると 酔いが進んで段々と気持ちよくなって知らないにウトウト・・・・。 楽しみだったテレビの内容も何が何だか分からないなんてことも。 小さいころ母親から 「食べてすぐ寝ると牛になるよ」と言われ 「こりゃいかん」と思いつつも、あまりの気持ちよさに 夕食後のうたた寝がやめられない私です。 あなたもそんなことありませんか? だけど、「食べたあとに寝るのは消化にいい」とも聞いたことがあります。 本当はどっちなんでしょう? 「食後に寝ると太る」は本当でもあり嘘でもある 「食べてすぐ寝ると牛になる」というのは行儀が悪いからそう言われるんで 身体に悪い影響があるという意味合いではないんですね。 日本語で「寝る」と言うときには 「横になる」という意味と「睡眠をとる」という意味があります。 この意味の違いによって「食後に寝る」ことの長短もまったく違ってきます。 順に見ていきましょう。 食後に横になる 「食後に横になる」というのは 「食後に身体を休ませる」ということです。 食事をしたあとは、食べたものを消化するために胃が活発に動きます。 そのとき大量の血液が胃腸の周辺に集まって 逆に脳には血液があまり行かなくなります。 満腹のときに眠くなるのはこのためです。 ところが、食べたあとに運動したりして身体を動かすと 筋肉に血液が集まってしまって胃腸に血液が回らなくなり 食べ物の消化が妨げられてしまいます。 そのため、 食後は横になって消化を助けるのが良いというわけです。 消化が良くなるということは、太りにくくなるということです。 また、横になる姿勢も胃の出口が右側にあるので 右側を下にして横になると消化が助けられていいとのことです。 ただし、 逆流性食道炎の人は胃液が逆流する危険性があるので 背もたれがあるソファなどで安静にするようにします。 食後に睡眠をとる 「食後に寝ると太る」と言われるのはこちらですね。 食後に睡眠をとると太ると言われる原因は 大きく次の二つの理由があります。 どちらも太る要素ですが、食後に眠ることでこの二つが同時に起きてしまいます。 消化が悪くなる• 脂肪を溜め込みやすくなる その理由を説明します。 胃腸周辺に集まる血液も少なくなり そのとき胃の中に食べたものがあれば 消化されないまま腸へ送り出されてしまいます。 消化されないタンパク質は腸内で腐敗し、腸内環境が悪化してしまいます。 さらに、酵素の総量は決まっているのに、過酷な条件の中で 胃の中では消化酵素が大量に消費され、代謝酵素は少なくなってしまいます。 そうなると腸内での 代謝が滞りがちになり、脂肪が代謝されなくなります。 これが食後に睡眠をとることで消化不良になり、太ってしまう原因です。 また、消化不良になってしまうと どんなに身体にいいものを食べても吸収することができません。 脂肪を溜め込みやすくなる 人間だけでなく、動物は発達する過程で余ったエネルギーを 脂肪として蓄える機能を身につけました。 最近の研究で脂肪を蓄える働きがある BMAL1(ビーマルワン)というタンパク質のことが明らかになってきました。 このタンパク質は脂肪を蓄積させる酵素を増やします。 そして、BMAL1は午後10時から午前4時ころに一番量が多くなります。 食べてすぐに寝てしまうということは ちょうどBMAL1が多い時間帯に食事をすることになり 脂肪が増えてしまうことになります。 脂肪が増えている上に、消化不良で代謝が悪くなっていては ますます脂肪は多くなるばかりです。 「寝る3時間前からは何も食べないようにする」というのは こういう理由があったからなんです。 食後に寝ると太るのか?• 食後に横になるのは消化を助けるためオススメ• 食後に睡眠を取ってしまうのは太る原因になる• 食後の短時間睡眠(うたた寝)は頭がスッキリして、脂肪の代謝にも効果的 「食後に寝る」と言っても、「横になる」と「睡眠をとる」のでは そのメリットとデメリットがまったく違うことが分かりました。 日本語ってかなり細かいニュアンスまで伝えることができる 世界でも優秀な言語だと思っていましたが 間違って伝わってしまいそうなこともあるんですね。。 やっぱり難しい言語です。 私のように、酔って食後に少し寝るのは 身体に悪いどころか、かえってオススメでした。 近頃はそれほど行儀が悪いと言うほどのこともないですしね。 でも、テレビドラマの内容が分からなくなってしまうのは困りものです。 食後にテレビを見るときは、録画しながら見ることにしますか。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

