モンストロ シーダ 3。 【モンスト】神獣の聖域 ロシーダ3攻略【ゲージ飛ばし有】

【モンスト】神獣の聖域 ロシーダ3攻略【ゲージ飛ばし有】

モンストロ シーダ 3

神キラー、サムライキラーに注意 ザコ敵のモルドレッドが神キラーL、ボスのペンネがサムライキラーを持っている。 とくにモルドレッドは多くのステージで出現するため、種族が神のモンスターは1体までの編成にとどめよう。 基本的に反射有利だが、ノア(獣神化)は加速友情によるサポートが強力。 チェインメテオSSもザコ敵の同時処理に活躍する。 ステージ1 1. モルドレッドを2体同時に処理 2. がしゃどくろをキャノンユニットで攻撃 モルドレッドは相互に反射タイプであいだに入って倒そう。 がしゃどくろは直接攻撃ではダメージが通らないので、キャノンユニットの属性弾で攻撃すること。 ステージ2 1. がしゃどくろをキャノンユニットで処理 2. モルドレッドをあいだに挟まって処理 モルドレッドは隣りあった2体同士で相互に蘇生しあう。 反射タイプで2体のあいだに挟まるようにカンカンして確実に倒そう。 加速友情持ちが多ければキャノンユニットでの処理も可能。 ステージ3 1. 蘇生し合う3体を同時処理 レーザーバリアを持つ3体同士、レーザーバリアを持たない3体同士がそれぞれ相互に蘇生し合う。 フェンリルにキャノンユニットを当てつつモルドレッドのあいだに挟まって処理していこう。 ステージ4 1. フェンリル2体をキャノンユニットで同時に処理 2. 召喚されたギャラクシーを処理してムラマサの弱点効果をアップ 3. ムラマサをキャノンユニットで処理 フェンリルは相互蘇生するため、縦に薄く弾いて同時処理を狙おう。 フェンリル処理後に召喚されるギャラクシーを倒すと、ムラマサの弱点効果がアップする(ギャラクシーは直接攻撃で倒せる)。 ムラマサをキャノンベースで攻撃する際は、弱点効果をアップさせないとほとんどダメージが通らない。 かならず効果アップしてから弱点を狙うこと。 敵追加出現後 ステージ5 1. がしゃどくろをキャノンユニットで処理 2. 玉をキャノンユニットで攻撃して中ボスの弱点効果をアップ 3. 弱点を直接攻撃して中ボスを撃破 がしゃどくろは相互蘇生しないため、1体ずつ確実に処理していこう。 がしゃどくろ処理後に召喚される玉は、直接攻撃ではダメージが通らない。 キャノンベースを活用しよう。 敵追加出現後 ステージ6 1. フェンリルをすべて同時処理 4体が互いに蘇生しあうため、すべて同時処理が必須。 キャノンユニットの中心と近くのフェンリルの中心をつなぐ角度で縦に薄く弾くと同時処理しやすい。 難しい場合はSSでの突破も視野に入れたい。 ステージ7 1. モルドレッドを処理 2. ギャラクシーを処理してムラマサの弱点効果アップ 3. ムラマサを処理 4. 玉を処理してボスの弱点効果アップ 5. 玉を処理しつつボスを撃破 モルドレッドをすべて処理すると玉とギャラクシーが出現する。 配置的にモルドレッドを2手で処理するのが難しいようであれば、広範囲に火力を出せるSSで突破してもよい。 玉がムラマサと重なって出現するため、ムラマサの処理は必須。 敵追加出現後 あわせて読みたい ルシファー 絶望の夜明け 映画公開決定記念.

次の

【モンスト】ロシーダ【2】攻略/挟舞剣の地適正ランキング|神獣の聖域

モンストロ シーダ 3

追憶ミッションが開催中! 『楊セン』の獣神化決定! フラパの代わりとなるイベントが開催決定! モンストロシーダ3 宿運の地 の攻略手順やギミック、適正 適性 キャラのランキングなどを紹介しています。 神獣の聖域クエスト『ロシーダ3 ろしーだ3 』のクエスト攻略の参考にしてください。 テレポトンネルの詳しい仕様は以下の通りです。 異なるのは 一度触れたテレポトンネルは同ターン中に起動しない点。 撃つ前にテレポトンネルを利用した動きを考えてから行動するようにしましょう。 減速壁対策が必須 減速壁が全面に展開され、1箇所触れるだけでほぼ停止してしまいます。 アンチ減速壁を持ったキャラでなければ動くことすらできないのでアンチ減速壁を編成しましょう。 貫通タイプで固めよう 反射制限雑魚が出現したり、同時処理する必要がある敵の間に撃種変化パネルが配置されているなど貫通タイプのキャラが活躍しやすいステージ構成となっております。 反射タイプのターンは思うように立ち回ることができない場合が多いので貫通キャラを多く編成しましょう。 変化パネルでの反射化が重要 反射制限以外の雑魚は全て、反射状態となり壁際で攻撃するか、雑魚同士の間に挟まって同時処理をする必要があります。 そのため撃種が変わった後の動きなども考慮して行動しましょう。 また中ボス戦からは反射状態で弱点と壁・敵の間を攻撃しないと削りきることができません。 反射状態の後にテレポトンネルでワープし弱点を攻撃する立ち回りが必要となります。 友情が火力に貢献。 雑魚処理をしやすくなる継続自強化SS 貫通 神化 【 運枠】 反減速壁。 高ステータス。 攻撃アップは火力の底上げに多少貢献 貫通 進化 【 運枠】 反減速壁。 反射変化SSはボス削りの際のパネル経由の手間を省ける 貫通 限定 【 運枠】 反減速壁。 底力発動時の火力が優秀。 鈍足なので注意 貫通 獣神化 反減速壁。 加速友情でサポート。 友情が雑魚処理に貢献。 反射制限とハンシャインがそれぞれ、レザバリあり同士・なし同士でセットになっています。 この蘇生セットは2ターンに1回のペースでの蘇生なので1体ずつ使って処理しても問題ありません。 クロスドクロ発動後はビットンが破壊され、その位置に毎ターン移動します。 反射化しながら壁際のテレポトンネルから出ることで大ダメージを稼ぐことができるため、ルートをしっかりと計算して立ち回りましょう。 よほど友情コンボが強力でない限りは直殴りでの処理となるため、入念にルートを計算して立ち回りましょう。 アンチブロックキャラがいる場合はブロックを無視したルートを通ることができますが、いない場合はしっかりとテレポトンネルを駆使して処理する必要があります。 クロスドクロ発動後は弱点のある位置のテレポトンネルから反射タイプで出るように打つことで大ダメージを期待できます。

次の

【モンスト】ロシーダ(3)の適正キャラと攻略

モンストロ シーダ 3

追憶ミッションが開催中! 『楊セン』の獣神化決定! フラパの代わりとなるイベントが開催決定! モンストロシーダ3 宿運の地 の攻略手順やギミック、適正 適性 キャラのランキングなどを紹介しています。 神獣の聖域クエスト『ロシーダ3 ろしーだ3 』のクエスト攻略の参考にしてください。 テレポトンネルの詳しい仕様は以下の通りです。 異なるのは 一度触れたテレポトンネルは同ターン中に起動しない点。 撃つ前にテレポトンネルを利用した動きを考えてから行動するようにしましょう。 減速壁対策が必須 減速壁が全面に展開され、1箇所触れるだけでほぼ停止してしまいます。 アンチ減速壁を持ったキャラでなければ動くことすらできないのでアンチ減速壁を編成しましょう。 貫通タイプで固めよう 反射制限雑魚が出現したり、同時処理する必要がある敵の間に撃種変化パネルが配置されているなど貫通タイプのキャラが活躍しやすいステージ構成となっております。 反射タイプのターンは思うように立ち回ることができない場合が多いので貫通キャラを多く編成しましょう。 変化パネルでの反射化が重要 反射制限以外の雑魚は全て、反射状態となり壁際で攻撃するか、雑魚同士の間に挟まって同時処理をする必要があります。 そのため撃種が変わった後の動きなども考慮して行動しましょう。 また中ボス戦からは反射状態で弱点と壁・敵の間を攻撃しないと削りきることができません。 反射状態の後にテレポトンネルでワープし弱点を攻撃する立ち回りが必要となります。 友情が火力に貢献。 雑魚処理をしやすくなる継続自強化SS 貫通 神化 【 運枠】 反減速壁。 高ステータス。 攻撃アップは火力の底上げに多少貢献 貫通 進化 【 運枠】 反減速壁。 反射変化SSはボス削りの際のパネル経由の手間を省ける 貫通 限定 【 運枠】 反減速壁。 底力発動時の火力が優秀。 鈍足なので注意 貫通 獣神化 反減速壁。 加速友情でサポート。 友情が雑魚処理に貢献。 反射制限とハンシャインがそれぞれ、レザバリあり同士・なし同士でセットになっています。 この蘇生セットは2ターンに1回のペースでの蘇生なので1体ずつ使って処理しても問題ありません。 クロスドクロ発動後はビットンが破壊され、その位置に毎ターン移動します。 反射化しながら壁際のテレポトンネルから出ることで大ダメージを稼ぐことができるため、ルートをしっかりと計算して立ち回りましょう。 よほど友情コンボが強力でない限りは直殴りでの処理となるため、入念にルートを計算して立ち回りましょう。 アンチブロックキャラがいる場合はブロックを無視したルートを通ることができますが、いない場合はしっかりとテレポトンネルを駆使して処理する必要があります。 クロスドクロ発動後は弱点のある位置のテレポトンネルから反射タイプで出るように打つことで大ダメージを期待できます。

次の