「食べてすぐ寝ると牛になる」のは迷信!?その真相とは

食べてすぐ横になると牛になる

食後に横になるのは良いことなの?太らない? 1.マナーの点では? 「食べてすぐ寝ると牛になる」 ということわざがありますよね。 これは、 「食事をしてすぐに横になると牛みたいで行儀が悪いよ」 と 子供のしつけをするために生まれた言葉なのです。 ちなみに、牛が登場する理由は、 牛は草を食べた後に、それを再度口の中に戻してもう一度モグモグ噛み直すという習性があることから、人間も食べてすぐに横になると牛と同じようなことになるという意味なのです。 2.太るの? 「食後横になると太る」という言葉を時々耳にするのですが、これは「食べてすぐ寝ると牛になる」ということわざを 牛=太る と勘違いする人が多くて広まったようです。 実際には、 食べてすぐに横になっても、それが太ることに結びつきません。 なぜ人間が太るかというと、食事で摂取したカロリーを使わず寝てしまうため、消費できないで体に蓄積されるからです。 ですので、 太る=カロリー消費できない というのが正しいも図式になります。 ということで、ほんの少し眠って活動再開してカロリー消費するのであれば、食べてすぐ横になっても全く問題はないのです。 食後横になるときに消化を促す方法は? そうか、横になっても太らないのか! と安心する人も多いですよね。 でも、太るかどうかという問題とは別に「消化」の点を考える必要があります。 1.消化の仕組みと眠くなる理由 食事を摂ると、食べたものを消化するために胃腸の活動が活発になります。 そこで体の血液は胃腸に集中し、小腸の壁から栄養が吸収され栄養豊富な血液という形で肝臓へと運ばれます。 胃腸に血液が集中するということは、その間体の他の部分が疎かになるということで、頭や体全体には血液があまり巡らなくなるのです。 その結果、食べた後は眠くなるし体も動かしにくくなるという現象が起きるのです。 2.横になると消化はどうなる? 食後に横になるのは体のためには良いことですが、この場合は 体の右側を下にするのが原則です。 というのも、 胃の出口は体の右側にあり十二指腸へと通じているため、右側を下にすることで消化の流れが自然になるのです。 胃下垂の人は、食後だけでなく右側を下にして寝るよう病院で指導されるようです。 ただし、この姿勢は 逆流性食道炎の人には逆効果なので、食後すぐに横になるのは避けましょう。 3.眠ると消化はどうなる? 横になると眠くなるのでウトウトしてしまいますが、そのまま眠り込んでしまうのは消化に良くありません。 それは、次の理由があるからです。 人間は眠ると体全体の機能が低下するのですが、胃腸も同様に機能が低下するため消化も遅くなります。 つまり、眠る間は起きている間よりも消化に時間がかかってしまうということです。 そうすると、胃に未消化の食べ物が長時間留まるため、胃腸に負担がかかってしまい、目覚めたときに胃の周辺に不快感が出ることがあるのです。 ですので、 夜の食事は少なくとも寝る2時間前までに済ませ、消化してから寝るほうが良いのです。 また、 食事の直後は横になっても良いのですが15分程度は眠らずに胃のあたりを撫でて消化を促しておき、ちょっと眠るなら、その後の20分程度に止めたほうが良いでしょう。 スポンサーリンク 食後に昼寝をする効果は夕食後に横になるのとは違うの? 夜のゴロ寝についてはイメージついたかと思いますが、昼寝の場合はどうでしょうか。 1.体内時計の仕組みは? 普通の大人の場合、寝るのは夜1回だけですが、実は人間の体内時計は半日周期になっており、1日に2回眠気の山があるといわれています。 眠気の山は、夜中の2時から4時と、昼間の午後1時から4時頃といわれており、ちょうどこれが昼食のタイミングと重なることもあり昼食後に眠たくなるのです。 ただし、眠気の山は昼と夜では異なり、夜は深く昼は浅いため、昼寝なのに長時間深い眠りを取ってしまうと体内時計が狂って夜眠れなくなる可能性があるので眠り過ぎないよう気をつけることが大切です。 2.昼寝とダイエットの関係とは? 夜食べた後に寝ることは、熟睡してしまうとカロリー消費できないままなので太ってしまう原因になるのですが、昼食後に少し寝ることは、それとは若干意味合いが異なります。 というのも、ダイエットに欠かせないホルモンの1つに ノルアドレナリンがあるのですが、これは 新陳代謝を促進する働きがあり、 起きている間に多く分泌されます。 ですが、 昼食後で体内時計の眠気を誘うタイミングになったとき、眠気を我慢したままボーッと起きている状態だとノルアドレナリンがあまり分泌されない事態になるのです。 このときに我慢せず少しだけ眠ると、その後の分泌が活発になり新陳代謝が進み、ダイエットにも良いのです。 (ただし、眠る時間は20分程度ですよ!) また、睡眠不足というのはダイエットに大敵です。 人間には食欲が増すホルモンと食欲を抑えるホルモンがあるのですが、睡眠不足になるとストレスを感じて 食欲が増すホルモンの活動が活発になり、食欲を抑えるホルモンの分泌を抑えてしまい、太りやすくなるのです。 3.昼寝のまとめ 昼寝について、昼食後の体の機能を考えると、「胃腸の消化が活発になり頭と体が休憩したい時間」であるのと同時に「体内時計の眠気の山」なので体の欲求を少し満たしてあげることが大切です。 ここで20分程度眠ると、目覚めたときに意識が覚醒しやすいしその後の作業効率が上がります。 確かに食後に眠ると、その段階ではカロリー消費の点で問題ありますが、その後意識が活発になることでノルアドレナリンの分泌が増えるため、我慢して眠らずノルアドレナリンの分泌が中途半端な状態よりもはるかに良いのです。 また、睡眠不足を解消できるので、不必要な食欲を抑えることができてダイエットに効果的なのです。 さいごに 食後横になるのは、マナーの点ではよろしくありませんが、健康の点ではおすすめです。 ただし、眠ると消化が悪くなり、目覚めたときに胃もたれがあるなどの症状が出てしまいます。 夕食後にテレビの前でゴロゴロしている夫に対して腹が立つかもしれませんが、毎日頑張って仕事して帰宅するのですからリラックスしている間はそっと見守るほうが良いようですね。 ただ、そのうちにグーグー寝息を立てて眠り始めたら、 「消化に悪いわよ!」 と起こしましょう。 疲れて眠るとそのまま寝入ってしまうため、本当に夜寝る時間になって眠れなくなることもありますし、夕食で摂ったカロリーを全て消費できないからです。 また、夕食は豪華に、満腹になるまで食べたいかもしれませんが、朝や昼と違って寝るまでの時間が短いため、特に腹八分目が大切です。 満腹になるまで食べてしまうと、中性脂肪やコレステロールは寝ている間に作られてしまうので数値が上がるため、ほどほどにしましょう。

次の